新規事業を失敗させない!成功に導く3つのポイント

  • 2022.11.8
  • 新規事業
  • 新規事業

新規事業,成功

「新規事業を立ち上げて利益を出す」というのは、成功事例としてよく取り上げられるストーリーです。

しかし、実際に新規事業を立ち上げて成功するのは、1割から2割程度だと言われています。

この記事では、新規事業の多くが失敗に終わる3つの原因を解説。

また、新規事業を成功に導くための3つのポイントについても紹介します。

新規事業の失敗の原因を踏まえた上で、新規事業を成功に導くために行動していきましょう。

 

新規事業は基本的に失敗するのが一般的

新規事業,失敗

「新規事業を成功させる」というサクセスストーリーを良く耳にしますが、実際の新規事業の成功確率は10%ほどに留まっています。

経済産業省の新事業の取り組みに関する調査データによると、立ち上げた新規事業の内の7割は失敗していています。

そして、残りの3割の内、50%の新規事業では利益が出ておらず、実質的に失敗している状態なのです。

 

つまり、新規事業は失敗するのが当たり前で、10の新規事業の内、利益が出せる事業は1つしか生まれていないということです。

新規事業で失敗せずに成功させることがいかに難しいかがわかりますね。

 

新規事業の多くが失敗する3つの原因

新規事業の9割が失敗してしまう大きな原因は、以下の3つです。

  • ハングリー精神が足りない
  • 新規事業に関わるチームに権限がない
  • 新規事業を立ち上げるタイミングが悪い

新規事業が失敗する原因に共通するのは、「新規事業の対する気持ちが薄いこと」や「新規事業を実行するにあたっての権限が担保されていない」といった点です。

この章では、これらの失敗の原因について参考にして、新規事業で成功するためのヒントを見つけてみましょう。

 

原因1:ハングリー精神が足りない

新規事業が成功するかどうかは、「新規事業を成功させたい」という強い気持ちと行動に懸かっています。

しかし、組織の規模が大きい大企業や有名企業などでは、新規事業の成功がそれに関わる人の稼ぎや昇進に関係する人事評価に必ずしも直結する訳ではないのです。

 

そのため、新規事業に対するハングリー精神が生まれずに、事業成功に向けての行動に結びつかないといったケースも考えられます。新規事業に対する熱意がなければ、成功する確率も下がってしまいます。

このように、組織が大きい企業であればあるほど、ハングリー精神を持って新規事業に取り組むことが難しく、失敗してしまう可能性が高いという現状があるのです。

 

原因2:新規事業に関わるチームに権限がない

新規事業の実行は、ある特定の所轄のチームが担当することになるでしょう。所属している企業が「新規事業計画」として決めた計画をもとに、チームごとに新規事業を実行していきます。

そのため、行動主体としてのチームに意思決定の権限が与えられていることが、新規事業を失敗させないためには重要です。

 

しかし、企業によっては、上層部の権限が大きく、チームに権限が与えられていない場合もあります。この場合、新規事業の現場で何かを決定しようとしても、上層部に判断をあおがなくてはいけません。

事業実行のスピード感が求められる新規事業においては、事業計画の実行スピードの遅さは致命的です。

 

原因3:新規事業を立ち上げるタイミングが悪い

新規事業が失敗してしまう原因として、新規事業を立ち上げるタイミングの悪さも挙げられます。ビジネスの環境の変化は、ネット技術の発展で日に追うごとに早くなっています。

タピオカやバナナジュースの流行り・廃りに見られるように、「この商品やサービスが流行るかもしれない」と感じたら、すぐに行動しないとビジネスチャンスを逃すことも大いに考えられるでしょう。

しかし、原因2にも挙げたような組織の決断力や行動力の遅さのせいで、これらのビジネスチャンスを逃して、新規事業を立ち上げても失敗してしまう可能性もあるのです。

 

新規事業の失敗を避けて成功に導く3つのポイント

新規事業,成功

新規事業の失敗を避けて成功に導くには、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

  • スピード感を伴った新規事業計画と実行
  • 市場分析と顧客ニーズ分析を反映させる
  • 仮説と検証によって何度も新規事業を分析する

新規事業を成功させるためには、まずは世間の時流を掴んでスピーディーに新規事業を立ち上げることが重要です。

また、市場のマーケティング分析や商品・サービスの試行錯誤も重要なプロセスだと言えます。3つのポイントをおさえて、新規事業を成功に導いていきましょう。

 

ポイント1:スピード感を伴った新規事業計画と実行

新規事業を成功に導くためには、世間の流れを見据えて「本当に必要とされているものかどうか」を見分ける嗅覚が重要になります。

また、新規事業を立ち上げて、世間に出すまでのスピード感も重要です。

いくら世間に求められている商品やサービスを開発しても、他社に先を越されてしまえば、利益が出ない新規事業になってしまう可能性があります。

新規事業で成功するなら、何よりも事業計画の立案と実行の速さが重要なのです。

 

ポイント2:市場分析と顧客ニーズ分析を反映する

新規事業を成功させるためには、徹底的な市場分析から抽出される顧客ニーズ分析が重要です。アンケートや電話、類似サービスに対する消費者の評価には、新規事業を成功させるためのヒントが数多く隠されています。

市場分析から得られたデータをもとに「新規事業に必要とされている要素」を見つけて、それを新規事業の計画に反映させていくことで、市場ニーズの高い、成功する新規事業に近づくことができるでしょう。

 

ポイント3:仮説と検証によって何度も新規事業を分析する

新規事業を成功させていくためには、市場分析で得られたデータを分析して、新規事業にどのように採用していくのかを決める必要があります。この仮説と検証の繰り返しによって、新規事業をブラッシュアップし、事業の成功率を上げていくことができます。

これらのポイント踏まえて新規事業を考え、実行していくことで、高い確率で成功する新規事業計画の実行が可能となるのです。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ:新規事業の失敗を避けるには、スピード感と市場ニーズの把握が鍵になる

この記事では、新規事業が失敗してしまう原因と成功に導くための3つのポイントを解説しました。新規事業の失敗は、組織の柔軟性の無さや対応の遅さによるものが大きいです。

逆をいえば、市場の動向に沿った柔軟な新規事業開発ができれば、事業成功の可能性は高くなります。

迅速性と徹底的な市場分析を伴った、市場のニーズを取り込んだ新規事業開発をすることで、新規事業を成功に近づけていきましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.11.8
  • 新規事業
  • 新規事業

「新規事業を立ち上げて利益を出す」というのは、成功事例としてよく取り上げられるストーリーです。

しかし、実際に新規事業を立ち上げて成功するのは、1割から2割程度だと言われています。

この記事では、新規事業の多くが失敗に終わる3つの原因を解説。

また、新規事業を成功に導くための3つのポイントについても紹介します。

新規事業の失敗の原因を踏まえた上で、新規事業を成功に導くために行動していきましょう。

 

新規事業は基本的に失敗するのが一般的

新規事業,失敗

「新規事業を成功させる」というサクセスストーリーを良く耳にしますが、実際の新規事業の成功確率は10%ほどに留まっています。

経済産業省の新事業の取り組みに関する調査データによると、立ち上げた新規事業の内の7割は失敗していています。

そして、残りの3割の内、50%の新規事業では利益が出ておらず、実質的に失敗している状態なのです。

 

つまり、新規事業は失敗するのが当たり前で、10の新規事業の内、利益が出せる事業は1つしか生まれていないということです。

新規事業で失敗せずに成功させることがいかに難しいかがわかりますね。

 

新規事業の多くが失敗する3つの原因

新規事業の9割が失敗してしまう大きな原因は、以下の3つです。

  • ハングリー精神が足りない
  • 新規事業に関わるチームに権限がない
  • 新規事業を立ち上げるタイミングが悪い

新規事業が失敗する原因に共通するのは、「新規事業の対する気持ちが薄いこと」や「新規事業を実行するにあたっての権限が担保されていない」といった点です。

この章では、これらの失敗の原因について参考にして、新規事業で成功するためのヒントを見つけてみましょう。

 

原因1:ハングリー精神が足りない

新規事業が成功するかどうかは、「新規事業を成功させたい」という強い気持ちと行動に懸かっています。

しかし、組織の規模が大きい大企業や有名企業などでは、新規事業の成功がそれに関わる人の稼ぎや昇進に関係する人事評価に必ずしも直結する訳ではないのです。

 

そのため、新規事業に対するハングリー精神が生まれずに、事業成功に向けての行動に結びつかないといったケースも考えられます。新規事業に対する熱意がなければ、成功する確率も下がってしまいます。

このように、組織が大きい企業であればあるほど、ハングリー精神を持って新規事業に取り組むことが難しく、失敗してしまう可能性が高いという現状があるのです。

 

原因2:新規事業に関わるチームに権限がない

新規事業の実行は、ある特定の所轄のチームが担当することになるでしょう。所属している企業が「新規事業計画」として決めた計画をもとに、チームごとに新規事業を実行していきます。

そのため、行動主体としてのチームに意思決定の権限が与えられていることが、新規事業を失敗させないためには重要です。

 

しかし、企業によっては、上層部の権限が大きく、チームに権限が与えられていない場合もあります。この場合、新規事業の現場で何かを決定しようとしても、上層部に判断をあおがなくてはいけません。

事業実行のスピード感が求められる新規事業においては、事業計画の実行スピードの遅さは致命的です。

 

原因3:新規事業を立ち上げるタイミングが悪い

新規事業が失敗してしまう原因として、新規事業を立ち上げるタイミングの悪さも挙げられます。ビジネスの環境の変化は、ネット技術の発展で日に追うごとに早くなっています。

タピオカやバナナジュースの流行り・廃りに見られるように、「この商品やサービスが流行るかもしれない」と感じたら、すぐに行動しないとビジネスチャンスを逃すことも大いに考えられるでしょう。

しかし、原因2にも挙げたような組織の決断力や行動力の遅さのせいで、これらのビジネスチャンスを逃して、新規事業を立ち上げても失敗してしまう可能性もあるのです。

 

新規事業の失敗を避けて成功に導く3つのポイント

新規事業,成功

新規事業の失敗を避けて成功に導くには、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

  • スピード感を伴った新規事業計画と実行
  • 市場分析と顧客ニーズ分析を反映させる
  • 仮説と検証によって何度も新規事業を分析する

新規事業を成功させるためには、まずは世間の時流を掴んでスピーディーに新規事業を立ち上げることが重要です。

また、市場のマーケティング分析や商品・サービスの試行錯誤も重要なプロセスだと言えます。3つのポイントをおさえて、新規事業を成功に導いていきましょう。

 

ポイント1:スピード感を伴った新規事業計画と実行

新規事業を成功に導くためには、世間の流れを見据えて「本当に必要とされているものかどうか」を見分ける嗅覚が重要になります。

また、新規事業を立ち上げて、世間に出すまでのスピード感も重要です。

いくら世間に求められている商品やサービスを開発しても、他社に先を越されてしまえば、利益が出ない新規事業になってしまう可能性があります。

新規事業で成功するなら、何よりも事業計画の立案と実行の速さが重要なのです。

 

ポイント2:市場分析と顧客ニーズ分析を反映する

新規事業を成功させるためには、徹底的な市場分析から抽出される顧客ニーズ分析が重要です。アンケートや電話、類似サービスに対する消費者の評価には、新規事業を成功させるためのヒントが数多く隠されています。

市場分析から得られたデータをもとに「新規事業に必要とされている要素」を見つけて、それを新規事業の計画に反映させていくことで、市場ニーズの高い、成功する新規事業に近づくことができるでしょう。

 

ポイント3:仮説と検証によって何度も新規事業を分析する

新規事業を成功させていくためには、市場分析で得られたデータを分析して、新規事業にどのように採用していくのかを決める必要があります。この仮説と検証の繰り返しによって、新規事業をブラッシュアップし、事業の成功率を上げていくことができます。

これらのポイント踏まえて新規事業を考え、実行していくことで、高い確率で成功する新規事業計画の実行が可能となるのです。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ:新規事業の失敗を避けるには、スピード感と市場ニーズの把握が鍵になる

この記事では、新規事業が失敗してしまう原因と成功に導くための3つのポイントを解説しました。新規事業の失敗は、組織の柔軟性の無さや対応の遅さによるものが大きいです。

逆をいえば、市場の動向に沿った柔軟な新規事業開発ができれば、事業成功の可能性は高くなります。

迅速性と徹底的な市場分析を伴った、市場のニーズを取り込んだ新規事業開発をすることで、新規事業を成功に近づけていきましょう。

 

カジュアルミーティング