良いデザインの基準とは?実践する4つのコツを詳しく解説!

  • 2022.8.9
  • デザイン
  • デザイン

デザイン

私たちの身の廻りには、デザインで溢れています。

普段何気なく手に取る商品や広告、ロゴなどを見た時「良いデザインだな」と感じる機会もあるでしょう。

それでは「良いデザイン」とは一体どのようなものを指すのでしょう?

 

明確なルールや基準が存在するのか気になるところですよね。

そこで本記事では、良いデザインの基準や実績する4つのコツについて詳しく解説していきます。

デザインに触れる際の基準について、是非参考にご覧下さい。

 

良いデザインの基準とは?

良いデザイン

商品や広告、ロゴなど身の廻りのデザインで「良いデザイン」に基準はあるのでしょうか?

実は良いデザインかを決める基準については、デザインを見た方の趣味嗜好が反映されるケースが多くなります。

例えばブランドの商品や広告を見ても、視聴する世代や性別、好みによって同じ反応にならない可能性があります。

しかしこのような好みの差以外にも、良いデザインを決める基準は存在します。

それぞれの基準について見ていきましょう。

 

最終的な目的が明確である

良いデザインを形造る際に重要な要素のひとつに「最終的な目的」が明確に持たれているかという基準があります。

例えばプロダクトデザイナーが商品やロゴなのデザインを作る場合には、最終的な顧客(この場合はクライアントやユーザー)が良いデザインと感じてもらえるようデザインを決めることになります。

 

また良いデザインを決める際の基準では「高級感」や「美しさ」、「かわいい」「お洒落」などターゲットとなるユーザーの趣味嗜好に合うものを用意する必要があります。

このためデザインを決める際は、最終的な目的を明確にすることが大切な基準のひとつとなります。

 

レイアウトのポイントを抑えている

例えば広告やウェブデザインを制作する場合では、良いデザインを作るための「レイアウトのポイント」があります。

レイアウトのポイントでは、デザイン関連の書籍「ノンデザイナーズ・デザインブック」で紹介されている4つのポイントを参照してみるとよいでしょう。

 

  • 強弱を意識した「コントラスト」

はっきりと目立たせ強調する箇所と、あえて地味に演出する箇所を分けることでデザインにメリハリを付けるテクニックを「コントラスト」と呼びます。

コントラストを意識することで、ユーザーに伝えたい情報を効果的に演出することができます。

 

  • 繰り返しリズムを付ける「反復」

異なる要素を一定のルールに基づき繰り返すことで、デザインにリズムをつけることを「反復」と呼びます。

例えば広告では異なる商材を大きくカテゴリーで分け、商品名やサイズ、価格を一定のデザインで統一していきます。

この場合同じレイアウトで商品紹介は続くことになるため(反復)、読み手に一定のリズムが付き読みやすくなります。

また、Webサイトでは見出しや箇条書き、マーカーなどを使用し文章を一定のルールで装飾する手法もあります。

この場合も読者は一定のリズムで読むことができるため、快適な閲覧が可能に。

 

他には文章を画面の中央、左右に寄せることで視覚的に文章を追いやすくなり読みやすくする方法もあります。

いずれも異なる要素をカテゴリー分けし、反復することで快適なリズムを生み出すテクニックとなりますので、覚えておきましょう。

 

色合いが調和している

デザインの良さを決める要素では「色合い」も非常に重要なポイントになります。

色は視覚的、心理的にデザインを印象付ける役割りを持っているためデザインと調和させることが大切。

例えば夏場に使用するブルーは清涼感やクールな印象を与えます。

一方でオレンジや赤などの暖色は食欲を高めたり温かい印象を与えてくれます。

 

  • 色の三属性で配色

色合いを決める際に必要な要素では、「色相・明度・彩度」という3つの属性があります。

配色を決める際、緑や紫などの色味を決める「色相」や明るさを決めるる「明度」、鮮やかさを表す「彩度」を調整することになります。

 

  • 配色による印象の違い

例えば同じ色味であっても、彩度の高い配色では鮮烈な印象を与えることになります。

一方彩度落とした場合、ナチュラルで薄い印象を受けることになるでしょう。

また、色相が同じで彩度や明度を変化させた場合、配色そのものは似たような色味になるケースも多くなります。

このように配色次第で、デザインの印象を大きく変えることに繋がります。

良いデザインを形作る要素として、配色の特性を使いこなす事が重要といえます。

 

最適なフォントが選ばれている

レイアウトと合わせ、文章やロゴを構成するフォントもデザインに占める割合いは高くなります。

フォントの形のことを「書体」と呼びますが、「ゴシック体」「明朝体」の大きく2つのグループに分けることができます。

一般的にゴシック体は文字の線幅や太さが同じであり、明朝体は部分的に線幅や太さが異なる特徴を持ちます。

 

ゴシック体はモダンで力強い印象を与える傾向があり、広告やジャケットなどインパクトが必要な用途で使用されます。

一方の明朝体は、落ち着いた印象を与えるため新聞や小説などで使用されることの多い書体です。

良いデザインの基準では使用する媒体や目的に合わせ、最適なフォントが選ばれるよう意識することが大切です。

 

NGなデザインの理由とは?

良いデザインの基準を解説しましたが、一方で「NGなデザイン」も存在します。

実際のデザイン上でNGなデザインの理由とはどのようなものがあるのでしょう?

デザインは商品やロゴ、広告など使用する媒体や用途によりさまざまです。

良いデザインの条件として、ユーザーや購読者が快適に感じるデザインを制作する必要があります。

 

しかし色味や構成、選択する画像などに「違和感」を感じる場合はNGなデザインといえるでしょう。

デザインを構成する要素(配色、レイアウト、色味など)を選択・調整し目的に沿った作業を行うことが大切。

それぞれの要素がバラバラであったり、選択を間違えてしまうと結果として不具合を感じることになります。

NGとなった場合はデザインの目的を再度確認し、良いデザインと評価できる作業を再構築してみましょう。

 

関連:デザインのコツとは?基礎からレイアウトまで詳しくご紹介!

 

良いデザインを実践する4つのコツ

良いデザイン

良いデザインを実際に制作する場合、どのような工程やコツが必要なのでしょう?

ここでは良いデザインを実践する際のコツについてご紹介していきます。

 

ターゲットを明確に決める

良いデザインを実践する場合、まずはターゲットとなるユーザーを明確に決める作業が必要です。

ユーザーの性別や職業、年齢層などを設定し、趣味嗜好を分析してみましょう。

実際のポイントではターゲットとなるユーザーが快適に感じるデザインを用意することが大切。

このため目的となるターゲットの好みを考えることは非常に重要な作業と言えるでしょう。

 

デザインの扱われ方を考える

ターゲットの選定、分析が決まればデザインの扱われ方を考えていきます。

WEBサイトのデザインであれば、ECサイトで販売する商材やランディングページを利用するユーザーに向けたデザインを施すことになります。

実際の作業では、それぞれのコンテンツで扱われる商材やジャンルに合わせたレイアウトやフォント、配色を選ぶことになります。

このようにデザインの扱われ方を考慮し、目的に合わせた良いデザインを制作していきましょう。

 

デザインの見せ方を意識する

デザインを制作する際、利用する方がどのように感じるかを考慮し見せ方を意識することが大切。

例えば紹介する商材やコンテンツに合わせた色味、明るさを意識することで見せ方は異なります。

また、PCやタブレット、スマホなど利用するデバイスが変われば印象も異なるため違和感のないよう仕上げましょう。

デザインがどのように扱われるのかを考え、目的に合わせた見せ方を工夫するように意識してみましょう。

 

デザインが与える影響について

デザインを用意することで、最終的にユーザーや利用者に与える影響について考えてみましょう。

例えば広告であれば店舗やECサイトに訪れる行動に繋がるケースや、フェスの案内であればライブやイベントに訪れるユーザーを想定しましょう。

デザインをきっかけにユーザーにどのような影響を与え、結果に繋がるかをシュミレーションすることが大切。

良いデザインを用意し、望む結果に繋がるよう作業していきましょう。

 

良いデザインの実践方法

良いデザイン

良いデザインを制作する場合、実際の作業ではどのような方法があるのでしょうか?

ここでは具体的な制作の方法についてご紹介します。

 

プロセスを可視化する

良いデザインを実践するためには、依頼者とデザイナーが最終的な目的やイメージを共有することが大切です。

特にビジュアルや動画など視覚的に訴えるデザインについては、意識が共有できてない場合目的と異なる仕上がりになってしまう可能性があります。

このため個々のデザインする作業を可視化し、発注者とデザイナーが行う作業を可視化して行きましょう。

 

スムーズな意見交換

デザイナーが作業を行う際、項目や段階ごとに発注者がチェックを行う事もスムーズな意見交換には欠かせません。

デザインの校正を都度行い、発注者の意図を明確に伝えることやデザイナーの意向を直接意見交換していきましょう。

お互いの意図を伝え意見交換することで、スムーズな作業を実践することに繋がります。

このように良いデザインを実践する目的に合わせ作業を行なっていきましょう。

 

関連:一歩先をいくためのデザイン基礎知識について解説

 

良いデザイン【まとめ】

今回は、良いデザインの基準や実績する4つのコツについて詳しく解説しました。

良いデザインを判断する際、レイアウトや配色などさまざまな基準があることを解説しました。

また実践する方法やコツについても詳しく解説しましたので、制作時に意識すべきポイントとして覚えておいてください。

 

実際のコンテンツ制作ではターゲットとなるユーザーが快適に感じるデザインを用意することが大切でした。

依頼者とデザイナーが目的を共有し、工程ごとに作業を確認していくことで良いデザインは生まれます。

今回ご紹介しました良いデザインの基準を参考に、最適なデザインを制作していきましょう。

カジュアルミーティング
  • 2022.8.9
  • デザイン
  • デザイン

私たちの身の廻りには、デザインで溢れています。

普段何気なく手に取る商品や広告、ロゴなどを見た時「良いデザインだな」と感じる機会もあるでしょう。

それでは「良いデザイン」とは一体どのようなものを指すのでしょう?

 

明確なルールや基準が存在するのか気になるところですよね。

そこで本記事では、良いデザインの基準や実績する4つのコツについて詳しく解説していきます。

デザインに触れる際の基準について、是非参考にご覧下さい。

 

良いデザインの基準とは?

良いデザイン

商品や広告、ロゴなど身の廻りのデザインで「良いデザイン」に基準はあるのでしょうか?

実は良いデザインかを決める基準については、デザインを見た方の趣味嗜好が反映されるケースが多くなります。

例えばブランドの商品や広告を見ても、視聴する世代や性別、好みによって同じ反応にならない可能性があります。

しかしこのような好みの差以外にも、良いデザインを決める基準は存在します。

それぞれの基準について見ていきましょう。

 

最終的な目的が明確である

良いデザインを形造る際に重要な要素のひとつに「最終的な目的」が明確に持たれているかという基準があります。

例えばプロダクトデザイナーが商品やロゴなのデザインを作る場合には、最終的な顧客(この場合はクライアントやユーザー)が良いデザインと感じてもらえるようデザインを決めることになります。

 

また良いデザインを決める際の基準では「高級感」や「美しさ」、「かわいい」「お洒落」などターゲットとなるユーザーの趣味嗜好に合うものを用意する必要があります。

このためデザインを決める際は、最終的な目的を明確にすることが大切な基準のひとつとなります。

 

レイアウトのポイントを抑えている

例えば広告やウェブデザインを制作する場合では、良いデザインを作るための「レイアウトのポイント」があります。

レイアウトのポイントでは、デザイン関連の書籍「ノンデザイナーズ・デザインブック」で紹介されている4つのポイントを参照してみるとよいでしょう。

 

  • 強弱を意識した「コントラスト」

はっきりと目立たせ強調する箇所と、あえて地味に演出する箇所を分けることでデザインにメリハリを付けるテクニックを「コントラスト」と呼びます。

コントラストを意識することで、ユーザーに伝えたい情報を効果的に演出することができます。

 

  • 繰り返しリズムを付ける「反復」

異なる要素を一定のルールに基づき繰り返すことで、デザインにリズムをつけることを「反復」と呼びます。

例えば広告では異なる商材を大きくカテゴリーで分け、商品名やサイズ、価格を一定のデザインで統一していきます。

この場合同じレイアウトで商品紹介は続くことになるため(反復)、読み手に一定のリズムが付き読みやすくなります。

また、Webサイトでは見出しや箇条書き、マーカーなどを使用し文章を一定のルールで装飾する手法もあります。

この場合も読者は一定のリズムで読むことができるため、快適な閲覧が可能に。

 

他には文章を画面の中央、左右に寄せることで視覚的に文章を追いやすくなり読みやすくする方法もあります。

いずれも異なる要素をカテゴリー分けし、反復することで快適なリズムを生み出すテクニックとなりますので、覚えておきましょう。

 

色合いが調和している

デザインの良さを決める要素では「色合い」も非常に重要なポイントになります。

色は視覚的、心理的にデザインを印象付ける役割りを持っているためデザインと調和させることが大切。

例えば夏場に使用するブルーは清涼感やクールな印象を与えます。

一方でオレンジや赤などの暖色は食欲を高めたり温かい印象を与えてくれます。

 

  • 色の三属性で配色

色合いを決める際に必要な要素では、「色相・明度・彩度」という3つの属性があります。

配色を決める際、緑や紫などの色味を決める「色相」や明るさを決めるる「明度」、鮮やかさを表す「彩度」を調整することになります。

 

  • 配色による印象の違い

例えば同じ色味であっても、彩度の高い配色では鮮烈な印象を与えることになります。

一方彩度落とした場合、ナチュラルで薄い印象を受けることになるでしょう。

また、色相が同じで彩度や明度を変化させた場合、配色そのものは似たような色味になるケースも多くなります。

このように配色次第で、デザインの印象を大きく変えることに繋がります。

良いデザインを形作る要素として、配色の特性を使いこなす事が重要といえます。

 

最適なフォントが選ばれている

レイアウトと合わせ、文章やロゴを構成するフォントもデザインに占める割合いは高くなります。

フォントの形のことを「書体」と呼びますが、「ゴシック体」「明朝体」の大きく2つのグループに分けることができます。

一般的にゴシック体は文字の線幅や太さが同じであり、明朝体は部分的に線幅や太さが異なる特徴を持ちます。

 

ゴシック体はモダンで力強い印象を与える傾向があり、広告やジャケットなどインパクトが必要な用途で使用されます。

一方の明朝体は、落ち着いた印象を与えるため新聞や小説などで使用されることの多い書体です。

良いデザインの基準では使用する媒体や目的に合わせ、最適なフォントが選ばれるよう意識することが大切です。

 

NGなデザインの理由とは?

良いデザインの基準を解説しましたが、一方で「NGなデザイン」も存在します。

実際のデザイン上でNGなデザインの理由とはどのようなものがあるのでしょう?

デザインは商品やロゴ、広告など使用する媒体や用途によりさまざまです。

良いデザインの条件として、ユーザーや購読者が快適に感じるデザインを制作する必要があります。

 

しかし色味や構成、選択する画像などに「違和感」を感じる場合はNGなデザインといえるでしょう。

デザインを構成する要素(配色、レイアウト、色味など)を選択・調整し目的に沿った作業を行うことが大切。

それぞれの要素がバラバラであったり、選択を間違えてしまうと結果として不具合を感じることになります。

NGとなった場合はデザインの目的を再度確認し、良いデザインと評価できる作業を再構築してみましょう。

 

関連:デザインのコツとは?基礎からレイアウトまで詳しくご紹介!

 

良いデザインを実践する4つのコツ

良いデザイン

良いデザインを実際に制作する場合、どのような工程やコツが必要なのでしょう?

ここでは良いデザインを実践する際のコツについてご紹介していきます。

 

ターゲットを明確に決める

良いデザインを実践する場合、まずはターゲットとなるユーザーを明確に決める作業が必要です。

ユーザーの性別や職業、年齢層などを設定し、趣味嗜好を分析してみましょう。

実際のポイントではターゲットとなるユーザーが快適に感じるデザインを用意することが大切。

このため目的となるターゲットの好みを考えることは非常に重要な作業と言えるでしょう。

 

デザインの扱われ方を考える

ターゲットの選定、分析が決まればデザインの扱われ方を考えていきます。

WEBサイトのデザインであれば、ECサイトで販売する商材やランディングページを利用するユーザーに向けたデザインを施すことになります。

実際の作業では、それぞれのコンテンツで扱われる商材やジャンルに合わせたレイアウトやフォント、配色を選ぶことになります。

このようにデザインの扱われ方を考慮し、目的に合わせた良いデザインを制作していきましょう。

 

デザインの見せ方を意識する

デザインを制作する際、利用する方がどのように感じるかを考慮し見せ方を意識することが大切。

例えば紹介する商材やコンテンツに合わせた色味、明るさを意識することで見せ方は異なります。

また、PCやタブレット、スマホなど利用するデバイスが変われば印象も異なるため違和感のないよう仕上げましょう。

デザインがどのように扱われるのかを考え、目的に合わせた見せ方を工夫するように意識してみましょう。

 

デザインが与える影響について

デザインを用意することで、最終的にユーザーや利用者に与える影響について考えてみましょう。

例えば広告であれば店舗やECサイトに訪れる行動に繋がるケースや、フェスの案内であればライブやイベントに訪れるユーザーを想定しましょう。

デザインをきっかけにユーザーにどのような影響を与え、結果に繋がるかをシュミレーションすることが大切。

良いデザインを用意し、望む結果に繋がるよう作業していきましょう。

 

良いデザインの実践方法

良いデザイン

良いデザインを制作する場合、実際の作業ではどのような方法があるのでしょうか?

ここでは具体的な制作の方法についてご紹介します。

 

プロセスを可視化する

良いデザインを実践するためには、依頼者とデザイナーが最終的な目的やイメージを共有することが大切です。

特にビジュアルや動画など視覚的に訴えるデザインについては、意識が共有できてない場合目的と異なる仕上がりになってしまう可能性があります。

このため個々のデザインする作業を可視化し、発注者とデザイナーが行う作業を可視化して行きましょう。

 

スムーズな意見交換

デザイナーが作業を行う際、項目や段階ごとに発注者がチェックを行う事もスムーズな意見交換には欠かせません。

デザインの校正を都度行い、発注者の意図を明確に伝えることやデザイナーの意向を直接意見交換していきましょう。

お互いの意図を伝え意見交換することで、スムーズな作業を実践することに繋がります。

このように良いデザインを実践する目的に合わせ作業を行なっていきましょう。

 

関連:一歩先をいくためのデザイン基礎知識について解説

 

良いデザイン【まとめ】

今回は、良いデザインの基準や実績する4つのコツについて詳しく解説しました。

良いデザインを判断する際、レイアウトや配色などさまざまな基準があることを解説しました。

また実践する方法やコツについても詳しく解説しましたので、制作時に意識すべきポイントとして覚えておいてください。

 

実際のコンテンツ制作ではターゲットとなるユーザーが快適に感じるデザインを用意することが大切でした。

依頼者とデザイナーが目的を共有し、工程ごとに作業を確認していくことで良いデザインは生まれます。

今回ご紹介しました良いデザインの基準を参考に、最適なデザインを制作していきましょう。

カジュアルミーティング