BtoC向け新規事業を行うのに大事なデザインとは

  • 2021.12.5
  • BtoCデザイン
  • デザイン
  • 新規事業

BtoC,デザイン

BtoC向けデザインにおいて最も大切なことがあります。

それは「消費者視点で伝えること」です。

 

ではどのようなデザインが消費者から選ばれ続けているのか?

ここではBtoC向け新規事業を行うのに大事なデザインについて解説していきます。

 

BtoBとBtoCの違い

BtoB,BtoC

BtoBとBtoCに関して「相手は人だから同じである」と言った意見もありますが、少し異なります。

BtoBとBtoCの違いを言えば

  • BtoBは、企業が企業に対して法人同士で取引をすること
  • BtoCは、企業が消費者に対して直接取引をすること

になります。

 

相手が人であることは間違いありませんが

  • 相手の目的(BtoCであれば個人の満足、BtoBであれば企業の収益)
  • 相手の決裁者(BtoCであれば決裁者は本人、BtoBであれば決裁者は本人ではない)
  • 購入の判断基準(BtoCであれば感情的、BtoBであれば合理的や客観的)

などBtoBとBtoCには、細かく違いがあることを覚えておきましょう。

 

BtoCにデザインが大切な理由

BtoC,デザイン

BtoBとBtoCの違いを簡単に説明しましたが、BtoCは利用者と購入決定者が一緒になります。

BtoCで新規事業を行うのであれば、消費者の心理に寄り添うことは必須なのです。

ではなぜ、デザインが重視されるのか?以下の理由が考えられます。

 

デザインが悪ければ、消費者から選ばれないため

消費者が個人となると、購入基準に個人の感情や流行りなどが含まれてきます。個人の感情に響く物と言えば、機能性とデザインの良さでしょう。

プライベートで洋服を買う場面を想像してみてください。

 

まずは見た目が良いものから手にすると思います。

デザインが個人の購買意欲を満たさないことには、機能性も見られません。BtoCはデザインが悪いと消費者がいなくなるのです。

 

消費者の購買行動を高められるため

デザインを具体化することで、消費者のイメージを具体化することができます。

デザインの質を高めれば高めるほど、消費者が購入したい商品のイメージとマッチした際、「自分に寄り添ってくれた」と感じてもらえるのです。

 

BtoBは機能やコストで買われることがある一方、BtoCはデザインの良し悪しで買われることもあります。

1人1人に寄り添ったデザインを意識することで、消費者の購買行動を高められるのです。

 

関連:「デザインは内製と外注どちらがいいの?

 

BtoC向けに大事なデザインとは

BtoC,デザイン

消費者目線に向けたデザインを重要視することは大切です。

ではどういったものが多くの消費者に響くデザインとなるのか?BtoC向けに大事なデザインを説明していきます。

 

課題解決だけでなく「お客様の声」も入れること

消費者が個人の場合、購入までの時間が早いのが特徴です。

そのため多くの情報は求めておらず、個人の感情で購入に至ります。

 

デザイン性が重視されるのはもちろんですが、デザインの中に「お客様の声」を入れることで消費者の購買意欲を高められるでしょう。

「自分の好きなデザイン」「多くの人が買っている」という事実を与えることで、信頼に繋がるのです。

 

好意を抱かせるデザインにすること

BtoCは競合が多いため、まずは目立つ必要があります。

  • 大きくて印象に残るデザイン
  • 情報を多く載せず、短いキャッチフレーズなどで相手の記憶に残す。

などといった工夫をすることで、競合がたくさんある中で自社の商品に興味を抱いてくれるでしょう。

ここで1つ取り入れてほしいのが「1人の人にアプローチが伝わるデザイン」を意識することです。

 

1人の濃い消費者をデザインで獲得できれば、SNSでデザインを共有していただけます。

共有が新たなお客さんを呼ぶことで、デザインの価値が上がっていくことも見込めるでしょう。

 

まとめ

BtoCにとってデザインとは第1印象だということを忘れないでください。

BtoBとは違い、「機能性や予算を見られるのはデザインの合格基準を満たしてから」といった消費者も多いでしょう。

 

ですがデザインを一番こだわることができれば、多くの消費者の購買意欲を刺激することができるのです。

「読まれない」「知られない」壁をまずは突破することが大切です。

消費者が個人で大勢であるからこそ、1人に寄り添ったデザインを意識することで、感情や主観のみで消費者を購入まで導けるでしょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2021.12.5
  • BtoCデザイン
  • デザイン
  • 新規事業

BtoC向けデザインにおいて最も大切なことがあります。

それは「消費者視点で伝えること」です。

 

ではどのようなデザインが消費者から選ばれ続けているのか?

ここではBtoC向け新規事業を行うのに大事なデザインについて解説していきます。

 

BtoBとBtoCの違い

BtoB,BtoC

BtoBとBtoCに関して「相手は人だから同じである」と言った意見もありますが、少し異なります。

BtoBとBtoCの違いを言えば

  • BtoBは、企業が企業に対して法人同士で取引をすること
  • BtoCは、企業が消費者に対して直接取引をすること

になります。

 

相手が人であることは間違いありませんが

  • 相手の目的(BtoCであれば個人の満足、BtoBであれば企業の収益)
  • 相手の決裁者(BtoCであれば決裁者は本人、BtoBであれば決裁者は本人ではない)
  • 購入の判断基準(BtoCであれば感情的、BtoBであれば合理的や客観的)

などBtoBとBtoCには、細かく違いがあることを覚えておきましょう。

 

BtoCにデザインが大切な理由

BtoC,デザイン

BtoBとBtoCの違いを簡単に説明しましたが、BtoCは利用者と購入決定者が一緒になります。

BtoCで新規事業を行うのであれば、消費者の心理に寄り添うことは必須なのです。

ではなぜ、デザインが重視されるのか?以下の理由が考えられます。

 

デザインが悪ければ、消費者から選ばれないため

消費者が個人となると、購入基準に個人の感情や流行りなどが含まれてきます。個人の感情に響く物と言えば、機能性とデザインの良さでしょう。

プライベートで洋服を買う場面を想像してみてください。

 

まずは見た目が良いものから手にすると思います。

デザインが個人の購買意欲を満たさないことには、機能性も見られません。BtoCはデザインが悪いと消費者がいなくなるのです。

 

消費者の購買行動を高められるため

デザインを具体化することで、消費者のイメージを具体化することができます。

デザインの質を高めれば高めるほど、消費者が購入したい商品のイメージとマッチした際、「自分に寄り添ってくれた」と感じてもらえるのです。

 

BtoBは機能やコストで買われることがある一方、BtoCはデザインの良し悪しで買われることもあります。

1人1人に寄り添ったデザインを意識することで、消費者の購買行動を高められるのです。

 

関連:「デザインは内製と外注どちらがいいの?

 

BtoC向けに大事なデザインとは

BtoC,デザイン

消費者目線に向けたデザインを重要視することは大切です。

ではどういったものが多くの消費者に響くデザインとなるのか?BtoC向けに大事なデザインを説明していきます。

 

課題解決だけでなく「お客様の声」も入れること

消費者が個人の場合、購入までの時間が早いのが特徴です。

そのため多くの情報は求めておらず、個人の感情で購入に至ります。

 

デザイン性が重視されるのはもちろんですが、デザインの中に「お客様の声」を入れることで消費者の購買意欲を高められるでしょう。

「自分の好きなデザイン」「多くの人が買っている」という事実を与えることで、信頼に繋がるのです。

 

好意を抱かせるデザインにすること

BtoCは競合が多いため、まずは目立つ必要があります。

  • 大きくて印象に残るデザイン
  • 情報を多く載せず、短いキャッチフレーズなどで相手の記憶に残す。

などといった工夫をすることで、競合がたくさんある中で自社の商品に興味を抱いてくれるでしょう。

ここで1つ取り入れてほしいのが「1人の人にアプローチが伝わるデザイン」を意識することです。

 

1人の濃い消費者をデザインで獲得できれば、SNSでデザインを共有していただけます。

共有が新たなお客さんを呼ぶことで、デザインの価値が上がっていくことも見込めるでしょう。

 

まとめ

BtoCにとってデザインとは第1印象だということを忘れないでください。

BtoBとは違い、「機能性や予算を見られるのはデザインの合格基準を満たしてから」といった消費者も多いでしょう。

 

ですがデザインを一番こだわることができれば、多くの消費者の購買意欲を刺激することができるのです。

「読まれない」「知られない」壁をまずは突破することが大切です。

消費者が個人で大勢であるからこそ、1人に寄り添ったデザインを意識することで、感情や主観のみで消費者を購入まで導けるでしょう。

 

カジュアルミーティング