新規事業プロセスのポイントはオープンイノベーション

  • 2022.2.1
  • オープンイノベーション新規事業
  • 新規事業

新規事業

新しく事業を展開するために、そのプロセスは重要です。

プロセス方法を間違えれば見えるはずの課題も見失ってしまいます。

この記事では、新規事業にとって重要なプロセスと、そのポイントについて解説します。

 

新規事業のプロセスとは

新規事業

新規事業プロセスにとって重要なことは、順を追って進めていく、その先に目指すは、新規事業立ち上げ、成功することです。

課題を見出し修正するプロセスにどれだけ時間と労力を使うのか、新規事業が成功するためのポイントがあります。

新規事業に重要なプロセスについて順を追って確認してみましょう。

 

プロセス、スタート~立ち上げまで

まずはプロセスのスタートです。新規事業立ち上げを決め、具体的な内容を決めるそのスタート地点に重要なのは市場調査です。

今市場で求められるモノ・サービスは何かを具体的に調査し、アイデアの抽出です。

アイデアを出し、創出する商品・サービスを選定した上で、その価値をより現実的にするため試しては修正しを繰り返します。

 

この繰り返しの間に浮き彫りになった課題を解決・修正していきます。

そして改善された商品・サービス事業を立ち上げます。目標は新規事業の成功です。アイデアを絞り市場価値が高いと定めた商品・サービスを実際に提供するモノ・サービスの状態にします。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

ポイントはリーンスタートアップ

プロセスで重要なポイントはリーンスタートアップです。プロセスで重要なことはリスクを抑えることです。

プロセスを進めるのに大切なことは課題を見出し、修正改善していくことです。

試しては修正する、その繰り返しにより商品やサービスを開発していきます。

 

リーンスタートアップとは

リーンスタートアップのリーンは無駄のない状態を意味します。

新規事業を展開するのになるべく無駄なことを省き、勧めていきます。

プロセスに必要なコストをなるべく低コストで抑える、プロセスを細かく踏むことで無駄なコストを避けることを可能にします。

プロセスを細かく進める、進めるハードルを低く設定すると良いでしょう。

 

新規事業プロセスにありがちな無駄

新規事業プロセスで避けたい無駄は必要以上人員とコストです。

思い入れが大きいだけに客観性を失うと引き起こしてしまう無駄、このありがちな無駄を意識してみることで改善につながるでしょう。

 

新規事業プロセスはリーンスタートアップからオープンイノベーションへと替わる

新規事業

ここで重要なのは、時代の変化と共に新規事業のプロセスも変わってきています。

自社内での視点であったリーンスタートアップ時代から自社外部視点に時代は変わりつつあります。

自社内のみの視点に限るのではなく、より専門的な外部へとプロセスを拡げより、広い視点に立ち対応するのがオープンイノベーションです。

 

オープンイノベーションとは

オープンイノベーションは、オープンとは自社外部、イノベーションは革新という意味です。

プロセス方法を革新する、より専門的な外部的視点で進めます。

自社内に比べて目線がどうしても内に留まってしまうリーンスタートアップに対して開かれた視点から課題を見つけることができるのが大きな特徴です。

内部では気付きにくい課題が浮き彫りになります。

 

プロセスに重要なのは失敗が小さいうちに修正することです。小さな失敗であれば何度でも改修できます。しかし失敗を大きくしてしまうとコスト面でも改修で終わってしまう可能性があります。

小さな課題を何度も修正すること、課題を見つけるのに何度も試すこと新規事業プロセスにとって重要です。

 

まとめ/新規事業プロセス方法は替わる

新規事業にとってプロセスは大変重要です。

新しい事業の成功を目指すためにプロセスで課題を見つけ修正する作業工程が必要なのです。

試しては修正する、それを繰り返し、課題は小さなうちに修正することで新規事業の成功を導きます。

プロセス方法は時代の変化と共に変わってきています。コストの面からも最も効果のあるプロセス方法を選択しなければなりません。

自社内視点のリーンストラップから自社外視点の革新的なオープンイノベーションへと変わっているのです。

新規事業に重要なプロセスは見出す課題を見失わないために、方法を選び適用する必要があります。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.2.1
  • オープンイノベーション新規事業
  • 新規事業

新しく事業を展開するために、そのプロセスは重要です。

プロセス方法を間違えれば見えるはずの課題も見失ってしまいます。

この記事では、新規事業にとって重要なプロセスと、そのポイントについて解説します。

 

新規事業のプロセスとは

新規事業

新規事業プロセスにとって重要なことは、順を追って進めていく、その先に目指すは、新規事業立ち上げ、成功することです。

課題を見出し修正するプロセスにどれだけ時間と労力を使うのか、新規事業が成功するためのポイントがあります。

新規事業に重要なプロセスについて順を追って確認してみましょう。

 

プロセス、スタート~立ち上げまで

まずはプロセスのスタートです。新規事業立ち上げを決め、具体的な内容を決めるそのスタート地点に重要なのは市場調査です。

今市場で求められるモノ・サービスは何かを具体的に調査し、アイデアの抽出です。

アイデアを出し、創出する商品・サービスを選定した上で、その価値をより現実的にするため試しては修正しを繰り返します。

 

この繰り返しの間に浮き彫りになった課題を解決・修正していきます。

そして改善された商品・サービス事業を立ち上げます。目標は新規事業の成功です。アイデアを絞り市場価値が高いと定めた商品・サービスを実際に提供するモノ・サービスの状態にします。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

ポイントはリーンスタートアップ

プロセスで重要なポイントはリーンスタートアップです。プロセスで重要なことはリスクを抑えることです。

プロセスを進めるのに大切なことは課題を見出し、修正改善していくことです。

試しては修正する、その繰り返しにより商品やサービスを開発していきます。

 

リーンスタートアップとは

リーンスタートアップのリーンは無駄のない状態を意味します。

新規事業を展開するのになるべく無駄なことを省き、勧めていきます。

プロセスに必要なコストをなるべく低コストで抑える、プロセスを細かく踏むことで無駄なコストを避けることを可能にします。

プロセスを細かく進める、進めるハードルを低く設定すると良いでしょう。

 

新規事業プロセスにありがちな無駄

新規事業プロセスで避けたい無駄は必要以上人員とコストです。

思い入れが大きいだけに客観性を失うと引き起こしてしまう無駄、このありがちな無駄を意識してみることで改善につながるでしょう。

 

新規事業プロセスはリーンスタートアップからオープンイノベーションへと替わる

新規事業

ここで重要なのは、時代の変化と共に新規事業のプロセスも変わってきています。

自社内での視点であったリーンスタートアップ時代から自社外部視点に時代は変わりつつあります。

自社内のみの視点に限るのではなく、より専門的な外部へとプロセスを拡げより、広い視点に立ち対応するのがオープンイノベーションです。

 

オープンイノベーションとは

オープンイノベーションは、オープンとは自社外部、イノベーションは革新という意味です。

プロセス方法を革新する、より専門的な外部的視点で進めます。

自社内に比べて目線がどうしても内に留まってしまうリーンスタートアップに対して開かれた視点から課題を見つけることができるのが大きな特徴です。

内部では気付きにくい課題が浮き彫りになります。

 

プロセスに重要なのは失敗が小さいうちに修正することです。小さな失敗であれば何度でも改修できます。しかし失敗を大きくしてしまうとコスト面でも改修で終わってしまう可能性があります。

小さな課題を何度も修正すること、課題を見つけるのに何度も試すこと新規事業プロセスにとって重要です。

 

まとめ/新規事業プロセス方法は替わる

新規事業にとってプロセスは大変重要です。

新しい事業の成功を目指すためにプロセスで課題を見つけ修正する作業工程が必要なのです。

試しては修正する、それを繰り返し、課題は小さなうちに修正することで新規事業の成功を導きます。

プロセス方法は時代の変化と共に変わってきています。コストの面からも最も効果のあるプロセス方法を選択しなければなりません。

自社内視点のリーンストラップから自社外視点の革新的なオープンイノベーションへと変わっているのです。

新規事業に重要なプロセスは見出す課題を見失わないために、方法を選び適用する必要があります。

 

カジュアルミーティング