企業のツイッター始め方を解説!フォロワーを増やす運用方法

  • 2022.1.29
  • Twitter
  • 新規事業

ツイッター

企業がSNSを使用し、顧客マーケティングを行う機会が増えてきています。

現在、InstagramやFacebookなどさまざまな種類があるSNSですが、特に企業に人気が高いのがツイッターです。

しかし始め方がよく分からない場合や、開設したものの使い方がよく分からないケースもありますよね。

そこで今回は、企業のツイッター始め方を解説し、フォロワーを増やす運用方法についてもご紹介していきます。

 

企業のツイッターアカウントは必要?

ツイッター

現在、企業の公式アカウントが大変人気のツイッターですが、そもそも企業のツイッターアカウントを開設する必要があるのでしょうか?

ここではツイッター開設のメリットについてご紹介します。

 

企業のブランディングに活用できる

ツイッターを利用するメリットのひとつに、企業やブランドの認知度向上があります。

顧客の興味や関心を集めることや、自社HPへ誘導するなどマーケティングに利用し易い特徴も。

企業のブランディングには非常に相性のよいSNSと言えるでしょう。

 

リアルタイムでユーザーと交わえる

消費やサービスを顧客がどう感じているか、企業は非常に気になるところ。

ツイッターではユーザーの口コミやコメントなど、反応をリアルタイムで収集できる点は大きなメリットです。

アカウント開設で寄せられた口コミをもとに、商品やサービスの改善に繋げやすい点も魅力でしょう。

 

広告やマーケティングに活用

現在ではオンライン広告も認知度向上のひとつですが、ツイッターでは無料で情報発信を行う事ができます。

また、リツイート機能により爆発的に拡散する「バズ」が起こった場合、大きな認知度向上の可能性も。

ツイッターで話題になれば、口コミによるテレビなど他の媒体で紹介されるケースも増えています。

このように自社ブランドの認知やリアルタイムでユーザーとやり取りできるなど、ツイッターを利用することで大きなメリットがあることが分かります。

 

ツイッター企業アカウントの始め方

ここでは企業でツイッターを開設する際の、アカウントの始め方について詳しく解説していきます。

 

まずはリサーチから始めましょう

まずは準備段階として、現在人気の競合他社の企業アカウントや、ツイッターの利用の仕方などリサーチから始めてみましょう。

また、口コミやコメントするファンとの交流方法についても参考になるポイントがあればチェックしておきます。

 

アカウントの目的を決定

普段ツイートする際など、ツイッターを通してどのような目的で利用するのかを決めます。

例えば以下のようなものがあります。

  • 自社ブランドイメージをアップさせる
  • 商品やサービスの評判を高める
  • ユーザーとの交流
  • 自社サイトへ誘導し、販売するなど

最初に目的を決めておくと、ツイート内容も自ずと決まって来るため、着実にファンを増やす事ができます。

 

運用プランを決める

ツイッターは定期的にツイートするなど、運用プランを決めておく必要があります。

社内の担当を決めておくことや、情報の窓口を作っておくとスムーズに更新することが可能に。

また、イベント告知など臨機応変に対応するケースもあります。

このように運用の方法や使い方が決まったら、いよいよアカウントを開設していきましょう。

 

初期設定の登録方法

企業アカウントの登録については、非常に簡単に初期設定できます。

ここでは初期設定の登録方法をご紹介していきます。

 

  • ユーザー名

ユーザー名は、他のアカウントで使用されていないオリジナルな名前を登録しましょう。

登録する企業の名称にちなんだ名前にすると、ユーザーも覚えやすくなります。

 

  • 表示名

普段ユーザーが目にする箇所ですので、一目で分かる名前がおすすめ。

一般的には自社の企業名やブランド名で作成します。

 

  • メールアドレス・パスワード

通知やお知らせがツイッターから送られて来るメールは、会社で普段使用しているアドレスを登録しておきましょう。

 

  • プロフィールをしっかり記載

実は普段のツイート以上に大切な項目がプロフィールになります。

プロフィールは商品やサービスに魅力を感じたユーザーがどのような企業かを知らせる役割があります。

自社のウェブサイトや企業、ブランド情報をしっかり記入しましょう。

 

  • 紹介文

こちらもユーザーが目にし易い情報になります。

160文字以内で会社やブランドの情報を簡潔に表現し載せましょう。

また、イベントやクーポンなど、期間限定のお知らせもこちらで紹介できます。

 

  • アイコン

ツイートやプロフィール画面で出てくる丸いアイコン画像になります。

ユーザーがツイートと合わせ、普段目にする画像ですのでブランドをイメージし易いロゴや、マスコットキャラなどを設定しておきましょう。

 

  • ヘッダー画像

アイコン画像の後ろ、最上部に表示される横長の画像。

少しサイズが大きめの画像のため、期間限定のキャンペーンやイチオシの商品など広告替わりに使用できます。

ユーザーの関心を集める画像を配置してみてください。

 

フォロワーを増やす運用方法とは?

ツイッター

ツイッターで企業アカウントを作成できたら、定期的にツイートを配信していきます。

ここではツイッターでフォロワーを増やす運用方法を解説していきます。

 

ゆっくり時間をかけて育てる

企業アカウントを取得してすぐは、フォロワーが大量に増えることは余程の大企業や有名人でない限り少ないでしょう。

自社のブランドやサービスについて、ユーザーにゆっくり時間をかけて信頼されるよう継続していきましょう。

気持ちに余裕を持って取り組むことで、フォロワーも少しずつ増えていきます。

 

分析ツールを使う

ツイートの反応や関心のあるワードなどを、データ形式で分析する事もできます。

例えば公式のTwitterアナリティクスでは、ユーザーの動向を詳しく調べる事ができますのでマーケティングに是非活用してみて下さい。

 

ツイッター利用時の注意点

ツイッターは企業の商品やサービスを効果的に宣伝できるなど多くのメリットがあります。

しかし一度に拡散される可能性のあるSNSだけに注意が必要なことも。

ここではツイッター利用時の注意点をご紹介していきます。

 

炎上を避ける

軽快にツイートできるツイッターですが、表現や伝え方を間違えてしまうと炎上し拡散されるケースもあります。

最近では同じ表現でも読む方の感じ方によって様々な解釈をされる可能性も。

こうした炎上を防ぐためにも、ツイート前にチームや会社内で確認してから投稿するなど対策を行いましょう。

 

イメージを統一する

ツイートする時の表現や画像など、企業やブランドイメージを統一する必要があります。

ツイートを担当する方が複数いる場合など、表現が変わるとユーザーが困惑してしまいますので注意しましょう。

 

アカウントを管理しましょう

アカウントが複数ある場合や、個人のアカウントと混同してしまい、間違ってツイートしてしまう可能性もあります。

企業アカウントにふさわしくない発言をしてしまった場合など、取り返しのつかない事態になる事もあります。

ツイートする際は、アカウントを確認してから発言するようにして下さい。

 

このようにツイッターでは手軽に送信できる反面、炎上や誤ツイートなど失敗するケースもあります。

事前に確認する事で未然に防ぐ事ができますので、注意事項を参考にチェックしてからご使用下さい。

 

関連:「売上を上げる効果的な方法は?顧客目線の優れた改善策を紹介

 

まとめ

今回は、企業のツイッター始め方を解説し、フォロワーを増やす運用方法についてもご紹介しました。

ツイッターは自社の商品やサービスを、多くのユーザーに知ってもらいたい場合などマーケティングに活用できることをご紹介しました。

新たにアカウントを作成する場合は、ご紹介しました手順で登録を行ってみて下さい。

また、ユーザーの増やし方や注意事項についてもご理解頂けたかと思います。

ゆっくりと企業アカウントでフォロワーが増えるよう、長期的なスパンで取り組む事をおすすめします。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.29
  • Twitter
  • 新規事業

企業がSNSを使用し、顧客マーケティングを行う機会が増えてきています。

現在、InstagramやFacebookなどさまざまな種類があるSNSですが、特に企業に人気が高いのがツイッターです。

しかし始め方がよく分からない場合や、開設したものの使い方がよく分からないケースもありますよね。

そこで今回は、企業のツイッター始め方を解説し、フォロワーを増やす運用方法についてもご紹介していきます。

 

企業のツイッターアカウントは必要?

ツイッター

現在、企業の公式アカウントが大変人気のツイッターですが、そもそも企業のツイッターアカウントを開設する必要があるのでしょうか?

ここではツイッター開設のメリットについてご紹介します。

 

企業のブランディングに活用できる

ツイッターを利用するメリットのひとつに、企業やブランドの認知度向上があります。

顧客の興味や関心を集めることや、自社HPへ誘導するなどマーケティングに利用し易い特徴も。

企業のブランディングには非常に相性のよいSNSと言えるでしょう。

 

リアルタイムでユーザーと交わえる

消費やサービスを顧客がどう感じているか、企業は非常に気になるところ。

ツイッターではユーザーの口コミやコメントなど、反応をリアルタイムで収集できる点は大きなメリットです。

アカウント開設で寄せられた口コミをもとに、商品やサービスの改善に繋げやすい点も魅力でしょう。

 

広告やマーケティングに活用

現在ではオンライン広告も認知度向上のひとつですが、ツイッターでは無料で情報発信を行う事ができます。

また、リツイート機能により爆発的に拡散する「バズ」が起こった場合、大きな認知度向上の可能性も。

ツイッターで話題になれば、口コミによるテレビなど他の媒体で紹介されるケースも増えています。

このように自社ブランドの認知やリアルタイムでユーザーとやり取りできるなど、ツイッターを利用することで大きなメリットがあることが分かります。

 

ツイッター企業アカウントの始め方

ここでは企業でツイッターを開設する際の、アカウントの始め方について詳しく解説していきます。

 

まずはリサーチから始めましょう

まずは準備段階として、現在人気の競合他社の企業アカウントや、ツイッターの利用の仕方などリサーチから始めてみましょう。

また、口コミやコメントするファンとの交流方法についても参考になるポイントがあればチェックしておきます。

 

アカウントの目的を決定

普段ツイートする際など、ツイッターを通してどのような目的で利用するのかを決めます。

例えば以下のようなものがあります。

  • 自社ブランドイメージをアップさせる
  • 商品やサービスの評判を高める
  • ユーザーとの交流
  • 自社サイトへ誘導し、販売するなど

最初に目的を決めておくと、ツイート内容も自ずと決まって来るため、着実にファンを増やす事ができます。

 

運用プランを決める

ツイッターは定期的にツイートするなど、運用プランを決めておく必要があります。

社内の担当を決めておくことや、情報の窓口を作っておくとスムーズに更新することが可能に。

また、イベント告知など臨機応変に対応するケースもあります。

このように運用の方法や使い方が決まったら、いよいよアカウントを開設していきましょう。

 

初期設定の登録方法

企業アカウントの登録については、非常に簡単に初期設定できます。

ここでは初期設定の登録方法をご紹介していきます。

 

  • ユーザー名

ユーザー名は、他のアカウントで使用されていないオリジナルな名前を登録しましょう。

登録する企業の名称にちなんだ名前にすると、ユーザーも覚えやすくなります。

 

  • 表示名

普段ユーザーが目にする箇所ですので、一目で分かる名前がおすすめ。

一般的には自社の企業名やブランド名で作成します。

 

  • メールアドレス・パスワード

通知やお知らせがツイッターから送られて来るメールは、会社で普段使用しているアドレスを登録しておきましょう。

 

  • プロフィールをしっかり記載

実は普段のツイート以上に大切な項目がプロフィールになります。

プロフィールは商品やサービスに魅力を感じたユーザーがどのような企業かを知らせる役割があります。

自社のウェブサイトや企業、ブランド情報をしっかり記入しましょう。

 

  • 紹介文

こちらもユーザーが目にし易い情報になります。

160文字以内で会社やブランドの情報を簡潔に表現し載せましょう。

また、イベントやクーポンなど、期間限定のお知らせもこちらで紹介できます。

 

  • アイコン

ツイートやプロフィール画面で出てくる丸いアイコン画像になります。

ユーザーがツイートと合わせ、普段目にする画像ですのでブランドをイメージし易いロゴや、マスコットキャラなどを設定しておきましょう。

 

  • ヘッダー画像

アイコン画像の後ろ、最上部に表示される横長の画像。

少しサイズが大きめの画像のため、期間限定のキャンペーンやイチオシの商品など広告替わりに使用できます。

ユーザーの関心を集める画像を配置してみてください。

 

フォロワーを増やす運用方法とは?

ツイッター

ツイッターで企業アカウントを作成できたら、定期的にツイートを配信していきます。

ここではツイッターでフォロワーを増やす運用方法を解説していきます。

 

ゆっくり時間をかけて育てる

企業アカウントを取得してすぐは、フォロワーが大量に増えることは余程の大企業や有名人でない限り少ないでしょう。

自社のブランドやサービスについて、ユーザーにゆっくり時間をかけて信頼されるよう継続していきましょう。

気持ちに余裕を持って取り組むことで、フォロワーも少しずつ増えていきます。

 

分析ツールを使う

ツイートの反応や関心のあるワードなどを、データ形式で分析する事もできます。

例えば公式のTwitterアナリティクスでは、ユーザーの動向を詳しく調べる事ができますのでマーケティングに是非活用してみて下さい。

 

ツイッター利用時の注意点

ツイッターは企業の商品やサービスを効果的に宣伝できるなど多くのメリットがあります。

しかし一度に拡散される可能性のあるSNSだけに注意が必要なことも。

ここではツイッター利用時の注意点をご紹介していきます。

 

炎上を避ける

軽快にツイートできるツイッターですが、表現や伝え方を間違えてしまうと炎上し拡散されるケースもあります。

最近では同じ表現でも読む方の感じ方によって様々な解釈をされる可能性も。

こうした炎上を防ぐためにも、ツイート前にチームや会社内で確認してから投稿するなど対策を行いましょう。

 

イメージを統一する

ツイートする時の表現や画像など、企業やブランドイメージを統一する必要があります。

ツイートを担当する方が複数いる場合など、表現が変わるとユーザーが困惑してしまいますので注意しましょう。

 

アカウントを管理しましょう

アカウントが複数ある場合や、個人のアカウントと混同してしまい、間違ってツイートしてしまう可能性もあります。

企業アカウントにふさわしくない発言をしてしまった場合など、取り返しのつかない事態になる事もあります。

ツイートする際は、アカウントを確認してから発言するようにして下さい。

 

このようにツイッターでは手軽に送信できる反面、炎上や誤ツイートなど失敗するケースもあります。

事前に確認する事で未然に防ぐ事ができますので、注意事項を参考にチェックしてからご使用下さい。

 

関連:「売上を上げる効果的な方法は?顧客目線の優れた改善策を紹介

 

まとめ

今回は、企業のツイッター始め方を解説し、フォロワーを増やす運用方法についてもご紹介しました。

ツイッターは自社の商品やサービスを、多くのユーザーに知ってもらいたい場合などマーケティングに活用できることをご紹介しました。

新たにアカウントを作成する場合は、ご紹介しました手順で登録を行ってみて下さい。

また、ユーザーの増やし方や注意事項についてもご理解頂けたかと思います。

ゆっくりと企業アカウントでフォロワーが増えるよう、長期的なスパンで取り組む事をおすすめします。

 

カジュアルミーティング