デザインの仕事は11種類あり。それぞれの内容を解説

  • 2022.1.29
  • デザイン
  • デザイン

デザイン

デザインの仕事は単にデザイナーでくくれるものではありません。

デザインするコンテンツによって専門性をを分けています。

デザインするコンテンツは多くの種類とそれぞれの内容によって全く違い、専門性やスキルを別にします。また組織的な立場による仕事もあります。

今回はデザインの仕事に注目し、デザイン本来の目的を確認しましょう。

 

デザインの種類と内容

デザイン

デザインの仕事は多様であり、その種類は11もあります。

11種類それぞれに内容は違い、奥深いのがデザインなのです。さらに今後新たな分野、商品やサービスといったコンテンツが誕生すればその種類は増えるでしょう。

デザイナーといえばファッションやインテリア、Web、イラスト、商品のパッケージのデザインにも専門の制作者がいます。

デザインを学ぶ専門的な学校には各分野を分けています。

それぞれの分野を学習した後、得意専門とする仕事に就職、求人も区分されているのです。ファッションにおいて例を挙げると、衣服や帽子、靴などのファッション小物へと細かく分類されます。

 

デザインの仕事は11種類もある

具体的にデザインの仕事11種類挙げてみましょう。

  • ファッション
  • グラフィック
  • イラストレータ
  • Web
  • CG
  • DTP
  • DTPオペレーター
  • エディトリアル
  • アートディレクター
  • インテリア
  • プロダクト

細かく分類すると11種類それぞれに求められる専門的なスキルは異なります。

これだけのデザイナーが私たちの生活に彩を加えてくれているのです。

 

活躍する場所

先に挙げたそれぞれのデザインに必要な専門的スキルをもって活躍する場所は異なります。

私たちの身の回りにある好みのモノのデザインを見れば感動が湧きます。

これを創り出しているのがデザイナーであるということです。インターネットで検索すればページ毎に異なるデザイン、ファッション、小物、インテリアといったように私たちは身の回りでデザインに囲まれています。

11ものデザイナーにはそれぞれに活躍する場所、求められる場所も違います。

ということは専門的なデザインのスキルによってキャリアアップを実現することが可能といえるでしょう。

 

関連:「評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

 

デザインの目的

デザイン

デザインの根本的な目的とは何でしょう?

私たちは手にする商品だけでなく、環境・部屋やオフィス全てデザイナーによって創られたモノに囲まれています。

好みや雰囲気、生活空間であれば居心地も考慮したデザインを選択します。

溢れたデザインから好みのデザインを選ぶことを無意識で行っているといえるでしょう。

カラーやカタチどれも魅かれて選択に悩み、優柔不断なんて言われることもあります。それだけ悩ませる魅かれるデザインが多いのです。

デザインは手にする人に喜びや感動を与えてくれます。無機質な商品に彩を足してくれるのです。

 

顧客の想いに寄り添う

商品やサービスを開発しデザインを加えます。自社の好みに絞ったデザインというよりも、消費者である顧客を想像し、寄り添うことで手に取る消費者を増やす、いわゆる人気商品を生むことが可能です。

商品1つとってもカラーを展開したり、また大きさを展開したりして実際に使う人に寄り添うことは重要でしょう。

手に取り作り手の想いを感じるということもあります。

 

広告効果・利益を生む

デザインは使う人に感動を与えるだけでなく、ヒットすれば広告効果は抜群です。

視覚的であるため宣伝効果は高くなります。SNSで拡散されれば入手困難な人気商品、入荷を今かと消費者が待つ特別な商品になることだってあります。

11種類のデザインの仕事、それぞれデザインする対象のコンテンツを紹介します。

  • ファッション:衣料やファッション小物
  • グラフィック:消費者が手にする印刷された物、チラシなど
  • イラストレータ:イラスト技法で描写されたキャラクター
  • web:インターネット上で閲覧するサイト
  • CG(コンピューターグラフィック) :コンピューター内で創るカタチ
  • DTP:desk top publishing書籍や雑誌といった出版物
  • DTPオペレーター:desk top publishing書籍や雑誌といった出版物デザインの取りまとめ
  • エディトリアル:DTPの編集
  • アート:美術的センスと価値のある物
  • インテリア:空間
  • プロダクト:product生産された物

それぞれの業務は対象コンテンツをデザインすることを専門とします。

 

まとめ/デザインを仕事にするその内容と目的

視覚的に効果が期待できるデザイン。それを創り出す仕事がデザイナーです。

デザインするモノによってその仕事内容と種類、目的は違います。そのため多くのデザイン分野があるのが特徴です。

デザイナーは人気商品を創り出すために大変重要な仕事です。私たちの生活する空間や手にするモノはデザイン性の高いモノで溢れています。

市場にはデザイン性の高い多くの中から消費者に選ばれ手に取ってもらう必要があります。そのためには消費者が求めるデザインを想像し、寄り添うことは重要でしょう。

デザインは視覚的効果抜群であるため、宣伝効果生み結果、利益につながるのです。

 

  • 2022.1.29
  • デザイン
  • デザイン

デザインの仕事は単にデザイナーでくくれるものではありません。

デザインするコンテンツによって専門性をを分けています。

デザインするコンテンツは多くの種類とそれぞれの内容によって全く違い、専門性やスキルを別にします。また組織的な立場による仕事もあります。

今回はデザインの仕事に注目し、デザイン本来の目的を確認しましょう。

 

デザインの種類と内容

デザイン

デザインの仕事は多様であり、その種類は11もあります。

11種類それぞれに内容は違い、奥深いのがデザインなのです。さらに今後新たな分野、商品やサービスといったコンテンツが誕生すればその種類は増えるでしょう。

デザイナーといえばファッションやインテリア、Web、イラスト、商品のパッケージのデザインにも専門の制作者がいます。

デザインを学ぶ専門的な学校には各分野を分けています。

それぞれの分野を学習した後、得意専門とする仕事に就職、求人も区分されているのです。ファッションにおいて例を挙げると、衣服や帽子、靴などのファッション小物へと細かく分類されます。

 

デザインの仕事は11種類もある

具体的にデザインの仕事11種類挙げてみましょう。

  • ファッション
  • グラフィック
  • イラストレータ
  • Web
  • CG
  • DTP
  • DTPオペレーター
  • エディトリアル
  • アートディレクター
  • インテリア
  • プロダクト

細かく分類すると11種類それぞれに求められる専門的なスキルは異なります。

これだけのデザイナーが私たちの生活に彩を加えてくれているのです。

 

活躍する場所

先に挙げたそれぞれのデザインに必要な専門的スキルをもって活躍する場所は異なります。

私たちの身の回りにある好みのモノのデザインを見れば感動が湧きます。

これを創り出しているのがデザイナーであるということです。インターネットで検索すればページ毎に異なるデザイン、ファッション、小物、インテリアといったように私たちは身の回りでデザインに囲まれています。

11ものデザイナーにはそれぞれに活躍する場所、求められる場所も違います。

ということは専門的なデザインのスキルによってキャリアアップを実現することが可能といえるでしょう。

 

関連:「評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

 

デザインの目的

デザイン

デザインの根本的な目的とは何でしょう?

私たちは手にする商品だけでなく、環境・部屋やオフィス全てデザイナーによって創られたモノに囲まれています。

好みや雰囲気、生活空間であれば居心地も考慮したデザインを選択します。

溢れたデザインから好みのデザインを選ぶことを無意識で行っているといえるでしょう。

カラーやカタチどれも魅かれて選択に悩み、優柔不断なんて言われることもあります。それだけ悩ませる魅かれるデザインが多いのです。

デザインは手にする人に喜びや感動を与えてくれます。無機質な商品に彩を足してくれるのです。

 

顧客の想いに寄り添う

商品やサービスを開発しデザインを加えます。自社の好みに絞ったデザインというよりも、消費者である顧客を想像し、寄り添うことで手に取る消費者を増やす、いわゆる人気商品を生むことが可能です。

商品1つとってもカラーを展開したり、また大きさを展開したりして実際に使う人に寄り添うことは重要でしょう。

手に取り作り手の想いを感じるということもあります。

 

広告効果・利益を生む

デザインは使う人に感動を与えるだけでなく、ヒットすれば広告効果は抜群です。

視覚的であるため宣伝効果は高くなります。SNSで拡散されれば入手困難な人気商品、入荷を今かと消費者が待つ特別な商品になることだってあります。

11種類のデザインの仕事、それぞれデザインする対象のコンテンツを紹介します。

  • ファッション:衣料やファッション小物
  • グラフィック:消費者が手にする印刷された物、チラシなど
  • イラストレータ:イラスト技法で描写されたキャラクター
  • web:インターネット上で閲覧するサイト
  • CG(コンピューターグラフィック) :コンピューター内で創るカタチ
  • DTP:desk top publishing書籍や雑誌といった出版物
  • DTPオペレーター:desk top publishing書籍や雑誌といった出版物デザインの取りまとめ
  • エディトリアル:DTPの編集
  • アート:美術的センスと価値のある物
  • インテリア:空間
  • プロダクト:product生産された物

それぞれの業務は対象コンテンツをデザインすることを専門とします。

 

まとめ/デザインを仕事にするその内容と目的

視覚的に効果が期待できるデザイン。それを創り出す仕事がデザイナーです。

デザインするモノによってその仕事内容と種類、目的は違います。そのため多くのデザイン分野があるのが特徴です。

デザイナーは人気商品を創り出すために大変重要な仕事です。私たちの生活する空間や手にするモノはデザイン性の高いモノで溢れています。

市場にはデザイン性の高い多くの中から消費者に選ばれ手に取ってもらう必要があります。そのためには消費者が求めるデザインを想像し、寄り添うことは重要でしょう。

デザインは視覚的効果抜群であるため、宣伝効果生み結果、利益につながるのです。