B2C向け新規事業のWebデザインの重要性とは

  • 2021.12.5
  • webデザイン新規事業
  • デザイン
  • 新規事業

新規事業,webデザイン

多くの企業において、会社経営をする上で重要になってくる新規事業。

経営者や担当者の方は、

「新規事業の成功と失敗の境目はどこにあるのか」

「どういうステップを踏めば成功確率が上がる?」

などの課題を抱えていたりするのではないでしょうか。

 

今回はB2C向け新規事業のWEBデザインの重要性について解説していきます。

最後に、B2CのWebサイトの成功例まで紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

【B2B/B2Cそれぞれのビジネス形態とは】

BtoB,BtoC

新規事業を立ち上げる初めのステップとして、まずはターゲットを定めます。

企業が自社製品やサービスを販売する場合、ターゲットは大きく分けると以下の2つです。

  • 法人(Business=B to「B」)
  • 一般消費者(Consumer=B to「C」)

B2B/B2Cそれぞれのビジネス形態について解説していきます。

 

〈B2B〉

B2B(ビー・トゥー・ビー)とは、Business to Businessの略で、企業が企業に商品やサービスを提供する企業間取引のビジネス形態です。

B2Bは、ターゲットや取引先が企業に限定されているので、CM等を利用したマスメディア向けの広告プロモーションは少ないのが特徴です。

 

新規顧客の集客方法は、テレマーケティング(直接資料請求の受付や販売促進を行うこと)やリスティング広告(検索連動型広告)などで直接企業にアプローチするのが一般的です。

 

〈B2C〉

B2C(ビー・トゥー・シー)とは、Business to Consumerの略で、企業が個人に商品・サービスを提供して取引するビジネス形態です。

主に、家電メーカー、食品、化粧品、アパレル、デパートなど、一般消費者に向けてモノを販売する企業がB2Cです。

 

プロモーションの方法は、テレビCM、雑誌などのマスメディアの媒体を中心としており、消費者間の認知度を高めることを目的としています。

B2Cの場合は、自社製品を選んでもらうためにマス向けの広告を利用したブランディングが必須になります。

 

【B2C向けの新規事業は何を重視すべきか】

新規事業

B2BとB2Cの購入までのフローを比較して、新規事業を成功させるためのポイントを絞っていきます。

  • B2B  企業間取引の検討期間は長く、競合他社と比較して慎重に選ぶ
  • B2C  消費者の検討期間は短く、単純な理由が多い

単純な理由とは、例えば、食品や生活雑貨などの消費財は、店舗に入って陳列されている商品を見て認知し、「この前CMで見た」などの理由で、その場で購入を決定するということが日常的に行われています。

 

それに加え、B2Cは不特定多数に向けて商品を販売することが多いです。

マーケティングでは、メディア媒体(テレビや雑誌、ネット広告やSNS)を使ってプロモーションをして、消費者間の認知度を高めることが必須になってきます。

 

  • 消費者の検討期間は短いため、第一印象が重要になる
  • 単純な理由で購入するため、印象的なプロモーションが必要
  • 消費者間の認知度を高める必要がある

上記の理由から、「一目で目をひかれるデザイン」が重要になってきます。

現代のインターネット社会では、新規事業もWebサイトを通して消費者にアピールしていくことが重要になってきます。

以下からは、新規事業のWebサイトのデザインについて解説していきます。

 

関連:「新規事業のSWOT分析とは?

 

【B2C向けのWebサイトのデザインはどのようなものが良いか】

サイト,デザイン

B2CのWebサイトをデザインするにあたり、キャッチーでインパクトのあるデザインが必要になります。

消費者が探しているのは膨大な量の情報ではないので、たくさんのコンテンツをサイトに載せることは好まれません。

最小限のコンテンツと、大きくインパクトのある画像で、消費者にアピールすることで成果をあげることができます。

他の競合他社よりデザインはユニークで、インパクトを一目で与え、消費者の記憶に残るものでなくてはなりません。

 

また、ユーザーの購入プロセスはスムーズである必要があります。

Webサイトでは消費者が「購入する」をクリックして実際に支払いを行うプロセスは最重要であり、最小限のステップで構成されなければなりません。

さらに、製品やサービスに関する情報は、分かりやすい言葉で明記されてなければなりません。

 

そうでなければ、消費者が購入のプロセスを煩わしいと感じて購入を辞退してしまう可能性があります。購入・支払いプロセスは最大限スムーズにするべきです。

大多数の消費者が、数回広告を見ただけで購入までを行うということを覚えておきましょう。消費者に与えるファースト・インプレッションはとにかく重要です。

 

【B2CのWebサイトの成功例】

「北欧、暮らしの道具店」は、雑貨や食器などの生活アイテムをスタッフ自らが情報発信するWebサイトです。

その都度決定される生活テーマに沿って商品を仕入れるため、多くの消費者が忌避する「わざとらしい広告」という印象があまり感じられないところが特徴です。

コンスタントに商品ページを発信し続けているというのも、ファンから評価される理由の1つになっています。

サイト

北欧、暮らしの道具店 (hokuohkurashi.com)

 

【終わりに】

今回はB2C向け新規事業のデザインの重要性について解説しました。

 

[まとめ]

  • 消費者の購入動機は短期的で単純なものが多いため、デザインが重要になる
  • デザインは一目でインパクトを与えるものが良い
  • 購入までのステップをスムーズにするべき

この記事が、新規事業立ち上げの際の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

  • 2021.12.5
  • webデザイン新規事業
  • デザイン
  • 新規事業

多くの企業において、会社経営をする上で重要になってくる新規事業。

経営者や担当者の方は、

「新規事業の成功と失敗の境目はどこにあるのか」

「どういうステップを踏めば成功確率が上がる?」

などの課題を抱えていたりするのではないでしょうか。

 

今回はB2C向け新規事業のWEBデザインの重要性について解説していきます。

最後に、B2CのWebサイトの成功例まで紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

【B2B/B2Cそれぞれのビジネス形態とは】

BtoB,BtoC

新規事業を立ち上げる初めのステップとして、まずはターゲットを定めます。

企業が自社製品やサービスを販売する場合、ターゲットは大きく分けると以下の2つです。

  • 法人(Business=B to「B」)
  • 一般消費者(Consumer=B to「C」)

B2B/B2Cそれぞれのビジネス形態について解説していきます。

 

〈B2B〉

B2B(ビー・トゥー・ビー)とは、Business to Businessの略で、企業が企業に商品やサービスを提供する企業間取引のビジネス形態です。

B2Bは、ターゲットや取引先が企業に限定されているので、CM等を利用したマスメディア向けの広告プロモーションは少ないのが特徴です。

 

新規顧客の集客方法は、テレマーケティング(直接資料請求の受付や販売促進を行うこと)やリスティング広告(検索連動型広告)などで直接企業にアプローチするのが一般的です。

 

〈B2C〉

B2C(ビー・トゥー・シー)とは、Business to Consumerの略で、企業が個人に商品・サービスを提供して取引するビジネス形態です。

主に、家電メーカー、食品、化粧品、アパレル、デパートなど、一般消費者に向けてモノを販売する企業がB2Cです。

 

プロモーションの方法は、テレビCM、雑誌などのマスメディアの媒体を中心としており、消費者間の認知度を高めることを目的としています。

B2Cの場合は、自社製品を選んでもらうためにマス向けの広告を利用したブランディングが必須になります。

 

【B2C向けの新規事業は何を重視すべきか】

新規事業

B2BとB2Cの購入までのフローを比較して、新規事業を成功させるためのポイントを絞っていきます。

  • B2B  企業間取引の検討期間は長く、競合他社と比較して慎重に選ぶ
  • B2C  消費者の検討期間は短く、単純な理由が多い

単純な理由とは、例えば、食品や生活雑貨などの消費財は、店舗に入って陳列されている商品を見て認知し、「この前CMで見た」などの理由で、その場で購入を決定するということが日常的に行われています。

 

それに加え、B2Cは不特定多数に向けて商品を販売することが多いです。

マーケティングでは、メディア媒体(テレビや雑誌、ネット広告やSNS)を使ってプロモーションをして、消費者間の認知度を高めることが必須になってきます。

 

  • 消費者の検討期間は短いため、第一印象が重要になる
  • 単純な理由で購入するため、印象的なプロモーションが必要
  • 消費者間の認知度を高める必要がある

上記の理由から、「一目で目をひかれるデザイン」が重要になってきます。

現代のインターネット社会では、新規事業もWebサイトを通して消費者にアピールしていくことが重要になってきます。

以下からは、新規事業のWebサイトのデザインについて解説していきます。

 

関連:「新規事業のSWOT分析とは?

 

【B2C向けのWebサイトのデザインはどのようなものが良いか】

サイト,デザイン

B2CのWebサイトをデザインするにあたり、キャッチーでインパクトのあるデザインが必要になります。

消費者が探しているのは膨大な量の情報ではないので、たくさんのコンテンツをサイトに載せることは好まれません。

最小限のコンテンツと、大きくインパクトのある画像で、消費者にアピールすることで成果をあげることができます。

他の競合他社よりデザインはユニークで、インパクトを一目で与え、消費者の記憶に残るものでなくてはなりません。

 

また、ユーザーの購入プロセスはスムーズである必要があります。

Webサイトでは消費者が「購入する」をクリックして実際に支払いを行うプロセスは最重要であり、最小限のステップで構成されなければなりません。

さらに、製品やサービスに関する情報は、分かりやすい言葉で明記されてなければなりません。

 

そうでなければ、消費者が購入のプロセスを煩わしいと感じて購入を辞退してしまう可能性があります。購入・支払いプロセスは最大限スムーズにするべきです。

大多数の消費者が、数回広告を見ただけで購入までを行うということを覚えておきましょう。消費者に与えるファースト・インプレッションはとにかく重要です。

 

【B2CのWebサイトの成功例】

「北欧、暮らしの道具店」は、雑貨や食器などの生活アイテムをスタッフ自らが情報発信するWebサイトです。

その都度決定される生活テーマに沿って商品を仕入れるため、多くの消費者が忌避する「わざとらしい広告」という印象があまり感じられないところが特徴です。

コンスタントに商品ページを発信し続けているというのも、ファンから評価される理由の1つになっています。

サイト

北欧、暮らしの道具店 (hokuohkurashi.com)

 

【終わりに】

今回はB2C向け新規事業のデザインの重要性について解説しました。

 

[まとめ]

  • 消費者の購入動機は短期的で単純なものが多いため、デザインが重要になる
  • デザインは一目でインパクトを与えるものが良い
  • 購入までのステップをスムーズにするべき

この記事が、新規事業立ち上げの際の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。