【AIの活用がカギ】新規事業を創出するのに必要な4つの考え方とは

  • 2022.1.20
  • 創出新規事業
  • 新規事業

新規事業,創出

会社で新規事業を創出するためには、マーケットの中でその事業が市場に本当に求められているのか、利益は出るのかのバランスについて考えていく必要があります。

この記事では、新規事業を創出していく上で必要な4つの考え方について解説。新規事業の創出について悩んでいる方は、参考にしてみてください。

 

新規事業の創出のコツは世の中の「不便」を発見すること

新規事業,不便

新規事業を考案して、ビジネスを創出するということは、企業が世の中に「価値」を提供して、社会に貢献していくことです。

しかし、「世の中にとって価値があること」とは具体的になんでしょうか?

この問いに対する唯一の正解はありませんが、最も近い答えの一つに「世の中の不便を見つけて、改善していくこと」が挙げられます。

 

世の中の不便を見つけて改善していくためには、同じ社会で暮らしている一人の人間として、まずは世の中にある悩みや不便な点を見つけます。

そして、「どのような方法で社会の問題点を解決できるのか?」という視点で、新規事業を創出していくのです。

このように、他人の役に立つ新規事業を創出することが第一ですが、その上で、その新規事業がビジネスとして成立する事業かどうかを見定める必要があります。

 

いくら社会に貢献できる新規事業であっても、ビジネスとして事業を進めていく以上は、採算が取れない事業の継続は不可能ですからね。

そのため、新規事業を創出するためには、社会に対しての問題提起と事業として成立するかどうかの仮説・検証が常に必要となります。

 

新規事業を創出するための順序とは

新規事業を創出するための検証には、主に3つのプロセスが挙げられます。これらの3つのプロセスを順序立てて実行していくことで、完成度の高い新規事業を創出できるのです。

  • 問題発見のプロセス
  • 計画立案のプロセス
  • 人を動かすプロセス

 

「問題提起のプロセス」は、世の中にある問題点を発見して、新規事業のアイディアに昇華していくプロセスです。

社会全体の中で見た時に、「この問題の解決方法は何か?」、「どのような事業が問題解決に結びつくのか」といった新規事業の大枠について、社会全体の状況を見ながら考えていきます。

 

「計画立案のプロセス」は、新規事業案が、本当に社会にとって必要で、事業として成立するのかどうかを仮説・検証していくプロセスです。

新規事業の創出のプロセスは、事業案を出せば終わりではありません。

一つの問題に対する解決のアプローチは何通りもあるので、何度も仮説・検証して事業として成立するのかを見極める必要があるのです。

 

「人を動かすプロセス」は、検証して作り込んだ事業案の枠組みをもとに、実際に企業の人材を動かしていくプロセスです。

事業案を説明する力や人を動かす力が必要になります。

 

このように、新規事業の創出には多くの時間と労力が掛かります。世の中の問題点を発見する「想像力」、問題点に対する解決方法を考える「論理的な思考能力」、計画をもとに人を動かす「リーダーシップ」があって、はじめて新規事業の創出が可能となるのです。

 

新規事業の創出に必要な4つの考え方とは

新規事業,創出

ここまで、新規事業の創出のプロセスについて学びましたが、具体的にどのような考えをもとに新規事業を考案していけばよいのでしょうか?

新規事業を創出していくためには、基本となる3つの考え方とAIを活用した新しい考え方について知っておく必要があります。

新規事業の創出を円滑に行っていくためにも、以下の4つの考え方をおさえておきましょう。

 

新規事業を創出するのに必要な3つの基本的な考え方

上記の新規事業を創出するための3つのプロセスを円滑に実行していくためには、以下の3つの考え方について知っておく必要があります。

  • マーケット全体を俯瞰する考え方
  • マーケットの流れを見定める考え方
  • 消費者目線の考え方

 

新規事業を創出して採算が取れるかどうかは、マーケットの状況による部分が大きいです。

このビジネスに直結するかどうかを判断するのが、マーケット全体を俯瞰する考え方です。

いくら社会の問題を解決する素晴らしいアイディアも、すでに類似のサービスがマーケット内で大きなシェアを占めている、あるいは大きな需要が見込まれない場合には、新規事業を創出してもビジネスには結びつきません。

このような事業のミスマッチを避けるためにも、マーケット全体の状況を俯瞰する考え方が必要なのです。

 

また、新規事業を創出するマーケットの流れも見定める必要があります。

具体的には、マーケット内の類似事業の人気・不人気、流行り廃りといった点が挙げられます。

マーケットに勢いがあるジャンルで新規事業を創出できれば、ビジネスとして大成功する可能性が高いです。

しかし、その一方で、勢いがないジャンルで新規事業を創出してしまうと利益が出ずに失敗に終わってしまうリスクも否定できません。

 

マーケット内での新規事業を取り巻く状況を確認したら、今度は「消費者目線で本当に必要か?」、「消費者個人のどのような問題を解決できるのか?」といった視点で考えましょう。

社会全体ではなく、「特定の消費者にとってどのような利益があるのか?」という見方で新規事業の詳細を作り込んでいくのです。

これらの3つの基本的な考え方をもとに、新規事業を創出し、成功するビシネスとして完成系に近づけていくことになります。

 

これからはAIを活用した考え方が重要になる

近年では、上記した3つの考え方を、AIの活用でさらに強化していくような流れが広まりつつあります。

AIを活用して、マーケット全体を俯瞰する考え方を強化すると、将来におけるマーケットの変化が予測可能です。

また、マーケットの現状把握も迅速に行えますね。これらの変化予測をもとに、新規事業を創出するべきかどうかが判断できます。

マーケットの流れを見定める考え方をAIで強化すると、マーケットの流れが掴みやすくなります。

 

具体的には、今までは「何となく意味がありそう」という理由でマーケットの流れを判断していたものが、AIが論理的にマーケットのトレンドを掴んでくれるので、マーケットの流れを見定めるのが容易になるのです。

消費者目線の考え方をAIで分析していくと、消費者個人の行動や何を消費するのかが一目でわかるようになるので、消費者目線での新規事業の創出の精度が高くなります。

隠れたマーケットの動きや消費者の意図が、AIの活用によって可視化できるようになりました。

このように、AIを活用することによって、基本的な3つの考え方の精度が高くなり、社会にとってより必要な新規事業の創出を後押ししているのです。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ

この記事では、新規事業を創出する3つのプロセスとその基本となる4つの考え方について解説しました。

新規事業を創出できるかどうかの肝は、社会に対する問題提起と解決能力です。

社会で何か問題を発見したら、「自社の事業で解決ができないか?」という視点で新規事業を考えていけるかどうかが重要だと言えます。

新規事業案を考えたら、マーケット内でのポジションや流れを見極めましょう。

最終的には、消費者個人の目線に立って、「この消費者にとって本当に必要なのか?」という視点で新規事業について考えられるのが理想です。

近年のAI技術の活用によって、より正確で、わかりやすいマーケット・消費者分析が可能となっています。

新規事業の創出は、AIのような最新の技術を導入しながら、「社会に貢献できるのか?」という視点で新規事業の中身を考えていけるのかどうかが、成功へのカギだと言えそうです。

 

  • 2022.1.20
  • 創出新規事業
  • 新規事業

会社で新規事業を創出するためには、マーケットの中でその事業が市場に本当に求められているのか、利益は出るのかのバランスについて考えていく必要があります。

この記事では、新規事業を創出していく上で必要な4つの考え方について解説。新規事業の創出について悩んでいる方は、参考にしてみてください。

 

新規事業の創出のコツは世の中の「不便」を発見すること

新規事業,不便

新規事業を考案して、ビジネスを創出するということは、企業が世の中に「価値」を提供して、社会に貢献していくことです。

しかし、「世の中にとって価値があること」とは具体的になんでしょうか?

この問いに対する唯一の正解はありませんが、最も近い答えの一つに「世の中の不便を見つけて、改善していくこと」が挙げられます。

 

世の中の不便を見つけて改善していくためには、同じ社会で暮らしている一人の人間として、まずは世の中にある悩みや不便な点を見つけます。

そして、「どのような方法で社会の問題点を解決できるのか?」という視点で、新規事業を創出していくのです。

このように、他人の役に立つ新規事業を創出することが第一ですが、その上で、その新規事業がビジネスとして成立する事業かどうかを見定める必要があります。

 

いくら社会に貢献できる新規事業であっても、ビジネスとして事業を進めていく以上は、採算が取れない事業の継続は不可能ですからね。

そのため、新規事業を創出するためには、社会に対しての問題提起と事業として成立するかどうかの仮説・検証が常に必要となります。

 

新規事業を創出するための順序とは

新規事業を創出するための検証には、主に3つのプロセスが挙げられます。これらの3つのプロセスを順序立てて実行していくことで、完成度の高い新規事業を創出できるのです。

  • 問題発見のプロセス
  • 計画立案のプロセス
  • 人を動かすプロセス

 

「問題提起のプロセス」は、世の中にある問題点を発見して、新規事業のアイディアに昇華していくプロセスです。

社会全体の中で見た時に、「この問題の解決方法は何か?」、「どのような事業が問題解決に結びつくのか」といった新規事業の大枠について、社会全体の状況を見ながら考えていきます。

 

「計画立案のプロセス」は、新規事業案が、本当に社会にとって必要で、事業として成立するのかどうかを仮説・検証していくプロセスです。

新規事業の創出のプロセスは、事業案を出せば終わりではありません。

一つの問題に対する解決のアプローチは何通りもあるので、何度も仮説・検証して事業として成立するのかを見極める必要があるのです。

 

「人を動かすプロセス」は、検証して作り込んだ事業案の枠組みをもとに、実際に企業の人材を動かしていくプロセスです。

事業案を説明する力や人を動かす力が必要になります。

 

このように、新規事業の創出には多くの時間と労力が掛かります。世の中の問題点を発見する「想像力」、問題点に対する解決方法を考える「論理的な思考能力」、計画をもとに人を動かす「リーダーシップ」があって、はじめて新規事業の創出が可能となるのです。

 

新規事業の創出に必要な4つの考え方とは

新規事業,創出

ここまで、新規事業の創出のプロセスについて学びましたが、具体的にどのような考えをもとに新規事業を考案していけばよいのでしょうか?

新規事業を創出していくためには、基本となる3つの考え方とAIを活用した新しい考え方について知っておく必要があります。

新規事業の創出を円滑に行っていくためにも、以下の4つの考え方をおさえておきましょう。

 

新規事業を創出するのに必要な3つの基本的な考え方

上記の新規事業を創出するための3つのプロセスを円滑に実行していくためには、以下の3つの考え方について知っておく必要があります。

  • マーケット全体を俯瞰する考え方
  • マーケットの流れを見定める考え方
  • 消費者目線の考え方

 

新規事業を創出して採算が取れるかどうかは、マーケットの状況による部分が大きいです。

このビジネスに直結するかどうかを判断するのが、マーケット全体を俯瞰する考え方です。

いくら社会の問題を解決する素晴らしいアイディアも、すでに類似のサービスがマーケット内で大きなシェアを占めている、あるいは大きな需要が見込まれない場合には、新規事業を創出してもビジネスには結びつきません。

このような事業のミスマッチを避けるためにも、マーケット全体の状況を俯瞰する考え方が必要なのです。

 

また、新規事業を創出するマーケットの流れも見定める必要があります。

具体的には、マーケット内の類似事業の人気・不人気、流行り廃りといった点が挙げられます。

マーケットに勢いがあるジャンルで新規事業を創出できれば、ビジネスとして大成功する可能性が高いです。

しかし、その一方で、勢いがないジャンルで新規事業を創出してしまうと利益が出ずに失敗に終わってしまうリスクも否定できません。

 

マーケット内での新規事業を取り巻く状況を確認したら、今度は「消費者目線で本当に必要か?」、「消費者個人のどのような問題を解決できるのか?」といった視点で考えましょう。

社会全体ではなく、「特定の消費者にとってどのような利益があるのか?」という見方で新規事業の詳細を作り込んでいくのです。

これらの3つの基本的な考え方をもとに、新規事業を創出し、成功するビシネスとして完成系に近づけていくことになります。

 

これからはAIを活用した考え方が重要になる

近年では、上記した3つの考え方を、AIの活用でさらに強化していくような流れが広まりつつあります。

AIを活用して、マーケット全体を俯瞰する考え方を強化すると、将来におけるマーケットの変化が予測可能です。

また、マーケットの現状把握も迅速に行えますね。これらの変化予測をもとに、新規事業を創出するべきかどうかが判断できます。

マーケットの流れを見定める考え方をAIで強化すると、マーケットの流れが掴みやすくなります。

 

具体的には、今までは「何となく意味がありそう」という理由でマーケットの流れを判断していたものが、AIが論理的にマーケットのトレンドを掴んでくれるので、マーケットの流れを見定めるのが容易になるのです。

消費者目線の考え方をAIで分析していくと、消費者個人の行動や何を消費するのかが一目でわかるようになるので、消費者目線での新規事業の創出の精度が高くなります。

隠れたマーケットの動きや消費者の意図が、AIの活用によって可視化できるようになりました。

このように、AIを活用することによって、基本的な3つの考え方の精度が高くなり、社会にとってより必要な新規事業の創出を後押ししているのです。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ

この記事では、新規事業を創出する3つのプロセスとその基本となる4つの考え方について解説しました。

新規事業を創出できるかどうかの肝は、社会に対する問題提起と解決能力です。

社会で何か問題を発見したら、「自社の事業で解決ができないか?」という視点で新規事業を考えていけるかどうかが重要だと言えます。

新規事業案を考えたら、マーケット内でのポジションや流れを見極めましょう。

最終的には、消費者個人の目線に立って、「この消費者にとって本当に必要なのか?」という視点で新規事業について考えられるのが理想です。

近年のAI技術の活用によって、より正確で、わかりやすいマーケット・消費者分析が可能となっています。

新規事業の創出は、AIのような最新の技術を導入しながら、「社会に貢献できるのか?」という視点で新規事業の中身を考えていけるのかどうかが、成功へのカギだと言えそうです。