スタートアップに必須!デザイン開発ツールを紹介

  • 2021.12.13
  • スタートアップ
  • スタートアップ

スタートアップ,ツール

新規事業ではWEBサイトやアプリ、広告のデザインなどは必須といっても過言ではありません。

この記事では、スタートアップ時のデザイン開発におすすめなツールをご紹介しています。

 

デザイン開発ツールとは

デザイン,ツール

WEBサイトやアプリ開発、広告やポスター、企業ロゴ、写真の補正など目的別に特化したツールのことです。

例えば画像編集ならPhotoshop、イラスト関係ならIllustratorが有名です。

 

デザイン開発ツールの種類

 

デザイン開発に関連したツールは、おおまかに以下のように分類できます。

 

UIデザイン

Webサイトやアプリのデザインをするツールです。かつてはPhotoshopが主流でしたが、使いやすくコスパの良い「Sketch」が登場してからはUIデザインツールが主流となってきています。

 

画像編集

画像のリサイズや色調調整、加工や合成、文字入れなどができるツールです。

Photoshopや無料で使えるGIMPなどが有名です。

 

グラフィックデザイン

ポスターや広告、イラスト、各種ロゴの制作などのグラフィック関係に特化したツールです。

Illustratorや無料で使えるInkscapeが有名です。

 

デザイン開発におすすめなツール

デザイン,ツール

こちらでは王道といえるツールをご紹介します。

 

UIデザインツール

WEBやアプリ製作に必要な画像編集や使用感を検証する機能など、効率的に作業ができる機能をまとめたツールといえます。

 

Sketch

UIデザインツールの元祖ともいえる人気のツール。

提供元 https://www.sketch.com/
料金 年間99ドル
特徴 ・Mac専用
・UIデザインツールが広まることとなった最初のツール
・情報が多いため、不明点も調べやすい
・素材も豊富なため企画書やプレゼンテーションにも利用可能

 

Adobe XD

信頼度抜群のAdobeが開発したUIデザインツール。

提供元 https://www.adobe.com/jp/products/xd.html
料金 XD単体プラン 月額1,298円 (7日間の無料体験あり)
コンプリートプラン 月額6,248円
特徴 ・動作が軽快かつシンプルな画面構成で操作がしやすい

 

Figma

チームで作業するならこれがおすすめ。

提供元 https://www.figma.com/
料金 スタータープラン 無料
使用する編集者を追加するごとに料金発生
特徴 ・チームで作業ができる機能が充実
・インストール不要のため、ブラウザ上で操作できる
・URLを送るだけで公開も可能
・画像加工ができない

関連:「デザインツールfigmaとXDの違いとは?おすすめの人を徹底解説

 

WEB制作ツール

画像関係や直感的にホームページ作成ができるツールもあります。

 

Adobe Photoshop

元祖ともいえる画像編集ツール。

提供元 https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html
料金 月額2,728円(7日間無料体験あり)
特徴 ・画像補正や写真の加工に使用
・UIデザインツールと併用を推奨

 

Adobe Illustrator

紙媒体に関する製作では欠かせないイラスト関係のツール。

提供元 https://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html
料金 月額2,728円(7日間無料体験あり)
特徴 ・ロゴやイラスト、アイコンやキャラクターの作成に使用
・広告やポスターのデザインや製作に有力
・UIデザインツールと併用を推奨 |

 

Wix

簡単にデザインでき、そのままサイトとして公開できるホームページ作成ツール。

提供元 https://ja.wix.com/
料金 基本無料(広告なしや独自ドメイン接続にする場合は有料)
特徴 ・知識がなくても、マウスによるドラッグ&ドロップで簡単にHP作成ができる
・世界的に有名なため、調べることも容易

 

まとめ

従来はPhotoshopやIllustratorなどをデザインツールとして使用していました。

しかし、それらは操作が複雑で難解といった問題もありました。

そこへ登場したUIデザインツールは、必要な機能だけを厳選し、使いやすくしたいいとこ取りのツールといえます。

 

カジュアルミーティング
  • 2021.12.13
  • スタートアップ
  • スタートアップ

新規事業ではWEBサイトやアプリ、広告のデザインなどは必須といっても過言ではありません。

この記事では、スタートアップ時のデザイン開発におすすめなツールをご紹介しています。

 

デザイン開発ツールとは

デザイン,ツール

WEBサイトやアプリ開発、広告やポスター、企業ロゴ、写真の補正など目的別に特化したツールのことです。

例えば画像編集ならPhotoshop、イラスト関係ならIllustratorが有名です。

 

デザイン開発ツールの種類

 

デザイン開発に関連したツールは、おおまかに以下のように分類できます。

 

UIデザイン

Webサイトやアプリのデザインをするツールです。かつてはPhotoshopが主流でしたが、使いやすくコスパの良い「Sketch」が登場してからはUIデザインツールが主流となってきています。

 

画像編集

画像のリサイズや色調調整、加工や合成、文字入れなどができるツールです。

Photoshopや無料で使えるGIMPなどが有名です。

 

グラフィックデザイン

ポスターや広告、イラスト、各種ロゴの制作などのグラフィック関係に特化したツールです。

Illustratorや無料で使えるInkscapeが有名です。

 

デザイン開発におすすめなツール

デザイン,ツール

こちらでは王道といえるツールをご紹介します。

 

UIデザインツール

WEBやアプリ製作に必要な画像編集や使用感を検証する機能など、効率的に作業ができる機能をまとめたツールといえます。

 

Sketch

UIデザインツールの元祖ともいえる人気のツール。

提供元 https://www.sketch.com/
料金 年間99ドル
特徴 ・Mac専用
・UIデザインツールが広まることとなった最初のツール
・情報が多いため、不明点も調べやすい
・素材も豊富なため企画書やプレゼンテーションにも利用可能

 

Adobe XD

信頼度抜群のAdobeが開発したUIデザインツール。

提供元 https://www.adobe.com/jp/products/xd.html
料金 XD単体プラン 月額1,298円 (7日間の無料体験あり)
コンプリートプラン 月額6,248円
特徴 ・動作が軽快かつシンプルな画面構成で操作がしやすい

 

Figma

チームで作業するならこれがおすすめ。

提供元 https://www.figma.com/
料金 スタータープラン 無料
使用する編集者を追加するごとに料金発生
特徴 ・チームで作業ができる機能が充実
・インストール不要のため、ブラウザ上で操作できる
・URLを送るだけで公開も可能
・画像加工ができない

関連:「デザインツールfigmaとXDの違いとは?おすすめの人を徹底解説

 

WEB制作ツール

画像関係や直感的にホームページ作成ができるツールもあります。

 

Adobe Photoshop

元祖ともいえる画像編集ツール。

提供元 https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html
料金 月額2,728円(7日間無料体験あり)
特徴 ・画像補正や写真の加工に使用
・UIデザインツールと併用を推奨

 

Adobe Illustrator

紙媒体に関する製作では欠かせないイラスト関係のツール。

提供元 https://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html
料金 月額2,728円(7日間無料体験あり)
特徴 ・ロゴやイラスト、アイコンやキャラクターの作成に使用
・広告やポスターのデザインや製作に有力
・UIデザインツールと併用を推奨 |

 

Wix

簡単にデザインでき、そのままサイトとして公開できるホームページ作成ツール。

提供元 https://ja.wix.com/
料金 基本無料(広告なしや独自ドメイン接続にする場合は有料)
特徴 ・知識がなくても、マウスによるドラッグ&ドロップで簡単にHP作成ができる
・世界的に有名なため、調べることも容易

 

まとめ

従来はPhotoshopやIllustratorなどをデザインツールとして使用していました。

しかし、それらは操作が複雑で難解といった問題もありました。

そこへ登場したUIデザインツールは、必要な機能だけを厳選し、使いやすくしたいいとこ取りのツールといえます。

 

カジュアルミーティング