スタートアップにとって必要なデザインシンキングとは?

  • 2022.1.20
  • スタートアップデザインシンキング
  • スタートアップ

スタートアップ,デザインシンキング

スタートアップに限らず現代のビジネスにおいてデザインシンキングという思考法は必要不可欠です。

むしろデザインシンキングなくしてスタートアップやビジネスの成功はないといってもいいでしょう。

それくらい現代のビジネスシーンで重要視されているのがデザインシンキングです。

ここではスタートアップにとって必要不可欠なデザインシンキングという思考法についてご紹介します。

 

スタートアップにとって必要なデザインシンキングとは?

デザインシンキング

近年ビジネスシーンのみならずさまざまな場面で注目され重要だとされているデザインシンキング。

それはスタートアップにおいても例外ではありません。ここではスタートアップにとって必要なデザインシンキングについてご紹介します。

 

デザインシンキングとは?

まずはデザインシンキングがどういうものなのか、そこからご紹介しましょう。

デザインシンキングとは、簡単にいうとデザイナーがデザインを行う際に用いるプロセスを体系化したもの。

 

つまりデザインシンキングは、ユーザーの視点に立ってユーザーが抱える問題を洗い出し、デザイナーの感性と手法を使ってニーズを見出したり、問題を解決する思考法のことです。

名称にデザインという単語が含まれているため、芸術的な要素が必要な思考法なのではないかと思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。

 

デザインシンキングというのは、あくまでもユーザーの視点に立ち課題の本質を発見することを特徴としています。

発見した課題を解決し、ユーザーのニーズに応えることがデザインシンキングの重要なポイントです。

 

スタートアップとデザインシンキングの関係

デザインシンキング

そもそもスタートアップというのは、急成長する組織のことです。

そしてその大きな成長を継続できることというのもスタートアップの定義には含まれています。さらに大きな成長を継続するためには新たな価値を創造しなければなりません。

この新たな価値を創造することというのは、デザインシンキングと密接な関係があります。

 

上述したとおりデザインシンキングというのは、ユーザーの視点に立って課題の本質を発見し、その課題を解決したりニーズを見出したりする思考法です。

新たな価値を創造するためには、課題の本質を発見してその課題を解決するという思考、さらにそこからニーズを見出すという思考は欠かせません。

つまりスタートアップとデザインシンキングは切っても切れない関係にあるのです。

 

なぜスタートアップにデザインシンキングが必要なのか?

スタートアップに限らず現代のビジネスにおいて、デザインシンキングという思考法は重要です。

極端にいえばデザインシンキングなくしてスタートアップの成功はあり得ないといってもいいでしょう。

モノやサービスが溢れている今、ユーザーの視点でユーザーのニーズに応えられるモノやサービスを作らない限りビジネスで成功する可能性は限りなく低いといえます。

 

例えばある企業がユーザーのニーズを無視して自分たちの作りたいものを作って世に送り出したとしましょう。

「私たちはいい商品を作りました。さあ、みなさん買ってください」と言われた商品が、例えどんなに良い商品であったとしても恐らく爆発的に売れることはありません。

なぜ売れないのか?それは良いものを作ったという作り手側の自己満足だけで、ユーザーのニーズに応えるというデザインシンキングをもとに作られた商品ではないからです。

 

スタートアップにも同じことがいえます。まだ世の中にない新しい価値を創造する場合でもユーザーのニーズに応えられるものでなければ、ユーザーに受け入れられるわけはありません。

つまりスタートアップにしろビジネスにしろデザインシンキングなくして成功することはあり得ないということです。

 

関連:「成長企業の特徴を分かりやすく解説!伸びる経営の秘訣とは?

 

デザインシンキングを導入したスタートアップ企業は成長する

デザインシンキング,成長

では、ここでデザインシンキングを導入してスタートアップに成功した企業の事例をご紹介しましょう。

世界で最も成功したスタートアップ企業のひとつApple。

そんなAppleの代表的な商品のひとつ「iPod」は、デザインシンキングにより誕生したものです。

Appleはデザインシンキングにより「どこでも音楽を聞けるデバイス」というニーズを発見し、それを「iPod」という形にしました。

 

結果はご存知のとおり、2001年に販売されたこの商品は携帯音楽プレイヤー界に革命を起こし、わずか5年半で累計1億台を突破する世界的大ヒット商品になっています。

これはまさにデザインシンキングでユーザーのニーズを発見し、それに応えた成功事例といえるでしょう。

 

今では世界に2億3200万人のユーザーを抱える音楽ストリーミングサービスのSpotifyは、革新的な「Weekly Discover機能」を組み込むことで多くのユーザー獲得に成功しました。

この機能はユーザーの趣味を分析し、毎週月曜日に各ユーザーへおすすめのプレイリストを配信するというもの。

このプレイリストは、ユーザーが聴いたことはないけど気に入ってくれそうな曲が集められており、好評を得ています。

このサービスもまたデザインシンキングにより生まれたものです。

 

まとめ

今回は、スタートアップにとって必要不可欠なデザインシンキングという思考法についてご紹介しました。

スタートアップに限らず現代のビジネスにおいてデザインシンキングという思考法は必要不可欠です。

 

むしろデザインシンキングなくしてスタートアップやビジネスの成功はないといってもいいでしょう。

まだ取り入れていないという企業の方は、これを機にデザインシンキングを活用してみてはいかがでしょうか。

 

  • 2022.1.20
  • スタートアップデザインシンキング
  • スタートアップ

スタートアップに限らず現代のビジネスにおいてデザインシンキングという思考法は必要不可欠です。

むしろデザインシンキングなくしてスタートアップやビジネスの成功はないといってもいいでしょう。

それくらい現代のビジネスシーンで重要視されているのがデザインシンキングです。

ここではスタートアップにとって必要不可欠なデザインシンキングという思考法についてご紹介します。

 

スタートアップにとって必要なデザインシンキングとは?

デザインシンキング

近年ビジネスシーンのみならずさまざまな場面で注目され重要だとされているデザインシンキング。

それはスタートアップにおいても例外ではありません。ここではスタートアップにとって必要なデザインシンキングについてご紹介します。

 

デザインシンキングとは?

まずはデザインシンキングがどういうものなのか、そこからご紹介しましょう。

デザインシンキングとは、簡単にいうとデザイナーがデザインを行う際に用いるプロセスを体系化したもの。

 

つまりデザインシンキングは、ユーザーの視点に立ってユーザーが抱える問題を洗い出し、デザイナーの感性と手法を使ってニーズを見出したり、問題を解決する思考法のことです。

名称にデザインという単語が含まれているため、芸術的な要素が必要な思考法なのではないかと思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。

 

デザインシンキングというのは、あくまでもユーザーの視点に立ち課題の本質を発見することを特徴としています。

発見した課題を解決し、ユーザーのニーズに応えることがデザインシンキングの重要なポイントです。

 

スタートアップとデザインシンキングの関係

デザインシンキング

そもそもスタートアップというのは、急成長する組織のことです。

そしてその大きな成長を継続できることというのもスタートアップの定義には含まれています。さらに大きな成長を継続するためには新たな価値を創造しなければなりません。

この新たな価値を創造することというのは、デザインシンキングと密接な関係があります。

 

上述したとおりデザインシンキングというのは、ユーザーの視点に立って課題の本質を発見し、その課題を解決したりニーズを見出したりする思考法です。

新たな価値を創造するためには、課題の本質を発見してその課題を解決するという思考、さらにそこからニーズを見出すという思考は欠かせません。

つまりスタートアップとデザインシンキングは切っても切れない関係にあるのです。

 

なぜスタートアップにデザインシンキングが必要なのか?

スタートアップに限らず現代のビジネスにおいて、デザインシンキングという思考法は重要です。

極端にいえばデザインシンキングなくしてスタートアップの成功はあり得ないといってもいいでしょう。

モノやサービスが溢れている今、ユーザーの視点でユーザーのニーズに応えられるモノやサービスを作らない限りビジネスで成功する可能性は限りなく低いといえます。

 

例えばある企業がユーザーのニーズを無視して自分たちの作りたいものを作って世に送り出したとしましょう。

「私たちはいい商品を作りました。さあ、みなさん買ってください」と言われた商品が、例えどんなに良い商品であったとしても恐らく爆発的に売れることはありません。

なぜ売れないのか?それは良いものを作ったという作り手側の自己満足だけで、ユーザーのニーズに応えるというデザインシンキングをもとに作られた商品ではないからです。

 

スタートアップにも同じことがいえます。まだ世の中にない新しい価値を創造する場合でもユーザーのニーズに応えられるものでなければ、ユーザーに受け入れられるわけはありません。

つまりスタートアップにしろビジネスにしろデザインシンキングなくして成功することはあり得ないということです。

 

関連:「成長企業の特徴を分かりやすく解説!伸びる経営の秘訣とは?

 

デザインシンキングを導入したスタートアップ企業は成長する

デザインシンキング,成長

では、ここでデザインシンキングを導入してスタートアップに成功した企業の事例をご紹介しましょう。

世界で最も成功したスタートアップ企業のひとつApple。

そんなAppleの代表的な商品のひとつ「iPod」は、デザインシンキングにより誕生したものです。

Appleはデザインシンキングにより「どこでも音楽を聞けるデバイス」というニーズを発見し、それを「iPod」という形にしました。

 

結果はご存知のとおり、2001年に販売されたこの商品は携帯音楽プレイヤー界に革命を起こし、わずか5年半で累計1億台を突破する世界的大ヒット商品になっています。

これはまさにデザインシンキングでユーザーのニーズを発見し、それに応えた成功事例といえるでしょう。

 

今では世界に2億3200万人のユーザーを抱える音楽ストリーミングサービスのSpotifyは、革新的な「Weekly Discover機能」を組み込むことで多くのユーザー獲得に成功しました。

この機能はユーザーの趣味を分析し、毎週月曜日に各ユーザーへおすすめのプレイリストを配信するというもの。

このプレイリストは、ユーザーが聴いたことはないけど気に入ってくれそうな曲が集められており、好評を得ています。

このサービスもまたデザインシンキングにより生まれたものです。

 

まとめ

今回は、スタートアップにとって必要不可欠なデザインシンキングという思考法についてご紹介しました。

スタートアップに限らず現代のビジネスにおいてデザインシンキングという思考法は必要不可欠です。

 

むしろデザインシンキングなくしてスタートアップやビジネスの成功はないといってもいいでしょう。

まだ取り入れていないという企業の方は、これを機にデザインシンキングを活用してみてはいかがでしょうか。