デザイン思考の基本とは?重要な5つのプロセスについて解説

  • 2022.1.31
  • デザイン思考プロセス
  • デザイン

デザイン思考,プロセス

「デザイン思考ってなんだろう?」

「一体どんな特徴があるのだろうか?」

と考えてはいませんか?

この記事では、デザイン思考の考え方と5つのプロセスについて解説。

デザイン思考について詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

 

デザイン思考の考え方とは?

デザイン思考

そもそも「デザイン思考」とは、どういった考え方なのでしょうか?

この章では、デザイン思考の特徴と「アート思考」との違いを解説します。

デザイン思考の基本的な考え方をみていきましょう。

 

デザイン思考の考え方の特徴

「デザイン思考」とは、デザイナーやプログラマーといった、クリエイティブな仕事で日常的に使われている考え方をもとにしたマーケティング方法です。

ユーザーのニーズをもとにして、ユーザーの目線になって達成する目標や理想的な製品の商品化を目指していきます。

ここで重要なのが、マーケットの前例や慣習にとらわれずに、あくまでもユーザーファーストのビジネスアイディアかどうかを考える点です。

ニーズ分析と目標設定に沿ったビジネス計画が「デザイン思考」の基本なので、より論理的、かつ効果的な事業計画を立てることが可能だと言われています。

 

「アート思考」との明確な違い

「デザイン思考」と似ている考え方に「アート思考」というものがあるのをご存知でしょうか?

言葉の意味が似ているので、混乱しやすいですが、これらの考えには明確な違いがあります。

まず、「デザイン思考」も「アート思考」もアイディアを生み出す考え方としては同じです。

 

ただし、「デザイン思考」はユーザーのニーズをもとに、ニーズを満たす適切なアイディアを考えていくのに対して、「アート思考」は”自分で”新しいアイディアを生み出す考え方です。

そのため、「ユーザーのニーズを満たすビジネスを考えたい」と考えている場合には、「デザイン思考」をもとにビジネスアイディアを考えていく必要があります。

「アート思考」は、ゼロの状態から何かを作り出す考え方ですね。

マーケティングをもとにしたビジネスにおいては、「デザイン思考」を活用することが多いのです。

 

デザイン思考の核となる5つのプロセス

デザイン思考,プロセス

デザイン思考でビジネスアイディアを考えるなら、いくつかのプロセスを踏まえる必要があります。

具体的には、以下の5つのプロセスを経てビジネスアイディアを考えます。

  • 共感
  • 定義
  • 概念化
  • 試作
  • テスト

この章では、これらの5つのプロセスについて、順を追って解説。

デザイン思考を活用して、ユーザーのニーズを解消するアイディアを生み出していきましょう。

 

プロセス1:ユーザーの「共感」が得られるか考える

デザイン思考の第一段階は、ユーザーのニーズを分析して、ユーザー目線で「共感」が得られ、ニーズが満たせるのかどうかを考える段階です。

ニーズ分析では、電話やインタビュー、過去に販売した商品に対する市場からの反応などから、総合的に分析していきます。

この「共感」のプロセスは、ユーザーのニーズを考えて、実際のビジネスアイディアに繋げていくプロセスなので、時間をかけて、あらゆる視点から分析していく必要があるのです。

 

プロセス2:ユーザーのニーズを「定義」する

「共感」のプロセスでニーズの候補を見つけたら、次はビジネスに繋がるニーズを決定。この際、ニーズから考えられるいくつかの潜在ニーズについても考えていきます。

また、ニーズの選定は、あくまでもユーザーの目線で行うことが重要です。そうすることで、ユーザーのニーズを満たしつつ、本当に必要とされていることは何かを改めて考える機会になりますからね。

 

プロセス3:ニーズを解決に向けた「概念化」をする

ユーザーのニーズを「定義」したら、ニーズや問題点を解決する方法や手段・アプローチ戦略などを話し合い、考えていきます。

ここで重要なのは、いくつもの手段や方法について考え、ニーズに対する何通りものアプローチのシナリオを考えていくことです。

質ばかり重視して、アイディアが少ないと、その後の「試作」や「テスト」の段階で行き詰まり、ビジネス計画が振り出しに戻ってしまう可能性もあります。

そのため、「定義」したニーズに対する多面的なアプローチが重要なのです。

 

プロセス4:概念化したアイディアをもとに「試作」する

「概念化」したアイディアやアプローチをもとに、実際にサービスや製品を試作していきましょう。

試作の段階なので、失敗することも念頭に入れながら、完成に近づけていくイメージです。

 

プロセス5:ユーザーの「テスト」で何度も確認して製品化

これらの段階を踏まえて、完成したサービスや製品を、ユーザーの力を借りてテストします。

テストを通して得られた意見や改善点をもとに、市場に投入する製品に近づけていきます。

試作とテストの段階で、どれだけユーザーの意見やニーズを反映したブラッシュアップができるかが、製品化後のビジネスの成功を左右すると言っても過言ではありません。

このように、デザイン思考をもとに製品化すれば、ユーザーのニーズを反映した満足度の高いサービスや製品の完成を目指すことができるのです。

 

関連:「デザイン思考の欠点とは?戦略思考との違いや活用法を解説!

 

まとめ:デザイン思考の5つのプロセスを知って、実際のビジネスアイディアに活かしていこう!

デザイン思考は、ユーザーのニーズを多面的に分析して、より市場のニーズを反映したビジネスアイディアと製品化を目指す考え方です。

一つのニーズに対して、多面的なアプローチが可能なので、ニーズを反映した製品の完成が目指せるという特徴があります。

ニーズをもとにビジネスアイディアを考えたい方は、デザイン思考を活用して、市場のニーズを満たすようなビジネスアイディアを考えてみてはいかがでしょうか?

カジュアルミーティング
  • 2022.1.31
  • デザイン思考プロセス
  • デザイン

「デザイン思考ってなんだろう?」

「一体どんな特徴があるのだろうか?」

と考えてはいませんか?

この記事では、デザイン思考の考え方と5つのプロセスについて解説。

デザイン思考について詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

 

デザイン思考の考え方とは?

デザイン思考

そもそも「デザイン思考」とは、どういった考え方なのでしょうか?

この章では、デザイン思考の特徴と「アート思考」との違いを解説します。

デザイン思考の基本的な考え方をみていきましょう。

 

デザイン思考の考え方の特徴

「デザイン思考」とは、デザイナーやプログラマーといった、クリエイティブな仕事で日常的に使われている考え方をもとにしたマーケティング方法です。

ユーザーのニーズをもとにして、ユーザーの目線になって達成する目標や理想的な製品の商品化を目指していきます。

ここで重要なのが、マーケットの前例や慣習にとらわれずに、あくまでもユーザーファーストのビジネスアイディアかどうかを考える点です。

ニーズ分析と目標設定に沿ったビジネス計画が「デザイン思考」の基本なので、より論理的、かつ効果的な事業計画を立てることが可能だと言われています。

 

「アート思考」との明確な違い

「デザイン思考」と似ている考え方に「アート思考」というものがあるのをご存知でしょうか?

言葉の意味が似ているので、混乱しやすいですが、これらの考えには明確な違いがあります。

まず、「デザイン思考」も「アート思考」もアイディアを生み出す考え方としては同じです。

 

ただし、「デザイン思考」はユーザーのニーズをもとに、ニーズを満たす適切なアイディアを考えていくのに対して、「アート思考」は”自分で”新しいアイディアを生み出す考え方です。

そのため、「ユーザーのニーズを満たすビジネスを考えたい」と考えている場合には、「デザイン思考」をもとにビジネスアイディアを考えていく必要があります。

「アート思考」は、ゼロの状態から何かを作り出す考え方ですね。

マーケティングをもとにしたビジネスにおいては、「デザイン思考」を活用することが多いのです。

 

デザイン思考の核となる5つのプロセス

デザイン思考,プロセス

デザイン思考でビジネスアイディアを考えるなら、いくつかのプロセスを踏まえる必要があります。

具体的には、以下の5つのプロセスを経てビジネスアイディアを考えます。

  • 共感
  • 定義
  • 概念化
  • 試作
  • テスト

この章では、これらの5つのプロセスについて、順を追って解説。

デザイン思考を活用して、ユーザーのニーズを解消するアイディアを生み出していきましょう。

 

プロセス1:ユーザーの「共感」が得られるか考える

デザイン思考の第一段階は、ユーザーのニーズを分析して、ユーザー目線で「共感」が得られ、ニーズが満たせるのかどうかを考える段階です。

ニーズ分析では、電話やインタビュー、過去に販売した商品に対する市場からの反応などから、総合的に分析していきます。

この「共感」のプロセスは、ユーザーのニーズを考えて、実際のビジネスアイディアに繋げていくプロセスなので、時間をかけて、あらゆる視点から分析していく必要があるのです。

 

プロセス2:ユーザーのニーズを「定義」する

「共感」のプロセスでニーズの候補を見つけたら、次はビジネスに繋がるニーズを決定。この際、ニーズから考えられるいくつかの潜在ニーズについても考えていきます。

また、ニーズの選定は、あくまでもユーザーの目線で行うことが重要です。そうすることで、ユーザーのニーズを満たしつつ、本当に必要とされていることは何かを改めて考える機会になりますからね。

 

プロセス3:ニーズを解決に向けた「概念化」をする

ユーザーのニーズを「定義」したら、ニーズや問題点を解決する方法や手段・アプローチ戦略などを話し合い、考えていきます。

ここで重要なのは、いくつもの手段や方法について考え、ニーズに対する何通りものアプローチのシナリオを考えていくことです。

質ばかり重視して、アイディアが少ないと、その後の「試作」や「テスト」の段階で行き詰まり、ビジネス計画が振り出しに戻ってしまう可能性もあります。

そのため、「定義」したニーズに対する多面的なアプローチが重要なのです。

 

プロセス4:概念化したアイディアをもとに「試作」する

「概念化」したアイディアやアプローチをもとに、実際にサービスや製品を試作していきましょう。

試作の段階なので、失敗することも念頭に入れながら、完成に近づけていくイメージです。

 

プロセス5:ユーザーの「テスト」で何度も確認して製品化

これらの段階を踏まえて、完成したサービスや製品を、ユーザーの力を借りてテストします。

テストを通して得られた意見や改善点をもとに、市場に投入する製品に近づけていきます。

試作とテストの段階で、どれだけユーザーの意見やニーズを反映したブラッシュアップができるかが、製品化後のビジネスの成功を左右すると言っても過言ではありません。

このように、デザイン思考をもとに製品化すれば、ユーザーのニーズを反映した満足度の高いサービスや製品の完成を目指すことができるのです。

 

関連:「デザイン思考の欠点とは?戦略思考との違いや活用法を解説!

 

まとめ:デザイン思考の5つのプロセスを知って、実際のビジネスアイディアに活かしていこう!

デザイン思考は、ユーザーのニーズを多面的に分析して、より市場のニーズを反映したビジネスアイディアと製品化を目指す考え方です。

一つのニーズに対して、多面的なアプローチが可能なので、ニーズを反映した製品の完成が目指せるという特徴があります。

ニーズをもとにビジネスアイディアを考えたい方は、デザイン思考を活用して、市場のニーズを満たすようなビジネスアイディアを考えてみてはいかがでしょうか?

カジュアルミーティング