スタートアップのホームページ作成を成功させる!重要な8つの考え方を解説

  • 2022.1.27
  • スタートアップホームページ
  • スタートアップ

スタートアップ,ホームページ

スタートアップは成長段階にある企業群をさします。

スタートアップにとっては、自社商品やサービスをPRしていけるかどうかが、会社のその後の売上をも左右するでしょう。

しかし、WEBサイトを活用したPRの方法やノウハウについて知らないと、失敗してしまう可能性が高くなってしまうのが現実です。

 

この記事では、スタートアップの売上を左右するホームページ作りに重要な8つの考え方を解説します。

ホームページ作成と商品PRの戦略について考えている方は、参考にしてみてください。

 

スタートアップのホームページはスマホ向けに作るべき

スタートアップ,ホームページ

スタートアップかどうかに関わらず、ホームページを作る際はパソコン版に加えて、アクセス数が見込めるスマホ版のホームページデザインも考えておく必要があります。

このように、ホームページを訪問するユーザーの使いやすさを第一に考えた、UIデザインでホームページを作成しましょう。

ユーザー目線のサイト設計こそが、ホームページを活用した効率的な集客に結びつけていくための重要な鍵なのです。

 

適切なコンテンツの配置とキャッチコピーでPRする

ホームページのデザインは、適切なコンテンツを作るだけではありません。

コンテンツの配置やホームページを訪れた人の気を引くような、ホームページ設計が重要です。

基本的には、サイトの最上部に最もPRしたい商品やサービスのキャッチコピー・アニメーションを配置。

そして、自社の製品やサービスに興味を持ってもらえるような、サイト設計をしていきます。

 

スタートアップがホームページを作成する上で重要な8つの考え方

スタートアップ,ホームページ

スタートアップがホームページ作成する上で重要となる考え方は、以下の8つにまとめられます。

  1. ホームページを作る目的を明確に決める
  2. ペルソナ(想定読者)について設定する
  3. 自社の一番のPRポイントを決める
  4. ページごとに目的とPRポイントを決める
  5. ユーザーの利便性を考えたページの最適化
  6. SNSや広告などの外部連携について考える
  7. ユーザーの実際の声を反映させると良い
  8. キラーコンテンツを作る

この章では、これらの考え方について詳しくみていきましょう。

 

1:ホームページの目的を設定する

スタートアップがホームページ作成で成功するためには、まずはホームページを立ち上げる目的について、もう一度確認しておく必要があります。

ホームページで集客をして、自社製品を販売していくことが目的なのか。

それとも、サービスの認知度を広めてファンを獲得していくことが目的なのか。

ホームページを作成する目的は、企業や人によって異なります。

 

しかし、目的が曖昧なままホームページを作成すると、サイトが目指すべき方向がわからずに、集客が失敗してしまう可能性もゼロではありません。

 

2:ペルソナ(想定読者)を決めておく

ホームページ作成の目的を決める際に、重要な基準になるのはペルソナ設定です。

つまり、自社の商品やサービスをPRしていくにあたって、どの性別や年代・ニーズの人に向けたホームページにしていくのかを決めておくことが重要です。

商品やサービスのキャッチコピーを決めるにしても、ホームページ内のコンテンツ作成にしても、設定したペルソナに向けてホームページを作成しないと、伝えたいポイントが伝わりません。

自社の商品やサービスを効率的に販売するなら、ペルソナ設定をもとにしたコンテンツ作成が必要なのです。

 

3:自社の一番のPRポイントを決める

スタートアップがホームページを作成するなら、自社が一番アピールしたいPRポイントを明確にしていきましょう。

店舗販売とネット販売では売れる商品やニーズが異なるので、ホームページでPRするポイントについても、改めてリサーチして決定していくことをおすすめします。

こうして、ホームページ設計に沿った、適切なPR文を考えていきましょう。

そうすれが、サイトを訪れたユーザーの満足度も上がって、効率的な集客に結びつきます。

 

4:ページごとに目的と何をPRするのかを決める

ホームページ作成は、メインページだけでなく、記事や商品紹介ページなどのコンテンツごとに作成の目的とPRしたいポイントを考えておきましょう。

ホームページ全体でPRしたいポイントが統一されている場合もありますが、多くのケースではコンテンツによって、PRしたいポイントは異なります。

そのため、ページごとに目的とPRしたいポイントについて、もう一度確認しておきましょう。

 

5:ユーザーの利便性を考えたページの最適化

スタートアップが目標を達成するホームページ作成を考える場合、ユーザーの利便性(UI)を考えておく必要があります。

例えば、自社の商品やサービスを売りたいがあまり、広告やPR文をアピールしすぎているホームページを作成したとしましょう。

そうすると、ユーザーが「もうこのホームページは見ていたくない」とストレスを感じてしまうかもしれません。

もしくは、「何だか怪しい会社かも?」と商品やサービスの購入までには至らないことが増えてしまうケースも想定されます。

ユーザーがストレスを感じてしまうホームページでは、売上に繋がりません。あくまでもユーザーファーストで、見やすく、伝わりやすいホームページ作成が重要なのです。

 

6:SNSや広告などの外部連携について考える

スタートアップがホームページで効率的に集客するためには、TwitterやInstagram・FacebookなどのSNSサービスとの連携が欠かせません。

ホームページを作成しても、検索エンジンから自社ホームページまでのユーザーの自然な流入までには、どうしても時間がかかってしまいます。

しかし、SNSである程度のフォロワーを獲得して、そこから自社のホームページをPRしていけば、より早くホームページの閲覧数が増える可能性が高いのです。

ホームページを効果的に活用して集客するなら、SNSとの連携も視野に入れておきましょう。

 

7:ユーザーの実際の声を反映させると良い

スタートアップのホームページ作成の戦略として有効な方法が、実際に自社の商品やサービスを使った人の口コミや評判をサイトに掲載することです。

実際のお客様の声をサイトに掲載することで、ユーザーに安心感を与えることができます。

また、高評価が多いと、購入率アップに繋がる可能性も高いですね。

 

8:キラーコンテンツを作る

ホームページ作成で集客を成功させるためには、「キラーコンテンツ」を生み出すことが大切です。

キラーコンテンツは、集客率や購入率において、圧倒的な成約率を誇るような高品質・高収益のコンテンツをさします。

具体的なホームページ上のキラーコンテンツの候補としては、以下の3つが挙げられますね。

  • 商品紹介のページやサービスを導入した事例
  • 専門家によるサービスに対する意見
  • 調査や分析についてのわかりやすいデータ

これらのコンテンツをキラーコンテンツにして、集客や購入率に結びつけることが、スタートアップがホームページを成功に導いていくための鍵だといえます。

 

関連:スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

 

まとめ:スタートアップのサービスPRに最適なホームページを作成して、業績アップに繋げていこう

この記事では、スタートアップの商品やサービスを販売していく上で重要な、ホームページ作成について解説しました。

ホームページに対しての考え方や作り方次第で、集客や購入率に結びつくホームページかどうかが決まります。

キラーコンテンツになりうるコンテンツを作って、商品やサービスのアピールに繋げられれば、スタートアップの売上に大きく貢献するホームページになるはずです。

スタートアップのホームページ作成に重要な点をおさえて、効率的な集客を実現しましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.27
  • スタートアップホームページ
  • スタートアップ

スタートアップは成長段階にある企業群をさします。

スタートアップにとっては、自社商品やサービスをPRしていけるかどうかが、会社のその後の売上をも左右するでしょう。

しかし、WEBサイトを活用したPRの方法やノウハウについて知らないと、失敗してしまう可能性が高くなってしまうのが現実です。

 

この記事では、スタートアップの売上を左右するホームページ作りに重要な8つの考え方を解説します。

ホームページ作成と商品PRの戦略について考えている方は、参考にしてみてください。

 

スタートアップのホームページはスマホ向けに作るべき

スタートアップ,ホームページ

スタートアップかどうかに関わらず、ホームページを作る際はパソコン版に加えて、アクセス数が見込めるスマホ版のホームページデザインも考えておく必要があります。

このように、ホームページを訪問するユーザーの使いやすさを第一に考えた、UIデザインでホームページを作成しましょう。

ユーザー目線のサイト設計こそが、ホームページを活用した効率的な集客に結びつけていくための重要な鍵なのです。

 

適切なコンテンツの配置とキャッチコピーでPRする

ホームページのデザインは、適切なコンテンツを作るだけではありません。

コンテンツの配置やホームページを訪れた人の気を引くような、ホームページ設計が重要です。

基本的には、サイトの最上部に最もPRしたい商品やサービスのキャッチコピー・アニメーションを配置。

そして、自社の製品やサービスに興味を持ってもらえるような、サイト設計をしていきます。

 

スタートアップがホームページを作成する上で重要な8つの考え方

スタートアップ,ホームページ

スタートアップがホームページ作成する上で重要となる考え方は、以下の8つにまとめられます。

  1. ホームページを作る目的を明確に決める
  2. ペルソナ(想定読者)について設定する
  3. 自社の一番のPRポイントを決める
  4. ページごとに目的とPRポイントを決める
  5. ユーザーの利便性を考えたページの最適化
  6. SNSや広告などの外部連携について考える
  7. ユーザーの実際の声を反映させると良い
  8. キラーコンテンツを作る

この章では、これらの考え方について詳しくみていきましょう。

 

1:ホームページの目的を設定する

スタートアップがホームページ作成で成功するためには、まずはホームページを立ち上げる目的について、もう一度確認しておく必要があります。

ホームページで集客をして、自社製品を販売していくことが目的なのか。

それとも、サービスの認知度を広めてファンを獲得していくことが目的なのか。

ホームページを作成する目的は、企業や人によって異なります。

 

しかし、目的が曖昧なままホームページを作成すると、サイトが目指すべき方向がわからずに、集客が失敗してしまう可能性もゼロではありません。

 

2:ペルソナ(想定読者)を決めておく

ホームページ作成の目的を決める際に、重要な基準になるのはペルソナ設定です。

つまり、自社の商品やサービスをPRしていくにあたって、どの性別や年代・ニーズの人に向けたホームページにしていくのかを決めておくことが重要です。

商品やサービスのキャッチコピーを決めるにしても、ホームページ内のコンテンツ作成にしても、設定したペルソナに向けてホームページを作成しないと、伝えたいポイントが伝わりません。

自社の商品やサービスを効率的に販売するなら、ペルソナ設定をもとにしたコンテンツ作成が必要なのです。

 

3:自社の一番のPRポイントを決める

スタートアップがホームページを作成するなら、自社が一番アピールしたいPRポイントを明確にしていきましょう。

店舗販売とネット販売では売れる商品やニーズが異なるので、ホームページでPRするポイントについても、改めてリサーチして決定していくことをおすすめします。

こうして、ホームページ設計に沿った、適切なPR文を考えていきましょう。

そうすれが、サイトを訪れたユーザーの満足度も上がって、効率的な集客に結びつきます。

 

4:ページごとに目的と何をPRするのかを決める

ホームページ作成は、メインページだけでなく、記事や商品紹介ページなどのコンテンツごとに作成の目的とPRしたいポイントを考えておきましょう。

ホームページ全体でPRしたいポイントが統一されている場合もありますが、多くのケースではコンテンツによって、PRしたいポイントは異なります。

そのため、ページごとに目的とPRしたいポイントについて、もう一度確認しておきましょう。

 

5:ユーザーの利便性を考えたページの最適化

スタートアップが目標を達成するホームページ作成を考える場合、ユーザーの利便性(UI)を考えておく必要があります。

例えば、自社の商品やサービスを売りたいがあまり、広告やPR文をアピールしすぎているホームページを作成したとしましょう。

そうすると、ユーザーが「もうこのホームページは見ていたくない」とストレスを感じてしまうかもしれません。

もしくは、「何だか怪しい会社かも?」と商品やサービスの購入までには至らないことが増えてしまうケースも想定されます。

ユーザーがストレスを感じてしまうホームページでは、売上に繋がりません。あくまでもユーザーファーストで、見やすく、伝わりやすいホームページ作成が重要なのです。

 

6:SNSや広告などの外部連携について考える

スタートアップがホームページで効率的に集客するためには、TwitterやInstagram・FacebookなどのSNSサービスとの連携が欠かせません。

ホームページを作成しても、検索エンジンから自社ホームページまでのユーザーの自然な流入までには、どうしても時間がかかってしまいます。

しかし、SNSである程度のフォロワーを獲得して、そこから自社のホームページをPRしていけば、より早くホームページの閲覧数が増える可能性が高いのです。

ホームページを効果的に活用して集客するなら、SNSとの連携も視野に入れておきましょう。

 

7:ユーザーの実際の声を反映させると良い

スタートアップのホームページ作成の戦略として有効な方法が、実際に自社の商品やサービスを使った人の口コミや評判をサイトに掲載することです。

実際のお客様の声をサイトに掲載することで、ユーザーに安心感を与えることができます。

また、高評価が多いと、購入率アップに繋がる可能性も高いですね。

 

8:キラーコンテンツを作る

ホームページ作成で集客を成功させるためには、「キラーコンテンツ」を生み出すことが大切です。

キラーコンテンツは、集客率や購入率において、圧倒的な成約率を誇るような高品質・高収益のコンテンツをさします。

具体的なホームページ上のキラーコンテンツの候補としては、以下の3つが挙げられますね。

  • 商品紹介のページやサービスを導入した事例
  • 専門家によるサービスに対する意見
  • 調査や分析についてのわかりやすいデータ

これらのコンテンツをキラーコンテンツにして、集客や購入率に結びつけることが、スタートアップがホームページを成功に導いていくための鍵だといえます。

 

関連:スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

 

まとめ:スタートアップのサービスPRに最適なホームページを作成して、業績アップに繋げていこう

この記事では、スタートアップの商品やサービスを販売していく上で重要な、ホームページ作成について解説しました。

ホームページに対しての考え方や作り方次第で、集客や購入率に結びつくホームページかどうかが決まります。

キラーコンテンツになりうるコンテンツを作って、商品やサービスのアピールに繋げられれば、スタートアップの売上に大きく貢献するホームページになるはずです。

スタートアップのホームページ作成に重要な点をおさえて、効率的な集客を実現しましょう。

 

カジュアルミーティング