評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

  • 2022.1.25
  • デザイン共通点
  • デザイン

デザイン,大切なこと

世の中には、明確な答えがあってその解決に向かって業務を行うタイプの仕事があります。

例えば、会計やデータ分析などの仕事がこれに当たります。

しかし、その一方で、ノルマや達成すべき目標はあっても、答えが明確ではない仕事もあります。プログラミングやデザインのような仕事がこれに当たりますね。

 

とりわけ、クリエイティブな能力が要求されるデザイナーのような仕事は、仕事に明確な正解が無いために、業務の方向性に迷ってしまうことも多いでしょう。

この記事では、成功するデザインに大切なこと6つを解説。

また、デザインをする際の基本的なプロセスや注意点についても紹介します。

デザインの仕事でやるべき事や方向性に迷っている方は、参考にしてみてください。

 

デザインする時の基本的なプロセス

デザイン,プロセス

デザインをする際の基本的なプロセスは、以下の3つの点にまとめられます。

  1. デザインに要求される仕事内容を段階別に整理する
  2. それぞれの段階で要求される課題を洗い出す
  3. 課題を解決するために”何をすべきか”を明確化する

デザインを始める際は、まず情報を整理して、段階別に必要になることをまとめましょう。

そうすることで、やるべきことの優先順位が付けられます。

また、情報をまとめることで、完成するまでの道のりが明確になり、デザイン完成までの期間が迅速になる効果も期待できるでしょう。

 

高評価のデザインに大切なこと6つ

デザインの仕事には正解はありませんが、高評価がもらえるデザインには6つの共通点があります。

  • デザインに必要なソフトを駆使している
  • デザインを実際にアウトプットする経験が豊富
  • 他人との円滑な意思疎通が行える環境にある
  • 常に新しい流行りや最先端を取り入れている
  • 新しい発想をデザインに落とし込む力
  • 常にクライアントの求めるデザインを追求する

高評価がもらえるデザインの共通点を知って、自分のデザインに欠けているものは何かを見つけて改善に役立ててみましょう。

 

1:あらゆるソフトを使いこなしている

現代のデザインの仕事は、WEB上で完結する仕事が多くなっています。

例えば、サイトのバナー作成や写真や動画編集ソフトを使った集客に役立つデザインなどがほとんどです。

そのため、パソコンを使ったこれらのソフトを駆使して、デザインできるスキルが必要になります。

有名どころの編集ソフトの基礎はもちろん、応用的な使い方についても学んで、他人よりも魅力的なデザインを作りましょう。

 

2:デザインのアウトプットの経験が豊富

デザインの仕事は、インプットだけでは高評価がもらえるデザインの作成はできません。

インプットをしたら、それ以上にアウトプットをしましょう。

そして、「集客や購入に結びつく魅力的なデザインとは何か」を考えながら、インプットをしつつ、アウトプットを繰り返すことが重要です。

 

最初は失敗ばかりかもしれませんが、自分の頭でデザインを考え、他人からの評価を取り入れてブラッシュアップすることで、着実に高評価がもらえるデザインに近づいていきます。

 

3:他人との円滑な意思疎通が行える環境

デザインの仕事は、一人だけで完結する仕事ではありません。

他の仕事でもそうですが、コミュニケーションがうまくいかないと、クライアントからしてもデザインの完成度以前に、仕事相手として信用してもらえません。

このように、コミュニケーションが円滑に行えないと、継続的に仕事をもらえる可能性は減ってしまうでしょう。

デザインで高評価をもらうためには、密接で相手が不快に感じないような、コミュニケーション能力も必要となってくるのです。

 

4:常に新しい流行りや最先端を取り入れている

デザインの仕事には正解はありませんが、世間一般的に見て、人気の高いデザインには特徴があります。

そのため、人気の高いデザインを参考にすることが、高評価がもらえるデザインには欠かせません。

しかし、世間で人気のあるデザインは変化していくので、常に社会の流れに沿ったデザインを考え、提案していく必要があります。

そのため、最先端のデザインを取り入れ、常に勉強する姿勢が高評価をもらえるデザインには必要になるのです。

 

5:新しい発想をデザインに落とし込む力

デザインの仕事には、新しい発想をデザインとして完成させていく、強い探究心が求められます。

新しいデザインの発想が思い浮かんでも、それを自分が思うようなデザインに完成させていくためには、試行錯誤の時間が必要となります。

このように、新しい発想をデザインに落とし込むための方法を考えて、実行する行動力のある人は、高評価をもらえるデザインが作れるでしょう。

 

6:常にクライアントの求めるデザインを追求する

デザインの仕事は、クライアントの求める理想を「デザイン」という方法で、叶えていく作業です。

多くの場合において、デザインを考える中で「自分のやりたい形」が必ず出てくるのではないでしょうか?

しかし、実際には自分の考える理想がクライアントの理想に合うかどうかはわかりません。

 

このようなデザインの作り手と買い手のミスマッチでお互いが嫌な思いをしないためにも、デザインを考えて実行する際には、クライアントとの密接な対話が重要になってくるのです。

あくまでもクライアント本位のデザインを追求していきたいところですね。

 

デザインを考える時の注意点とは

デザイン,注意点

デザインを考える際には、「クライアントからの要求を満たせるデザインかどうか」を考えることが重要です。

デザインの仕事は、目に見えるデザインを作り上げるまでに、目に見えない部分・パーツごとのデザイン・完成した時のデザインの3段階に分けて考える必要があります。

 

とりわけ、デザインの初期段階には、目に見える部分が少ないので、完成形までのロードマップが描けないケースもあるでしょう。

その場合、最終的なデザインの形を見失ってデザインに失敗してしまう可能性もあります。

そのため、高評価がもらえるデザインを考える際には、段階別に分けて、達成すべきことと最終的な到達地点をイメージしておく必要があるのです。

 

関連:一歩先をいくためのデザイン基礎知識について解説

 

まとめ:高評価のデザインに大切なことを意識して、満足度の高いデザインを考えていこう

この記事では、高評価がもらえるデザインに必要なこと6つや基本的なプロセス、注意点を紹介しました。

高評価がもらえるデザインに重要なのは、何よりも新しいことを追求する探究心とクライアントとの意見のすり合わせを行なっていくコミュニケーション能力です。

クライアントに高評価がもらえる行動は何かを常に考えて、満足度の高いデザインを作りましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.25
  • デザイン共通点
  • デザイン

世の中には、明確な答えがあってその解決に向かって業務を行うタイプの仕事があります。

例えば、会計やデータ分析などの仕事がこれに当たります。

しかし、その一方で、ノルマや達成すべき目標はあっても、答えが明確ではない仕事もあります。プログラミングやデザインのような仕事がこれに当たりますね。

 

とりわけ、クリエイティブな能力が要求されるデザイナーのような仕事は、仕事に明確な正解が無いために、業務の方向性に迷ってしまうことも多いでしょう。

この記事では、成功するデザインに大切なこと6つを解説。

また、デザインをする際の基本的なプロセスや注意点についても紹介します。

デザインの仕事でやるべき事や方向性に迷っている方は、参考にしてみてください。

 

デザインする時の基本的なプロセス

デザイン,プロセス

デザインをする際の基本的なプロセスは、以下の3つの点にまとめられます。

  1. デザインに要求される仕事内容を段階別に整理する
  2. それぞれの段階で要求される課題を洗い出す
  3. 課題を解決するために”何をすべきか”を明確化する

デザインを始める際は、まず情報を整理して、段階別に必要になることをまとめましょう。

そうすることで、やるべきことの優先順位が付けられます。

また、情報をまとめることで、完成するまでの道のりが明確になり、デザイン完成までの期間が迅速になる効果も期待できるでしょう。

 

高評価のデザインに大切なこと6つ

デザインの仕事には正解はありませんが、高評価がもらえるデザインには6つの共通点があります。

  • デザインに必要なソフトを駆使している
  • デザインを実際にアウトプットする経験が豊富
  • 他人との円滑な意思疎通が行える環境にある
  • 常に新しい流行りや最先端を取り入れている
  • 新しい発想をデザインに落とし込む力
  • 常にクライアントの求めるデザインを追求する

高評価がもらえるデザインの共通点を知って、自分のデザインに欠けているものは何かを見つけて改善に役立ててみましょう。

 

1:あらゆるソフトを使いこなしている

現代のデザインの仕事は、WEB上で完結する仕事が多くなっています。

例えば、サイトのバナー作成や写真や動画編集ソフトを使った集客に役立つデザインなどがほとんどです。

そのため、パソコンを使ったこれらのソフトを駆使して、デザインできるスキルが必要になります。

有名どころの編集ソフトの基礎はもちろん、応用的な使い方についても学んで、他人よりも魅力的なデザインを作りましょう。

 

2:デザインのアウトプットの経験が豊富

デザインの仕事は、インプットだけでは高評価がもらえるデザインの作成はできません。

インプットをしたら、それ以上にアウトプットをしましょう。

そして、「集客や購入に結びつく魅力的なデザインとは何か」を考えながら、インプットをしつつ、アウトプットを繰り返すことが重要です。

 

最初は失敗ばかりかもしれませんが、自分の頭でデザインを考え、他人からの評価を取り入れてブラッシュアップすることで、着実に高評価がもらえるデザインに近づいていきます。

 

3:他人との円滑な意思疎通が行える環境

デザインの仕事は、一人だけで完結する仕事ではありません。

他の仕事でもそうですが、コミュニケーションがうまくいかないと、クライアントからしてもデザインの完成度以前に、仕事相手として信用してもらえません。

このように、コミュニケーションが円滑に行えないと、継続的に仕事をもらえる可能性は減ってしまうでしょう。

デザインで高評価をもらうためには、密接で相手が不快に感じないような、コミュニケーション能力も必要となってくるのです。

 

4:常に新しい流行りや最先端を取り入れている

デザインの仕事には正解はありませんが、世間一般的に見て、人気の高いデザインには特徴があります。

そのため、人気の高いデザインを参考にすることが、高評価がもらえるデザインには欠かせません。

しかし、世間で人気のあるデザインは変化していくので、常に社会の流れに沿ったデザインを考え、提案していく必要があります。

そのため、最先端のデザインを取り入れ、常に勉強する姿勢が高評価をもらえるデザインには必要になるのです。

 

5:新しい発想をデザインに落とし込む力

デザインの仕事には、新しい発想をデザインとして完成させていく、強い探究心が求められます。

新しいデザインの発想が思い浮かんでも、それを自分が思うようなデザインに完成させていくためには、試行錯誤の時間が必要となります。

このように、新しい発想をデザインに落とし込むための方法を考えて、実行する行動力のある人は、高評価をもらえるデザインが作れるでしょう。

 

6:常にクライアントの求めるデザインを追求する

デザインの仕事は、クライアントの求める理想を「デザイン」という方法で、叶えていく作業です。

多くの場合において、デザインを考える中で「自分のやりたい形」が必ず出てくるのではないでしょうか?

しかし、実際には自分の考える理想がクライアントの理想に合うかどうかはわかりません。

 

このようなデザインの作り手と買い手のミスマッチでお互いが嫌な思いをしないためにも、デザインを考えて実行する際には、クライアントとの密接な対話が重要になってくるのです。

あくまでもクライアント本位のデザインを追求していきたいところですね。

 

デザインを考える時の注意点とは

デザイン,注意点

デザインを考える際には、「クライアントからの要求を満たせるデザインかどうか」を考えることが重要です。

デザインの仕事は、目に見えるデザインを作り上げるまでに、目に見えない部分・パーツごとのデザイン・完成した時のデザインの3段階に分けて考える必要があります。

 

とりわけ、デザインの初期段階には、目に見える部分が少ないので、完成形までのロードマップが描けないケースもあるでしょう。

その場合、最終的なデザインの形を見失ってデザインに失敗してしまう可能性もあります。

そのため、高評価がもらえるデザインを考える際には、段階別に分けて、達成すべきことと最終的な到達地点をイメージしておく必要があるのです。

 

関連:一歩先をいくためのデザイン基礎知識について解説

 

まとめ:高評価のデザインに大切なことを意識して、満足度の高いデザインを考えていこう

この記事では、高評価がもらえるデザインに必要なこと6つや基本的なプロセス、注意点を紹介しました。

高評価がもらえるデザインに重要なのは、何よりも新しいことを追求する探究心とクライアントとの意見のすり合わせを行なっていくコミュニケーション能力です。

クライアントに高評価がもらえる行動は何かを常に考えて、満足度の高いデザインを作りましょう。

 

カジュアルミーティング