【解説】デザイン思考とは?マーケティングでの活用方法を紹介

  • 2022.1.19
  • デザイン思考マーケティング
  • デザイン

デザイン思考,マーケティング

「デザイン思考」という言葉を聞いたことありますか?

デザイン思考と聞くと「デザイナー業界の用語?」と思う方もいると思います。

情報に溢れている現代を生き残っていくにはいかに人々のニーズにマッチした価値を提供するかということがとても重要です。

この問題を解決していくのに役立つのがデザイン思考です。

今回は大手企業も導入している「デザイン思考」について解説していきたいと思います。

 

デザイン思考とは?

デザイン思考

「デザイン思考」とは、今までにない課題に対して、デザイナーやクリエイターが使う思考プロセスを活用して問題解決を図る思考法です。

そのためビジネスの世界では常に問題・課題解決が求められているため、デザイン思考は近年ビジネスの領域において注目されるようになってきています。

 

デザイン思考によってできること

デザイン思考とは何かについて理解できたと思います。

ではデザイン思考を用いることで、どんなことができるのか気になると思います。

ここでは、デザイン思考によって期待できるこを説明していきます。

 

卓越したマーケティング戦略

ビジネスの領域において、デザイン思考はまだまだ浸透していません。 ビジネスでは論理的に物事を考えることが求められます。

そのため、「拍子抜けしたアイデアを共有しにくいのではないか」「根拠がないアイデアは話の場に持ち出すべきではない」と誰もが自分のアイデアの正当性を論理的に判断しています。

 

デザイン思考では、実現可能かどうか関係なくアイデアをたくさん出すことを勧めます。

そしてアイデアを出す場面において否定はしてはいけません。

このような自由な発想の中から、これまでにない新商品や新たなマーケットへのサービスを発掘していくことができます。

 

新規事業やブランディングの創造

デザイン思考は、ユーザー視点での発想をするため、新しいアイデアを生み出しやすい特徴があります。

そのため新規事業を立ち上げる際や、新たなブランディングを創造するのに多いに活用できます。

どのような方向性で、どんなブランド価値を提供すればよいか、ユーザー目線を常に大事にしたワークを行います。

 

デザイン思考の構成について

デザイン思考

デザイン思考のプロセスとしては、以下の構成としなっております。

その①:共感

その②:問題定義

その③:創造

その④:プロトタイプ

その⑤:テスト

以上の5つで構成されています。それぞれ解説していきます。

 

その①:共感

デザイン思考は、ユーザーへの共感から始まります。

ここでいう共感とは、あるユーザーのことを観察し、そのユーザー自身を理解しようとすることです。

その人の生活環境の観察やインタビューなどを通じてその人のことを理解していきます。

 

その②:問題定義

①フェーズで得られた情報をまとめます。 その後、そのユーザーが抱えている問題・課題を考えます。

問題は直接その人から答えがでることは限りません。

その人への共感、理解を通じて、その人の生活の「ここが改善されれば生活が良くなる」と、仮説立てて示すことが重要になってきます。

その人が意識していないところに本当の問題は潜んでいることが多いです。

 

その③:創造

②フェーズで上がった問題を解決するためのアイデアを考えます。

ここで重要なポイントとして、ロジカルにアイデアを考えるのではなく、とにかく多くのアイデアを出したり、思考を発散させるということです。

実現可能かどうかは、この時点では考慮する必要はありません。

否定的な意見を言わず、より多くのアイデアをアウトプットすることを心がけましょう。

 

その④:プロトタイプ

アイデアを出した後、支持を得たアイデアのイメージを形にしていきます。

プロトタイプを作成することで、アウトプットのイメージの共有を行うことができるなど、アイデアの改善を行うことができます。

イラストで描くなど、低コストで繰り返すことができるレベルでとにかく素早く形にします。

 

その⑤:テスト

プロトタイプを、①の共感対象となっていたユーザーに試してみることで、実践と同様のテストを行います。

フィードバックをもらい、よりレベルの高いアウトプットにブラッシュアップし「プロトタイプ」と「テスト」を繰り返します。

サイクルを何度も繰り返すことによって、品質をを上げていきます。

 

デザイン思考はどういった時に活用するのか

では、どういったシチュエーションで上記で説明したデザイン思考を活用するのか詳しく説明していきます。

 

商品開発・新たなマーケット戦略

新商品や新たなマーケットへのローンチをするときにデザイン思考はとても有効です。

価値観やユーザーのニーズが不明確な現在では、ユーザー視点で考えることが必要不可欠となっています。

 

人材育成

デザイン思考はチームだけでなく、個人にも取り入れることができます。

デザイン思考的な考え方ができる人は、組織に大きく貢献することができるでしょう。

 

より強いチームの結成

上記で説明した、デザイン思考のプロセスを何度も繰り返していくうちにチーム間の連携が強化されていきます。

デザイン思考は、ビジネスをこなしていくための手法に聞こえるかもしれません。

しかし、デザイン思考は「手法」ではなくあくまで思考法です。

この思考をチームに浸透させることで、より強いチームを結成することができることでしょう。

 

関連:「デザイン思考の欠点とは?戦略思考との違いや活用法を解説!

 

まとめ

この記事では、デザイン思考とは?からデザイン思考の活用場面について説明してきました。

デザイン思考は、「ユーザー視点を起点として問題・課題を解決する思考法」です。

デザイン思考を身につけると、マーケティングだけではなく様々なビジネスシーンに活用することが可能です。

変化が激しい現代こそ、是非デザイン思考を習得しユーザーに寄り添った商品・サービスの提供や組織のチーム作りに活用してみてください。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.19
  • デザイン思考マーケティング
  • デザイン

「デザイン思考」という言葉を聞いたことありますか?

デザイン思考と聞くと「デザイナー業界の用語?」と思う方もいると思います。

情報に溢れている現代を生き残っていくにはいかに人々のニーズにマッチした価値を提供するかということがとても重要です。

この問題を解決していくのに役立つのがデザイン思考です。

今回は大手企業も導入している「デザイン思考」について解説していきたいと思います。

 

デザイン思考とは?

デザイン思考

「デザイン思考」とは、今までにない課題に対して、デザイナーやクリエイターが使う思考プロセスを活用して問題解決を図る思考法です。

そのためビジネスの世界では常に問題・課題解決が求められているため、デザイン思考は近年ビジネスの領域において注目されるようになってきています。

 

デザイン思考によってできること

デザイン思考とは何かについて理解できたと思います。

ではデザイン思考を用いることで、どんなことができるのか気になると思います。

ここでは、デザイン思考によって期待できるこを説明していきます。

 

卓越したマーケティング戦略

ビジネスの領域において、デザイン思考はまだまだ浸透していません。 ビジネスでは論理的に物事を考えることが求められます。

そのため、「拍子抜けしたアイデアを共有しにくいのではないか」「根拠がないアイデアは話の場に持ち出すべきではない」と誰もが自分のアイデアの正当性を論理的に判断しています。

 

デザイン思考では、実現可能かどうか関係なくアイデアをたくさん出すことを勧めます。

そしてアイデアを出す場面において否定はしてはいけません。

このような自由な発想の中から、これまでにない新商品や新たなマーケットへのサービスを発掘していくことができます。

 

新規事業やブランディングの創造

デザイン思考は、ユーザー視点での発想をするため、新しいアイデアを生み出しやすい特徴があります。

そのため新規事業を立ち上げる際や、新たなブランディングを創造するのに多いに活用できます。

どのような方向性で、どんなブランド価値を提供すればよいか、ユーザー目線を常に大事にしたワークを行います。

 

デザイン思考の構成について

デザイン思考

デザイン思考のプロセスとしては、以下の構成としなっております。

その①:共感

その②:問題定義

その③:創造

その④:プロトタイプ

その⑤:テスト

以上の5つで構成されています。それぞれ解説していきます。

 

その①:共感

デザイン思考は、ユーザーへの共感から始まります。

ここでいう共感とは、あるユーザーのことを観察し、そのユーザー自身を理解しようとすることです。

その人の生活環境の観察やインタビューなどを通じてその人のことを理解していきます。

 

その②:問題定義

①フェーズで得られた情報をまとめます。 その後、そのユーザーが抱えている問題・課題を考えます。

問題は直接その人から答えがでることは限りません。

その人への共感、理解を通じて、その人の生活の「ここが改善されれば生活が良くなる」と、仮説立てて示すことが重要になってきます。

その人が意識していないところに本当の問題は潜んでいることが多いです。

 

その③:創造

②フェーズで上がった問題を解決するためのアイデアを考えます。

ここで重要なポイントとして、ロジカルにアイデアを考えるのではなく、とにかく多くのアイデアを出したり、思考を発散させるということです。

実現可能かどうかは、この時点では考慮する必要はありません。

否定的な意見を言わず、より多くのアイデアをアウトプットすることを心がけましょう。

 

その④:プロトタイプ

アイデアを出した後、支持を得たアイデアのイメージを形にしていきます。

プロトタイプを作成することで、アウトプットのイメージの共有を行うことができるなど、アイデアの改善を行うことができます。

イラストで描くなど、低コストで繰り返すことができるレベルでとにかく素早く形にします。

 

その⑤:テスト

プロトタイプを、①の共感対象となっていたユーザーに試してみることで、実践と同様のテストを行います。

フィードバックをもらい、よりレベルの高いアウトプットにブラッシュアップし「プロトタイプ」と「テスト」を繰り返します。

サイクルを何度も繰り返すことによって、品質をを上げていきます。

 

デザイン思考はどういった時に活用するのか

では、どういったシチュエーションで上記で説明したデザイン思考を活用するのか詳しく説明していきます。

 

商品開発・新たなマーケット戦略

新商品や新たなマーケットへのローンチをするときにデザイン思考はとても有効です。

価値観やユーザーのニーズが不明確な現在では、ユーザー視点で考えることが必要不可欠となっています。

 

人材育成

デザイン思考はチームだけでなく、個人にも取り入れることができます。

デザイン思考的な考え方ができる人は、組織に大きく貢献することができるでしょう。

 

より強いチームの結成

上記で説明した、デザイン思考のプロセスを何度も繰り返していくうちにチーム間の連携が強化されていきます。

デザイン思考は、ビジネスをこなしていくための手法に聞こえるかもしれません。

しかし、デザイン思考は「手法」ではなくあくまで思考法です。

この思考をチームに浸透させることで、より強いチームを結成することができることでしょう。

 

関連:「デザイン思考の欠点とは?戦略思考との違いや活用法を解説!

 

まとめ

この記事では、デザイン思考とは?からデザイン思考の活用場面について説明してきました。

デザイン思考は、「ユーザー視点を起点として問題・課題を解決する思考法」です。

デザイン思考を身につけると、マーケティングだけではなく様々なビジネスシーンに活用することが可能です。

変化が激しい現代こそ、是非デザイン思考を習得しユーザーに寄り添った商品・サービスの提供や組織のチーム作りに活用してみてください。

 

カジュアルミーティング