スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

  • 2022.1.27
  • スタートアップ成功
  • スタートアップ

スタートアップ

革新的なアイデアを社会に与えるきっかけとなるスタートアップ。

そのアイデアにより、社会的課題を解決できたり大きな成果を出せる可能性がある一方、経営が不安定になるリスクも付きものです。

そこで今回は、スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件を解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

【個人事業主か?法人か?】

スタートアップ

最初に、どのような形態で起業するかを検討します。 以下からは、2つの企業形態を比較して見ていきましょう。

 

〈個人事業主〉

「個人事業主」とは、文字通り、個人で事業を営んでいる自然人のことを指します。

個人事業主でのスタートアップは、何といっても手軽に始めることができるという大きなメリットがあります。

開業する時には「個人事業の開業・廃業等届出書」を税務署に提出すればいいだけですし、設立費用も安く済みます。

そして、廃業する時の煩雑な手続きもありません。

 

しかし、法人と比較するとどうしても「信用面で劣る」というデメリットがあります。

個人事業主が使う「屋号」は、法務局への届け出が必要な法人と比べると社会的な重みがなく、ニックネーム程度の認識しか持たれません。

 

〈法人(株式会社など)〉

「法人」とは、自然人以外で法人格を与えられているものを指します。

社団法人やNPO法人などの、株式会社などの会社も法人に含まれます。

会社を設立するためには、法務局への届出という厳格な手続きが必要ですし、資本を入れて事業を行うということなので、社会的な信用を得ることができるという大きなメリットがあります。

しかし、決算・申告・納税という一連の税務手続きについては、個人事業主より法人の方がはるかに煩雑な手続きや作業が必要になってきます。この点が法人のデメリットといえるでしょう。

 

【起業のフロー】

〈個人事業主の場合〉

個人事業主として起業するのに必要な手続きは、納税地の税務署に開業届出書を提出するだけです。

税務署に行く時間がないという方は、書式を国税庁のホームページからダウンロードできるため、自宅で記載して税務署に郵送することも可能です。

なお、この「個人事業の開業・廃業等届出書」は、事業を開始してから1月以内に提出することとされているため、忘れないようにしましょう。

 

また、青色申告をする場合は、個人事業だとしても開業後2ヶ月以内に「所得税青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

そして、従業員を雇用する場合には、法人の場合と同様、労災保険と雇用保険に加入しなければなりません。

 

〈法人の場合〉

法人を設立した後は、その法人が納税を行ったり社会保険に加入したりしなければならないため、個人事業主として開業する場合より多くの手続きが必要となります。

そのため今回は、法人の設立に必要な手続きを大まかに紹介します。

(1)事業計画を立てる

(2)資金調達

(3)定款の作成と認証

(4)資本金の払込み

(5)会社の設立登記

(6)税務に関する手続き

(7)社会保険の手続き

 

【スタートアップに必要なもの】

スタートアップ,ホームページ

スタートアップの際には、優れたホームページが必須になってきます。

ホームページは様々な役割を果たしてくれるため、ビジネスの成長に欠かせません。

宣伝・営業・求人の補助ツールとして使えることはもちろん、ホームページにアクセスした顧客の分析を行えるのもメリットです。

顧客分析から最近のトレンドや、顧客が自社製品のどこに興味を持っているかなどが分かるため、経営に非常に重要な情報を得られます。

しかし、アクセスしたユーザーが興味を持ってくれるようなホームページでなければ、ユーザーは読むのをやめ、離脱してしまいます。 ユーザーが離脱しない優れたホームページを作りたい際は、ぜひデザイン制作会社に依頼をしましょう。

 

株式会社picks-designは、クリエイティブ性を武器にビジネスを加速させるサービスを提供している会社です。

シンプルで温かみの感じるデザインを得意としており、対応はプロダクト・DTP・Webなど幅広く、スタートアップのデザイン・ブランディング支援を中心にしているため、スタートアップを考えている方に大変おすすめです。

 

スタートアップを成功させる3つの条件

〈情熱を常に持つ〉

成功する起業家には、「常に情熱を持ち続ける」という共通点があります。

当然のことのように思えますが、人によっては、時間が経つにつれて自社の事業に対する純粋な情熱を忘れてしまう人がいるのも事実です。

能力や志を共にできる仲間と起業チームを結成して、意見交流を繰り返し、常に目標を掲げて事業に対する情熱を持ち続けましょう。

 

〈事業に対して慎重に〉

いくら起業のアイデアがクリエイティブで素晴らしいものだとしても、現実で実行できなければ意味がありません。

スタートアップはリスクが付きものなため、思いついたアイデアを必ずテストしたり、資金調達ルートを複数確保し、キャッシュフローと財務管理を徹底的に行ったりなど、とにかく事業に対して慎重になりましょう。

 

〈中正な目線を忘れない〉

成功する起業家は、何に対しても中正な目線を忘れません。 彼らは何に対しても、極端ではなく偏っていない、ニュートラルな態度で接します。

偏見を持って物事を見ることは、新たなビジネスチャンスを失いかねない愚かな行為だからです。

自社の社員、取引先、誰に対しても節度のある態度で接し、様々な価値観や多様性を尊重しましょう。

 

関連:スタートアップのホームページ作成を成功させる!重要な8つの考え方を解説

 

【終わりに】

今回は、スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件を解説していきました。

〈まとめ〉

・スタートアップには優れたホームページが必須

・スタートアップを成功させるためには「情熱」「慎重な姿勢」「中正な目線」が必要

この記事が、スタートアップを考えている方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.27
  • スタートアップ成功
  • スタートアップ

革新的なアイデアを社会に与えるきっかけとなるスタートアップ。

そのアイデアにより、社会的課題を解決できたり大きな成果を出せる可能性がある一方、経営が不安定になるリスクも付きものです。

そこで今回は、スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件を解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

【個人事業主か?法人か?】

スタートアップ

最初に、どのような形態で起業するかを検討します。 以下からは、2つの企業形態を比較して見ていきましょう。

 

〈個人事業主〉

「個人事業主」とは、文字通り、個人で事業を営んでいる自然人のことを指します。

個人事業主でのスタートアップは、何といっても手軽に始めることができるという大きなメリットがあります。

開業する時には「個人事業の開業・廃業等届出書」を税務署に提出すればいいだけですし、設立費用も安く済みます。

そして、廃業する時の煩雑な手続きもありません。

 

しかし、法人と比較するとどうしても「信用面で劣る」というデメリットがあります。

個人事業主が使う「屋号」は、法務局への届け出が必要な法人と比べると社会的な重みがなく、ニックネーム程度の認識しか持たれません。

 

〈法人(株式会社など)〉

「法人」とは、自然人以外で法人格を与えられているものを指します。

社団法人やNPO法人などの、株式会社などの会社も法人に含まれます。

会社を設立するためには、法務局への届出という厳格な手続きが必要ですし、資本を入れて事業を行うということなので、社会的な信用を得ることができるという大きなメリットがあります。

しかし、決算・申告・納税という一連の税務手続きについては、個人事業主より法人の方がはるかに煩雑な手続きや作業が必要になってきます。この点が法人のデメリットといえるでしょう。

 

【起業のフロー】

〈個人事業主の場合〉

個人事業主として起業するのに必要な手続きは、納税地の税務署に開業届出書を提出するだけです。

税務署に行く時間がないという方は、書式を国税庁のホームページからダウンロードできるため、自宅で記載して税務署に郵送することも可能です。

なお、この「個人事業の開業・廃業等届出書」は、事業を開始してから1月以内に提出することとされているため、忘れないようにしましょう。

 

また、青色申告をする場合は、個人事業だとしても開業後2ヶ月以内に「所得税青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

そして、従業員を雇用する場合には、法人の場合と同様、労災保険と雇用保険に加入しなければなりません。

 

〈法人の場合〉

法人を設立した後は、その法人が納税を行ったり社会保険に加入したりしなければならないため、個人事業主として開業する場合より多くの手続きが必要となります。

そのため今回は、法人の設立に必要な手続きを大まかに紹介します。

(1)事業計画を立てる

(2)資金調達

(3)定款の作成と認証

(4)資本金の払込み

(5)会社の設立登記

(6)税務に関する手続き

(7)社会保険の手続き

 

【スタートアップに必要なもの】

スタートアップ,ホームページ

スタートアップの際には、優れたホームページが必須になってきます。

ホームページは様々な役割を果たしてくれるため、ビジネスの成長に欠かせません。

宣伝・営業・求人の補助ツールとして使えることはもちろん、ホームページにアクセスした顧客の分析を行えるのもメリットです。

顧客分析から最近のトレンドや、顧客が自社製品のどこに興味を持っているかなどが分かるため、経営に非常に重要な情報を得られます。

しかし、アクセスしたユーザーが興味を持ってくれるようなホームページでなければ、ユーザーは読むのをやめ、離脱してしまいます。 ユーザーが離脱しない優れたホームページを作りたい際は、ぜひデザイン制作会社に依頼をしましょう。

 

株式会社picks-designは、クリエイティブ性を武器にビジネスを加速させるサービスを提供している会社です。

シンプルで温かみの感じるデザインを得意としており、対応はプロダクト・DTP・Webなど幅広く、スタートアップのデザイン・ブランディング支援を中心にしているため、スタートアップを考えている方に大変おすすめです。

 

スタートアップを成功させる3つの条件

〈情熱を常に持つ〉

成功する起業家には、「常に情熱を持ち続ける」という共通点があります。

当然のことのように思えますが、人によっては、時間が経つにつれて自社の事業に対する純粋な情熱を忘れてしまう人がいるのも事実です。

能力や志を共にできる仲間と起業チームを結成して、意見交流を繰り返し、常に目標を掲げて事業に対する情熱を持ち続けましょう。

 

〈事業に対して慎重に〉

いくら起業のアイデアがクリエイティブで素晴らしいものだとしても、現実で実行できなければ意味がありません。

スタートアップはリスクが付きものなため、思いついたアイデアを必ずテストしたり、資金調達ルートを複数確保し、キャッシュフローと財務管理を徹底的に行ったりなど、とにかく事業に対して慎重になりましょう。

 

〈中正な目線を忘れない〉

成功する起業家は、何に対しても中正な目線を忘れません。 彼らは何に対しても、極端ではなく偏っていない、ニュートラルな態度で接します。

偏見を持って物事を見ることは、新たなビジネスチャンスを失いかねない愚かな行為だからです。

自社の社員、取引先、誰に対しても節度のある態度で接し、様々な価値観や多様性を尊重しましょう。

 

関連:スタートアップのホームページ作成を成功させる!重要な8つの考え方を解説

 

【終わりに】

今回は、スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件を解説していきました。

〈まとめ〉

・スタートアップには優れたホームページが必須

・スタートアップを成功させるためには「情熱」「慎重な姿勢」「中正な目線」が必要

この記事が、スタートアップを考えている方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング