営業をアウトソーシングするメリットとは?依頼時のポイントや特徴を解説!

  • 2022.6.13
  • アウトソーシング
  • スタートアップ

営業

企業にとって営業活動は、最も注力すべき業務のひとつです。

しかし自社のリソースだけでは、業務効率の改善や従業員のスキル向上など課題を抱えるケースも多いのではないでしょうか?

こうした問題解決の手段として、営業活動の一部または全般を外部委託する「営業のアウトソーシング」が注目されています。

そこで本記事では、営業のアウトソーシングを依頼する際のポイントやサービスの特徴について詳しく解説します。

 

営業をアウトソーシングするとは?

営業

営業のアウトソーシングとは、文字通り企業の営業活動を外部に委託するサービスのことです。

例えば日々の営業活動ではフォロー出来なかった顧客層へのアプローチや、営業人員の不足を解消するなどの目的で活用されます。

営業の人材を委託することで「即戦力になる人材」を自社で雇う必要がないため、人材育成のコストを削減できる効果があります。

 

営業のアウトソーシング依頼時のポイント

営業のアウトソーシンでは、利用できる形態が大きく2つのサービスに別れます。

それぞれのサービスの特徴についてご紹介します。

 

人材不足を解消「営業代行」

営業代行は企業の営業活動を代行し、業務をサポートする目的のサービス。

主に営業部の人材不足を解消する目的で利用され、営業に特化した人材を確保したい企業におすすめです。

 

営業そのものをサポート「SPO」

SPOとは、「Sales Process Outsourcing:セールス・プロセス・アウトソーシング」の略称で営業代行と合わせて営業活動もサポートできるサービス。

つまり営業の業務以外にも営業チームそのものの仕事内容の効率を図りたい場合などにおすすめです。

このように営業アウトソーシンとは、営業をサポートするためのサービスであることが分かります。

また、よく似た意味合いで比較される派遣社員との違いはどのようなものなのでしょう?

 

派遣社員との違い

営業のアウトソーシングは、依頼する企業をクライアントとして雇用関係を契約し営業業務を行います。

一方の派遣社員では、派遣会社に企業は依頼する形となるため派遣される社員は派遣会社と雇用関係にあります。

このため派遣社員は、派遣会社が依頼した業務を中心に行う点が異なると言えるでしょう。

 

営業のアウトソーシングで依頼できる業務

営業のアウトソーシンで依頼できる業務は、企業のマーケティング活動の支援やセールスそのものの営業活動まで幅広く活用が可能です。

具体的にどのような業務を依頼できるかを確認していきましょう。

 

データに特化したコンサルティング

営業活動の指標となる企業のデータを専門にサポートするデータ活用コンサルティング。

データを扱うシステムの構築から、PDCAサイクルの活用・分析までをサポートします。

 

リードジェネレーション

オンラインでのWeb広告やホームページの活用など、Webのコンバージョン獲得をサポートするサービス。

市場分析を行った後、Web広告の選定や運用面などデジタルマーケティング全般をフォローします。

 

リードナーチャリング

獲得したリードを活用し、商談、受注に繋がる施策の提案や実行を行うサービス。

顧客の状況に合わせたアプローチや、MAツールの導入・活用など企業の顧客獲得へ向けたインサイドセールスを支援します。

 

セールスコンサルティング

セールスとマーケティングを統合し、業務効率化と営業戦略の成果拡大をサポート。

CRM/SFAの導入によるデータ管理、営業戦略の構築など組織の戦略構築を実行します。

 

セールスアウトソーシングサービス

営業リソースとしてのフィールドセールス、営業事務などの業務をサポート。

新規以外の従来顧客へのアプローチや、フレームワーク構築、技術部門への引き継ぎなどスムーズな業務を遂行します。

 

カスタマーサクセスサービス

顧客満足度の向上やLTV(顧客生涯価値)の獲得を目的としたサービス。

おもに解約率の低減化、継続率の向上など顧客ロイヤリティの引き上げを行います。 顧客ニーズを調査し、コミュニケーションをもとに戦略構築、実行までをサポート。

このように営業のアウトソーシングでは、業務内容ごとに細分化された営業活動のサポートを依頼できます。

 

営業のアウトソーシングにおける特徴とは

営業

営業のアウトソーシングを依頼する際のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

営業をアウトソーシングするメリット

  • 人的コストの削減

営業に特化した人材の採用、教育にかかる費用をアウトソーシングすることで削減できます。

また、営業経験、スキルが豊富な業務ノウハウを間近で見ることができるためスタッフのスキル向上にも繋がります。

 

  • 事業の拡大に貢献

新規事業を始める際や遠方での営業活動を行う場合など、営業アウトソーシングは効果的。

営業リソースの分配を必要最小限に抑えることで、従来の営業体制を保持したまま事業の拡大に貢献できます。

 

  • 期間限定の部門強化も

営業人員が不足する繁忙期や、閑散期など人員が余るといった必要人員を柔軟に調節できる点は営業アウトソーシングの強みと言えます。

営業人員を確保したい時期に合わせ、スポットで依頼することでリソースの調整を行うことが可能です。

 

  • リモート環境の構築

オンラインを活用したリモート営業のノウハウを持たない企業などでは、外部委託により業務を新たに展開できます。

リモート環境を構築することで、社外の企業と連携し新たな営業活動を開始する足掛かりになります。

 

営業をアウトソーシングするデメリット

  • 情報漏洩のリスクが伴う

業務を委託する際、社外のスタッフが顧客情報や社外秘の機密情報を扱うケースもあるため、情報漏洩のリスクが高まります。

このため委託先とリスクを共有することや、機密情報の管理や扱い方に充分注意し、ルールを設けるなど対処することが大切です。

 

  • ノウハウの蓄積ができない

業務委託を行う際、外部スタッフのノウハウに頼ることになるためノウハウの蓄積ができない点もデメリットとなります。

将来的に自社で運営を予定している場合など、委託先への依頼する頻度をコントロールするなどの工夫が必要になります。

このように営業アウトソーシングでは、営業強化に一定の効果が見込める反面リスクも存在します。

依頼時に委託する業務の範囲や情報管理の方法などを検討してみる事をおすすめします。

 

アウトバウンド営業とは?インバウンドとの違いや特徴を解説

 

まとめ

今回は、依頼する際のポイントやサービスの特徴について詳しく解説しました。

営業のアウトソーシングを依頼することでさまざまな業務を委託しセールス、マーケティングの強化に繋げる事が可能なことがご理解頂けたかと思います。

顧客ロイヤリティの向上や組織の営業力強化の手段として、営業アウトソーシングを是非ご検討ください。

 

  • 2022.6.13
  • アウトソーシング
  • スタートアップ

企業にとって営業活動は、最も注力すべき業務のひとつです。

しかし自社のリソースだけでは、業務効率の改善や従業員のスキル向上など課題を抱えるケースも多いのではないでしょうか?

こうした問題解決の手段として、営業活動の一部または全般を外部委託する「営業のアウトソーシング」が注目されています。

そこで本記事では、営業のアウトソーシングを依頼する際のポイントやサービスの特徴について詳しく解説します。

 

営業をアウトソーシングするとは?

営業

営業のアウトソーシングとは、文字通り企業の営業活動を外部に委託するサービスのことです。

例えば日々の営業活動ではフォロー出来なかった顧客層へのアプローチや、営業人員の不足を解消するなどの目的で活用されます。

営業の人材を委託することで「即戦力になる人材」を自社で雇う必要がないため、人材育成のコストを削減できる効果があります。

 

営業のアウトソーシング依頼時のポイント

営業のアウトソーシンでは、利用できる形態が大きく2つのサービスに別れます。

それぞれのサービスの特徴についてご紹介します。

 

人材不足を解消「営業代行」

営業代行は企業の営業活動を代行し、業務をサポートする目的のサービス。

主に営業部の人材不足を解消する目的で利用され、営業に特化した人材を確保したい企業におすすめです。

 

営業そのものをサポート「SPO」

SPOとは、「Sales Process Outsourcing:セールス・プロセス・アウトソーシング」の略称で営業代行と合わせて営業活動もサポートできるサービス。

つまり営業の業務以外にも営業チームそのものの仕事内容の効率を図りたい場合などにおすすめです。

このように営業アウトソーシンとは、営業をサポートするためのサービスであることが分かります。

また、よく似た意味合いで比較される派遣社員との違いはどのようなものなのでしょう?

 

派遣社員との違い

営業のアウトソーシングは、依頼する企業をクライアントとして雇用関係を契約し営業業務を行います。

一方の派遣社員では、派遣会社に企業は依頼する形となるため派遣される社員は派遣会社と雇用関係にあります。

このため派遣社員は、派遣会社が依頼した業務を中心に行う点が異なると言えるでしょう。

 

営業のアウトソーシングで依頼できる業務

営業のアウトソーシンで依頼できる業務は、企業のマーケティング活動の支援やセールスそのものの営業活動まで幅広く活用が可能です。

具体的にどのような業務を依頼できるかを確認していきましょう。

 

データに特化したコンサルティング

営業活動の指標となる企業のデータを専門にサポートするデータ活用コンサルティング。

データを扱うシステムの構築から、PDCAサイクルの活用・分析までをサポートします。

 

リードジェネレーション

オンラインでのWeb広告やホームページの活用など、Webのコンバージョン獲得をサポートするサービス。

市場分析を行った後、Web広告の選定や運用面などデジタルマーケティング全般をフォローします。

 

リードナーチャリング

獲得したリードを活用し、商談、受注に繋がる施策の提案や実行を行うサービス。

顧客の状況に合わせたアプローチや、MAツールの導入・活用など企業の顧客獲得へ向けたインサイドセールスを支援します。

 

セールスコンサルティング

セールスとマーケティングを統合し、業務効率化と営業戦略の成果拡大をサポート。

CRM/SFAの導入によるデータ管理、営業戦略の構築など組織の戦略構築を実行します。

 

セールスアウトソーシングサービス

営業リソースとしてのフィールドセールス、営業事務などの業務をサポート。

新規以外の従来顧客へのアプローチや、フレームワーク構築、技術部門への引き継ぎなどスムーズな業務を遂行します。

 

カスタマーサクセスサービス

顧客満足度の向上やLTV(顧客生涯価値)の獲得を目的としたサービス。

おもに解約率の低減化、継続率の向上など顧客ロイヤリティの引き上げを行います。 顧客ニーズを調査し、コミュニケーションをもとに戦略構築、実行までをサポート。

このように営業のアウトソーシングでは、業務内容ごとに細分化された営業活動のサポートを依頼できます。

 

営業のアウトソーシングにおける特徴とは

営業

営業のアウトソーシングを依頼する際のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

営業をアウトソーシングするメリット

  • 人的コストの削減

営業に特化した人材の採用、教育にかかる費用をアウトソーシングすることで削減できます。

また、営業経験、スキルが豊富な業務ノウハウを間近で見ることができるためスタッフのスキル向上にも繋がります。

 

  • 事業の拡大に貢献

新規事業を始める際や遠方での営業活動を行う場合など、営業アウトソーシングは効果的。

営業リソースの分配を必要最小限に抑えることで、従来の営業体制を保持したまま事業の拡大に貢献できます。

 

  • 期間限定の部門強化も

営業人員が不足する繁忙期や、閑散期など人員が余るといった必要人員を柔軟に調節できる点は営業アウトソーシングの強みと言えます。

営業人員を確保したい時期に合わせ、スポットで依頼することでリソースの調整を行うことが可能です。

 

  • リモート環境の構築

オンラインを活用したリモート営業のノウハウを持たない企業などでは、外部委託により業務を新たに展開できます。

リモート環境を構築することで、社外の企業と連携し新たな営業活動を開始する足掛かりになります。

 

営業をアウトソーシングするデメリット

  • 情報漏洩のリスクが伴う

業務を委託する際、社外のスタッフが顧客情報や社外秘の機密情報を扱うケースもあるため、情報漏洩のリスクが高まります。

このため委託先とリスクを共有することや、機密情報の管理や扱い方に充分注意し、ルールを設けるなど対処することが大切です。

 

  • ノウハウの蓄積ができない

業務委託を行う際、外部スタッフのノウハウに頼ることになるためノウハウの蓄積ができない点もデメリットとなります。

将来的に自社で運営を予定している場合など、委託先への依頼する頻度をコントロールするなどの工夫が必要になります。

このように営業アウトソーシングでは、営業強化に一定の効果が見込める反面リスクも存在します。

依頼時に委託する業務の範囲や情報管理の方法などを検討してみる事をおすすめします。

 

アウトバウンド営業とは?インバウンドとの違いや特徴を解説

 

まとめ

今回は、依頼する際のポイントやサービスの特徴について詳しく解説しました。

営業のアウトソーシングを依頼することでさまざまな業務を委託しセールス、マーケティングの強化に繋げる事が可能なことがご理解頂けたかと思います。

顧客ロイヤリティの向上や組織の営業力強化の手段として、営業アウトソーシングを是非ご検討ください。