アプリ開発のuiデザインでfigmaを使う4つのメリットとは

  • 2022.1.20
  • Figma
  • デザイン

figma

アプリ開発の現場で使われるデザインツールはいくつもあります。

figma、Sketch、Adobe XD、Framer、Drama、InVision Studio、など、それぞれのツールで機能や特長が異なります。

また、プロジェクトの規模や予算、作業環境によってどれを使うか選ぶ事になります。

今回はその中でも「figma」を使うメリットについて、わかりやすくご紹介します。

 

figmaの素晴らしさ

figma

①:webブラウザ上でデザインができる

ダウンロード版もありますが、なんといってもfigmaが好まれる理由としては、webブラウザでデザイン作業ができる画期的な機能にあります。

使用感もとても軽く、サクサク動きます。有償版の場合ストレージも無制限です。

 

②:ライセンス問題から解放、複数人で同時に共同作業が可能

Photoshopやillustratorと違い、ブラウザがあれば閲覧・編集ができるため、プロジェクト内での共同作業が可能です。

違う場所にいるプロジェクトメンバーと、figmaをブラウザで開き、同時に見ながらオンラインミーティングを開催できます。

 

ディレクターやエンジニアなどと意見交換をしながら、その場でデザインをブラッシュアップしていけます。

デザイナー同士で作業を分けて進めていく場合にも、figmaは自動保存されるので、差分管理のストレスから解放されます。

クライアントとの打合せやプレゼンでは、プロトタイプのURLを共有して、その場でデモをしながら、クライアントからの改善点や要望などを反映することができます。

 

③:豊富なプラグイン

figmaはプラグインの開発も熱心にされていて、欲しいと思う機能はたいがいプラグインであるのも人気の理由です。

UIデザインに特化したプラグインは、思わず「すごい!」と目から鱗のものも多数あり、効率化や、豊富な機能はデザイナーにとっても、大きなメリットです。

 

④:気軽に無料でスタートできる

無料版は機能に制限はありますが、プロジェクトにこのツールが最適かどうか、を試すために、まずは無料版で使ってみる事もおすすめです。

 

figmaがもたらす、プロジェクトへのパフォーマンス

figma

デザイン概念の革命

figmaの登場以前、デザインデータはデザイナーだけで作られる、ある意味閉じられた、敷居が高い特別なファイルでした。

編集・保存もデザイナーのパソコンで行われていました。

 

しかし、figmaの登場で、その概念は大きく変わりました。ディレクター、エンジニア、クライアント、プロジェクトに関わる全員が、デザインデータを編集できるようになりました。

現場のメンバーだけでなく、ステークホルダーと言われる人たちにも、プロジェクトのプロセスを見せることも可能です。

 

コスト削減と生産性アップ

プロジェクトメンバー全員がデザインデータをwebブラウザで確認でき、編集できることで、それまでデザインデータにかかっていたコストや工数が削減でき、生産性を上げる事ができるようになりました。

例えば、デザイナーがPhotoshopで作成したデータを、確認してもらうためにJPGやPDFにする必要はなくなりました。共有URLを送れば完了です。

 

それだけでもどれほどの工数がカットでき、スピード感を持ってプロジェクトが進むか想像できます。

プロジェクトを管理する側にとってもメリットは非常に大きなものです。

 

デザインをプロジェクトメンバー全員で作り上げる

デザインはデザイナーに任せる、という従来のフローから、figmを導入することでデザインをみんなで作り上げる事ができるようになりました。これはメリットとして一番大きいと思います。

 

アプリ開発では、UIデザインの議論が非常に重要です。figmaではデザインフェーズに、ディレクターやエンジニア、クライアントを直接巻き込む事ができます。

同時に同じものを見て、デザインを動かしながらその場で具体的な議論を行い、より良いものを作る作業を効率的に行えます。

 

以前よく行われていた「開発合宿のような一体感」をfigmaを使うと感じる事ができます。

担当任せではなく、全員のモチベーションを維持しながら、プロジェクト運営する事は、プロジェクト成功の重要な秘訣でもあります。

 

関連:「デザインは内製と外注どちらがいいの?

 

まとめ

figmaは、デザイン作業の効率化だけでなく、プロジェクトにおける、デザイン工程に新しい価値を作ることに成功しました。

figmaを導入する事で、プロジェクトメンバーの関わりを、今までのプロジェクトにはない理想的なものにしてくれるツールです。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • Figma
  • デザイン

アプリ開発の現場で使われるデザインツールはいくつもあります。

figma、Sketch、Adobe XD、Framer、Drama、InVision Studio、など、それぞれのツールで機能や特長が異なります。

また、プロジェクトの規模や予算、作業環境によってどれを使うか選ぶ事になります。

今回はその中でも「figma」を使うメリットについて、わかりやすくご紹介します。

 

figmaの素晴らしさ

figma

①:webブラウザ上でデザインができる

ダウンロード版もありますが、なんといってもfigmaが好まれる理由としては、webブラウザでデザイン作業ができる画期的な機能にあります。

使用感もとても軽く、サクサク動きます。有償版の場合ストレージも無制限です。

 

②:ライセンス問題から解放、複数人で同時に共同作業が可能

Photoshopやillustratorと違い、ブラウザがあれば閲覧・編集ができるため、プロジェクト内での共同作業が可能です。

違う場所にいるプロジェクトメンバーと、figmaをブラウザで開き、同時に見ながらオンラインミーティングを開催できます。

 

ディレクターやエンジニアなどと意見交換をしながら、その場でデザインをブラッシュアップしていけます。

デザイナー同士で作業を分けて進めていく場合にも、figmaは自動保存されるので、差分管理のストレスから解放されます。

クライアントとの打合せやプレゼンでは、プロトタイプのURLを共有して、その場でデモをしながら、クライアントからの改善点や要望などを反映することができます。

 

③:豊富なプラグイン

figmaはプラグインの開発も熱心にされていて、欲しいと思う機能はたいがいプラグインであるのも人気の理由です。

UIデザインに特化したプラグインは、思わず「すごい!」と目から鱗のものも多数あり、効率化や、豊富な機能はデザイナーにとっても、大きなメリットです。

 

④:気軽に無料でスタートできる

無料版は機能に制限はありますが、プロジェクトにこのツールが最適かどうか、を試すために、まずは無料版で使ってみる事もおすすめです。

 

figmaがもたらす、プロジェクトへのパフォーマンス

figma

デザイン概念の革命

figmaの登場以前、デザインデータはデザイナーだけで作られる、ある意味閉じられた、敷居が高い特別なファイルでした。

編集・保存もデザイナーのパソコンで行われていました。

 

しかし、figmaの登場で、その概念は大きく変わりました。ディレクター、エンジニア、クライアント、プロジェクトに関わる全員が、デザインデータを編集できるようになりました。

現場のメンバーだけでなく、ステークホルダーと言われる人たちにも、プロジェクトのプロセスを見せることも可能です。

 

コスト削減と生産性アップ

プロジェクトメンバー全員がデザインデータをwebブラウザで確認でき、編集できることで、それまでデザインデータにかかっていたコストや工数が削減でき、生産性を上げる事ができるようになりました。

例えば、デザイナーがPhotoshopで作成したデータを、確認してもらうためにJPGやPDFにする必要はなくなりました。共有URLを送れば完了です。

 

それだけでもどれほどの工数がカットでき、スピード感を持ってプロジェクトが進むか想像できます。

プロジェクトを管理する側にとってもメリットは非常に大きなものです。

 

デザインをプロジェクトメンバー全員で作り上げる

デザインはデザイナーに任せる、という従来のフローから、figmを導入することでデザインをみんなで作り上げる事ができるようになりました。これはメリットとして一番大きいと思います。

 

アプリ開発では、UIデザインの議論が非常に重要です。figmaではデザインフェーズに、ディレクターやエンジニア、クライアントを直接巻き込む事ができます。

同時に同じものを見て、デザインを動かしながらその場で具体的な議論を行い、より良いものを作る作業を効率的に行えます。

 

以前よく行われていた「開発合宿のような一体感」をfigmaを使うと感じる事ができます。

担当任せではなく、全員のモチベーションを維持しながら、プロジェクト運営する事は、プロジェクト成功の重要な秘訣でもあります。

 

関連:「デザインは内製と外注どちらがいいの?

 

まとめ

figmaは、デザイン作業の効率化だけでなく、プロジェクトにおける、デザイン工程に新しい価値を作ることに成功しました。

figmaを導入する事で、プロジェクトメンバーの関わりを、今までのプロジェクトにはない理想的なものにしてくれるツールです。

 

カジュアルミーティング