デザインは内製と外注どちらがいいの?規模による使い分け方を解説

  • 2022.1.31
  • デザイン内製外注
  • デザイン

デザイン,内製,外注

自社サイトや名刺、ロゴや広告などのデザインを考えたり、自社で内製するか外部に依頼するかで悩んだりしていませんか。

以下のメリット・デメリットをふまえ、迷った時の判断基準としてご参考いただけたらと思います。

 

デザインを内製するメリット

デザイン,内製

スムーズな意思疎通

デザイナーに制作を依頼するやりとりの中で、ファイル形式からコンセプトやイメージなど意思疎通を要する確認事項が数多くあります。

内製ならば、コミュニケーション不足や伝達忘れによるミスマッチを防ぐことができます。

また、自社の部署ならば急ぎの案件やデザインの修正も容易となります。

 

一連の流れが経験となる

あまりデザインを社内で手掛けたことがない場合、またとない経験とノウハウを築くことができるチャンスです。

スムーズにいかなく、試行錯誤を繰り返したとしてもそれが経験の蓄積となります。

将来的な企画や外部への発注の際にも役立ちます。

 

社風にあう調和のとれたデザイン

デザインに関係する言葉にトーン&マナー(トンマナ)というものがあります。

これは制作物のデザインの雰囲気に統一感をもたせ、一貫性のあるイメージを保つ目的があります。

例えば商品に自社ロゴや自社カラーを設定し、一貫性をもたせることでユーザーが親しみやすくなります。

内製ならば、このトーン&マナーを説明せずとも心得たデザインが出来るでしょう。

 

デザインを内製するデメリット

継続的に一定の費用が必要

デザインを任せる人材の採用や育成、設備環境を整備する為のコストなど継続的な費用が必要になります。

費用ばかりがかさんだり、兼業している場合は業務の圧迫にもなりかねません。

さらに、せっかく時間とコストをかけて採用や育成をした人材でも、退社してしまう可能性もあります。

 

クオリティが担当者個人による

デザイナーが自社のみでしかデザインをしたことがない場合、どうしても傾向が似通ってしまうでしょう。

上司や人間関係に影響されて視点が狭まるかもしれません。

ときには発想力を転換させることも必要となります。

 

戦略的なデザインができるのか

例えば新卒で入社したデザイナーならば、デザインをする分野に関しての判断基準がありません。

その分野に適しているデザインであり、SEO対策や情報発信などの売るための知識も必要となります。

経験やマネジメント知識が必要な分野まで対応できるとは限らず、困惑することにもなりかねません。

 

デザインを外注するメリット

デザイン,外注

継続的な人件費やコストの削減

人材育成や設備に関するコストをかける必要がなくなります。

外注する費用は高く感じるかもしませんが、何度もデザインを依頼する必要がなければ結果的にコストは最低限になるはずです。

 

安定したクオリティや戦略

デザイン制作会社に頼んだ場合、確かな経験と実績をもつデザイナーが安定したクオリティを提供してくれます。

最新の技術や流行をとりいれ、戦略的な面も考慮してくれることでしょう。

 

業務負担の軽減

兼業している社員の業務負担が軽減し、本来の業務に集中できます。

進行や管理もデザイン制作会社が行うため、必要な打ち合わせやコミュニケーションのみで任せることができます。

 

デザインを外注するデメリット

細かな認識の共有が難しい

自社でデザインをする場合より緻密なコミュニケーションが必要となります。

自社にあう雰囲気や一貫性のある制作をしてもらうために、細かな説明や意識の共有が難しいと感じるかもしれません。

 

制作費用や修正費用が必要

1回の制作で数10万円単位の見積もりとなることが一般的です。

制作物にもよりますが、修正対応が有料である場合もあります。

ホームページを制作したならば、更新や修正でその都度コストがかかることになります。

 

制作期間が長引くことも

外注する場合、依頼する会社のデザイナーとのスケジュール調整が必要となります。

自社でデザイン場合より製作期間が長くなることも。

そのほか、デザイン制作会社からの連絡や進捗状況のレスポンスが遅いこともある為、対応のよい会社を選ぶことをおすすめします。

 

関連:「デザイン外注にかかる費用の相場は?種類別にご紹介

 

迷った時のチェックポイント

ここまで内製と外注について見てきました。

それでも判断に迷ったら、以下のポイントを参考に考えると良いかもしれません。

内製の目安 外注の目安
・定期的にデザインをする予定がある ・あまりデザインを頼む予定がない
・人材を育成や経験の蓄積がしたい ・人材採用や育成の予定がない
・外注しても効果が感じられない ・クオリティの基準がある
・内製したほうがコストが安い ・外注したほうがコストが安い

 

まとめ

内製と外注の単純な判断基準として、長期的に見てどちらの方がコストが安いかで見ても良いかと思います。

また、事業規模や将来への投資の観点もふくめて使い分けることが賢い選択に繋がります。

カジュアルミーティング
  • 2022.1.31
  • デザイン内製外注
  • デザイン

自社サイトや名刺、ロゴや広告などのデザインを考えたり、自社で内製するか外部に依頼するかで悩んだりしていませんか。

以下のメリット・デメリットをふまえ、迷った時の判断基準としてご参考いただけたらと思います。

 

デザインを内製するメリット

デザイン,内製

スムーズな意思疎通

デザイナーに制作を依頼するやりとりの中で、ファイル形式からコンセプトやイメージなど意思疎通を要する確認事項が数多くあります。

内製ならば、コミュニケーション不足や伝達忘れによるミスマッチを防ぐことができます。

また、自社の部署ならば急ぎの案件やデザインの修正も容易となります。

 

一連の流れが経験となる

あまりデザインを社内で手掛けたことがない場合、またとない経験とノウハウを築くことができるチャンスです。

スムーズにいかなく、試行錯誤を繰り返したとしてもそれが経験の蓄積となります。

将来的な企画や外部への発注の際にも役立ちます。

 

社風にあう調和のとれたデザイン

デザインに関係する言葉にトーン&マナー(トンマナ)というものがあります。

これは制作物のデザインの雰囲気に統一感をもたせ、一貫性のあるイメージを保つ目的があります。

例えば商品に自社ロゴや自社カラーを設定し、一貫性をもたせることでユーザーが親しみやすくなります。

内製ならば、このトーン&マナーを説明せずとも心得たデザインが出来るでしょう。

 

デザインを内製するデメリット

継続的に一定の費用が必要

デザインを任せる人材の採用や育成、設備環境を整備する為のコストなど継続的な費用が必要になります。

費用ばかりがかさんだり、兼業している場合は業務の圧迫にもなりかねません。

さらに、せっかく時間とコストをかけて採用や育成をした人材でも、退社してしまう可能性もあります。

 

クオリティが担当者個人による

デザイナーが自社のみでしかデザインをしたことがない場合、どうしても傾向が似通ってしまうでしょう。

上司や人間関係に影響されて視点が狭まるかもしれません。

ときには発想力を転換させることも必要となります。

 

戦略的なデザインができるのか

例えば新卒で入社したデザイナーならば、デザインをする分野に関しての判断基準がありません。

その分野に適しているデザインであり、SEO対策や情報発信などの売るための知識も必要となります。

経験やマネジメント知識が必要な分野まで対応できるとは限らず、困惑することにもなりかねません。

 

デザインを外注するメリット

デザイン,外注

継続的な人件費やコストの削減

人材育成や設備に関するコストをかける必要がなくなります。

外注する費用は高く感じるかもしませんが、何度もデザインを依頼する必要がなければ結果的にコストは最低限になるはずです。

 

安定したクオリティや戦略

デザイン制作会社に頼んだ場合、確かな経験と実績をもつデザイナーが安定したクオリティを提供してくれます。

最新の技術や流行をとりいれ、戦略的な面も考慮してくれることでしょう。

 

業務負担の軽減

兼業している社員の業務負担が軽減し、本来の業務に集中できます。

進行や管理もデザイン制作会社が行うため、必要な打ち合わせやコミュニケーションのみで任せることができます。

 

デザインを外注するデメリット

細かな認識の共有が難しい

自社でデザインをする場合より緻密なコミュニケーションが必要となります。

自社にあう雰囲気や一貫性のある制作をしてもらうために、細かな説明や意識の共有が難しいと感じるかもしれません。

 

制作費用や修正費用が必要

1回の制作で数10万円単位の見積もりとなることが一般的です。

制作物にもよりますが、修正対応が有料である場合もあります。

ホームページを制作したならば、更新や修正でその都度コストがかかることになります。

 

制作期間が長引くことも

外注する場合、依頼する会社のデザイナーとのスケジュール調整が必要となります。

自社でデザイン場合より製作期間が長くなることも。

そのほか、デザイン制作会社からの連絡や進捗状況のレスポンスが遅いこともある為、対応のよい会社を選ぶことをおすすめします。

 

関連:「デザイン外注にかかる費用の相場は?種類別にご紹介

 

迷った時のチェックポイント

ここまで内製と外注について見てきました。

それでも判断に迷ったら、以下のポイントを参考に考えると良いかもしれません。

内製の目安 外注の目安
・定期的にデザインをする予定がある ・あまりデザインを頼む予定がない
・人材を育成や経験の蓄積がしたい ・人材採用や育成の予定がない
・外注しても効果が感じられない ・クオリティの基準がある
・内製したほうがコストが安い ・外注したほうがコストが安い

 

まとめ

内製と外注の単純な判断基準として、長期的に見てどちらの方がコストが安いかで見ても良いかと思います。

また、事業規模や将来への投資の観点もふくめて使い分けることが賢い選択に繋がります。

カジュアルミーティング