デザインのデカコーン企業「Figma」のすごいところ!

  • 2022.1.20
  • Figma
  • スタートアップ

figma

国際規格で名付く表現であるユニコーン企業やデカコーン企業とは、ユニコーンは起業10年以内の新しい企業をいいます。

そのユニコーン企業の中でも評価額100億ドルを超える企業がデカコーン企業です。

 

今回紹介するFigmaは創業2015年のデカコーン企業であり、アメリカで誕生しました。

デカコーン企業に当たるのが、この記事で紹介するFigmaという企業です。

Figmaはデザイン制作のプラットフォームを提供しています。

 

この記事ではFigmaが提供するデザイン制作サービスの魅力を解説します。

自社デザイン制作をご検討でしたら、ぜひ参考にしてください。

 

Figmaの魅力を紹介

figma

Figmaの魅力に迫ってみましょう。

アメリカデカコーン企業が開発したデザイン制作ツールでありサービス内容は優れモノです。

デザイン制作に必要な機能が全て揃っているのはもちろん、チーム制作に便利な共有する点に特徴があります。

制作過程で共有できるので、制作から修正、完成までをプラットフォーム上で完結できます。

 

共有者は各自場所やデバイスを変え、ネット上のプラットフォームを介し制作を進めることができるのです。

充実した機能を手にあらゆる変更や決定そして完成へと効率的に進められます。

 

Figmaでできること

Figmaを使うとできることは、在宅ワーク、各自の場所でそれぞれのデバイスで制作過程を共有できるのことです。

同じ場所にチームが集い制作する必要はありません。

 

働き方改革に十分対応可能なため、Figmaのできることは、働き方を自由にし、効率化をアップすることです。

 

Figmaのすごいところ

できることはいわゆる専用アプリが無く、提供するプラットフォームにアクセスすれば誰でもデザイン制作ができ、チーム制作なら過程を全て共有できるのがFigmaのすごいところであり、強みなのです。

デザイン制作を自社で必要とする機会が多いなら試す価値ありです。制作チームと共有できることは非常にメリットがあります。

 

自宅に居てもオンラインのプラットフォームにアクセスすれば制作可能、またプラウザも選ばないので移動中ですら手軽に利用することができるのです。

 

Figmaの料金

強みを知ったところで、サービス利用を検討する方へ、料金をご紹介します。

特徴的なのはその料金設定です。プランは3つありますがチーム制作に便利なプランは2つ、ここではチーム制作用のプラン2つを紹介します。

 

ProfessionalプランとOrganization、どちらも一人当たりの利用料金設定です。

月額15ドル(年額割12ドル)、Organizationはセキュリティ強化により月額45ドルです。

ちなみに個人向けのStarterは無料で利用できます。

 

他デザイン制作サービスと比較

比較

繰り返しになりますがFigmaの魅力は「制作途中経過を共有できること」です。

制作中にチームの仲間と、まるで制作場所に集まって机上でアイデアを出し合いながら制作を、各自場所やデバイスを別にし、離れていてもできるのです。作品に修正依頼をし、修正完了を待つ必要もありません。

 

ここでは他デザイン制作サービス主な2つ例にとり比較してみましょう。

・Canva

プライベートでも手軽に使え、無料素材は豊富に用意されています。

基本的なデザイン制作が可能。更に高機能、高品質の素材を利用したいならCanvaProを利用しましょう。なお、利用料金が発生します。

データをダウンロードしてファイル形式で保存可能。チーム制作も可能利用料金発生、人数制限があります。

 

・Adove

月額費用が掛かります。

制作は個人で行い仕上がった作品を提出するというのが特徴です。

従来デザイン制作の中心を担っていました。専門性を必要とします。

 

関連:「スタートアップのホームページ作成を成功させる!重要な8つの考え方を解説

 

デザイン制作を共有してチーム制作の効率化を上げる

効率

チームでデザイン制作を成し遂げ、効果的に進められます。

提案するのも簡単にできチームメンバーで共有できる、一目瞭然の画面保存して共有するのではなく、制作過程を共有できるのです。

そのため、手間を省略し効率化を上げられるでしょう。机を共にし制作するのと変わらない、差を縮めているのです。

 

まとめ

デザイン制作をチームで行うなら、Figmaがお勧め、その理由は制作過程を共有できるからです。

制作環境は在宅ワークなど場所を選ばず効率化を図る、働き方改革にFigmaは助けてくれるでしょう。

ぜひ一度試してみる価値ありです。

 

  • 2022.1.20
  • Figma
  • スタートアップ

国際規格で名付く表現であるユニコーン企業やデカコーン企業とは、ユニコーンは起業10年以内の新しい企業をいいます。

そのユニコーン企業の中でも評価額100億ドルを超える企業がデカコーン企業です。

 

今回紹介するFigmaは創業2015年のデカコーン企業であり、アメリカで誕生しました。

デカコーン企業に当たるのが、この記事で紹介するFigmaという企業です。

Figmaはデザイン制作のプラットフォームを提供しています。

 

この記事ではFigmaが提供するデザイン制作サービスの魅力を解説します。

自社デザイン制作をご検討でしたら、ぜひ参考にしてください。

 

Figmaの魅力を紹介

figma

Figmaの魅力に迫ってみましょう。

アメリカデカコーン企業が開発したデザイン制作ツールでありサービス内容は優れモノです。

デザイン制作に必要な機能が全て揃っているのはもちろん、チーム制作に便利な共有する点に特徴があります。

制作過程で共有できるので、制作から修正、完成までをプラットフォーム上で完結できます。

 

共有者は各自場所やデバイスを変え、ネット上のプラットフォームを介し制作を進めることができるのです。

充実した機能を手にあらゆる変更や決定そして完成へと効率的に進められます。

 

Figmaでできること

Figmaを使うとできることは、在宅ワーク、各自の場所でそれぞれのデバイスで制作過程を共有できるのことです。

同じ場所にチームが集い制作する必要はありません。

 

働き方改革に十分対応可能なため、Figmaのできることは、働き方を自由にし、効率化をアップすることです。

 

Figmaのすごいところ

できることはいわゆる専用アプリが無く、提供するプラットフォームにアクセスすれば誰でもデザイン制作ができ、チーム制作なら過程を全て共有できるのがFigmaのすごいところであり、強みなのです。

デザイン制作を自社で必要とする機会が多いなら試す価値ありです。制作チームと共有できることは非常にメリットがあります。

 

自宅に居てもオンラインのプラットフォームにアクセスすれば制作可能、またプラウザも選ばないので移動中ですら手軽に利用することができるのです。

 

Figmaの料金

強みを知ったところで、サービス利用を検討する方へ、料金をご紹介します。

特徴的なのはその料金設定です。プランは3つありますがチーム制作に便利なプランは2つ、ここではチーム制作用のプラン2つを紹介します。

 

ProfessionalプランとOrganization、どちらも一人当たりの利用料金設定です。

月額15ドル(年額割12ドル)、Organizationはセキュリティ強化により月額45ドルです。

ちなみに個人向けのStarterは無料で利用できます。

 

他デザイン制作サービスと比較

比較

繰り返しになりますがFigmaの魅力は「制作途中経過を共有できること」です。

制作中にチームの仲間と、まるで制作場所に集まって机上でアイデアを出し合いながら制作を、各自場所やデバイスを別にし、離れていてもできるのです。作品に修正依頼をし、修正完了を待つ必要もありません。

 

ここでは他デザイン制作サービス主な2つ例にとり比較してみましょう。

・Canva

プライベートでも手軽に使え、無料素材は豊富に用意されています。

基本的なデザイン制作が可能。更に高機能、高品質の素材を利用したいならCanvaProを利用しましょう。なお、利用料金が発生します。

データをダウンロードしてファイル形式で保存可能。チーム制作も可能利用料金発生、人数制限があります。

 

・Adove

月額費用が掛かります。

制作は個人で行い仕上がった作品を提出するというのが特徴です。

従来デザイン制作の中心を担っていました。専門性を必要とします。

 

関連:「スタートアップのホームページ作成を成功させる!重要な8つの考え方を解説

 

デザイン制作を共有してチーム制作の効率化を上げる

効率

チームでデザイン制作を成し遂げ、効果的に進められます。

提案するのも簡単にできチームメンバーで共有できる、一目瞭然の画面保存して共有するのではなく、制作過程を共有できるのです。

そのため、手間を省略し効率化を上げられるでしょう。机を共にし制作するのと変わらない、差を縮めているのです。

 

まとめ

デザイン制作をチームで行うなら、Figmaがお勧め、その理由は制作過程を共有できるからです。

制作環境は在宅ワークなど場所を選ばず効率化を図る、働き方改革にFigmaは助けてくれるでしょう。

ぜひ一度試してみる価値ありです。