スタートアップ企業で働いたら本当に成長するのか?

  • 2022.1.20
  • スタートアップ成長
  • スタートアップ

スタートアップ,成長

近年、スタートアップ企業に就職を考えている転職者や就活生が増えてきています。

ただ、スタートアップ企業は大企業に比べて安定していないイメージがあるため、本当に就職して「大丈夫なの?成長できるの?」と不安を持っている人も多いかと思います。

この記事では、スタートアップ企業で働くことで成長ができるのかについて 解説していきます。

 

スタートアップ企業とは?

スタートアップ

スタートアップ企業とは、簡潔にまとめると新しいサービスやビジネスモデルを開発する企業で、これから市場を開拓していく段階にあるものを指します。

一般的に、スタートアップ企業は創業から2〜3年の企業を指すことが多い傾向にあります。

スタートアップと言う言葉は、FacebookやGoogleなどのIT企業が集まる場所として有名なアメリカのシリコンバレーで生まれた言葉です。

傾向としてスタートアップ企業はネットビジネスを中心としたIT企業が多いです。

 

実際にスタートアップ企業で働くと成長できるのか?

スタートアップ企業に就職すると本当に成長できるかについてお話していきます。 結論を言うと、キャリアビジョンによって変わってきます。

まずこのお話をするにあたり、成長という言葉の定義を明確にしなければいけません。 成長という言葉はとても広い意味を持っています。(お金を稼ぐ力、営業力、etc…)

これらの能力は大企業に就職しても頑張り次第で身につけることができます。

 

新たに会社を立ち上げたい方やビジネスを創出する能力は、実際に経験を積まないと身につくことは難しいです。

そのため、0→1の力(新しいものを創る能力)を身に着けたい方にはスタートアップ企業は就職するのにオススメの企業になります。

 

スタートアップ企業で働く3つのメリット

スタートアップ,メリット

では、スタートアップ企業で働くことでどのようなメリットがあるか解説していきます。

 

1:担当できる仕事の裁量権が大きい

まずは、裁量権の大きな仕事を担当できることが大きなメリットです。

将来的に「自分でビジネスを起こしたい人」、「幅広くビジネスを手がけたい人」にとっては魅力的ではないでしょうか。

そして、様々な業務をこなすことでやりがいも感じることができます。

担当した事業が成功した場合は、ビジネスを成功に導いたスタッフの一員として社内での地位が優遇されるケースも多いです。

また、転職を考えた際には、スキルの幅も広がり、応募できるポジションも増えていることでしょう。

 

2:一緒に働く人のレベルが高い

スタートアップ企業の人材育成は「人に育成してもらう」のではなく、 「自分でさまざまな仕事に挑戦して仕事を覚えていく」実践形式で身につけることになります。

大手企業では、新人研修などの教育制度が整っており「人を育成する」ことに力を入れている企業も多いです。

しかし、スタートアップ企業は「人を育成する」というよりは「自社のビジネスを育てること」の方が優先度が大きいです。

実践で経験を積んだ人材が多いので能力が高い人が多いです。 そのため、必然と成長の機会が多く自分自身をさらなる成長へと導くマインドが養われます。

 

3:世の中に新しい価値観を発信できる

冒頭でも説明しましたが、スタートアップ企業とは、まったく新しいビジネスモデルやサービスを生み出し社会に新しい価値やサービスを提供することが目的です。営業、企画力やプレゼン力が活かせる職場です。

「まだ、誰も成し遂げていないことを達成したい」と人々の役に立ちたい意欲が強い人にとっては好ましい選択肢でしょう。

また、自社のサービスがどんどん普及していくと自分が社会に貢献できていることを直接肌で感じることができるので自分の生きがいにおいても非常に有益なものになります。

 

スタートアップ企業で働くにあたっての注意点

事業撤退もあり得る

スタートアップ企業は、新たなビジネスを生み出していきますが、当然人々に受け入れられなければ事業の撤退なども起こります。

事業撤退となった場合は、成長の機会が損なわれる、最悪の場合無職になる可能性もあることをも気にしておきましょう。

 

オーバーワーク、福利厚生のない企業もあり

スタートアップ企業は、監査が入らないことも多く勤怠管理が大手企業に比べると緩いです。

事業立ち上げ直後だと深夜残業も発生し、オーバーワークになってしまうこともあります。

ただ、上場を見据えられるような企業規模までに成長するなどと業績が軌道に乗っていれば状況が異なる場合もあります。

また立ち上げたばかりのころは、福利厚生がないということもありますので注意が必要です。

 

関連:「スタートアップの営業とは?メリットから理想的な営業戦略まで紹介

 

まとめ

スタートアップ企業に就職すると本当に成長するのかは、キャリアビジョンによって異なってきますが、0→1の力(新しいものを創る能力)は間違いなく身につきます。

スタートアップで働くことで大きな仕事をこなすことができるなどメリットもありますが、明確なキャリアビジョンがないまま就職してしまうと、自分の思い描くイメージとのギャップが生まれることがあります。

そのため、まずはあなたのキャリアビジョンを明確にした上でスタートアップ企業を選ぶといいでしょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • スタートアップ成長
  • スタートアップ

近年、スタートアップ企業に就職を考えている転職者や就活生が増えてきています。

ただ、スタートアップ企業は大企業に比べて安定していないイメージがあるため、本当に就職して「大丈夫なの?成長できるの?」と不安を持っている人も多いかと思います。

この記事では、スタートアップ企業で働くことで成長ができるのかについて 解説していきます。

 

スタートアップ企業とは?

スタートアップ

スタートアップ企業とは、簡潔にまとめると新しいサービスやビジネスモデルを開発する企業で、これから市場を開拓していく段階にあるものを指します。

一般的に、スタートアップ企業は創業から2〜3年の企業を指すことが多い傾向にあります。

スタートアップと言う言葉は、FacebookやGoogleなどのIT企業が集まる場所として有名なアメリカのシリコンバレーで生まれた言葉です。

傾向としてスタートアップ企業はネットビジネスを中心としたIT企業が多いです。

 

実際にスタートアップ企業で働くと成長できるのか?

スタートアップ企業に就職すると本当に成長できるかについてお話していきます。 結論を言うと、キャリアビジョンによって変わってきます。

まずこのお話をするにあたり、成長という言葉の定義を明確にしなければいけません。 成長という言葉はとても広い意味を持っています。(お金を稼ぐ力、営業力、etc…)

これらの能力は大企業に就職しても頑張り次第で身につけることができます。

 

新たに会社を立ち上げたい方やビジネスを創出する能力は、実際に経験を積まないと身につくことは難しいです。

そのため、0→1の力(新しいものを創る能力)を身に着けたい方にはスタートアップ企業は就職するのにオススメの企業になります。

 

スタートアップ企業で働く3つのメリット

スタートアップ,メリット

では、スタートアップ企業で働くことでどのようなメリットがあるか解説していきます。

 

1:担当できる仕事の裁量権が大きい

まずは、裁量権の大きな仕事を担当できることが大きなメリットです。

将来的に「自分でビジネスを起こしたい人」、「幅広くビジネスを手がけたい人」にとっては魅力的ではないでしょうか。

そして、様々な業務をこなすことでやりがいも感じることができます。

担当した事業が成功した場合は、ビジネスを成功に導いたスタッフの一員として社内での地位が優遇されるケースも多いです。

また、転職を考えた際には、スキルの幅も広がり、応募できるポジションも増えていることでしょう。

 

2:一緒に働く人のレベルが高い

スタートアップ企業の人材育成は「人に育成してもらう」のではなく、 「自分でさまざまな仕事に挑戦して仕事を覚えていく」実践形式で身につけることになります。

大手企業では、新人研修などの教育制度が整っており「人を育成する」ことに力を入れている企業も多いです。

しかし、スタートアップ企業は「人を育成する」というよりは「自社のビジネスを育てること」の方が優先度が大きいです。

実践で経験を積んだ人材が多いので能力が高い人が多いです。 そのため、必然と成長の機会が多く自分自身をさらなる成長へと導くマインドが養われます。

 

3:世の中に新しい価値観を発信できる

冒頭でも説明しましたが、スタートアップ企業とは、まったく新しいビジネスモデルやサービスを生み出し社会に新しい価値やサービスを提供することが目的です。営業、企画力やプレゼン力が活かせる職場です。

「まだ、誰も成し遂げていないことを達成したい」と人々の役に立ちたい意欲が強い人にとっては好ましい選択肢でしょう。

また、自社のサービスがどんどん普及していくと自分が社会に貢献できていることを直接肌で感じることができるので自分の生きがいにおいても非常に有益なものになります。

 

スタートアップ企業で働くにあたっての注意点

事業撤退もあり得る

スタートアップ企業は、新たなビジネスを生み出していきますが、当然人々に受け入れられなければ事業の撤退なども起こります。

事業撤退となった場合は、成長の機会が損なわれる、最悪の場合無職になる可能性もあることをも気にしておきましょう。

 

オーバーワーク、福利厚生のない企業もあり

スタートアップ企業は、監査が入らないことも多く勤怠管理が大手企業に比べると緩いです。

事業立ち上げ直後だと深夜残業も発生し、オーバーワークになってしまうこともあります。

ただ、上場を見据えられるような企業規模までに成長するなどと業績が軌道に乗っていれば状況が異なる場合もあります。

また立ち上げたばかりのころは、福利厚生がないということもありますので注意が必要です。

 

関連:「スタートアップの営業とは?メリットから理想的な営業戦略まで紹介

 

まとめ

スタートアップ企業に就職すると本当に成長するのかは、キャリアビジョンによって異なってきますが、0→1の力(新しいものを創る能力)は間違いなく身につきます。

スタートアップで働くことで大きな仕事をこなすことができるなどメリットもありますが、明確なキャリアビジョンがないまま就職してしまうと、自分の思い描くイメージとのギャップが生まれることがあります。

そのため、まずはあなたのキャリアビジョンを明確にした上でスタートアップ企業を選ぶといいでしょう。

 

カジュアルミーティング