スタートアップをグロースさせるデザインとは?

  • 2022.1.19
  • スタートアップ
  • スタートアップ
  • デザイン

スタートアップ,グロース

スタートアップを成功に導くためには、企業のグロースが欠かせません。

そしてそのグロースに必要なものがデザインです。

 

つまりスタートアップ成功の鍵は、デザインが握っているということに他なりません。

ここではスタートアップをグロースさせるデザインについてご紹介します。

 

スタートアップをグロースさせるとは?

スタートアップ,グロース

まずスタートアップをグロースさせるとは、どういうことなのでしょうか?

「グロース」という英語は、日本語で成長を意味します。

スタートアップをグロースさせるというのは、スタートアップの事業や企業を成長させるということです。

 

スタートアップとは、まだ世の中に存在していない新しいビジネスモデルを開発する事業や企業のこと。

そしてスタートアップ企業の定義には、急成長する企業でその大きな成長を継続できることも含まれています。

つまりスタートアップは急成長するだけでなく、その大きな成長を継続できなければならないのです。

 

スタートアップ企業と呼ばれている時点でその企業は急成長しているわけですが、急成長してもそこで成長が止まってしまってはスタートアップに成功したとはいえません。

急激に成長したその大きな成長を継続させることがスタートアップをグロースさせるということです。

 

グロースさせるために必要なデザインとは?

 

企業を成長させるためには、デザインが必要です。

ただ、ここでいうデザインというのは見た目の美しさのことを指しているのではありません。

スタートアップ企業が成長するために必要となる道筋を考えること、そのデザインが求められます。

 

企業が成長するためには、目標を設定することが重要です。

企業の目的は利益を上げることと社会貢献をすること。利益を追求しなければ社員に給料を払うことができませんし、株式会社の場合は株主に配当を支払えません。

 

社会貢献できなければ社員の士気が上がらないため優秀な社員が育たず、優秀な社員が入ってこないという悪循環に陥ってしまいます。

しかしこれらはしっかりした目標を設定するというデザインによって解決可能です。

企業の成長には現場のマネジメントも重要。

現場をきちんとマネジメントできなければ現場の効率化を高めることはできません。

現場の効率化を高め利益を増やすことができれば企業の成長につながります。

 

つまり現場をマネジメントする社内環境の整備というデザインが企業の成長に求められているということです。

 

関連:「スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

 

なぜスタートアップのグロースにデザインが必要なのか?

スタートアップ,グロース

なぜスタートアップを成長させるためにデザインが必要なのでしょうか?

スタートアップには成長段階があり、段階を経て成長を遂げます。

 

例えば最初のシード期においては顧客を集めることが必要です。

ここで顧客を集めることができなければ次の段階に進むことはできません。

つまりこの段階で成長できなければスタートアップはそこで止まってしまうのです。

ここで必要になるのがデザイン。顧客をどうやって集めるのかをデザインし、この段階から成長させなければなりません。

 

デザインが必要になるのはアーリー期やミドル期、レイター期も同様です。

アーリー期では収支のバランスが重要になるため、いかに収益と支出のバランスをとるかをデザインすることが必要になります。

 

ミドル期で成長に必要となるのは社内環境の整備です。社内のルール作りや人材の流出を防ぐためのデザインという名の整備が必要になります。

 

レイター期は資金調達が特に重要です。どのように資金を調達するのか、この段階のデザイン次第でスタートアップの成否が決まるといっても過言ではありません。

 

まとめ

今回はスタートアップをグロースさせるデザインについてご紹介しました。

スタートアップには成長段階があり、それぞれの段階に課題があります。

そしてその段階の課題をクリアすることによってスタートアップは成長するのです。その課題をクリアするためにはデザインが必要。

 

つまりスタートアップをグロースさせるためには、課題をクリアするためのデザインが必要だということです。デザインの力でスタートアップをグロースさせましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.19
  • スタートアップ
  • スタートアップ
  • デザイン

スタートアップを成功に導くためには、企業のグロースが欠かせません。

そしてそのグロースに必要なものがデザインです。

 

つまりスタートアップ成功の鍵は、デザインが握っているということに他なりません。

ここではスタートアップをグロースさせるデザインについてご紹介します。

 

スタートアップをグロースさせるとは?

スタートアップ,グロース

まずスタートアップをグロースさせるとは、どういうことなのでしょうか?

「グロース」という英語は、日本語で成長を意味します。

スタートアップをグロースさせるというのは、スタートアップの事業や企業を成長させるということです。

 

スタートアップとは、まだ世の中に存在していない新しいビジネスモデルを開発する事業や企業のこと。

そしてスタートアップ企業の定義には、急成長する企業でその大きな成長を継続できることも含まれています。

つまりスタートアップは急成長するだけでなく、その大きな成長を継続できなければならないのです。

 

スタートアップ企業と呼ばれている時点でその企業は急成長しているわけですが、急成長してもそこで成長が止まってしまってはスタートアップに成功したとはいえません。

急激に成長したその大きな成長を継続させることがスタートアップをグロースさせるということです。

 

グロースさせるために必要なデザインとは?

 

企業を成長させるためには、デザインが必要です。

ただ、ここでいうデザインというのは見た目の美しさのことを指しているのではありません。

スタートアップ企業が成長するために必要となる道筋を考えること、そのデザインが求められます。

 

企業が成長するためには、目標を設定することが重要です。

企業の目的は利益を上げることと社会貢献をすること。利益を追求しなければ社員に給料を払うことができませんし、株式会社の場合は株主に配当を支払えません。

 

社会貢献できなければ社員の士気が上がらないため優秀な社員が育たず、優秀な社員が入ってこないという悪循環に陥ってしまいます。

しかしこれらはしっかりした目標を設定するというデザインによって解決可能です。

企業の成長には現場のマネジメントも重要。

現場をきちんとマネジメントできなければ現場の効率化を高めることはできません。

現場の効率化を高め利益を増やすことができれば企業の成長につながります。

 

つまり現場をマネジメントする社内環境の整備というデザインが企業の成長に求められているということです。

 

関連:「スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

 

なぜスタートアップのグロースにデザインが必要なのか?

スタートアップ,グロース

なぜスタートアップを成長させるためにデザインが必要なのでしょうか?

スタートアップには成長段階があり、段階を経て成長を遂げます。

 

例えば最初のシード期においては顧客を集めることが必要です。

ここで顧客を集めることができなければ次の段階に進むことはできません。

つまりこの段階で成長できなければスタートアップはそこで止まってしまうのです。

ここで必要になるのがデザイン。顧客をどうやって集めるのかをデザインし、この段階から成長させなければなりません。

 

デザインが必要になるのはアーリー期やミドル期、レイター期も同様です。

アーリー期では収支のバランスが重要になるため、いかに収益と支出のバランスをとるかをデザインすることが必要になります。

 

ミドル期で成長に必要となるのは社内環境の整備です。社内のルール作りや人材の流出を防ぐためのデザインという名の整備が必要になります。

 

レイター期は資金調達が特に重要です。どのように資金を調達するのか、この段階のデザイン次第でスタートアップの成否が決まるといっても過言ではありません。

 

まとめ

今回はスタートアップをグロースさせるデザインについてご紹介しました。

スタートアップには成長段階があり、それぞれの段階に課題があります。

そしてその段階の課題をクリアすることによってスタートアップは成長するのです。その課題をクリアするためにはデザインが必要。

 

つまりスタートアップをグロースさせるためには、課題をクリアするためのデザインが必要だということです。デザインの力でスタートアップをグロースさせましょう。

 

カジュアルミーティング