ユーザーインタフェース(UI)デザインとは!考え方から具体例まで解説

  • 2022.1.20
  • UI
  • デザイン

UI

Webやアプリなどに携わる仕事をする方であれば、なんとなく聞いたことのある言葉ではないでしょうか?

アプリなどを作る際には重要となる技術になりますが、「なぜUIデザインが必要なのか?」と理解していない人が多いのも現状です。

そこで今回は、UIデザインに関する考え方や具体例などを解説していきます。

理解を深めることで面白いと思ってもらえるような内容ですので、是非参考にしてください。

 

ユーザーインタフェース(UI)デザインとは?

UI

「ユーザーインタフェース(UI)デザインとはどんなもの?」と聞かれた際、スマートに答えられると今後のキャリアに役立つので学んでいきましょう。

UIとは、ユーザーがシステムやサービスを利用していく中で、実際に触れる画面などの仕組みのことを言います。

「どのボタンをクリックしたらよいのか?」「求めている情報は?」などといった

「ユーザーがわからない」に対してこたえていくために、

  • ターゲットの設定
  • どんなシーンで一番利用してほしいのか

などと背景を考え、目的に合った設計を行うことが主な作業です。

「ユーザーがwebサイトやアプリを快適に使うための設計」と覚えておきましょう。

 

ユーザーインタフェース(UI)デザインが大切な理由

UIデザインを理解するとひらめく方もいるかもしれません。そう、UIデザインを大切にしなければ「このサイトつまらない」と評価されユーザーが離れてしまいます。

他には負けない素晴らしい内容を載せたとしても、「見にくい、使いにくい」でユーザーが離脱してしまうパターンがほとんどです。

 

実際にあなたもスマホで調べる際、同じ感情に至った経験はありませんか?

  • 画面が暗くてスマホからでは見にくい
  • 情報が渋滞していて意味が理解できない
  • ボタンが複雑で押したくないボタンを押してしまう

などという理由でサイトを閉じた経験があると思います。ユーザーがサービスを利用するまで導いていくには、UIデザインの力と質が問われます。

余計な情報を省き、考えることなくスムーズに操作できることが実現しているデザインこそ「良いデザイン」とユーザーに認定されることでしょう。

 

関連:「評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

 

ユーザーインタフェース(UI)デザインの具体例

UI,例

例えばオンラインショップで洋服を選ぶ際、自分のサイズを確認しますよね?そんな時あなたならどちらのサイトから選びますか?

  1. :「サイズ」という文字が小さく書かれており、文字をクリックしなければサイズが表示されないサイト。
  2. :商品の画像とサイズ表がクリック無しでも表示されており、商品と照らし合わせてサイズを考えられるサイト。

多くの方は2番と答えると予想します。

 

1はどうしても、ユーザーに余計な情報と手間があります。

一方2に関しては、わかりやすく一目で「欲しい」とユーザーに感情を抱かせるように工夫されています。

2のような使いやすくユーザー目線のデザインこそ「UIデザイン」と呼べるのです。

 

よく比較される「UXデザイン」との違い

「いやどっちだよ!」という声が聞こえてきそうですが、ちゃんと違いがあります。

今までUIデザインに関して、ユーザーに寄り添った使いやすい「商品」や「サービス」のことだと語ってきました。

それに対してUXデザインとは、ユーザーに「体験させる」ことを軸に考えデザインすることを指します。

2つが揃うと、ユーザー目線の最高なデザインが完成すると覚えておくとよいでしょう。

 

ユーザーインタフェース(UI)デザインを学ぶには

UI,勉強

どの業界でも共通して言えますが、多くの方はスクールに通って学んでいます。

1人で悩んでいても解決はできません。講師という存在がいるのならば上手く活用し「自分はどんなデザイナーになって貢献していきたいのか」を探してみましょう。

丁寧なサポートを受けた後であれば、仕事にもやりがいを持って取り組める確率が高まるでしょう。

「デザインは実績」と行動力のある方は、いきなり就職するのも1つの手段です。

 

独学もネットを上手く活用することで可能なうえ、社内のUIデザインプロからサポートを受けられる環境が整っている職場に就職できれば実現できます。

好条件で未経験から就職できる環境は少ないですが、選択次第で将来のキャリアが大きく変わるため、慎重に選んでいきましょう。

 

まとめ

ユーザーインタフェース(UI)デザインに関して明日から人に話せそうですか?

UIデザインは常に進化しております。デザインの基本をベースに、自社とユーザーの目的に合ったものを作成する仕事には、やりがいを感じる人も多いです。

 

UIデザインのスキルを身に着けることで、相手目線の気遣いができる人材となれたなら、プライベートでも好印象を与えられる人材となれるでしょう。

この記事を見たあなたが将来、ターゲットとするユーザーに「ありがとう」と言われ続けるデザイナーになることを願っています。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • UI
  • デザイン

Webやアプリなどに携わる仕事をする方であれば、なんとなく聞いたことのある言葉ではないでしょうか?

アプリなどを作る際には重要となる技術になりますが、「なぜUIデザインが必要なのか?」と理解していない人が多いのも現状です。

そこで今回は、UIデザインに関する考え方や具体例などを解説していきます。

理解を深めることで面白いと思ってもらえるような内容ですので、是非参考にしてください。

 

ユーザーインタフェース(UI)デザインとは?

UI

「ユーザーインタフェース(UI)デザインとはどんなもの?」と聞かれた際、スマートに答えられると今後のキャリアに役立つので学んでいきましょう。

UIとは、ユーザーがシステムやサービスを利用していく中で、実際に触れる画面などの仕組みのことを言います。

「どのボタンをクリックしたらよいのか?」「求めている情報は?」などといった

「ユーザーがわからない」に対してこたえていくために、

  • ターゲットの設定
  • どんなシーンで一番利用してほしいのか

などと背景を考え、目的に合った設計を行うことが主な作業です。

「ユーザーがwebサイトやアプリを快適に使うための設計」と覚えておきましょう。

 

ユーザーインタフェース(UI)デザインが大切な理由

UIデザインを理解するとひらめく方もいるかもしれません。そう、UIデザインを大切にしなければ「このサイトつまらない」と評価されユーザーが離れてしまいます。

他には負けない素晴らしい内容を載せたとしても、「見にくい、使いにくい」でユーザーが離脱してしまうパターンがほとんどです。

 

実際にあなたもスマホで調べる際、同じ感情に至った経験はありませんか?

  • 画面が暗くてスマホからでは見にくい
  • 情報が渋滞していて意味が理解できない
  • ボタンが複雑で押したくないボタンを押してしまう

などという理由でサイトを閉じた経験があると思います。ユーザーがサービスを利用するまで導いていくには、UIデザインの力と質が問われます。

余計な情報を省き、考えることなくスムーズに操作できることが実現しているデザインこそ「良いデザイン」とユーザーに認定されることでしょう。

 

関連:「評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

 

ユーザーインタフェース(UI)デザインの具体例

UI,例

例えばオンラインショップで洋服を選ぶ際、自分のサイズを確認しますよね?そんな時あなたならどちらのサイトから選びますか?

  1. :「サイズ」という文字が小さく書かれており、文字をクリックしなければサイズが表示されないサイト。
  2. :商品の画像とサイズ表がクリック無しでも表示されており、商品と照らし合わせてサイズを考えられるサイト。

多くの方は2番と答えると予想します。

 

1はどうしても、ユーザーに余計な情報と手間があります。

一方2に関しては、わかりやすく一目で「欲しい」とユーザーに感情を抱かせるように工夫されています。

2のような使いやすくユーザー目線のデザインこそ「UIデザイン」と呼べるのです。

 

よく比較される「UXデザイン」との違い

「いやどっちだよ!」という声が聞こえてきそうですが、ちゃんと違いがあります。

今までUIデザインに関して、ユーザーに寄り添った使いやすい「商品」や「サービス」のことだと語ってきました。

それに対してUXデザインとは、ユーザーに「体験させる」ことを軸に考えデザインすることを指します。

2つが揃うと、ユーザー目線の最高なデザインが完成すると覚えておくとよいでしょう。

 

ユーザーインタフェース(UI)デザインを学ぶには

UI,勉強

どの業界でも共通して言えますが、多くの方はスクールに通って学んでいます。

1人で悩んでいても解決はできません。講師という存在がいるのならば上手く活用し「自分はどんなデザイナーになって貢献していきたいのか」を探してみましょう。

丁寧なサポートを受けた後であれば、仕事にもやりがいを持って取り組める確率が高まるでしょう。

「デザインは実績」と行動力のある方は、いきなり就職するのも1つの手段です。

 

独学もネットを上手く活用することで可能なうえ、社内のUIデザインプロからサポートを受けられる環境が整っている職場に就職できれば実現できます。

好条件で未経験から就職できる環境は少ないですが、選択次第で将来のキャリアが大きく変わるため、慎重に選んでいきましょう。

 

まとめ

ユーザーインタフェース(UI)デザインに関して明日から人に話せそうですか?

UIデザインは常に進化しております。デザインの基本をベースに、自社とユーザーの目的に合ったものを作成する仕事には、やりがいを感じる人も多いです。

 

UIデザインのスキルを身に着けることで、相手目線の気遣いができる人材となれたなら、プライベートでも好印象を与えられる人材となれるでしょう。

この記事を見たあなたが将来、ターゲットとするユーザーに「ありがとう」と言われ続けるデザイナーになることを願っています。

 

カジュアルミーティング