成長企業の特徴を分かりやすく解説!伸びる経営の秘訣とは?

  • 2022.1.24
  • 企業成長
  • スタートアップ

成長企業

経営者と従業員が協力し、他社にない創意工夫やノウハウによって成長している企業があります。

成長企業と呼ばれるこうした「伸びている会社」になるためには何が必要なのでしょう?

そこで今回は、成長企業の特徴を分かりやすく解説し、伸びる経営の秘訣についてご紹介していきます。

企業が成長するためのポイントについて、是非参考にご覧ください。

 

成長企業の特徴を分かりやすく解説

成長企業

成長企業とは、必ずしも大企業のみを指す言葉ではありません。

一般的に「高い水準で利益や事業規模が拡大し続けている企業」のことを成長企業と呼びます。

こうした成長企業に特徴はあるのでしょうか? ここではいくつかの共通点について解説していきます。

 

・組織全体の意識が高い

成長企業に見られる特徴として、組織全体の意識の高さがあります。

一般的に成長している企業は「優秀な社員がいるから」だと考える方も多いと思います。

しかし実際は組織としての「高い目的意識を共有」することで、結果として優秀な社員が育つ事を大切にしているのです。

 

・企業理念を大切にしている

企業が高い目的意識を持つために必要な要素として「企業理念」があります。

企業理念とは、会社がもつ根本的な目的や目標そのものです。

成長企業では、従業員1人1人が企業理念を大切に仕事に取り組んでいます。

 

・資金の使い道を考えている

成長企業が最も気を配ることのひとつに資金の使い道があります。

特に投資に関しては、無駄な投資は資金、労力を消費してしまうため絶対に避ける必要があります。

具体的には物販系では「余分な在庫を抱えない」ことや「広告費」、「残業代」などです。

 

・常に顧客の視点に立つ

ビジネスを行う中で成長企業は、常に顧客の視点に立った考え方を基本としています。

顧客ターゲットの趣味・思考を分析し「お客さまが本当に求めているもの」について理解している企業は、実はそれほど多くないと言えるでしょう。

また、積極的に投資を行うべき優良顧客を掴んでいるかについても、大切なポイントと言えます。

 

・経営状態を常に把握している

会社経営は、小さな綻びを見落としていると大きな破綻に繋がる可能性があります。

成長企業では会社の経営状態を常に把握することに注力しています。

社内で情報共有されやすいシステムを導入することや、リアルタイムに経営状況を把握できるよう注意が払われています。

 

このように成長企業では、営業活動で業績を上げ続けるための工夫が見られることが分かりました。

普段の業務で活用できる、基本的な事柄をしっかり押さえている点が成長を支えている事を覚えておきましょう。

 

伸びる経営の秘訣とは?

成長企業

成長企業ならではの、業績を伸ばす経営の秘訣はあるのでしょうか?

ここではいくつかの事例をご紹介していきます。

 

伸びる市場に投資する

現在伸びている、これから成長する市場に積極的に投資している会社は成長する可能性が高くなります。

PMF(プロダクトマーケットフィット)と呼ばれる指標などを参考に、顧客に合った商品やサービスの提供が市場で適切に受け入れられているかを常に確認することが大切です。

最近ではコロナ禍によるリモート化によるzoomなどのオンラインサービスや、医療のオンライン診断などは新たなニーズに応えるサービスと言えるでしょう。

 

競争に勝てる分野を選ぶ

非常にシンプルですが、競争する市場で「勝てる見込みが立つか?」という疑問を持つことはとても大切です。

中小・零細企業では、独自の技術や販路を活かし大手企業では賄えない分野で成功している事例も多くあります。

また、競合他社がまだ参入していない分野で優秀な社員を集めベンチャー企業として成功を収めるケースもあるでしょう。

いずれも競争に勝てる分野を選ぶ事が、重要なポイントとなります。

 

やりがいを持って仕事に取り組む

一般的にベンチャー、スタートアップの給与は、トップ企業と比べて低い事が多いと言われています。

しかしやりがいを感じる仕事に取り組めている場合など、お金以上の魅力を感じているかも大切なポイント。

社員が当事者意識を持ち、高いモチベーションで仕事に取り組んでいる企業は成長する可能性も高い傾向があります。

 

このように伸びる経営を行う秘訣では、競争力を高めることや投資する市場を選ぶ事が重要になります。

社員がやり甲斐を持って働ける環境作りも、成長企業ではしっかりと行われている事が分かりました。

 

関連:「スタートアップに必要な人材って?採用すべき4つのタイプを解説

 

まとめ

成長企業の特徴を分かりやすく解説し、伸びる経営の秘訣についてご紹介しました。

成長企業の特徴では、一見シンプルに見える特徴でしたが、企業を運営して行く上で非常に重要な要素が詰まっている事が分かりました。

また、伸びる経営の秘訣ではしっかりと地盤固めを行いながら成長分野に投資するなど伸びる可能性を見極め積極的に取り組む姿勢が大切である事もご理解頂けたかと思います。

成長企業の営業姿勢を参考に、新たな分野で競争力を磨いていきましょう。

 

  • 2022.1.24
  • 企業成長
  • スタートアップ

経営者と従業員が協力し、他社にない創意工夫やノウハウによって成長している企業があります。

成長企業と呼ばれるこうした「伸びている会社」になるためには何が必要なのでしょう?

そこで今回は、成長企業の特徴を分かりやすく解説し、伸びる経営の秘訣についてご紹介していきます。

企業が成長するためのポイントについて、是非参考にご覧ください。

 

成長企業の特徴を分かりやすく解説

成長企業

成長企業とは、必ずしも大企業のみを指す言葉ではありません。

一般的に「高い水準で利益や事業規模が拡大し続けている企業」のことを成長企業と呼びます。

こうした成長企業に特徴はあるのでしょうか? ここではいくつかの共通点について解説していきます。

 

・組織全体の意識が高い

成長企業に見られる特徴として、組織全体の意識の高さがあります。

一般的に成長している企業は「優秀な社員がいるから」だと考える方も多いと思います。

しかし実際は組織としての「高い目的意識を共有」することで、結果として優秀な社員が育つ事を大切にしているのです。

 

・企業理念を大切にしている

企業が高い目的意識を持つために必要な要素として「企業理念」があります。

企業理念とは、会社がもつ根本的な目的や目標そのものです。

成長企業では、従業員1人1人が企業理念を大切に仕事に取り組んでいます。

 

・資金の使い道を考えている

成長企業が最も気を配ることのひとつに資金の使い道があります。

特に投資に関しては、無駄な投資は資金、労力を消費してしまうため絶対に避ける必要があります。

具体的には物販系では「余分な在庫を抱えない」ことや「広告費」、「残業代」などです。

 

・常に顧客の視点に立つ

ビジネスを行う中で成長企業は、常に顧客の視点に立った考え方を基本としています。

顧客ターゲットの趣味・思考を分析し「お客さまが本当に求めているもの」について理解している企業は、実はそれほど多くないと言えるでしょう。

また、積極的に投資を行うべき優良顧客を掴んでいるかについても、大切なポイントと言えます。

 

・経営状態を常に把握している

会社経営は、小さな綻びを見落としていると大きな破綻に繋がる可能性があります。

成長企業では会社の経営状態を常に把握することに注力しています。

社内で情報共有されやすいシステムを導入することや、リアルタイムに経営状況を把握できるよう注意が払われています。

 

このように成長企業では、営業活動で業績を上げ続けるための工夫が見られることが分かりました。

普段の業務で活用できる、基本的な事柄をしっかり押さえている点が成長を支えている事を覚えておきましょう。

 

伸びる経営の秘訣とは?

成長企業

成長企業ならではの、業績を伸ばす経営の秘訣はあるのでしょうか?

ここではいくつかの事例をご紹介していきます。

 

伸びる市場に投資する

現在伸びている、これから成長する市場に積極的に投資している会社は成長する可能性が高くなります。

PMF(プロダクトマーケットフィット)と呼ばれる指標などを参考に、顧客に合った商品やサービスの提供が市場で適切に受け入れられているかを常に確認することが大切です。

最近ではコロナ禍によるリモート化によるzoomなどのオンラインサービスや、医療のオンライン診断などは新たなニーズに応えるサービスと言えるでしょう。

 

競争に勝てる分野を選ぶ

非常にシンプルですが、競争する市場で「勝てる見込みが立つか?」という疑問を持つことはとても大切です。

中小・零細企業では、独自の技術や販路を活かし大手企業では賄えない分野で成功している事例も多くあります。

また、競合他社がまだ参入していない分野で優秀な社員を集めベンチャー企業として成功を収めるケースもあるでしょう。

いずれも競争に勝てる分野を選ぶ事が、重要なポイントとなります。

 

やりがいを持って仕事に取り組む

一般的にベンチャー、スタートアップの給与は、トップ企業と比べて低い事が多いと言われています。

しかしやりがいを感じる仕事に取り組めている場合など、お金以上の魅力を感じているかも大切なポイント。

社員が当事者意識を持ち、高いモチベーションで仕事に取り組んでいる企業は成長する可能性も高い傾向があります。

 

このように伸びる経営を行う秘訣では、競争力を高めることや投資する市場を選ぶ事が重要になります。

社員がやり甲斐を持って働ける環境作りも、成長企業ではしっかりと行われている事が分かりました。

 

関連:「スタートアップに必要な人材って?採用すべき4つのタイプを解説

 

まとめ

成長企業の特徴を分かりやすく解説し、伸びる経営の秘訣についてご紹介しました。

成長企業の特徴では、一見シンプルに見える特徴でしたが、企業を運営して行く上で非常に重要な要素が詰まっている事が分かりました。

また、伸びる経営の秘訣ではしっかりと地盤固めを行いながら成長分野に投資するなど伸びる可能性を見極め積極的に取り組む姿勢が大切である事もご理解頂けたかと思います。

成長企業の営業姿勢を参考に、新たな分野で競争力を磨いていきましょう。