【0から挑戦?】デザインのセンスは磨ける件について解説

  • 2021.12.30
  • デザイン
  • デザイン

デザイン,センス

デザインに興味はあるけど、「センスがない」と思い込み諦めていませんか?

センスがないという理由で、学習を諦めてしまう方が多いのが現状です。

センスがないと理由で何事も片づけてしまえば、どの仕事でもセンスは良くならないことでしょう。

 

今回の記事では、「(0から挑戦?)デザインのセンスは磨ける件について」という内容で、自信のない人に向けて書かせていただきました。

少しでもデザインに興味があるならば参考にしていってください。

 

デザイン=アートだと考えがち

デザイン

同じ意味で捉えがちですが、デザインとアートでは少し異なります。

アートの意味は「美を追い求め、それを創造する」とあるのに対し、デザインはその中でも「機能美を求め、創造する」こととなるのです。

アーティストは自分の考えを自分で表現する必要があるため、才能を問われる機会が多々あります。

 

それに対して、デザイナーは人の考えや思いを代わりに表現する能力が必要となります。

ユーザーを楽しませることを目的としてデザインを作成するのならば、正解はどこかに落ちていることでしょう。

何かをゼロから創造するアートに比べると、デザインは成功例がいくつもあるためまずは真似てみることでユーザーから反応を得ることができます。

よってデザインのセンスとは、努力によって後から身につくものなのです。

 

デザインのスキルを磨くコツ

デザインのセンスはアートと違い、ゼロからでも磨けることに気づきましたか?

では次にデザインのスキルを磨くコツについて解説していきます。

 

最初に始めることとしては、「いろいろなデザインや絵や動画、映画などなんでも見る

ことです。デザインの良し悪しを感じ、経験が蓄積されセンスにつながるのです。

自分でデザインした際、自分で評価できるスキルがつくため様々なものに触れてみましょう。

あなたが見て、考えた蓄積があなたのデザインの基本となるのです。

 

ある程度自分好みのデザインがきまったのなら、次はたくさん触れていき感性を磨いてい

きましょう。「なぜセンスがいいと感じたのか」を自分が理解することが大切となります。

「こういう理由がある」とこだわりができるほどになれば、センスが磨かれている証拠となるため極めていきましょう。

 

表現がまとまってくれば、上手い人の作品を元に模写するのも感受性をあげるためには効果的です。

たくさんの知識や経験を蓄積していく事によって、自分だけのオリジナルセンスがみつかるのです。

 

関連:「一歩先をいくためのデザイン基礎知識

 

「作りたい」と思えば、未経験からでも挑戦できる。

デザイン,挑戦

デザインセンスとはファッションと似ている要素があります。

デートや旅行で着ていくファッションというものは、情報から学んで着てみることで得た知識だと思います。

「デザインセンス」も、知識や経験から得られることが多いのが現実です。

 

確かに、子供の頃から絵を描くことに夢中で毎日沢山の絵を描いていた人と比べると、センスの差を感じるのは当然です。勉強や試行錯誤の量が圧倒的に違います。

ですので未だにセンスに自信のない方は逆転の発想をしていただきたいです。

不安はデザインをすることで消えるのですから。

 

現代は恵まれているため、デザインの経験を積める場は学校や職場に限定されていません。

  • クラウドソーシングサービス
  • オンラインデザイン学校
  • SNS投稿

など探せば学べる場所がたくさんあります。自分に合った環境でデザインセンスを磨いていきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?残念ですが「デザインはセンスが必要だから無理」という意見は

改善点がたくさんあるのです。

自分で解決できないのなら、人に頼って相談する方が圧倒的に近道です。

どんな仕事にも共通して言えることですが、やはり上手な人や成功している人がスキルを得るまでに行った行動を真似ることが何よりも大切です。

ネガティブになっている時こそ、不安感情ではなく理論で物事を考える癖が着けばデザインセンスにも活かせることでしょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2021.12.30
  • デザイン
  • デザイン

デザインに興味はあるけど、「センスがない」と思い込み諦めていませんか?

センスがないという理由で、学習を諦めてしまう方が多いのが現状です。

センスがないと理由で何事も片づけてしまえば、どの仕事でもセンスは良くならないことでしょう。

 

今回の記事では、「(0から挑戦?)デザインのセンスは磨ける件について」という内容で、自信のない人に向けて書かせていただきました。

少しでもデザインに興味があるならば参考にしていってください。

 

デザイン=アートだと考えがち

デザイン

同じ意味で捉えがちですが、デザインとアートでは少し異なります。

アートの意味は「美を追い求め、それを創造する」とあるのに対し、デザインはその中でも「機能美を求め、創造する」こととなるのです。

アーティストは自分の考えを自分で表現する必要があるため、才能を問われる機会が多々あります。

 

それに対して、デザイナーは人の考えや思いを代わりに表現する能力が必要となります。

ユーザーを楽しませることを目的としてデザインを作成するのならば、正解はどこかに落ちていることでしょう。

何かをゼロから創造するアートに比べると、デザインは成功例がいくつもあるためまずは真似てみることでユーザーから反応を得ることができます。

よってデザインのセンスとは、努力によって後から身につくものなのです。

 

デザインのスキルを磨くコツ

デザインのセンスはアートと違い、ゼロからでも磨けることに気づきましたか?

では次にデザインのスキルを磨くコツについて解説していきます。

 

最初に始めることとしては、「いろいろなデザインや絵や動画、映画などなんでも見る

ことです。デザインの良し悪しを感じ、経験が蓄積されセンスにつながるのです。

自分でデザインした際、自分で評価できるスキルがつくため様々なものに触れてみましょう。

あなたが見て、考えた蓄積があなたのデザインの基本となるのです。

 

ある程度自分好みのデザインがきまったのなら、次はたくさん触れていき感性を磨いてい

きましょう。「なぜセンスがいいと感じたのか」を自分が理解することが大切となります。

「こういう理由がある」とこだわりができるほどになれば、センスが磨かれている証拠となるため極めていきましょう。

 

表現がまとまってくれば、上手い人の作品を元に模写するのも感受性をあげるためには効果的です。

たくさんの知識や経験を蓄積していく事によって、自分だけのオリジナルセンスがみつかるのです。

 

関連:「一歩先をいくためのデザイン基礎知識

 

「作りたい」と思えば、未経験からでも挑戦できる。

デザイン,挑戦

デザインセンスとはファッションと似ている要素があります。

デートや旅行で着ていくファッションというものは、情報から学んで着てみることで得た知識だと思います。

「デザインセンス」も、知識や経験から得られることが多いのが現実です。

 

確かに、子供の頃から絵を描くことに夢中で毎日沢山の絵を描いていた人と比べると、センスの差を感じるのは当然です。勉強や試行錯誤の量が圧倒的に違います。

ですので未だにセンスに自信のない方は逆転の発想をしていただきたいです。

不安はデザインをすることで消えるのですから。

 

現代は恵まれているため、デザインの経験を積める場は学校や職場に限定されていません。

  • クラウドソーシングサービス
  • オンラインデザイン学校
  • SNS投稿

など探せば学べる場所がたくさんあります。自分に合った環境でデザインセンスを磨いていきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?残念ですが「デザインはセンスが必要だから無理」という意見は

改善点がたくさんあるのです。

自分で解決できないのなら、人に頼って相談する方が圧倒的に近道です。

どんな仕事にも共通して言えることですが、やはり上手な人や成功している人がスキルを得るまでに行った行動を真似ることが何よりも大切です。

ネガティブになっている時こそ、不安感情ではなく理論で物事を考える癖が着けばデザインセンスにも活かせることでしょう。

 

カジュアルミーティング