デザインイメージの正しい伝え方を解説!ビジョン共有の方法は

  • 2022.1.24
  • イメージデザイン伝え方
  • デザイン

デザイン,伝え方

ホームページや自社のコンテンツ、制作物をデザイナーに依頼する際、イメージを伝えるの難しいものです。

「カッコよく」「お洒落に」など言葉だけでイメージを伝えようとすると、ギャップが生じやすくなります。

これは経験や年齢、性別や好みなどでイメージするものが異なってしまうためです。

 

しかしイメージ通り作成してもらえるよう伝え方を工夫し、同じビジョンを共有する必要がありますよね。

そこで今回は、デザインイメージの伝え方の工夫を解説し、ビジョン共有の方法についてご紹介していきます。

 

デザインイメージの正しい伝え方とは

デザイン,伝え方

制作物のデザインイメージを上手く伝える際、コツはあるのでしょうか?

ここではイメージの伝え方の工夫についてご紹介していきます。

 

参考サイトのURLを共有する

「こういうイメージ」と協議する際、具体的にお手本になるものを共有する方法は効果的です。

例えばWebサイトを作成する場合、参考になるサイトのURLをいくつかピックアップし、連絡を取り合うとよいでしょう。

同じサイトを共有することで、デザインの方向性が決めやすくなります。

 

キーワードを共有し、画像を探す

例えば「お洒落に」といっても男性や女性、年齢などで感じるお洒落さはかなり異なってきます。

しかし漠然としたイメージをより具体的にするため、画像やサンプルをもとにキーワードを挙げていく方法は効果的。

お互い共通の「お洒落さ」がキーワードで共有できれば、画像も探しやすくなるでしょう。

 

ユーザーを意識した雑誌や広告を共有

ユーザーが興味を持つ雑誌や広告には、年齢や性別、商品のテイストなどがはっきり分かる特徴があります。

このためユーザーの好みをデザインテイストのみで協議するより、より具体的なイメージを共有することが可能になります。

 

目的やゴールを伝える

制作物にはターゲットとなるユーザーが存在することや、販売などの目的やゴールが必ずあります。

そのため画像の配置やサイト全体の構成を、「何故このように作成するのか」と意識することは大切です。

デザイナーは見た目のお洒落さやカッコよさ以外に、目的やゴールを考えた制作を考える必要があります。

 

このようにデザインイメージを伝える際は、Webサイトや雑誌など共有しやすいコンテンツを出し合うことでイメージを合わせる事が大切です。

また、具体的なイメージに落とし込めるようキーワードをもとに協議を重ねていくとよいでしょう。

 

ビジョンを共有する方法について

デザイン,伝え方

実際にデザイナーと作業を行う際、どのようにビジョンを共有すればよいのでしょうか?

ここでは具体的な共有方法について解説していきます。

 

NGワードを避けましょう

例えば以下のワードについて考えてみましょう。

  • スタイリッシュな
  • 上質な
  • 都会的な

これらのワードは抽象的でイメージが伝わりません。

 

何故なら人によって捉え方が全く異なるからです。

印象によって左右する、曖昧なワードを避けるよう心掛けましょう。

 

感性で左右される言葉も注意

うさぎを見て可愛いと思う人もいれば、怖いと思う人もいますね。

じつは「可愛い」「美しい」など感性で表現される言葉も注意が必要です。

例えば同じ美しいデザインであっても、デコラティブなアート的美しさと風景画の緻密な美しさは異なります。

 

未確定要素を減らす

例えば30〜40代の仕事のできるOLをターゲットにした、「シックで落ち着いたデザイン」や20代の新社会人向けの「快活な明るいデザイン」など、ターゲットによってデザインの傾向は大きく異なります。

また、Webサイトであれば背景の画像やテキストの量、イメージの挿入など個々のパーツを統一する必要があります。

このためターゲットとなるユーザーの趣味志向をもとに、未確定事項がないよう仕上げていきましょう。

 

ラフスケッチで視覚化する

デザインのビジョンを共有する際、時には情報をラフスケッチで視覚化することも大切です。

ターゲットのペルソナを具体的にテキストでまとめていくと、より細かい情報が必要になり複雑化してしまうことがあります。

そのため1枚のラフなスケッチを描き、テキストと合わせる事でビジョンを共有化しやすくなります。

 

このようにビジョンを共有する方法では、抽象的なワードを避けることやイメージをスケッチし、確定事項を埋めていくとよいでしょう。

 

関連:発注・受注する前に見るべき!デザイン料金の相場とは

 

まとめ

デザインイメージの伝え方の工夫を解説し、ビジョン共有の方法についてご紹介しました。

デザインイメージの伝え方では、サイトを共有することや画像や雑誌など詳しいイメージを伝えるものを用意する事が効果的でしたね。

また、制作物の目的やゴールを意識することも大切でした。

 

実際の作業でビジョンを共有する方法では、明確にできるワードを使用することやラフスケッチなどがよいでしょう。

最終的にターゲットによる個々のデザインを統一し、依頼主とデザイナーでイメージを統一させ完成させていきましょう。

今回の工夫を参考に、是非制作物をまとめてみて下さいね。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.24
  • イメージデザイン伝え方
  • デザイン

ホームページや自社のコンテンツ、制作物をデザイナーに依頼する際、イメージを伝えるの難しいものです。

「カッコよく」「お洒落に」など言葉だけでイメージを伝えようとすると、ギャップが生じやすくなります。

これは経験や年齢、性別や好みなどでイメージするものが異なってしまうためです。

 

しかしイメージ通り作成してもらえるよう伝え方を工夫し、同じビジョンを共有する必要がありますよね。

そこで今回は、デザインイメージの伝え方の工夫を解説し、ビジョン共有の方法についてご紹介していきます。

 

デザインイメージの正しい伝え方とは

デザイン,伝え方

制作物のデザインイメージを上手く伝える際、コツはあるのでしょうか?

ここではイメージの伝え方の工夫についてご紹介していきます。

 

参考サイトのURLを共有する

「こういうイメージ」と協議する際、具体的にお手本になるものを共有する方法は効果的です。

例えばWebサイトを作成する場合、参考になるサイトのURLをいくつかピックアップし、連絡を取り合うとよいでしょう。

同じサイトを共有することで、デザインの方向性が決めやすくなります。

 

キーワードを共有し、画像を探す

例えば「お洒落に」といっても男性や女性、年齢などで感じるお洒落さはかなり異なってきます。

しかし漠然としたイメージをより具体的にするため、画像やサンプルをもとにキーワードを挙げていく方法は効果的。

お互い共通の「お洒落さ」がキーワードで共有できれば、画像も探しやすくなるでしょう。

 

ユーザーを意識した雑誌や広告を共有

ユーザーが興味を持つ雑誌や広告には、年齢や性別、商品のテイストなどがはっきり分かる特徴があります。

このためユーザーの好みをデザインテイストのみで協議するより、より具体的なイメージを共有することが可能になります。

 

目的やゴールを伝える

制作物にはターゲットとなるユーザーが存在することや、販売などの目的やゴールが必ずあります。

そのため画像の配置やサイト全体の構成を、「何故このように作成するのか」と意識することは大切です。

デザイナーは見た目のお洒落さやカッコよさ以外に、目的やゴールを考えた制作を考える必要があります。

 

このようにデザインイメージを伝える際は、Webサイトや雑誌など共有しやすいコンテンツを出し合うことでイメージを合わせる事が大切です。

また、具体的なイメージに落とし込めるようキーワードをもとに協議を重ねていくとよいでしょう。

 

ビジョンを共有する方法について

デザイン,伝え方

実際にデザイナーと作業を行う際、どのようにビジョンを共有すればよいのでしょうか?

ここでは具体的な共有方法について解説していきます。

 

NGワードを避けましょう

例えば以下のワードについて考えてみましょう。

  • スタイリッシュな
  • 上質な
  • 都会的な

これらのワードは抽象的でイメージが伝わりません。

 

何故なら人によって捉え方が全く異なるからです。

印象によって左右する、曖昧なワードを避けるよう心掛けましょう。

 

感性で左右される言葉も注意

うさぎを見て可愛いと思う人もいれば、怖いと思う人もいますね。

じつは「可愛い」「美しい」など感性で表現される言葉も注意が必要です。

例えば同じ美しいデザインであっても、デコラティブなアート的美しさと風景画の緻密な美しさは異なります。

 

未確定要素を減らす

例えば30〜40代の仕事のできるOLをターゲットにした、「シックで落ち着いたデザイン」や20代の新社会人向けの「快活な明るいデザイン」など、ターゲットによってデザインの傾向は大きく異なります。

また、Webサイトであれば背景の画像やテキストの量、イメージの挿入など個々のパーツを統一する必要があります。

このためターゲットとなるユーザーの趣味志向をもとに、未確定事項がないよう仕上げていきましょう。

 

ラフスケッチで視覚化する

デザインのビジョンを共有する際、時には情報をラフスケッチで視覚化することも大切です。

ターゲットのペルソナを具体的にテキストでまとめていくと、より細かい情報が必要になり複雑化してしまうことがあります。

そのため1枚のラフなスケッチを描き、テキストと合わせる事でビジョンを共有化しやすくなります。

 

このようにビジョンを共有する方法では、抽象的なワードを避けることやイメージをスケッチし、確定事項を埋めていくとよいでしょう。

 

関連:発注・受注する前に見るべき!デザイン料金の相場とは

 

まとめ

デザインイメージの伝え方の工夫を解説し、ビジョン共有の方法についてご紹介しました。

デザインイメージの伝え方では、サイトを共有することや画像や雑誌など詳しいイメージを伝えるものを用意する事が効果的でしたね。

また、制作物の目的やゴールを意識することも大切でした。

 

実際の作業でビジョンを共有する方法では、明確にできるワードを使用することやラフスケッチなどがよいでしょう。

最終的にターゲットによる個々のデザインを統一し、依頼主とデザイナーでイメージを統一させ完成させていきましょう。

今回の工夫を参考に、是非制作物をまとめてみて下さいね。

 

カジュアルミーティング