トンマナが視覚的デザインにとって重要な理由とは

  • 2022.1.29
  • トンマナ
  • デザイン

トンマナ

私たちが手にする商品のパッケージに注目してみるとその書かれたメッセージに思わず微笑んだり、考えたり、時には感動したりすることありませんか。

制作者の立場であれば、消費者に手に取ってもらい、目に止めてもらい、心に止めてもらいたいものです。

そのために企画を練り最適なトンマナを選んびます。

この記事では、消費者へ贈るメッセージともいえトンマナに注目してみます。

 

デザインのトンマナとは

トンマナ

デザインのトンマナは消費者に印象を与えるのに大変有効なものです。自社のブランドを定着することが可能です。

実際にトンマナというと、イラストだけではなく、文字もあります。

その文字や文章に思わず目を向け止め、魅かれて読んで感想を心で呟いていることありませんか。感動が大きければSNSで呟くこともあるでしょう。

感動を与えるパッケージは自社商品のパッケージをより大切にしています。

結果を計算し尽くされた上で創られたデザインであり文章なのです。重視する計算のうちの1つ決めてはトンマナです。トーンとマナー略してトンマナといいます。

 

トンマナは視覚的デザインに効果的

目で見て判断する視覚的なデザイン、例えばロゴやパッケージです。

カラーやキャラクターもありますが効果を発揮する1つにトンマナが重要です。手にする読書本もそうです。

文末におけるトーンは様々。具体的な種類を挙げて詳しく見ていきましょう。

文末の具体例を上げれば、より丁寧なです・ます調、また親しみを与えるのが、だ・である調です。

 

トンマナの種類と事例

トーンは調子やカラーといった一貫性を持たせることで自社ブランドの印象を定着することができます。

マナーはスタイルや雰囲気に加えて、読者の年齢層を決定するといっても過ぎないのです。

トーンとマナーを統一することはブランドを決定づける重要なポイントでもあります。ビジョンにも関わるでしょう。

消費者に与える印象を変えるのがトンマナです。自社ブランドが目指すもの・市場年代層も大きく関わってくるでしょう。

 

親しみやすさを求めるなら

消費者へ語り掛けるように親しみを覚えるトンマナであれば生産者と消費者の間に壁を感じることはありません。より身近な存在として消費者へ語り掛けることが可能です。

 

丁寧な印象を与えたいなら

消費者へ敬意を表し、丁寧な印象を与えられる、ですます調。文末に注目してお気に入りの商品のパッケージに注目してみると良いでしょう。自身が好みとするトンマナが分かります。

 

関連:「評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

 

トンマナが重要な理由とは

消費者へ商品を届けるためにトンマナは重要です。なぜならトンマナはその商品の雰囲気と届ける年齢層を決められるからです。トンマナを勘違いすれば届けるはずの消費者に届けられません。

視覚的デザインは消費者へ第一印象を与えるにふさわしい。その視覚デザインを成す要素の1つががトンマナです。

 

消費者へ伝えたいトンマナを探る

トンマナ

生産した商品やサービスを届けたい消費者を決める、決めた消費者へ確実に伝えるためにぴったりなトンマナの感じは?自社商品・サービスと相性のいいトンマナを探ってみましょう。

 

相性のいいトーンは?

自社ブランドに相性のいいトーンは、丁寧さよりフレンドリーさを求めるのか、消費者からの印象に重点をおけば方向性はみえてくるでしょう。市場の年齢層は、低中高など相性が良いのが分かります。

 

相性のいいマナーは?

届けたい消費者の年齢層に関わるのもマナーです。受けとる消費者に与えたい印象を丁寧に大切にしたい、ただ丁寧ゆえに距離をおいてしまう場合もあります。

自社サービスやブランドに相性の良いマナーを選択することは重要になります。

 

まとめ/トンマナのポイントは消費者に伝えたい想いと相性の良さ

自社ブランド生産商品を消費者に伝えたい、確実に届けたい、視覚的に効果を発揮するのが商品のパッケージを創るデザインです。

第一印象を決定づけるデザインを成す1つにトンマナがあります。そのトンマナについて解説してきました。

トンマナはその商品やサービスの印象を決め、好みを分けます。消費者へ自社ブランドの届けたい印象を確実に届けるためのマーケティングに重要な要素であります。

ご自身が手にする商品、消費者として手にするその商品のトンマナを意識してみるのも良いでしょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.29
  • トンマナ
  • デザイン

私たちが手にする商品のパッケージに注目してみるとその書かれたメッセージに思わず微笑んだり、考えたり、時には感動したりすることありませんか。

制作者の立場であれば、消費者に手に取ってもらい、目に止めてもらい、心に止めてもらいたいものです。

そのために企画を練り最適なトンマナを選んびます。

この記事では、消費者へ贈るメッセージともいえトンマナに注目してみます。

 

デザインのトンマナとは

トンマナ

デザインのトンマナは消費者に印象を与えるのに大変有効なものです。自社のブランドを定着することが可能です。

実際にトンマナというと、イラストだけではなく、文字もあります。

その文字や文章に思わず目を向け止め、魅かれて読んで感想を心で呟いていることありませんか。感動が大きければSNSで呟くこともあるでしょう。

感動を与えるパッケージは自社商品のパッケージをより大切にしています。

結果を計算し尽くされた上で創られたデザインであり文章なのです。重視する計算のうちの1つ決めてはトンマナです。トーンとマナー略してトンマナといいます。

 

トンマナは視覚的デザインに効果的

目で見て判断する視覚的なデザイン、例えばロゴやパッケージです。

カラーやキャラクターもありますが効果を発揮する1つにトンマナが重要です。手にする読書本もそうです。

文末におけるトーンは様々。具体的な種類を挙げて詳しく見ていきましょう。

文末の具体例を上げれば、より丁寧なです・ます調、また親しみを与えるのが、だ・である調です。

 

トンマナの種類と事例

トーンは調子やカラーといった一貫性を持たせることで自社ブランドの印象を定着することができます。

マナーはスタイルや雰囲気に加えて、読者の年齢層を決定するといっても過ぎないのです。

トーンとマナーを統一することはブランドを決定づける重要なポイントでもあります。ビジョンにも関わるでしょう。

消費者に与える印象を変えるのがトンマナです。自社ブランドが目指すもの・市場年代層も大きく関わってくるでしょう。

 

親しみやすさを求めるなら

消費者へ語り掛けるように親しみを覚えるトンマナであれば生産者と消費者の間に壁を感じることはありません。より身近な存在として消費者へ語り掛けることが可能です。

 

丁寧な印象を与えたいなら

消費者へ敬意を表し、丁寧な印象を与えられる、ですます調。文末に注目してお気に入りの商品のパッケージに注目してみると良いでしょう。自身が好みとするトンマナが分かります。

 

関連:「評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

 

トンマナが重要な理由とは

消費者へ商品を届けるためにトンマナは重要です。なぜならトンマナはその商品の雰囲気と届ける年齢層を決められるからです。トンマナを勘違いすれば届けるはずの消費者に届けられません。

視覚的デザインは消費者へ第一印象を与えるにふさわしい。その視覚デザインを成す要素の1つががトンマナです。

 

消費者へ伝えたいトンマナを探る

トンマナ

生産した商品やサービスを届けたい消費者を決める、決めた消費者へ確実に伝えるためにぴったりなトンマナの感じは?自社商品・サービスと相性のいいトンマナを探ってみましょう。

 

相性のいいトーンは?

自社ブランドに相性のいいトーンは、丁寧さよりフレンドリーさを求めるのか、消費者からの印象に重点をおけば方向性はみえてくるでしょう。市場の年齢層は、低中高など相性が良いのが分かります。

 

相性のいいマナーは?

届けたい消費者の年齢層に関わるのもマナーです。受けとる消費者に与えたい印象を丁寧に大切にしたい、ただ丁寧ゆえに距離をおいてしまう場合もあります。

自社サービスやブランドに相性の良いマナーを選択することは重要になります。

 

まとめ/トンマナのポイントは消費者に伝えたい想いと相性の良さ

自社ブランド生産商品を消費者に伝えたい、確実に届けたい、視覚的に効果を発揮するのが商品のパッケージを創るデザインです。

第一印象を決定づけるデザインを成す1つにトンマナがあります。そのトンマナについて解説してきました。

トンマナはその商品やサービスの印象を決め、好みを分けます。消費者へ自社ブランドの届けたい印象を確実に届けるためのマーケティングに重要な要素であります。

ご自身が手にする商品、消費者として手にするその商品のトンマナを意識してみるのも良いでしょう。

 

カジュアルミーティング