教養を身につける5つの方法を解説!意義やメリットもご紹介

  • 2022.8.23
  • 教養
  • スタートアップ

教養

普段の職場やプライベートで出会う「教養がある人」とはどんな人物なのでしょう?

ぼんやりとしたイメージは浮かんでも、説明するのは難しい言葉かもしれませんね。

実際どのような方法で教養を身につける事ができるのでしょう?

本記事では教養を身につける5つの方法を解説し、意義やメリットについてもご紹介していきます。

 

教養とは?

教養

教養(きょうよう)とはどのような意味なのでしょう?

一言で表現するのは難しいですが、以下の特徴が参考になるのではないでしょうか。

  • 学問や芸術に関する知識が豊富な人
  • 理解力があり精神的に落ち着いた人
  • さまざまな知見をもとに豊かな人生を送る人
  • 内面を磨き自己を高める術を身につけた人

このように教養を身につけた人は単に学力が高い、知識が豊富なだけでなく経験をもとに豊かな人生を送ることができる人なのです。

また「教養がある」と感じるのは、自らアピールする方ではなく周囲が評価する基準ともいえるでしょう。

これらの特徴をもつ人物になることを「教養を身につける」といいます。

 

教養を身につける5つの方法

教養を身につけるには、どのような方法があるのでしょうか?

いくつかの方法のついてご紹介していきます。

 

その1:アートや文化に触れる

美術館や劇場など、その時期だけ楽しめるアートや伝統行事に積極的に参加してみる方法です。

アートの感性や歴史的、文化的背景を知ることは貴重な経験になります。

最初は難しく考えてしまうこともありますが、先入観に捉われずまずは触れてみることをおすすめします。

 

例えば日本の伝統芸能の「能」「狂言」の違いを鑑賞するのもおすすめ。

能は約1300年前に中国から伝わった芸能で、ミュージカル的な面白さがある一方、600年の歴史をもつ狂言はユニークな喜劇として人気があります。

現代でも楽しめる、アートや伝統に是非触れてみましょう。

 

その2:読書の時間を作る

最近では活字離れと呼ばれる現代ですが、読書は教養を身につける趣味のひとつ。

本を読むことで、普段経験し得ない考え方や専門知識を得る事ができるため読書をすることで知識を高めることに繋がります。

スマホやタブレットから、電子書籍で気軽に読めるので通勤や通学時の隙間時間でも読むことができます。

 

また、本屋や図書館を利用する方法もあります。

本にも話題性がある自己啓発書や分野ごとの専門誌、歴史書や小説など種類もさまざま。

まずは興味のあるジャンルから読書を始めてみるとよいでしょう。

 

その3:手書きの文字を練習する

最近ではPCで書類を仕上げる機会も増えたため、手書きの文字を書く機会は少なくなっています。

普段の生活では、スマートフォンを使うことも多いでしょう。

こうした電子機器を使用していると、文字を書く際漢字が出てこないケースも増えてしまいます。

 

しかし手紙や封筒、書類を書く際、手書きの文字が綺麗であれば評価も上がることになります。

また、筆や万年筆など自分だけの道具を揃えておくことも文字を書く楽しさを向上させてくれます。

教養を身につける際、手書きの文字の温かさや大切さを理解しておくことも重要なポイントと言えるでしょう。

 

その4:旅で知見を広げる

旅に出掛けることは、自分の知らなかった知見を広げる意味でとても大切なことです。

観光や出張で旅をする際、訪れた土地の歴史を知ることは教養を身につけることにも繋がります。

土地のグルメや銘所巡りと併せて、歴史的にゆかりのあるスポットや美術館・博物館を鑑賞するのもおすすめです。

 

「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、自分で体験した経験は文章だけでは表せない貴重な体験が手にはいります。

国内を巡る旅もおすすめですが、特に海外では文化や常識の違いを体験することで世界との違いを肌で感じることができるでしょう。

 

その5:習い事を始める

趣味を広げることや、新たな専門知識を身につけるため習い事を始めてみるのもよいでしょう。

習い事を始めることで、その分野のノウハウが身に付くだけでなく一緒に学ぶ方と知り合いになれるなどさまざまな出会いを体験することもできます。

例えば仕事の休みを利用し農業体験を習い、家庭菜園を持つ。

英会話スクールに通い、海外留学や海外取引きを始めるなど、趣味や仕事で教養を身につけることが可能です。

 

このように教養を身につける方法では、普段の生活で知り得なかった情報や知識、体験を重ねる事で自ずと身につけることができます。

最初は興味本意で始めたものが、そのジャンルの専門知識を学ぶことでビジネスに繋がる可能性もあります。

教養を高める方法として、是非何かを始めてみましょう。

 

関連:営業で成果の出る話し方とは?実践できるテクニックを解説!

 

教養を身につける意義

教養

教養は何故身につけたほうがよいのか、その意義について考えてみましょう。

学生時代は進路や進学、就職のために点数を取ることが目的で勉強に励みました。

しかし社会人で教養を身につけることは誰かに指示されて行うものではありません。

しかし教養が身につくことで、人生のさまざまな問題を解決する方法を見出すことができる可能性を高めることにも繋がります。

 

また、知識や体験を共有し、新たな出会いや価値観を共有できる仲間を見つける事ができるかも知れません。

教養を身につけることで、より豊かな人生設計が得られることが教養を身につける意義と言えるのではないでしょうか。

 

教養を身につけるメリット

教養を身につけた場合、具体的なメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

いくつかのメリットについてご紹介していきます。

 

豊かなコミュニケーションが取れる

日頃から積極的に情報収集し、幅広い知識や経験を持った教養を身につけた人は人付き合いも自然と上手くなります。

年齢が若い方から年配まで、どのような立場で来られても話のきっかけが掴みやすく楽しい時間を過ごすことが可能に。

もちろん職場での取引先や接客の際なども、話題が豊富でどのような質問でも受け止めてもらえると人気も高まるでしょう。

このように教養を身につけることで、豊かなコミュニケーションが取れるようになります。

 

冷静に判断できる

多くの知識や経験を積んでいると、トラブルが起きた際も落ち着いた判断ができるようになります。

対人関係や業務上のミス、クレーム時など予想外の事態にも慌てず冷静な対応が可能に。

また同僚や上司、後輩など職場で困っている方のフォローが必要な際も積極的に動くことが多いでしょう。

問題を解決する手段や、何を解決すればよいのか判断に迷うことがないため信頼に繋がります。

結果として教養を身につけた人は、頼りにされる機会も増えるでしょう。

 

柔軟な思考で物事を考える

仕事やプライベートで予定が進まない場合など、焦る状況が起きるケースもあります。

例えば商談の約束に間に合わない時には、交通手段をいつもと変える、仕事の順番を変えるなど発想を切り替え予定通り商談に間に合うよう進めます。

大胆な発想やアイデアは、リラックスした状態で発揮しやすいといわれています。

 

教養を身につけることで緊張で固まった思考ではなく、柔軟な発想・思考で物事を考えることができるようになります。

このように教養を身につけるメリットでは、友人が増えたり対人関係に恵まれるケースがあります。

また、一見切り抜けるのが難しい状況でも問題なく対処できるようになるためメリットは多いと言えるでしょう。

 

教養がある人の特徴は?

教養

教養を身につけた人は、どのような特徴があるのでしょうか?

普段職場や身の周りにいる方で、教養がある方をイメージしてみましょう。

また。自身に当てはまる項目があるかも是非確認してみましょう。

 

会話を楽しめる

教養がある人は、自分から語りすぎないように配慮する傾向があります。

必要以上に知識を自慢するなどせず、相手の話し方やペースに合わせ的確に質問をしていきます。

話し相手にとっては、心地よく会話が楽しめるので居心地がよいと感じるでしょう。

また、相手が求めている話題や知りたい情報についても見つけやすいため、状況を判断しフォローすることも。

教養がある人と話すと、会話そのものも楽しめるため楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

 

臨機応変に対応できる

教養のある人は、例えば会議で初めて会う方でも一瞬で雰囲気や話し方を理解し適切な話し方や対応をします。

これは今までの経験や知識、対人関係のノウハウを心得ているからといえます。

また、仕事の段取りを決める際など予定通り進まないケースを想定し、事前にフォローに廻ることも。

このようにその時々の状況を理解し、臨機応変に対応できる特徴があります。

 

知識と経験が豊富

教養を身につけた人は、学問の知識以外にもアートや文化、歴史など幅広い知識を持っています。

このため話のジャンルに制限がなく、年配の方からも支持されるケースが多いでしょう。

また、経験も豊富なため大きなプロジェクトを任されたり、サポートするのも得意。

自分が任された仕事はもちろん、現場の雰囲気を和ませ積極的に取り組めるようフォローしていきます。

 

大人のマナーを知っている

豊富な知識や経験がありながら、無理なコミュニケーションは取らずさりげなくフォローする場合も。

上司や取引き先など、目上や歳上に対する言葉遣いにも気をつけます。

また、食事のマナーや作法にも精通していて、身だしなみにも気を使うように。

周囲を和ませ、必要とあれば情報やフォローを惜しまない大人のマナーを理解した人であることを覚えておきましょう。

 

関連:新入社員がすぐ辞めてしまう理由とは?最近の新人の傾向と対処法

 

まとめ

今回は、本記事では教養を身につける5つの方法を解説し、意義やメリットについてもご紹介しました。

教養を身につけた人は、学問以外にも芸術や文化、歴史などさまざまな知識を持つ方であることをご紹介しました。

教養を身につける際は、普段の生活で読書を始めるなど身近なところから始めてみてはいかがでしょう。

また教養を身につけるには、普段の仕事やプライベートなど自分を高めることに積極的に取り組むことをおすすめします。

日々さまざまな情報を自分なりに整理し、教養が身につくよう努めていきましょう。

カジュアルミーティング
  • 2022.8.23
  • 教養
  • スタートアップ

普段の職場やプライベートで出会う「教養がある人」とはどんな人物なのでしょう?

ぼんやりとしたイメージは浮かんでも、説明するのは難しい言葉かもしれませんね。

実際どのような方法で教養を身につける事ができるのでしょう?

本記事では教養を身につける5つの方法を解説し、意義やメリットについてもご紹介していきます。

 

教養とは?

教養

教養(きょうよう)とはどのような意味なのでしょう?

一言で表現するのは難しいですが、以下の特徴が参考になるのではないでしょうか。

  • 学問や芸術に関する知識が豊富な人
  • 理解力があり精神的に落ち着いた人
  • さまざまな知見をもとに豊かな人生を送る人
  • 内面を磨き自己を高める術を身につけた人

このように教養を身につけた人は単に学力が高い、知識が豊富なだけでなく経験をもとに豊かな人生を送ることができる人なのです。

また「教養がある」と感じるのは、自らアピールする方ではなく周囲が評価する基準ともいえるでしょう。

これらの特徴をもつ人物になることを「教養を身につける」といいます。

 

教養を身につける5つの方法

教養を身につけるには、どのような方法があるのでしょうか?

いくつかの方法のついてご紹介していきます。

 

その1:アートや文化に触れる

美術館や劇場など、その時期だけ楽しめるアートや伝統行事に積極的に参加してみる方法です。

アートの感性や歴史的、文化的背景を知ることは貴重な経験になります。

最初は難しく考えてしまうこともありますが、先入観に捉われずまずは触れてみることをおすすめします。

 

例えば日本の伝統芸能の「能」「狂言」の違いを鑑賞するのもおすすめ。

能は約1300年前に中国から伝わった芸能で、ミュージカル的な面白さがある一方、600年の歴史をもつ狂言はユニークな喜劇として人気があります。

現代でも楽しめる、アートや伝統に是非触れてみましょう。

 

その2:読書の時間を作る

最近では活字離れと呼ばれる現代ですが、読書は教養を身につける趣味のひとつ。

本を読むことで、普段経験し得ない考え方や専門知識を得る事ができるため読書をすることで知識を高めることに繋がります。

スマホやタブレットから、電子書籍で気軽に読めるので通勤や通学時の隙間時間でも読むことができます。

 

また、本屋や図書館を利用する方法もあります。

本にも話題性がある自己啓発書や分野ごとの専門誌、歴史書や小説など種類もさまざま。

まずは興味のあるジャンルから読書を始めてみるとよいでしょう。

 

その3:手書きの文字を練習する

最近ではPCで書類を仕上げる機会も増えたため、手書きの文字を書く機会は少なくなっています。

普段の生活では、スマートフォンを使うことも多いでしょう。

こうした電子機器を使用していると、文字を書く際漢字が出てこないケースも増えてしまいます。

 

しかし手紙や封筒、書類を書く際、手書きの文字が綺麗であれば評価も上がることになります。

また、筆や万年筆など自分だけの道具を揃えておくことも文字を書く楽しさを向上させてくれます。

教養を身につける際、手書きの文字の温かさや大切さを理解しておくことも重要なポイントと言えるでしょう。

 

その4:旅で知見を広げる

旅に出掛けることは、自分の知らなかった知見を広げる意味でとても大切なことです。

観光や出張で旅をする際、訪れた土地の歴史を知ることは教養を身につけることにも繋がります。

土地のグルメや銘所巡りと併せて、歴史的にゆかりのあるスポットや美術館・博物館を鑑賞するのもおすすめです。

 

「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、自分で体験した経験は文章だけでは表せない貴重な体験が手にはいります。

国内を巡る旅もおすすめですが、特に海外では文化や常識の違いを体験することで世界との違いを肌で感じることができるでしょう。

 

その5:習い事を始める

趣味を広げることや、新たな専門知識を身につけるため習い事を始めてみるのもよいでしょう。

習い事を始めることで、その分野のノウハウが身に付くだけでなく一緒に学ぶ方と知り合いになれるなどさまざまな出会いを体験することもできます。

例えば仕事の休みを利用し農業体験を習い、家庭菜園を持つ。

英会話スクールに通い、海外留学や海外取引きを始めるなど、趣味や仕事で教養を身につけることが可能です。

 

このように教養を身につける方法では、普段の生活で知り得なかった情報や知識、体験を重ねる事で自ずと身につけることができます。

最初は興味本意で始めたものが、そのジャンルの専門知識を学ぶことでビジネスに繋がる可能性もあります。

教養を高める方法として、是非何かを始めてみましょう。

 

関連:営業で成果の出る話し方とは?実践できるテクニックを解説!

 

教養を身につける意義

教養

教養は何故身につけたほうがよいのか、その意義について考えてみましょう。

学生時代は進路や進学、就職のために点数を取ることが目的で勉強に励みました。

しかし社会人で教養を身につけることは誰かに指示されて行うものではありません。

しかし教養が身につくことで、人生のさまざまな問題を解決する方法を見出すことができる可能性を高めることにも繋がります。

 

また、知識や体験を共有し、新たな出会いや価値観を共有できる仲間を見つける事ができるかも知れません。

教養を身につけることで、より豊かな人生設計が得られることが教養を身につける意義と言えるのではないでしょうか。

 

教養を身につけるメリット

教養を身につけた場合、具体的なメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

いくつかのメリットについてご紹介していきます。

 

豊かなコミュニケーションが取れる

日頃から積極的に情報収集し、幅広い知識や経験を持った教養を身につけた人は人付き合いも自然と上手くなります。

年齢が若い方から年配まで、どのような立場で来られても話のきっかけが掴みやすく楽しい時間を過ごすことが可能に。

もちろん職場での取引先や接客の際なども、話題が豊富でどのような質問でも受け止めてもらえると人気も高まるでしょう。

このように教養を身につけることで、豊かなコミュニケーションが取れるようになります。

 

冷静に判断できる

多くの知識や経験を積んでいると、トラブルが起きた際も落ち着いた判断ができるようになります。

対人関係や業務上のミス、クレーム時など予想外の事態にも慌てず冷静な対応が可能に。

また同僚や上司、後輩など職場で困っている方のフォローが必要な際も積極的に動くことが多いでしょう。

問題を解決する手段や、何を解決すればよいのか判断に迷うことがないため信頼に繋がります。

結果として教養を身につけた人は、頼りにされる機会も増えるでしょう。

 

柔軟な思考で物事を考える

仕事やプライベートで予定が進まない場合など、焦る状況が起きるケースもあります。

例えば商談の約束に間に合わない時には、交通手段をいつもと変える、仕事の順番を変えるなど発想を切り替え予定通り商談に間に合うよう進めます。

大胆な発想やアイデアは、リラックスした状態で発揮しやすいといわれています。

 

教養を身につけることで緊張で固まった思考ではなく、柔軟な発想・思考で物事を考えることができるようになります。

このように教養を身につけるメリットでは、友人が増えたり対人関係に恵まれるケースがあります。

また、一見切り抜けるのが難しい状況でも問題なく対処できるようになるためメリットは多いと言えるでしょう。

 

教養がある人の特徴は?

教養

教養を身につけた人は、どのような特徴があるのでしょうか?

普段職場や身の周りにいる方で、教養がある方をイメージしてみましょう。

また。自身に当てはまる項目があるかも是非確認してみましょう。

 

会話を楽しめる

教養がある人は、自分から語りすぎないように配慮する傾向があります。

必要以上に知識を自慢するなどせず、相手の話し方やペースに合わせ的確に質問をしていきます。

話し相手にとっては、心地よく会話が楽しめるので居心地がよいと感じるでしょう。

また、相手が求めている話題や知りたい情報についても見つけやすいため、状況を判断しフォローすることも。

教養がある人と話すと、会話そのものも楽しめるため楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

 

臨機応変に対応できる

教養のある人は、例えば会議で初めて会う方でも一瞬で雰囲気や話し方を理解し適切な話し方や対応をします。

これは今までの経験や知識、対人関係のノウハウを心得ているからといえます。

また、仕事の段取りを決める際など予定通り進まないケースを想定し、事前にフォローに廻ることも。

このようにその時々の状況を理解し、臨機応変に対応できる特徴があります。

 

知識と経験が豊富

教養を身につけた人は、学問の知識以外にもアートや文化、歴史など幅広い知識を持っています。

このため話のジャンルに制限がなく、年配の方からも支持されるケースが多いでしょう。

また、経験も豊富なため大きなプロジェクトを任されたり、サポートするのも得意。

自分が任された仕事はもちろん、現場の雰囲気を和ませ積極的に取り組めるようフォローしていきます。

 

大人のマナーを知っている

豊富な知識や経験がありながら、無理なコミュニケーションは取らずさりげなくフォローする場合も。

上司や取引き先など、目上や歳上に対する言葉遣いにも気をつけます。

また、食事のマナーや作法にも精通していて、身だしなみにも気を使うように。

周囲を和ませ、必要とあれば情報やフォローを惜しまない大人のマナーを理解した人であることを覚えておきましょう。

 

関連:新入社員がすぐ辞めてしまう理由とは?最近の新人の傾向と対処法

 

まとめ

今回は、本記事では教養を身につける5つの方法を解説し、意義やメリットについてもご紹介しました。

教養を身につけた人は、学問以外にも芸術や文化、歴史などさまざまな知識を持つ方であることをご紹介しました。

教養を身につける際は、普段の生活で読書を始めるなど身近なところから始めてみてはいかがでしょう。

また教養を身につけるには、普段の仕事やプライベートなど自分を高めることに積極的に取り組むことをおすすめします。

日々さまざまな情報を自分なりに整理し、教養が身につくよう努めていきましょう。

カジュアルミーティング