モチベーションを上げるコツをご紹介!意欲を高める方法は?

  • 2022.4.14
  • モチベーション
  • スタートアップ
  • 新規事業

日々の業務を行う際、思うように成果が出ない場合もあります。

このような時、モチベーションが上がらず悩んでしまうケースもありますが、仕事を放棄する訳にはいきません。

仕事に取り組む際のモチベーションを高めることで、効率や成果も大きく変わって来ます。

しかしモチベーションをコントロールする方法が分からない場合もありますよね。

そこでは今回は、モチベーションを上げるコツや、意欲を高める方法をご紹介していきます。

 

モチベーションを上げるコツは?

モチベーション

仕事でモチベーションを上げるコツはあるのでしょうか?

ここでは少しの工夫でやる気をアップさせる、いくつかの方法をご紹介していきます。

 

問題をメモに書き出す

モチベーションが上がらない理由として、いくつかの不満やネガティブな感情が原因のケースがあります。

こうした際、心にある不安や問題点をメモで書き出してみるとよいでしょう。

不安に思う事を可視化することで、客観的に問題を捉える事ができます。

また、その原因について考えることで問題解決の糸口が掴める可能性があります。

 

仕事の期限を設定する

新しい企画を担当する際など、いくつかの同時進行の仕事を抱えるケースもあります。

同時に複数のタスクをこなす場合、モチベーションを保つのは難しいと言えます。

そこでこのような場合、それぞれの仕事に期限を設け「できる仕事」から順番に仕上げて行くとよいでしょう。

一つずつクリアする事で、企画や仕事が進んでいる事を実感できます。

 

ポジティブな言葉を読む

期限が迫った仕事に取り組む際など、緊張状態が続くと余裕がなくなる事もあります。

そんな時、雑誌やネット記事でポジティブな言葉を読むとリラックスしモチベーションも上がるケースも。

また、お客さまや社員の方に掛けてもらう何気ない一言が元気付けられる事もあるのではないでしょうか?

ポジティブな言葉は、メモを取り読み返す事も効果的です。

 

適度に休息を取る

忙しい繁忙期中など、働き続けていると疲れは溜まってしまいます。

疲れを感じたら、軽く身体を動かす、窓を空けて空気を入れ替えるだけで気分は変わります。

また、休日には旅行やお出掛けをしリフレッシュも効果的。

夜は早めに就寝するなど、モチベーションアップに繋がる休憩・休息をしっかり取るようにしましょう。

 

仕事の意欲を高める方法について

モチベーション

モチベーションを上げる事で、仕事に対する意欲も湧いて来ます。

ここでは仕事に取り組む意欲を上げる方法をいくつかご紹介していきます。

 

意欲を高めるメカニズム

仕事の意欲を高めるにはどのような点に気をつけるべきでしょう?

意欲を高めるには、潜在的に持つ人間の欲求を確認してみます。

人間の欲求を順に示した「マズローの欲求5段階説」では、衣食住や身の安全といった下層の欲求の次に「社会的に認められる」ことや「自己実現」といった高次の欲求があります。

つまり職場環境を整えることで仕事の意欲を高め、高次の欲求を満たす事にも繋がるのです。

 

社内でできる取り組みは?

仕事の意欲を高めるために、社内でできる取り組みはあるのでしょうか?

ここではモチベーションアップのための社内環境作りの方法についてご紹介します。

 

職場の環境をよくする

日々同じ職場で仕事をする場合など、周りの環境を変化させる事で意欲が高まるケースがあります。

例えば不要な用紙、ファイルなどを処分することや、デスク周りを掃除すると気分が変わります。

また、集中した業務の時間を決めることや、カフェで仕事するなど集中しやすい環境作りを心掛けてみましょう。

 

ワークライフバランスを見直す

仕事の意欲を高める施策に、政府が提唱する「ワークライフバランス」があります。

ワークライフバランスとは、仕事と生活のバランスを保つことを意味します。

具体的には職場の勤務時間短縮やノー残業デー、フレックスタイム制の導入などで日々の生活と仕事のバランスを見直す施策も。

また、コロナ禍以降ではテレワークや副業の許可など働き方に対する新たな提案も実施されています。

 

働きがいを高める

企業で仕事の意欲を高める取り組みとしては、社員の働きがいを高める方法を検討してみるとよいでしょう。

例えば仕事のモチベーションを左右する、人事評価の基準を見直すことや仕事に積極的な社員を採り入れる社内公募制の採用などがあります。

 

また、自己申告による社内異動やフリーエージェント制を導入するなど社内環境を活発化させる施策も効果的。

社員同士がコミュニケーションが取りやすい環境作りも、意欲を高めることに繋がります。

このように意欲を高める方法では、社内の環境作りや働き方について見直す事が大切です。

 

まとめ

今回は、モチベーションを上げるコツや、意欲を高める方法をご紹介しました。

モチベーションを上げるコツでは、おもに普段の仕事でやるべき事を整理することで効果を高める方法をご紹介しました。

一方仕事の意欲を高める方法では、職場環境を企業や社員が取り組む方法である事もご理解頂桁かと思います。

モチベーションを上げる方法を、身の廻りのできる事から是非取り組んでみてくださいね。

 

  • 2022.4.14
  • モチベーション
  • スタートアップ
  • 新規事業

日々の業務を行う際、思うように成果が出ない場合もあります。

このような時、モチベーションが上がらず悩んでしまうケースもありますが、仕事を放棄する訳にはいきません。

仕事に取り組む際のモチベーションを高めることで、効率や成果も大きく変わって来ます。

しかしモチベーションをコントロールする方法が分からない場合もありますよね。

そこでは今回は、モチベーションを上げるコツや、意欲を高める方法をご紹介していきます。

 

モチベーションを上げるコツは?

モチベーション

仕事でモチベーションを上げるコツはあるのでしょうか?

ここでは少しの工夫でやる気をアップさせる、いくつかの方法をご紹介していきます。

 

問題をメモに書き出す

モチベーションが上がらない理由として、いくつかの不満やネガティブな感情が原因のケースがあります。

こうした際、心にある不安や問題点をメモで書き出してみるとよいでしょう。

不安に思う事を可視化することで、客観的に問題を捉える事ができます。

また、その原因について考えることで問題解決の糸口が掴める可能性があります。

 

仕事の期限を設定する

新しい企画を担当する際など、いくつかの同時進行の仕事を抱えるケースもあります。

同時に複数のタスクをこなす場合、モチベーションを保つのは難しいと言えます。

そこでこのような場合、それぞれの仕事に期限を設け「できる仕事」から順番に仕上げて行くとよいでしょう。

一つずつクリアする事で、企画や仕事が進んでいる事を実感できます。

 

ポジティブな言葉を読む

期限が迫った仕事に取り組む際など、緊張状態が続くと余裕がなくなる事もあります。

そんな時、雑誌やネット記事でポジティブな言葉を読むとリラックスしモチベーションも上がるケースも。

また、お客さまや社員の方に掛けてもらう何気ない一言が元気付けられる事もあるのではないでしょうか?

ポジティブな言葉は、メモを取り読み返す事も効果的です。

 

適度に休息を取る

忙しい繁忙期中など、働き続けていると疲れは溜まってしまいます。

疲れを感じたら、軽く身体を動かす、窓を空けて空気を入れ替えるだけで気分は変わります。

また、休日には旅行やお出掛けをしリフレッシュも効果的。

夜は早めに就寝するなど、モチベーションアップに繋がる休憩・休息をしっかり取るようにしましょう。

 

仕事の意欲を高める方法について

モチベーション

モチベーションを上げる事で、仕事に対する意欲も湧いて来ます。

ここでは仕事に取り組む意欲を上げる方法をいくつかご紹介していきます。

 

意欲を高めるメカニズム

仕事の意欲を高めるにはどのような点に気をつけるべきでしょう?

意欲を高めるには、潜在的に持つ人間の欲求を確認してみます。

人間の欲求を順に示した「マズローの欲求5段階説」では、衣食住や身の安全といった下層の欲求の次に「社会的に認められる」ことや「自己実現」といった高次の欲求があります。

つまり職場環境を整えることで仕事の意欲を高め、高次の欲求を満たす事にも繋がるのです。

 

社内でできる取り組みは?

仕事の意欲を高めるために、社内でできる取り組みはあるのでしょうか?

ここではモチベーションアップのための社内環境作りの方法についてご紹介します。

 

職場の環境をよくする

日々同じ職場で仕事をする場合など、周りの環境を変化させる事で意欲が高まるケースがあります。

例えば不要な用紙、ファイルなどを処分することや、デスク周りを掃除すると気分が変わります。

また、集中した業務の時間を決めることや、カフェで仕事するなど集中しやすい環境作りを心掛けてみましょう。

 

ワークライフバランスを見直す

仕事の意欲を高める施策に、政府が提唱する「ワークライフバランス」があります。

ワークライフバランスとは、仕事と生活のバランスを保つことを意味します。

具体的には職場の勤務時間短縮やノー残業デー、フレックスタイム制の導入などで日々の生活と仕事のバランスを見直す施策も。

また、コロナ禍以降ではテレワークや副業の許可など働き方に対する新たな提案も実施されています。

 

働きがいを高める

企業で仕事の意欲を高める取り組みとしては、社員の働きがいを高める方法を検討してみるとよいでしょう。

例えば仕事のモチベーションを左右する、人事評価の基準を見直すことや仕事に積極的な社員を採り入れる社内公募制の採用などがあります。

 

また、自己申告による社内異動やフリーエージェント制を導入するなど社内環境を活発化させる施策も効果的。

社員同士がコミュニケーションが取りやすい環境作りも、意欲を高めることに繋がります。

このように意欲を高める方法では、社内の環境作りや働き方について見直す事が大切です。

 

まとめ

今回は、モチベーションを上げるコツや、意欲を高める方法をご紹介しました。

モチベーションを上げるコツでは、おもに普段の仕事でやるべき事を整理することで効果を高める方法をご紹介しました。

一方仕事の意欲を高める方法では、職場環境を企業や社員が取り組む方法である事もご理解頂桁かと思います。

モチベーションを上げる方法を、身の廻りのできる事から是非取り組んでみてくださいね。