デザインの歴史から解る重要なこととは

  • 2022.1.29
  • デザイン歴史
  • デザイン

デザイン,歴史

デザインの仕事や分野はなんとなく分かりますが、その歴史を知っていますか。

学校で習う美術史とは違い、新しいデザインです。デザイン史を紹介します。

 

デザインの歴史を紹介

デザイン,歴史

デザインといったら、最新のテクノロジー技術イメージがあります。

古い美術史とは異なり、常に新しいく進展し続けているのがデザインでしょう。

さてデザイン史はいつ誕生したのでしょうか。

デザインの誕生から発展を紹介します。そもそもデザインと美術の違いは何か、また今後どの様に発展していくのでしょうか。

 

学校で習う美術史とは違う

中学高校と習う美術史とは違い、デザインは最新のモノになります。

美術は教科書上で学びますがデザインは実感しながら学べるのも特徴です。

現在ではデザインが主流です。その理由は私たちの身の回りにある生産の仕方に有ります。

生産品をおしゃれにデザインされたモノで溢れています。

 

デザインの誕生

デザイン史の誕生は、160年前の産業革命イギリスで誕生しました。

イギリスは生産量を増やすため、手作りから機械式に生産方法を代えたのです。

手作り品を手掛けるアート(美術)ではなく、機会による生産品をデザインするのです。これがデザイン歴史のスタートです。

デザイン史を解りやすくするのを助けてくれるのがデザインと美術(アート)の違いです。

私たちが当たり前のように接しているデザインです。

反対にデザインの無い物を探すのに苦労します。商品を特徴づけているのがデザインです。多くの商品から好みに合うデザインを選んでいます。ヒトは本能でデザインを求めているといえるでしょう。

 

デザインの発展

デザインは手にするモノのみならずWebコンテンツ上でもデザイン性に優れたサイト創りを求めます。

デザインを成すカラーも重要なポイントです。カラーは人の好み分けます。

究極の完成度に仕上がったデザイン、インターネット上のサイトをデザインするWebデザイン、バーチャル空間をデザインするVRクリエイターも誕生しました。

デザインの発展は止まらず、さらにデザイン史は進んでいくでしょう。

 

デザインの未来

これから私たちが成す世界、未来に求められるデザイン、メタバースやNFTなど仮想空間も含め私たちの生活、想像する空間は大きく広がっています。

仮想空間のデザインVRが注目を浴び、その専門的な技術は一層求められるでしょう。

 

デザインに求めること

私たちの生活に彩や華やかさを加えてくれるのがデザインです。

モノに命を吹き込むともいえるデザイン。手に取る消費者に感動を与えているのもデザインです。

デザイン効果は欠かせません。消費者の好みを分け選択を決定しています。

 

私たちがデザインを必要とする理由

ヒトは視覚的なデザインに反応し、選択を判定しています。デザインは極端にいえば、商品やサービスを利用するのに有っても無くても構いません。

有っても無くても構わないデザインに事業はコストを掛けます。

消費者が選ぶのは好みのデザインが成されたモノなのです。

 

デザインの価値

デザインが商品価値を決めているでしょう。

デザインが好きだから選ぶ、第一印象で選ぶ、直感で選ぶといった選択した理由があります。

選択の決めてはデザインでしょう。デザインの他に決めてがあるかというと疑問が残ります。それほどデザインはヒトにとって重要なのです。

 

関連:「一歩先をいくためのデザイン基礎知識について解説

 

デザインの歴史から探る自社デザイン

デザイン,歴史

デザインの歴史を振り返ってみました。振り返って分かったことは視覚的に影響を与えるデザインは、今後自社ブランド商品のデザインを決めるのに重要であるということです。

デザインの良し悪しによって市場価値に影響を与えます。

 

デザインは新規事業にとって重要である

デザインは新規事業をスタートするのに重要であり、共感・選ばれれば成功を可能にするのです。

新規事業を成功させる、そのためにデザインがあるといえるでしょう。

 

まとめ/デザインの歴史に解る重要性

デザインの歴史を紹介しました。

学校で習う美術史とは違い、現代の変化によりWebさらには仮想世界のデザインまで発展しています。

視覚的に効果のあるデザインは新規事業を消費者へ届けるために大変重要である、更には話題性を生みSNSよる宣伝効果も期待できます。

これからの時代の変化にデザインの歴史は将来さらに発展していくでしょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.29
  • デザイン歴史
  • デザイン

デザインの仕事や分野はなんとなく分かりますが、その歴史を知っていますか。

学校で習う美術史とは違い、新しいデザインです。デザイン史を紹介します。

 

デザインの歴史を紹介

デザイン,歴史

デザインといったら、最新のテクノロジー技術イメージがあります。

古い美術史とは異なり、常に新しいく進展し続けているのがデザインでしょう。

さてデザイン史はいつ誕生したのでしょうか。

デザインの誕生から発展を紹介します。そもそもデザインと美術の違いは何か、また今後どの様に発展していくのでしょうか。

 

学校で習う美術史とは違う

中学高校と習う美術史とは違い、デザインは最新のモノになります。

美術は教科書上で学びますがデザインは実感しながら学べるのも特徴です。

現在ではデザインが主流です。その理由は私たちの身の回りにある生産の仕方に有ります。

生産品をおしゃれにデザインされたモノで溢れています。

 

デザインの誕生

デザイン史の誕生は、160年前の産業革命イギリスで誕生しました。

イギリスは生産量を増やすため、手作りから機械式に生産方法を代えたのです。

手作り品を手掛けるアート(美術)ではなく、機会による生産品をデザインするのです。これがデザイン歴史のスタートです。

デザイン史を解りやすくするのを助けてくれるのがデザインと美術(アート)の違いです。

私たちが当たり前のように接しているデザインです。

反対にデザインの無い物を探すのに苦労します。商品を特徴づけているのがデザインです。多くの商品から好みに合うデザインを選んでいます。ヒトは本能でデザインを求めているといえるでしょう。

 

デザインの発展

デザインは手にするモノのみならずWebコンテンツ上でもデザイン性に優れたサイト創りを求めます。

デザインを成すカラーも重要なポイントです。カラーは人の好み分けます。

究極の完成度に仕上がったデザイン、インターネット上のサイトをデザインするWebデザイン、バーチャル空間をデザインするVRクリエイターも誕生しました。

デザインの発展は止まらず、さらにデザイン史は進んでいくでしょう。

 

デザインの未来

これから私たちが成す世界、未来に求められるデザイン、メタバースやNFTなど仮想空間も含め私たちの生活、想像する空間は大きく広がっています。

仮想空間のデザインVRが注目を浴び、その専門的な技術は一層求められるでしょう。

 

デザインに求めること

私たちの生活に彩や華やかさを加えてくれるのがデザインです。

モノに命を吹き込むともいえるデザイン。手に取る消費者に感動を与えているのもデザインです。

デザイン効果は欠かせません。消費者の好みを分け選択を決定しています。

 

私たちがデザインを必要とする理由

ヒトは視覚的なデザインに反応し、選択を判定しています。デザインは極端にいえば、商品やサービスを利用するのに有っても無くても構いません。

有っても無くても構わないデザインに事業はコストを掛けます。

消費者が選ぶのは好みのデザインが成されたモノなのです。

 

デザインの価値

デザインが商品価値を決めているでしょう。

デザインが好きだから選ぶ、第一印象で選ぶ、直感で選ぶといった選択した理由があります。

選択の決めてはデザインでしょう。デザインの他に決めてがあるかというと疑問が残ります。それほどデザインはヒトにとって重要なのです。

 

関連:「一歩先をいくためのデザイン基礎知識について解説

 

デザインの歴史から探る自社デザイン

デザイン,歴史

デザインの歴史を振り返ってみました。振り返って分かったことは視覚的に影響を与えるデザインは、今後自社ブランド商品のデザインを決めるのに重要であるということです。

デザインの良し悪しによって市場価値に影響を与えます。

 

デザインは新規事業にとって重要である

デザインは新規事業をスタートするのに重要であり、共感・選ばれれば成功を可能にするのです。

新規事業を成功させる、そのためにデザインがあるといえるでしょう。

 

まとめ/デザインの歴史に解る重要性

デザインの歴史を紹介しました。

学校で習う美術史とは違い、現代の変化によりWebさらには仮想世界のデザインまで発展しています。

視覚的に効果のあるデザインは新規事業を消費者へ届けるために大変重要である、更には話題性を生みSNSよる宣伝効果も期待できます。

これからの時代の変化にデザインの歴史は将来さらに発展していくでしょう。

 

カジュアルミーティング