売上を上げる効果的な方法は?顧客目線の優れた改善策を紹介

  • 2022.1.29
  • 売上
  • スタートアップ

売上,上げる

企業や店舗を継続して運営して行くためには、売上を上げ業績を伸ばし続けることが大切。

しかし、コロナ禍や長らく続く不況の影響もあり「思うように売上が上がらない」と悩んでしまう事もありますよね。

そこで今回は、売上を上げる効果的な方法や顧客目線の優れた改善策についてご紹介していきます。

安定した企業利益の確保のために、是非参考にご覧下さい。

 

売上を上げる効果的な方法とは?

売上,上げる

売上げを上げる効果的な方法とはどのようなものなのでしょう?

その方法を理解するためには、まずは「売上げがどのような仕組みで成り立つか」を考える必要があります。

売上げの正しい仕組みは、以下の公式になります。

 

売上=客数×成約率×客単価

 

ここで大切な事は、集客したお客さまが実際に購入した成約率について考える必要があります。

他にもお客さま1人あたりが購入する金額を示す客単価も重要な要素。

売上を構成するひとつひとつを検証する事が、売上を上げるために必要な要素と言えるでしょう。

 

効果的に売上を上げる3つの発想

それでは効果的に売上を上げるには、どのような発想が必要なのでしょうか?

ここでは具体的なアイデアについてご紹介していきます。

 

新規顧客を集める

スタートアップの企業や現在成長過程にある企業・店舗では新規顧客をいかに集めるかが重要になります。

現在では新規顧客を集める「顧客マーケティング」の方法もさまざまな手法があります。

例えば自社のwebサイトに集客するためのweb広告やブログ、SNSなどがあります。

 

新規顧客を集める際は、こうしたマーケティングツールをなるべく費用を抑え実施する必要があります。

自社webサイトに注目が集まれば、自ずと店舗に集客することも可能になります。

 

商品・サービス単価を見直す

いざ集客したものの、思うように売上が上がらないケースもあるでしょう。

この場合の効果的な方法として、顧客が買い求める商品やサービス単価が適正かを今一度見直してみる事です。

競合他社の販売価格なども視野に入れ、顧客に価値を感じてもらえる単価を提供することを心掛けましょう。

 

ただし、やみくもに安値で販売することだけは避ける必要があります。

その理由として集客できる客数には限界があるため、結果として売上や利益を下げることにつながるからです。

あくまでも「適正な利益」を見直すための検証であることを覚えておきましょう。

 

独自性を創る

商品やサービスが競合他社と変わらない場合、顧客はどのような基準で購入するのでしょう?

例えば他店にない魅力を感じれば、口コミや評判が上がり売上げも上がることになります。

このため自社にしかない魅力や長所をもとに、企業本来がもつ独自性を創る事が大切。

 

また、独自性をどのように顧客に宣伝するかもしっかりと考えてみましょう。

このように確実に売上を上げる方法では、より多くのお客さまを集客し、魅力的な価格やサービスを提供することが必要です。

また、他社にない独自性をアピールできれば大きく売上を上げる事も可能になりますので、是非実践してみてください。

 

顧客目線の改善策とは?

売上,上げる

もうひとつ確実に売上を上げるヒントとして、「顧客目線の改善」があります。

ここではそのアイデアや具体的な改善策をご紹介します。

 

顧客の口コミをしっかり受け止める

売上を上げるためには、顧客マーケティングが欠かせません。

顧客マーケティングの基本は、顧客の評判や口コミをしっかり受け止める事からスタート。

新たな商品やサービスを企画する際には、この口コミが非常に重要になります。

 

具体的な方法として、来店時にアンケートを配ることや人気商品のヒアリング、クレーム分析などがあります。

こうした顧客の意見をもとに開発を行えば、大きく売上が改善する可能性が高まります。

 

お得意先のリピート率を高める

企業や店舗にとって、繰り返し商品やサービスを購入して頂けるお得意様は貴重な存在です。

新規顧客の集客と合わせ「お得意様が気持ちよく購入できる」環境作りを意識してみましょう。

結果お得意様のリピート率を高め、より高単価の売上を確保することに繋がります。

 

具体的な方法として、購入時に使用できるクーポンやポイントサービス、セール案内を一早く届けるなどがあります。

店舗や企業によっても方法はさまざまですが、お得意を意識したサービスについて考えてみるとよいでしょう。

 

消費を予測したマーケティング戦略

最近では、SNSやwebを通じてモノや簡単に情報が手に入るようになりました。

以前と比べ格段に便利になった反面、多様化する顧客ニーズはかつてないほど複雑になって来ています。

このため企業のそれぞれの専門分野では、どのような商品やサービスが今後求められるのかを分析する必要があります。

こうして顧客の消費を予測したマーケティングを実施して行く事が、売上を上げる上で重要になります。

 

例えばSNSや口コミをもとに、消費を予測したマーケティング戦略を策定してみて下さい。

このように顧客目線に注目する事で、さまざまな売上を上げる方法やアイデアが思い付きます。

顧客目線を見直すことで、効果的に売上を上げる方法について、是非実践してみて下さい。

 

関連:「スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

 

まとめ

今回は、売上を上げる効果的な方法や顧客目線の優れた改善策についてご紹介しました。

売上を上げるための公式では、これからの売上を伸ばす際の指標となる算出方法をご紹介しました。

また集客やサービス、独自性を創ることで他にない企業の魅力を高める事で、売上を効果的に上げる方法についてもご理解頂けたかと思います。

最後に顧客ニーズをしっかり受け止め、よりよい販売に繋げる大切さについても解説しました。

売上を効果的に上げる方法を参考に、今後の販売活動に活かしてみてくださいね。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.29
  • 売上
  • スタートアップ

企業や店舗を継続して運営して行くためには、売上を上げ業績を伸ばし続けることが大切。

しかし、コロナ禍や長らく続く不況の影響もあり「思うように売上が上がらない」と悩んでしまう事もありますよね。

そこで今回は、売上を上げる効果的な方法や顧客目線の優れた改善策についてご紹介していきます。

安定した企業利益の確保のために、是非参考にご覧下さい。

 

売上を上げる効果的な方法とは?

売上,上げる

売上げを上げる効果的な方法とはどのようなものなのでしょう?

その方法を理解するためには、まずは「売上げがどのような仕組みで成り立つか」を考える必要があります。

売上げの正しい仕組みは、以下の公式になります。

 

売上=客数×成約率×客単価

 

ここで大切な事は、集客したお客さまが実際に購入した成約率について考える必要があります。

他にもお客さま1人あたりが購入する金額を示す客単価も重要な要素。

売上を構成するひとつひとつを検証する事が、売上を上げるために必要な要素と言えるでしょう。

 

効果的に売上を上げる3つの発想

それでは効果的に売上を上げるには、どのような発想が必要なのでしょうか?

ここでは具体的なアイデアについてご紹介していきます。

 

新規顧客を集める

スタートアップの企業や現在成長過程にある企業・店舗では新規顧客をいかに集めるかが重要になります。

現在では新規顧客を集める「顧客マーケティング」の方法もさまざまな手法があります。

例えば自社のwebサイトに集客するためのweb広告やブログ、SNSなどがあります。

 

新規顧客を集める際は、こうしたマーケティングツールをなるべく費用を抑え実施する必要があります。

自社webサイトに注目が集まれば、自ずと店舗に集客することも可能になります。

 

商品・サービス単価を見直す

いざ集客したものの、思うように売上が上がらないケースもあるでしょう。

この場合の効果的な方法として、顧客が買い求める商品やサービス単価が適正かを今一度見直してみる事です。

競合他社の販売価格なども視野に入れ、顧客に価値を感じてもらえる単価を提供することを心掛けましょう。

 

ただし、やみくもに安値で販売することだけは避ける必要があります。

その理由として集客できる客数には限界があるため、結果として売上や利益を下げることにつながるからです。

あくまでも「適正な利益」を見直すための検証であることを覚えておきましょう。

 

独自性を創る

商品やサービスが競合他社と変わらない場合、顧客はどのような基準で購入するのでしょう?

例えば他店にない魅力を感じれば、口コミや評判が上がり売上げも上がることになります。

このため自社にしかない魅力や長所をもとに、企業本来がもつ独自性を創る事が大切。

 

また、独自性をどのように顧客に宣伝するかもしっかりと考えてみましょう。

このように確実に売上を上げる方法では、より多くのお客さまを集客し、魅力的な価格やサービスを提供することが必要です。

また、他社にない独自性をアピールできれば大きく売上を上げる事も可能になりますので、是非実践してみてください。

 

顧客目線の改善策とは?

売上,上げる

もうひとつ確実に売上を上げるヒントとして、「顧客目線の改善」があります。

ここではそのアイデアや具体的な改善策をご紹介します。

 

顧客の口コミをしっかり受け止める

売上を上げるためには、顧客マーケティングが欠かせません。

顧客マーケティングの基本は、顧客の評判や口コミをしっかり受け止める事からスタート。

新たな商品やサービスを企画する際には、この口コミが非常に重要になります。

 

具体的な方法として、来店時にアンケートを配ることや人気商品のヒアリング、クレーム分析などがあります。

こうした顧客の意見をもとに開発を行えば、大きく売上が改善する可能性が高まります。

 

お得意先のリピート率を高める

企業や店舗にとって、繰り返し商品やサービスを購入して頂けるお得意様は貴重な存在です。

新規顧客の集客と合わせ「お得意様が気持ちよく購入できる」環境作りを意識してみましょう。

結果お得意様のリピート率を高め、より高単価の売上を確保することに繋がります。

 

具体的な方法として、購入時に使用できるクーポンやポイントサービス、セール案内を一早く届けるなどがあります。

店舗や企業によっても方法はさまざまですが、お得意を意識したサービスについて考えてみるとよいでしょう。

 

消費を予測したマーケティング戦略

最近では、SNSやwebを通じてモノや簡単に情報が手に入るようになりました。

以前と比べ格段に便利になった反面、多様化する顧客ニーズはかつてないほど複雑になって来ています。

このため企業のそれぞれの専門分野では、どのような商品やサービスが今後求められるのかを分析する必要があります。

こうして顧客の消費を予測したマーケティングを実施して行く事が、売上を上げる上で重要になります。

 

例えばSNSや口コミをもとに、消費を予測したマーケティング戦略を策定してみて下さい。

このように顧客目線に注目する事で、さまざまな売上を上げる方法やアイデアが思い付きます。

顧客目線を見直すことで、効果的に売上を上げる方法について、是非実践してみて下さい。

 

関連:「スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

 

まとめ

今回は、売上を上げる効果的な方法や顧客目線の優れた改善策についてご紹介しました。

売上を上げるための公式では、これからの売上を伸ばす際の指標となる算出方法をご紹介しました。

また集客やサービス、独自性を創ることで他にない企業の魅力を高める事で、売上を効果的に上げる方法についてもご理解頂けたかと思います。

最後に顧客ニーズをしっかり受け止め、よりよい販売に繋げる大切さについても解説しました。

売上を効果的に上げる方法を参考に、今後の販売活動に活かしてみてくださいね。

 

カジュアルミーティング