ヒートマップ分析を活用!ユーザー特性を調査する方法を解説

  • 2022.5.9
  • ヒートマップ
  • デザイン

企業や個人のWebサイトを運営されている方で、思うような成果が出ない時がありますよね。

例えば「サイトを訪れるPV(ページビュー)はたくさんあるのに、商品やサービスの成約まで辿りつかない」といったケースも。

そんな時は、ユーザー動向を分析する「ヒートマップ分析」がおすすめ。

そこで今回は、ヒートマップ分析を活用しユーザーの特性を調査する方法について解説していきます。

 

ヒートマップとは?

ヒートマップ

ヒートマップとは、「Webサイトで閲覧するユーザーがどのようなポイントに関心があるか」を詳しく分析できるツールのことです。

ヒートマップでは、Webサイトのページごとに分析できますのでどのページのどの箇所に注目が集まっているのかがひと目で理解できるシステムとなっています。

 

ヒートマップ分析を活用

Webサイトはファースト本来「最適なユーザーに訴求し商品やサービスの魅力を伝える」目的があります。

しかし思うような結果が出ない場合、レイアウトや文章のユーザーへどのように伝わっているか?という疑問が生じてきますよね。

そこでヒートマップ分析を活用する事で、ユーザーの興味がどこにあるのかを調査し、サイトを効果的に改善する事が可能になります。

 

効果的な視覚アプローチとは?

ヒートマップ分析では、誤った操作やクリックがなくなるようレイアウトやデザインを修正する機能があります。

また適度にイラストの挿入もできますので、ページ閲覧が快適に。

こうした機能の効果で、フォントやデザインなどのUIやユーザーの感情にフィットしたUXを選ぶことも可能になります。

ヒートマット分析をもとに、効果的な視覚アプローチを仕掛けてみましょう。

 

ヒートマップのweb分析機能について

ヒートマップ

ヒートマップには、どのようなW機能があるのでしょう?

ここではヒートマップの優れたWeb分析機能をご紹介しています。

 

  • スクロールマップ

ユーザーが画面をどの辺りまでスクロールし、閲覧したかを色分けし、確認できる機能。

サイトのどの部分で離れてしまったかを分析する事で、サイトレイアウトや構成を見直すことが可能になります。

 

  • アテンションマップ

Webページの特定の箇所を、ユーザーがじっくり閲覧している場合に色分けして確認できます。

スクロールを止め、しっかり読まれている箇所を特定することで「ユーザーが注目している内容」を把握できるようになります。

また、こうしたユーザー注目の箇所以外と比較する事でページを離脱する内容がないかも同時にチェックすることも可能です。

 

  • クリックマップ

Webサイト内で、ユーザーがクリックした部分を色分けし把握する機能です。

実際にクリックした箇所を分析することで、各ボタン中どの部分が押されやすいか、思い通りの動線が取れているかをチェックできます。

また、ボタンのリンク先が誤っているかやリンク先の指定が間違ってないかも把握せきます。

 

  • マウスフローヒートアップ

サイト内でのマウス操作の動きや、カーソルを合わせた箇所を色分けし確認できます。

マウスはユーザーの視線を追うように使われることが多いため、興味や関心のある箇所を詳しく調べる際役立ちます。

 

  • ユーザーインサイト

Webサイトに訪れるユーザーには調べものや購入といった明確な目的がある場合もありますが、一方で何気なく閲覧するだけなどさまざまなケースがあります。

ユーザーインサイトでは、さまざまな動機でサイトを訪れたユーザーの「隠された本音=ペルソナ」を知る事ができます。

このためペルソナをもとに意外なヒット商品を開発することや、リピーターを獲得するための施策を構築することができます。

 

ヒートマップ分析のデメリットは?

ヒートマップはWebサイトに訪れたユーザーの分析に大変効果がありますが、一方でデメリットもあります。

ここではヒートマップ分析のデメリットについてご紹介していきます。

  • サイト全体ではなく、ポイントを絞った1ページしか分析できない。
  • 正確なデータを取得するため、ある程度まとまったPVが必要
  • ユーザーの一定の行動は分析できる反面、心理的な動機は分析できない。

このようにヒートマップでは、行動結果しか得られず心理的なデータは分析できません。

このため他のWeb解析ツールと組み合わせ予測を立てサイト構築を行う必要がありますので、覚えておきましょう。

 

デバイスごとの分析がポイント

最近ではPCやスマホなど、デバイスごとにユーザーの動向を分析する事が大切と言われています。

ここではデバイスごとの分析方法についてご紹介します。

 

PCユーザーに最適なヒートマップ

PCではWeb閲覧の際、マウスを使用する機会が多いため次の2種類の分析方法が効果的。

  • クリックマップ
  • マウスフローヒートマップ

これらの方法ではマウスの動き=視点やクリック箇所を分析することで、ユーザーの動向や注目箇所を分析できます。

一方PCユーザーは画面表示幅が広く、スクロールに関する分析はあまり効果がないと言われています。

このためPC特有の操作に合わせた分析に取り組んでみましょう。

 

スマホユーザーに最適なマップ

スマホユーザーの操作性を考慮した分析方法では、次の3つの分析方法が効果的。

  • スクロールマップ
  • アテンションマップ
  • クリックマップ

画面をスクロールして閲覧する機会の多いスマホ向けサイトは、スクロール機能の分析や、注目箇所を調べるアテンション、ボタンなどタップした箇所を調べるクリックが効果的です。

 

また、マウス操作は基本されませんのでマウス関係の分析は必要ないと言えるでしょう。

このようにデバイスの特性に合わせた分析を行うことで、ユーザーの動向を細かくチェックできます。

分析の際、デバイスを考慮する事を覚えておきましょう。

 

まとめ

今回は、ヒートマップ分析を活用しユーザーの特性を調査する方法について解説しました。

ヒートマップ分析を活用する事で、ユーザーがWebサイト内で注目した箇所やスクロール度合いなど細かく分析できる方法を解説しました。

実際にはユーザーの行動を調べるツールとして、他の解析方法と組み合わせ予測を立て、サイトの構築を行う方法がおすすめです。

ヒートマップを活用し、効果的なWeb構築にお役立て下さい。

 

  • 2022.5.9
  • ヒートマップ
  • デザイン

企業や個人のWebサイトを運営されている方で、思うような成果が出ない時がありますよね。

例えば「サイトを訪れるPV(ページビュー)はたくさんあるのに、商品やサービスの成約まで辿りつかない」といったケースも。

そんな時は、ユーザー動向を分析する「ヒートマップ分析」がおすすめ。

そこで今回は、ヒートマップ分析を活用しユーザーの特性を調査する方法について解説していきます。

 

ヒートマップとは?

ヒートマップ

ヒートマップとは、「Webサイトで閲覧するユーザーがどのようなポイントに関心があるか」を詳しく分析できるツールのことです。

ヒートマップでは、Webサイトのページごとに分析できますのでどのページのどの箇所に注目が集まっているのかがひと目で理解できるシステムとなっています。

 

ヒートマップ分析を活用

Webサイトはファースト本来「最適なユーザーに訴求し商品やサービスの魅力を伝える」目的があります。

しかし思うような結果が出ない場合、レイアウトや文章のユーザーへどのように伝わっているか?という疑問が生じてきますよね。

そこでヒートマップ分析を活用する事で、ユーザーの興味がどこにあるのかを調査し、サイトを効果的に改善する事が可能になります。

 

効果的な視覚アプローチとは?

ヒートマップ分析では、誤った操作やクリックがなくなるようレイアウトやデザインを修正する機能があります。

また適度にイラストの挿入もできますので、ページ閲覧が快適に。

こうした機能の効果で、フォントやデザインなどのUIやユーザーの感情にフィットしたUXを選ぶことも可能になります。

ヒートマット分析をもとに、効果的な視覚アプローチを仕掛けてみましょう。

 

ヒートマップのweb分析機能について

ヒートマップ

ヒートマップには、どのようなW機能があるのでしょう?

ここではヒートマップの優れたWeb分析機能をご紹介しています。

 

  • スクロールマップ

ユーザーが画面をどの辺りまでスクロールし、閲覧したかを色分けし、確認できる機能。

サイトのどの部分で離れてしまったかを分析する事で、サイトレイアウトや構成を見直すことが可能になります。

 

  • アテンションマップ

Webページの特定の箇所を、ユーザーがじっくり閲覧している場合に色分けして確認できます。

スクロールを止め、しっかり読まれている箇所を特定することで「ユーザーが注目している内容」を把握できるようになります。

また、こうしたユーザー注目の箇所以外と比較する事でページを離脱する内容がないかも同時にチェックすることも可能です。

 

  • クリックマップ

Webサイト内で、ユーザーがクリックした部分を色分けし把握する機能です。

実際にクリックした箇所を分析することで、各ボタン中どの部分が押されやすいか、思い通りの動線が取れているかをチェックできます。

また、ボタンのリンク先が誤っているかやリンク先の指定が間違ってないかも把握せきます。

 

  • マウスフローヒートアップ

サイト内でのマウス操作の動きや、カーソルを合わせた箇所を色分けし確認できます。

マウスはユーザーの視線を追うように使われることが多いため、興味や関心のある箇所を詳しく調べる際役立ちます。

 

  • ユーザーインサイト

Webサイトに訪れるユーザーには調べものや購入といった明確な目的がある場合もありますが、一方で何気なく閲覧するだけなどさまざまなケースがあります。

ユーザーインサイトでは、さまざまな動機でサイトを訪れたユーザーの「隠された本音=ペルソナ」を知る事ができます。

このためペルソナをもとに意外なヒット商品を開発することや、リピーターを獲得するための施策を構築することができます。

 

ヒートマップ分析のデメリットは?

ヒートマップはWebサイトに訪れたユーザーの分析に大変効果がありますが、一方でデメリットもあります。

ここではヒートマップ分析のデメリットについてご紹介していきます。

  • サイト全体ではなく、ポイントを絞った1ページしか分析できない。
  • 正確なデータを取得するため、ある程度まとまったPVが必要
  • ユーザーの一定の行動は分析できる反面、心理的な動機は分析できない。

このようにヒートマップでは、行動結果しか得られず心理的なデータは分析できません。

このため他のWeb解析ツールと組み合わせ予測を立てサイト構築を行う必要がありますので、覚えておきましょう。

 

デバイスごとの分析がポイント

最近ではPCやスマホなど、デバイスごとにユーザーの動向を分析する事が大切と言われています。

ここではデバイスごとの分析方法についてご紹介します。

 

PCユーザーに最適なヒートマップ

PCではWeb閲覧の際、マウスを使用する機会が多いため次の2種類の分析方法が効果的。

  • クリックマップ
  • マウスフローヒートマップ

これらの方法ではマウスの動き=視点やクリック箇所を分析することで、ユーザーの動向や注目箇所を分析できます。

一方PCユーザーは画面表示幅が広く、スクロールに関する分析はあまり効果がないと言われています。

このためPC特有の操作に合わせた分析に取り組んでみましょう。

 

スマホユーザーに最適なマップ

スマホユーザーの操作性を考慮した分析方法では、次の3つの分析方法が効果的。

  • スクロールマップ
  • アテンションマップ
  • クリックマップ

画面をスクロールして閲覧する機会の多いスマホ向けサイトは、スクロール機能の分析や、注目箇所を調べるアテンション、ボタンなどタップした箇所を調べるクリックが効果的です。

 

また、マウス操作は基本されませんのでマウス関係の分析は必要ないと言えるでしょう。

このようにデバイスの特性に合わせた分析を行うことで、ユーザーの動向を細かくチェックできます。

分析の際、デバイスを考慮する事を覚えておきましょう。

 

まとめ

今回は、ヒートマップ分析を活用しユーザーの特性を調査する方法について解説しました。

ヒートマップ分析を活用する事で、ユーザーがWebサイト内で注目した箇所やスクロール度合いなど細かく分析できる方法を解説しました。

実際にはユーザーの行動を調べるツールとして、他の解析方法と組み合わせ予測を立て、サイトの構築を行う方法がおすすめです。

ヒートマップを活用し、効果的なWeb構築にお役立て下さい。