新規事業を創造する力!デザイン思考テストの活用とは

  • 2022.1.20
  • デザイン思考テスト
  • 新規事業

デザイン思考テスト

イノベーションをおこすために有力な思考方法がデザイン思考です。

デザイン思考テストのスコアにより、人材の事業創造の力が証明されます。

採用や新規事業を任せる人材の選出や参考として導入している企業も数多くあり、この記事ではデザイン思考テストについて解説していきます。

 

 

デザイン思考テストとは何か?

デザイン思考テスト

デザイン思考テストの運営サイトによると、イノベーションの創出に効果を発揮するデザイン思考の一連の過程を高速で実行し、事業を創造する力を測定するためのテストとのことです。

デザイン思考には「共感・問題定義・創造・試作・テスト」という5つのサイクルがあります。

 

創造セッションと評価セッションを通して、この5つのサイクルを短時間で行うのがデザイン思考テストです。

デザイン思考テストは毎年、受検者数が増加の傾向にあります。

2021年11月には受検者が13万人を突破していることからも、「問題を発見し、解決策を考える力」がいかに時代に求められており、かつ企業が重視しているかが読み取れます。

 

デザイン思考テストには個人と団体で受ける方法があります。 団体の場合は団体による指定で異なるため、以下では個人でうける場合をご紹介いたします。

申し込みや受検日時に関しては公式サイトにてご確認ください。

公開テスト
公式サイト https://design-thinking-test.com/
概要 一般に公開されているテスト
総必要時間 90分(休憩時間含む)
テスト内容 創造セッション 30分
評価セッション 30分
通常受検料 4,950円
結果開示 5日以内
スコア利用期限 公式スコアとして1年間
試験場所 自分のパソコンからオンライン試験

(参考引用:https://design-thinking-test.com/

 

創造セッション

創造セッションは30分以内にキーワードを組合せてアイデアを創出します。

具体的には以下のような流れとなります。

 

1.Who、Where、When(誰が、どこで、どんな時に)

Who、Where、Whenの3つの項目ごとにキーワードを選択し、その組合せから人物像や状況を作成します。

2.Why Whoの叶えたい願望

1のキーワードから作られた状況をもとに、考えられるニーズや願望を書きます。

3.What(何を)

Whyを解決するためのモノ(What)を選択肢から組合せて選びます。

4.How(願望を解決するアイデア)

上記1〜4の情報をもとに、願望を解決するためのアイデアを直接記述します。

創造セッションのスコアで評価されるのは、人間の根本的なニーズを見つける発見力や新しいニーズを見つける力です。

そして、ニーズに対して適切で他にないソリューション(問題解決)を創り出す力が重視されます。

 

評価セッション

後半の30分は評価セッションを行います。

ニーズの質とソリューションの質に注視し、他の受検者のアイデアを評価します。

評価では以下の点に注目します。

・ニーズ(Why)の評価

自分が相手の立場にたったとき共感できるか、まだ解決されていないニーズであるか。

・ソリューション(How)の評価

新規性があるか、実現可能性が高いか。

 

評価セッションのスコアで評価されるひとつは、未解決のニーズや願望を見抜く力です。

ニーズに対して、ソリューションが革新的かつ効果的かを見抜く力も大切です。

 

高スコアを出すポイント

創造セッションのWhyでは「現状解決できていない課題であるか、Who(誰が)の立場に立ったときに共感できる願望であるか」がポイントとなります。

 

How(願望を叶えるアイデア)では「現実的に実現可能性が高いか、新しさがあるアイデアであるか」が留意点となります。

そして、評価セッションがあることからも解るように、創造セッションの解答は受検者が評価することになります。

つまり、より多くの人に共感される、より多くのアイデアを出すことがポイントとなります。

 

とはいえ、はじめての受検で低スコアだったとしても落ち込む必要はありません。

日頃から考える癖をつけるようにし、何度か受検をすることでコツを掴めます。

低スコアからいきなり高スコアを出すことも現実的に可能となります。

 

関連:「【解説】デザイン思考とは?マーケティングでの活用方法を紹介

 

まとめ

デザイン思考テストを行うことで、デザイン思考の訓練にもなります。

毎年受検者が増加していることからも、これからの時代はますますニーズの発見と問題解決力、考える力などが重要視されると考えられます。

人材採用や人材育成の一環として取り入れる価値は十分にあると言えます。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • デザイン思考テスト
  • 新規事業

イノベーションをおこすために有力な思考方法がデザイン思考です。

デザイン思考テストのスコアにより、人材の事業創造の力が証明されます。

採用や新規事業を任せる人材の選出や参考として導入している企業も数多くあり、この記事ではデザイン思考テストについて解説していきます。

 

 

デザイン思考テストとは何か?

デザイン思考テスト

デザイン思考テストの運営サイトによると、イノベーションの創出に効果を発揮するデザイン思考の一連の過程を高速で実行し、事業を創造する力を測定するためのテストとのことです。

デザイン思考には「共感・問題定義・創造・試作・テスト」という5つのサイクルがあります。

 

創造セッションと評価セッションを通して、この5つのサイクルを短時間で行うのがデザイン思考テストです。

デザイン思考テストは毎年、受検者数が増加の傾向にあります。

2021年11月には受検者が13万人を突破していることからも、「問題を発見し、解決策を考える力」がいかに時代に求められており、かつ企業が重視しているかが読み取れます。

 

デザイン思考テストには個人と団体で受ける方法があります。 団体の場合は団体による指定で異なるため、以下では個人でうける場合をご紹介いたします。

申し込みや受検日時に関しては公式サイトにてご確認ください。

公開テスト
公式サイト https://design-thinking-test.com/
概要 一般に公開されているテスト
総必要時間 90分(休憩時間含む)
テスト内容 創造セッション 30分
評価セッション 30分
通常受検料 4,950円
結果開示 5日以内
スコア利用期限 公式スコアとして1年間
試験場所 自分のパソコンからオンライン試験

(参考引用:https://design-thinking-test.com/

 

創造セッション

創造セッションは30分以内にキーワードを組合せてアイデアを創出します。

具体的には以下のような流れとなります。

 

1.Who、Where、When(誰が、どこで、どんな時に)

Who、Where、Whenの3つの項目ごとにキーワードを選択し、その組合せから人物像や状況を作成します。

2.Why Whoの叶えたい願望

1のキーワードから作られた状況をもとに、考えられるニーズや願望を書きます。

3.What(何を)

Whyを解決するためのモノ(What)を選択肢から組合せて選びます。

4.How(願望を解決するアイデア)

上記1〜4の情報をもとに、願望を解決するためのアイデアを直接記述します。

創造セッションのスコアで評価されるのは、人間の根本的なニーズを見つける発見力や新しいニーズを見つける力です。

そして、ニーズに対して適切で他にないソリューション(問題解決)を創り出す力が重視されます。

 

評価セッション

後半の30分は評価セッションを行います。

ニーズの質とソリューションの質に注視し、他の受検者のアイデアを評価します。

評価では以下の点に注目します。

・ニーズ(Why)の評価

自分が相手の立場にたったとき共感できるか、まだ解決されていないニーズであるか。

・ソリューション(How)の評価

新規性があるか、実現可能性が高いか。

 

評価セッションのスコアで評価されるひとつは、未解決のニーズや願望を見抜く力です。

ニーズに対して、ソリューションが革新的かつ効果的かを見抜く力も大切です。

 

高スコアを出すポイント

創造セッションのWhyでは「現状解決できていない課題であるか、Who(誰が)の立場に立ったときに共感できる願望であるか」がポイントとなります。

 

How(願望を叶えるアイデア)では「現実的に実現可能性が高いか、新しさがあるアイデアであるか」が留意点となります。

そして、評価セッションがあることからも解るように、創造セッションの解答は受検者が評価することになります。

つまり、より多くの人に共感される、より多くのアイデアを出すことがポイントとなります。

 

とはいえ、はじめての受検で低スコアだったとしても落ち込む必要はありません。

日頃から考える癖をつけるようにし、何度か受検をすることでコツを掴めます。

低スコアからいきなり高スコアを出すことも現実的に可能となります。

 

関連:「【解説】デザイン思考とは?マーケティングでの活用方法を紹介

 

まとめ

デザイン思考テストを行うことで、デザイン思考の訓練にもなります。

毎年受検者が増加していることからも、これからの時代はますますニーズの発見と問題解決力、考える力などが重要視されると考えられます。

人材採用や人材育成の一環として取り入れる価値は十分にあると言えます。

 

カジュアルミーティング