Webデザインとは?読んだらすぐにわかるWebデザインマニュアル

  • 2021.12.24
  • webデザイン
  • デザイン

webデザイン

Web事業の発展と共に、Webデザインについて知っておく必要性も高まってきました。

しかし、初心者が急に学ぶには少しハードルが高そうですよね。

 

今回はWebデザインを学びたいという方に向けて、Webデザインとは?読んだらすぐにわかるWebデザインマニュアルを解説していきます。

良いWebデザインと悪いWebデザインについても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

Webデザインとは?

webデザイン

Webデザインとは、Web上に表示されるホームページの見た目(デザイン)を制作することを意味します。

ホームページのレイアウトや色の選定、写真の加工、文字のデザインまで、他の媒体のデザインと同様にその制作物のほぼすべてに関わります。

 

Webデザインを作る時のフロー

一般的にWebデザイン制作は、「企画」「デザイン」「コーディング」「公開」の流れで進められます。

 

〈企画〉

クライアントとの打ち合わせを行い、「コンセプト」「目的」「想定するユーザー層」「制作期間」などをすり合わせます。

 

〈デザイン〉

Webサイトの構成がまとまると、まずワイヤーフレームを作り、イメージを“見える化”していきます。

ワイヤーフレームとは、Webページのレイアウトを簡単に表したものであり、複数人で完成イメージを共有することができます。

レイアウトの修正が完了次第、Webサイトの完成図であるデザインカンプを作ります。

デザインカンプとはワイヤーフレームに具体的な色や画像の指定を行ったものです。

 

〈コーティング〉

デザインカンプでの確認が終わると、HTMLやCSSでのデザインコーディングを行い、Webサイトをインターネットブラウザ上で表示できるようにします。

 

〈公開〉

以上のフローを踏んで、公開となります。

 

関連:「LP(ランティングページ)デザインとは?ユーザーに刺さるLPの作り方とは

 

Webデザインの勉強法

webデザイン,勉強

最近は、WebデザイナーでなくともWebデザインの知識を持つことが求められています。以下からは、Webデザインの勉強法について解説していきます。

 

〈環境を整える〉

Webデザインを学ぶ場合は、初めにWeb制作の環境を整える必要があります。

パソコンはもちろん、デザインに必要な各種ソフトウェアを揃えていきます。

一般的に「Photoshop」や「Illustrator」、近年では「Sketch」や「Figma」もデザイン用ソフトウェアとしての使用率が高くなっています。

コーディングを行う環境についてはHTMLやCSSの制作なら、任意のエディタで問題無いとされています。

 

〈教材を用意して独学で学ぶ〉

デザインやコーディングのスキルは独学でも身に付けることが可能です。

主に本やインターネットを活用していきます。

本は基礎から応用まで網羅しているものが多く、知識がゼロの状態からの学習でも安心して学習ができます。

 

必要な知識や技術だけをピンポイントで調べて学びたい場合は、インターネットを利用することも有効です。

独学は自分のペースで勉強できるのが利点ではありますが、学習の効率面やモチベーションについては個人差が出てきます。

 

〈Webデザインのスクールに通う〉

独学での学習が難しい方は、Webデザインのスクールでの勉強がおすすめです。

スクールのカリキュラムに沿って順序良く学ぶことができるので、取りこぼしのない学習が期待できます。

学習から就職、案件紹介を一気通貫でサポートしているサービスも増えているので、すぐにWebデザイナーのキャリアをスタートすることができます。

受講料がかかるのが少しネックですが、自分に合うスクールを選ぶことっで十分見合うリターンを得られるでしょう。

 

Webデザイナーについて

上記の作業を仕事にしているWebデザイナー。自分の強みを生かして、独立やフリーランスを目指す人も多いですが、具体的な将来性はどうなのでしょうか?

 

〈Webデザイナーの平均年収〉

Webデザイナー平均年収 363万円
全職種の平均年収 409万円

こうして比較してみると、Webデザイナーの年収は仕事内容から見ても少ないように見えますね。

どうしたらWebデザイナーの年収アップは狙えるのでしょうか?

 

〈Webデザイナーが年収アップする方法3選〉

・経験を積む

現職で様々な案件を担当して、自分のデザインやスキルの幅を広げてみましょう。

業務範囲の幅広さは大きなアピールポイントになりますから、その実績をポートフォリオにまとめてストックしておくと良いでしょう。

 

・職種を変える

一般的には、Webディレクター職よりもアートディレクターやUI/UXデザイナーの方が年収が高い傾向にあります。

上流工程を担当できるほどのスキルが身についており、職種を変えることができるならこの選択も良いと思います。

 

・自分に合った企業を選ぶ

Webデザイナーだけに限らないですが、生涯を見通した企業選びをしなければ年収アップは望めません。

数年後、数十年後に自分の理想とする年収を得るためには、どんな仕事を経験しておくべきか、どんなスキルが必要かを考慮して企業を選ぶことが大切です。

 

良いWebデザインと悪いWebデザイン

webデザイン

どのようなWebデザインをユーザーが求めているのか?を知らなければ、ユーザーに愛されるデザインは作れません。

以下からは、良いWebデザインと悪いWebデザインについて紹介していきます。

 

〈ユーザーに優しいデザインか〉

Webデザインで最も重要なのは「使いやすさ」です。

いくらインタラクションが面白く、見栄えが良い美しいデザインでも、Webサイトはユーザーが「鑑賞するもの」ではなく「使用するもの」です。

導線設計が曖昧であったり、情報量が多すぎるデザインなどは、ユーザーにストレスを与えてしまいます。

ユーザーにとって優しく、使いやすいデザインであるかをデザインする時は意識しましょう。

 

〈その企業らしさを表現できているか〉

更にワンランク上のWebサイトにするには、Webサイト運営元の「らしさ」を追求する必要があります。

「らしさ」を追求しておらず、他の企業と大差ないデザインばかりでは、差別化が付けづらいです

よって、わざわざデザインをしてもらった意味がないと思われてしまうかもしれません。

企業「らしさ」、商品「らしさ」、ブランド「らしさ」がしっかり反映されたデザインになっているかどうかが重要です。

 

終わりに

今回は、Webデザインとは?読んだらすぐにわかるWebデザインマニュアルについて解説していきました。

〈まとめ〉

  • Webデザインとは、Web上に表示されるホームページの見た目(デザイン)を制作すること
  • Webデザインは「企画」「デザイン」「コーディング」「公開」のフローで制作される
  • Webデザインの勉強法は「勉強環境を整える」「本やインターネットで独学」「スクールに通う」
  • Webデザイナーの年収は比較的低いが、スキルアップや企業選びで年収アップも十分狙える
  • 良いWebデザインの特徴は「ユーザーが使いやすく、企業らしさが表現できている」

この記事が、Webデザインについて知りたい方の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

カジュアルミーティング
  • 2021.12.24
  • webデザイン
  • デザイン

Web事業の発展と共に、Webデザインについて知っておく必要性も高まってきました。

しかし、初心者が急に学ぶには少しハードルが高そうですよね。

 

今回はWebデザインを学びたいという方に向けて、Webデザインとは?読んだらすぐにわかるWebデザインマニュアルを解説していきます。

良いWebデザインと悪いWebデザインについても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

Webデザインとは?

webデザイン

Webデザインとは、Web上に表示されるホームページの見た目(デザイン)を制作することを意味します。

ホームページのレイアウトや色の選定、写真の加工、文字のデザインまで、他の媒体のデザインと同様にその制作物のほぼすべてに関わります。

 

Webデザインを作る時のフロー

一般的にWebデザイン制作は、「企画」「デザイン」「コーディング」「公開」の流れで進められます。

 

〈企画〉

クライアントとの打ち合わせを行い、「コンセプト」「目的」「想定するユーザー層」「制作期間」などをすり合わせます。

 

〈デザイン〉

Webサイトの構成がまとまると、まずワイヤーフレームを作り、イメージを“見える化”していきます。

ワイヤーフレームとは、Webページのレイアウトを簡単に表したものであり、複数人で完成イメージを共有することができます。

レイアウトの修正が完了次第、Webサイトの完成図であるデザインカンプを作ります。

デザインカンプとはワイヤーフレームに具体的な色や画像の指定を行ったものです。

 

〈コーティング〉

デザインカンプでの確認が終わると、HTMLやCSSでのデザインコーディングを行い、Webサイトをインターネットブラウザ上で表示できるようにします。

 

〈公開〉

以上のフローを踏んで、公開となります。

 

関連:「LP(ランティングページ)デザインとは?ユーザーに刺さるLPの作り方とは

 

Webデザインの勉強法

webデザイン,勉強

最近は、WebデザイナーでなくともWebデザインの知識を持つことが求められています。以下からは、Webデザインの勉強法について解説していきます。

 

〈環境を整える〉

Webデザインを学ぶ場合は、初めにWeb制作の環境を整える必要があります。

パソコンはもちろん、デザインに必要な各種ソフトウェアを揃えていきます。

一般的に「Photoshop」や「Illustrator」、近年では「Sketch」や「Figma」もデザイン用ソフトウェアとしての使用率が高くなっています。

コーディングを行う環境についてはHTMLやCSSの制作なら、任意のエディタで問題無いとされています。

 

〈教材を用意して独学で学ぶ〉

デザインやコーディングのスキルは独学でも身に付けることが可能です。

主に本やインターネットを活用していきます。

本は基礎から応用まで網羅しているものが多く、知識がゼロの状態からの学習でも安心して学習ができます。

 

必要な知識や技術だけをピンポイントで調べて学びたい場合は、インターネットを利用することも有効です。

独学は自分のペースで勉強できるのが利点ではありますが、学習の効率面やモチベーションについては個人差が出てきます。

 

〈Webデザインのスクールに通う〉

独学での学習が難しい方は、Webデザインのスクールでの勉強がおすすめです。

スクールのカリキュラムに沿って順序良く学ぶことができるので、取りこぼしのない学習が期待できます。

学習から就職、案件紹介を一気通貫でサポートしているサービスも増えているので、すぐにWebデザイナーのキャリアをスタートすることができます。

受講料がかかるのが少しネックですが、自分に合うスクールを選ぶことっで十分見合うリターンを得られるでしょう。

 

Webデザイナーについて

上記の作業を仕事にしているWebデザイナー。自分の強みを生かして、独立やフリーランスを目指す人も多いですが、具体的な将来性はどうなのでしょうか?

 

〈Webデザイナーの平均年収〉

Webデザイナー平均年収 363万円
全職種の平均年収 409万円

こうして比較してみると、Webデザイナーの年収は仕事内容から見ても少ないように見えますね。

どうしたらWebデザイナーの年収アップは狙えるのでしょうか?

 

〈Webデザイナーが年収アップする方法3選〉

・経験を積む

現職で様々な案件を担当して、自分のデザインやスキルの幅を広げてみましょう。

業務範囲の幅広さは大きなアピールポイントになりますから、その実績をポートフォリオにまとめてストックしておくと良いでしょう。

 

・職種を変える

一般的には、Webディレクター職よりもアートディレクターやUI/UXデザイナーの方が年収が高い傾向にあります。

上流工程を担当できるほどのスキルが身についており、職種を変えることができるならこの選択も良いと思います。

 

・自分に合った企業を選ぶ

Webデザイナーだけに限らないですが、生涯を見通した企業選びをしなければ年収アップは望めません。

数年後、数十年後に自分の理想とする年収を得るためには、どんな仕事を経験しておくべきか、どんなスキルが必要かを考慮して企業を選ぶことが大切です。

 

良いWebデザインと悪いWebデザイン

webデザイン

どのようなWebデザインをユーザーが求めているのか?を知らなければ、ユーザーに愛されるデザインは作れません。

以下からは、良いWebデザインと悪いWebデザインについて紹介していきます。

 

〈ユーザーに優しいデザインか〉

Webデザインで最も重要なのは「使いやすさ」です。

いくらインタラクションが面白く、見栄えが良い美しいデザインでも、Webサイトはユーザーが「鑑賞するもの」ではなく「使用するもの」です。

導線設計が曖昧であったり、情報量が多すぎるデザインなどは、ユーザーにストレスを与えてしまいます。

ユーザーにとって優しく、使いやすいデザインであるかをデザインする時は意識しましょう。

 

〈その企業らしさを表現できているか〉

更にワンランク上のWebサイトにするには、Webサイト運営元の「らしさ」を追求する必要があります。

「らしさ」を追求しておらず、他の企業と大差ないデザインばかりでは、差別化が付けづらいです

よって、わざわざデザインをしてもらった意味がないと思われてしまうかもしれません。

企業「らしさ」、商品「らしさ」、ブランド「らしさ」がしっかり反映されたデザインになっているかどうかが重要です。

 

終わりに

今回は、Webデザインとは?読んだらすぐにわかるWebデザインマニュアルについて解説していきました。

〈まとめ〉

  • Webデザインとは、Web上に表示されるホームページの見た目(デザイン)を制作すること
  • Webデザインは「企画」「デザイン」「コーディング」「公開」のフローで制作される
  • Webデザインの勉強法は「勉強環境を整える」「本やインターネットで独学」「スクールに通う」
  • Webデザイナーの年収は比較的低いが、スキルアップや企業選びで年収アップも十分狙える
  • 良いWebデザインの特徴は「ユーザーが使いやすく、企業らしさが表現できている」

この記事が、Webデザインについて知りたい方の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

カジュアルミーティング