デザインコンサルティングについて丸わかり!徹底解説マニュアル

  • 2021.12.24
  • デザインコンサルティング
  • デザイン

デザインコンサルティング

「デザインコンサルティング」という用語を耳にしたことはありますか?

デザインコンサルティングは最近のビジネス戦略で良く用いられるようになっているので、「興味はあるけれど、少しハードルが高そう…」と感じている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、デザインコンサルティングについて丸わかり!徹底解説マニュアルを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

デザインコンサルティングとは?

デザインコンサルティング

デザインコンサルティングとは、あらゆるプロダクトのデザインについて提案や制作を実施することを指します。

 

デザインコンサルティングファームとは?

デザインコンサルティングを主に行っている企業のことを「デザインコンサルティングファーム」と指します。

代表的な企業として、「デザイン思考」で知られるシリコンバレーのIDEOやfrog designなどが挙げられます。

 

デザインコンサルティングファームは、新しいデザイン・発想を必要としているクライアントに対して、クリエイトのための新しいツールや考え方を提供しています。

製品デザインだけではなく、体験、サービス、ビジネスのデザインまで行っています。

例としては、Appleの初代マッキントッシュから始まり、スマートフォンのユーザーインターフェースなど、様々な作品の構想から試作品の制作、そして製品化というプロセスに関与しています。

 

デザイン思想とは

デザイン思想とは、ユーザーの感情を設計するためのクリエイティブな思考のことです。

「デザイン」という言葉を聞くと、表面のカラーリングや装飾のことだと考える人も多いでしょう。

しかし「デザイン」は本来、表面的なものを表す言葉ではありません。むしろ「設計」という意味合いが強い裏方的な言葉になります。

 

ビジネスにおいてのデザインコンサルティングの重要性

デザインコンサルティング

グローバルな視点でビジネスを見ていくと、昨今は先進国のみならず、多くの国が良い製品を安価に作るようになっています。

物資が不足している時代であれば、物資を作れば作るほど売れ、メーカー側がマーケットの主導権を握ることも可能でした。

 

しかし、物資が溢れるようになってからは、ユーザーはメーカーを選ぶようになってマーケットの主導権を握るようになりました。 この傾向は今後、さらに強まっていくでしょう。

よって、「ユーザーが何を望んでいるか」「ユーザーが何に困っているか」などのユーザーの心理を設計し、実現するプロセスを表す「デザイン思考」が必要になってきます。

そして、それを取り入れているデザインコンサルティングが、これからのビジネスにおいては重要になってくるのです。

 

デザインコンサルティングファームの事業内容

デザインコンサルティングの内容は会社によってさまざまですが、以下のような内容を主に行っています。

 

〈UI/UXデザインコンサルティング〉

すべてのデザインは「UX(ユーザー体験的)」な思考で捉えてから、制作する必要があります。

変化や競争が激しく予測不可能な時代なことを考慮し、デザインをする際は分析・設計・企画・効果検証を徹底し、ユーザーのニーズを捉える必要があります。

 

〈企業コミュニケーションデザインコンサルティング〉

コンサルティングは企業のコミュニケーションにまで介入することができます。

多様化の時代、企業コミュニケーションは単純な「フレームワーク」では解決に至りません。

 

会社の内情や働く社員のそれぞれの個性、さらに、これからの人材の変動や変化に合わせて、企業が最高のパフォーマンスを発揮できるようにデザインしていく必要があります。

また、顧客との関係性においては、デジタルツールの進化により、リアルなコミュケーションだけでなく、動画FAQ、SNS、チャットボット、AIなどのさまざまな対応の仕方があります。

 

〈インフォーメーションアーキテクトデザインコンサルティング〉

インフォーメーションアーキテクトとは、「効果的な情報構築を行い、情報を使用しやすくする」仕事です。

情報化社会では、情報を上手にデザインした企業がを成功する確率がより高くなっています。

情報を余すことなく利用して、メディアやアウトプット先に合わせたデザインをし、配信していくことで、企業に対して大きな効果を発揮することも多々あります。

 

関連:「【解説】デザイン思考とは?マーケティングでの活用方法を紹介

 

終わりに

今回は、デザインコンサルティングについて丸わかり!徹底解説マニュアルを紹介していきました。

〈まとめ〉

・デザインコンサルティングとは「プロダクトのデザインについて提案や制作を実施する」こと

・ユーザーの心理を設計し、実現するプロセスを表す「デザイン思考」を取り入れたデザインコンサルティングがこれからのビジネスでは重要になる

 

この記事が、デザインコンサルティングについて知りたい人の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

カジュアルミーティング
  • 2021.12.24
  • デザインコンサルティング
  • デザイン

「デザインコンサルティング」という用語を耳にしたことはありますか?

デザインコンサルティングは最近のビジネス戦略で良く用いられるようになっているので、「興味はあるけれど、少しハードルが高そう…」と感じている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、デザインコンサルティングについて丸わかり!徹底解説マニュアルを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

デザインコンサルティングとは?

デザインコンサルティング

デザインコンサルティングとは、あらゆるプロダクトのデザインについて提案や制作を実施することを指します。

 

デザインコンサルティングファームとは?

デザインコンサルティングを主に行っている企業のことを「デザインコンサルティングファーム」と指します。

代表的な企業として、「デザイン思考」で知られるシリコンバレーのIDEOやfrog designなどが挙げられます。

 

デザインコンサルティングファームは、新しいデザイン・発想を必要としているクライアントに対して、クリエイトのための新しいツールや考え方を提供しています。

製品デザインだけではなく、体験、サービス、ビジネスのデザインまで行っています。

例としては、Appleの初代マッキントッシュから始まり、スマートフォンのユーザーインターフェースなど、様々な作品の構想から試作品の制作、そして製品化というプロセスに関与しています。

 

デザイン思想とは

デザイン思想とは、ユーザーの感情を設計するためのクリエイティブな思考のことです。

「デザイン」という言葉を聞くと、表面のカラーリングや装飾のことだと考える人も多いでしょう。

しかし「デザイン」は本来、表面的なものを表す言葉ではありません。むしろ「設計」という意味合いが強い裏方的な言葉になります。

 

ビジネスにおいてのデザインコンサルティングの重要性

デザインコンサルティング

グローバルな視点でビジネスを見ていくと、昨今は先進国のみならず、多くの国が良い製品を安価に作るようになっています。

物資が不足している時代であれば、物資を作れば作るほど売れ、メーカー側がマーケットの主導権を握ることも可能でした。

 

しかし、物資が溢れるようになってからは、ユーザーはメーカーを選ぶようになってマーケットの主導権を握るようになりました。 この傾向は今後、さらに強まっていくでしょう。

よって、「ユーザーが何を望んでいるか」「ユーザーが何に困っているか」などのユーザーの心理を設計し、実現するプロセスを表す「デザイン思考」が必要になってきます。

そして、それを取り入れているデザインコンサルティングが、これからのビジネスにおいては重要になってくるのです。

 

デザインコンサルティングファームの事業内容

デザインコンサルティングの内容は会社によってさまざまですが、以下のような内容を主に行っています。

 

〈UI/UXデザインコンサルティング〉

すべてのデザインは「UX(ユーザー体験的)」な思考で捉えてから、制作する必要があります。

変化や競争が激しく予測不可能な時代なことを考慮し、デザインをする際は分析・設計・企画・効果検証を徹底し、ユーザーのニーズを捉える必要があります。

 

〈企業コミュニケーションデザインコンサルティング〉

コンサルティングは企業のコミュニケーションにまで介入することができます。

多様化の時代、企業コミュニケーションは単純な「フレームワーク」では解決に至りません。

 

会社の内情や働く社員のそれぞれの個性、さらに、これからの人材の変動や変化に合わせて、企業が最高のパフォーマンスを発揮できるようにデザインしていく必要があります。

また、顧客との関係性においては、デジタルツールの進化により、リアルなコミュケーションだけでなく、動画FAQ、SNS、チャットボット、AIなどのさまざまな対応の仕方があります。

 

〈インフォーメーションアーキテクトデザインコンサルティング〉

インフォーメーションアーキテクトとは、「効果的な情報構築を行い、情報を使用しやすくする」仕事です。

情報化社会では、情報を上手にデザインした企業がを成功する確率がより高くなっています。

情報を余すことなく利用して、メディアやアウトプット先に合わせたデザインをし、配信していくことで、企業に対して大きな効果を発揮することも多々あります。

 

関連:「【解説】デザイン思考とは?マーケティングでの活用方法を紹介

 

終わりに

今回は、デザインコンサルティングについて丸わかり!徹底解説マニュアルを紹介していきました。

〈まとめ〉

・デザインコンサルティングとは「プロダクトのデザインについて提案や制作を実施する」こと

・ユーザーの心理を設計し、実現するプロセスを表す「デザイン思考」を取り入れたデザインコンサルティングがこれからのビジネスでは重要になる

 

この記事が、デザインコンサルティングについて知りたい人の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

カジュアルミーティング