新規事業で役立つフレームワークについて

  • 2022.1.20
  • フレームワーク新規事業
  • 新規事業

新規事業,フレームワーク

ビジネスの中でも難易度が高いと評価されている新規事業。

成功率が約10%ほどと極めて低いことから「難しい」という認識を抱かれやすいのです。

では新規事業で成功している事業はどんなことを行っているのでしょうか?

 

この記事では、フレームワークの基礎に触れながら新規事業で活かせるものについて話しています。

内容で述べたことを参考にして頂くことで、フレームワークの大切さを学びながら自社の新規事業に関する計画を立てていくことが出来るでしょう。

 

フレームワークとは?

フレームワーク

フレームワークとは、「枠組み」や「構造」などのことを指しコンサルティング業界ではよく使用されている用語になります。

新規事業を行う際、市場のリサーチや「自社が優位に立てるか?」などの問題にの際に使われる機会が多いです。

企画を考える際に、1から決めるよりあらかじめ存在する枠組みの中で作戦を練っていきます。

無駄な時間を節約でき、企画を流出を阻止出来るので非常に効率的で再現性の高い手法となるため、覚えておきましょう。

 

事業との関係性について

新規事業では事業の計画にこだわる必要があり、計画の出来次第では成否が決まるほどの影響力があります。

そのため計画には時間を費やしたいところですが、新規事業ではスピード感を持って物事に取り組まなければならないため、計画に時間を費やすことは難しいとされています。

仮に新規事業の計画に時間をかけた場合、競合に先を越されたりコロナなどの環境変化で事業がスタートできないなどといった問題点が発生します。

だからこそフレームワークが新規事業にとって非常に有効な手段となってくるのです。先ほども述べましたが、フレームワークはある程度の枠組みが決まっています。

そこに要素を当てはめることで分析結果を調べられるのです。

 

ここで意識してほしいのが、分析段階は客観的な視点で分析を行うことです。

新規事業で素晴らしい案が生まれて夢中になり、視野が狭くなることがあるため客観的な判断を行うことは忘れずに行いましょう。

フレームワークを使うことで、落ち着きながら客観的に判断を下すことが可能となるでしょう。

新規事業の計画をスピーディーに進めるためにも、フレームワークの活用が必須だと言うことを理解していただけたら幸いです。

 

新規事業で活かしたいフレームワーク4選

フレームワーク

新規事業の立ち上げる際、競合他社や市場を測る機会が多くあります。

調査・分析に戸惑っていると時間を無駄に費やす結果となるでしょう。

そのような時に活用してほしい、4つのフレームワークを紹介していきます。

是非知らないものがあった場合は活用していきましょう。

 

・MVV(Mission Vision Values)

MVVとは、

  • Mission(使命)
  • Vision(未来像)
  • Values(価値観)

以上を略したものになり、理念やビジョンなどを明確にする際活用するフレームワークです。

企業や新規事業の立ち上げるときは、目的を最低限達成しなければなりません。

しかし上手くいかないことばかりなのが新規事業。その時に意思決定や行動などの方針として、MVVフレームワークを活かすことで自社の掲げるMission、Vision、Values実現に対してやるべきことが見えてくるでしょう。

 

・3C分析

こちらは有名で、自社や競合他社の強みと弱みを見極めたい時に活用します。高校の授業などにも出てくるため、初めての方でも知っていた方がいることでしょう。

新規事業立ち上げにおいて最もシンプルな要素である

  1. Customer(顧客・市場):顧客ニーズや、市場価値など
  2. Company(自社):自社の強み・弱みなど
  3. Competitor(競合他社):競合の見分け、他社の強み・弱み

を対象としています。

3C分析の結果を考慮することで、他社との差別化を知ることができ「ブルーオーシャン」への新規事業立ち上げを目指すことができるでしょう。

 

・SWOT分析

SWOT分析も有名なフレームワークで知られており、ビジネスでもよく活用されています。

  • Strengt(強み)
  • Weakness(弱み)
  • Opportunity(機会)
  • Threat(脅威)

の頭文字を表現したものであり、客観的な目線で分析したい時に活用します。

分析をすることで、本質的な行動目標に落としていく計画を考えることが可能となります。是非覚えておきましょう。

 

・ペルソナ分析

ペルソナ分析とは、顧客像に対して悩みなどの調査と分析を行いニーズを明確にすることです。

ペルソナのニーズは想像では理解できないため、アンケートなどを行うことで正確なペルソナ分析が実現するでしょう。

アンケートの内容は、自社が考えている新規事業の商品やサービスについての評価が理解できる質問など項目を増やして行うと良いです。

注意点としては対象となるペルソナにズレを起こさないことです。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ

フレームワークに関して解説していきましたが、理解できましたか?

導入することであなたの新規事業が上手くいくきっかけとなることは間違いないでしょう。

フレームワークの設定することだけに力を入れすぎないよう、活用していきましょう。

 

  • 2022.1.20
  • フレームワーク新規事業
  • 新規事業

ビジネスの中でも難易度が高いと評価されている新規事業。

成功率が約10%ほどと極めて低いことから「難しい」という認識を抱かれやすいのです。

では新規事業で成功している事業はどんなことを行っているのでしょうか?

 

この記事では、フレームワークの基礎に触れながら新規事業で活かせるものについて話しています。

内容で述べたことを参考にして頂くことで、フレームワークの大切さを学びながら自社の新規事業に関する計画を立てていくことが出来るでしょう。

 

フレームワークとは?

フレームワーク

フレームワークとは、「枠組み」や「構造」などのことを指しコンサルティング業界ではよく使用されている用語になります。

新規事業を行う際、市場のリサーチや「自社が優位に立てるか?」などの問題にの際に使われる機会が多いです。

企画を考える際に、1から決めるよりあらかじめ存在する枠組みの中で作戦を練っていきます。

無駄な時間を節約でき、企画を流出を阻止出来るので非常に効率的で再現性の高い手法となるため、覚えておきましょう。

 

事業との関係性について

新規事業では事業の計画にこだわる必要があり、計画の出来次第では成否が決まるほどの影響力があります。

そのため計画には時間を費やしたいところですが、新規事業ではスピード感を持って物事に取り組まなければならないため、計画に時間を費やすことは難しいとされています。

仮に新規事業の計画に時間をかけた場合、競合に先を越されたりコロナなどの環境変化で事業がスタートできないなどといった問題点が発生します。

だからこそフレームワークが新規事業にとって非常に有効な手段となってくるのです。先ほども述べましたが、フレームワークはある程度の枠組みが決まっています。

そこに要素を当てはめることで分析結果を調べられるのです。

 

ここで意識してほしいのが、分析段階は客観的な視点で分析を行うことです。

新規事業で素晴らしい案が生まれて夢中になり、視野が狭くなることがあるため客観的な判断を行うことは忘れずに行いましょう。

フレームワークを使うことで、落ち着きながら客観的に判断を下すことが可能となるでしょう。

新規事業の計画をスピーディーに進めるためにも、フレームワークの活用が必須だと言うことを理解していただけたら幸いです。

 

新規事業で活かしたいフレームワーク4選

フレームワーク

新規事業の立ち上げる際、競合他社や市場を測る機会が多くあります。

調査・分析に戸惑っていると時間を無駄に費やす結果となるでしょう。

そのような時に活用してほしい、4つのフレームワークを紹介していきます。

是非知らないものがあった場合は活用していきましょう。

 

・MVV(Mission Vision Values)

MVVとは、

  • Mission(使命)
  • Vision(未来像)
  • Values(価値観)

以上を略したものになり、理念やビジョンなどを明確にする際活用するフレームワークです。

企業や新規事業の立ち上げるときは、目的を最低限達成しなければなりません。

しかし上手くいかないことばかりなのが新規事業。その時に意思決定や行動などの方針として、MVVフレームワークを活かすことで自社の掲げるMission、Vision、Values実現に対してやるべきことが見えてくるでしょう。

 

・3C分析

こちらは有名で、自社や競合他社の強みと弱みを見極めたい時に活用します。高校の授業などにも出てくるため、初めての方でも知っていた方がいることでしょう。

新規事業立ち上げにおいて最もシンプルな要素である

  1. Customer(顧客・市場):顧客ニーズや、市場価値など
  2. Company(自社):自社の強み・弱みなど
  3. Competitor(競合他社):競合の見分け、他社の強み・弱み

を対象としています。

3C分析の結果を考慮することで、他社との差別化を知ることができ「ブルーオーシャン」への新規事業立ち上げを目指すことができるでしょう。

 

・SWOT分析

SWOT分析も有名なフレームワークで知られており、ビジネスでもよく活用されています。

  • Strengt(強み)
  • Weakness(弱み)
  • Opportunity(機会)
  • Threat(脅威)

の頭文字を表現したものであり、客観的な目線で分析したい時に活用します。

分析をすることで、本質的な行動目標に落としていく計画を考えることが可能となります。是非覚えておきましょう。

 

・ペルソナ分析

ペルソナ分析とは、顧客像に対して悩みなどの調査と分析を行いニーズを明確にすることです。

ペルソナのニーズは想像では理解できないため、アンケートなどを行うことで正確なペルソナ分析が実現するでしょう。

アンケートの内容は、自社が考えている新規事業の商品やサービスについての評価が理解できる質問など項目を増やして行うと良いです。

注意点としては対象となるペルソナにズレを起こさないことです。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ

フレームワークに関して解説していきましたが、理解できましたか?

導入することであなたの新規事業が上手くいくきっかけとなることは間違いないでしょう。

フレームワークの設定することだけに力を入れすぎないよう、活用していきましょう。