企業でSNSを運用すべき理由とは?新たなメディア活用法!

  • 2022.1.24
  • SNS企業
  • 新規事業

企業,SNS

日々活用するインスタグラムやLINE、FacebookなどのSNSは、幅広い層に親しまれています。

一方企業にとってはSNSは大いなるビジネスチャンスでもあります。

実はここ数年、SNS運用で大幅にビジネスを拡大している企業が増えています。

 

しかし情報が溢れる現在、どのようにSNSを運用すべきか分からない場合も多くありますよね。

そこで今回は、企業のSNSを運用すべき理由や、新たなメディア活用法について解説していきます。

これからの企業SNSの運用について、是非参考にご覧下さい。

 

企業でSNSを運用すべき3つの理由とは

企業,SNS

企業が行うマーケティングでは、商品やサービスの魅力を知るきっかけとしてSNSを活用する機会が増えています。

ここでは企業がSNSを運用すべき3つの理由についてご紹介していきます。

 

幅広い認知拡大を狙える

SNSでもっとも効果が高い要素として「認知拡大」があります。

SNSは幅広い年齢層のユーザーに商品やサービスを知ってもらう機会が多い場。

また、影響力のあるインフルエンサーが投稿・シェアする情報であれば、関心を高める事も可能です。

 

ブランディング構築に活かせる

ブランディングにSNSを活用することで、商品やサービスの持つイメージを高める事ができます。

ユーザー同士が交わる事の多いSNSでは、企業が発信するブランドイメージによりマインドシェアが高まり、購買に繋がります。

 

コンバージョンへ導く

商品の問合せや来店・販売など、商品やサービスに対する行動をコンバージョンと呼びます。

SNSを活用し認知拡大・ブランディングが浸透した結果、ソーシャルメディアを通じてこうした行動へ導くことが可能になります。

 

このように企業がSNSを運用すべき理由として、認知拡大・ブランディング・コンバージョンの3つがあります。

ユーザーの販路を拡大する意味でも、SNSでのマーケティングを開始して行きましょう。

 

企業向けSNSの種類や特徴

SNSを企業マーケティングに活用する場合、どの媒体を選ぶかは重要なポイントです。

ここでは企業向けSNSの種類や特徴について解説していきます。

 

Twitter・リアルな口コミが特徴

約4500万人の国内ユーザーのうち、20代がもっとも多く幅広い年代で使用されています。

短文のテキスト投稿がメインとなるTwitterは、リアルな口コミを収集しやすい特徴があります。

 

Instagram・視覚的ブランディング

国内ユーザーは約3300万人。20〜40代が多く女性の比率も高い傾向があります。

画像や動画の投稿が可能ですが、基本は画像が中心になりますので、視覚的ブランディングで消費者が関心を持つような運営がおすすめです。

 

Facebook・安定した情報発信

国内ユーザー数約2600万人。40〜50代の中高年ユーザーが中心です。

実名でリアルな繋がりが特徴のFacebookでは、ユーザーの趣味嗜好に合わせたターゲティングが可能です。

ただしユーザー数は年々減少傾向にあります。

 

LINE・クローズドな情報環境

国内ユーザーは8600万人以上と幅広い層で利用されています。

企業の公式アカウントをフォローしてもらえれば、定期的に情報を受け取ってもらう事もできます。

ユーザー数が多く、アクティブ率も高い一方でクローズドなサービスのため拡散性は高くありません。

 

その他のSNSコンテンツ

最近では企業の公式アカウントも増えているYouTubeでは、動画によるプロモーションや商品イメージを伝えやすいメリットがあります。

また、TikTokでは短尺動画が若年層に人気となっています。

このようにSNSの種類ごとにユーザーの層や特徴が異なりますので、それぞれの特性に合った企業マーケティングを実施していきましょう。

 

新たな企業SNSメディア活用法とは?

企業,SNS

企業がSNSを運用する際、掲載するメディアの種類により手法やコンテンツを変える必要があります。

ここでは新たなメディア活用法についてご紹介していきます。

 

  • オウンドメディア

企業が所有するメディアで、自社Webサイトや配信するコンテンツになります。

 

  • アーンドメディア

興味・関心を集めるためのメディア。 特にユーザーの紹介記事や口コミ、評判などが該当。

 

  • ペイドメディア

配信枠などを購入し利用する広告などのメディア。

 

企業のマーケティング活動では、SNSは上記の3通りのどのメディアも利用することが可能。

最近ではアーンドメディア、ペイドメディアで認知度を高め自社コンテンツなどオウンドメディアへ導く手法が主流です。

それぞれのメディア特性を活かし、販売に繋げていきましょう。

 

関連:「企業のツイッター始め方を解説!フォロワーを増やす運用方法

 

まとめ

今回は、企業のSNSを運用すべき理由や、新たなメディア活用法について解説しました。

企業がSNSを利用すべき理由では、認知拡大やブランディング構築に役立つ点をご紹介し、また、SNSの種類や特徴では、それぞれのSNSの傾向や特徴を解説しました。

企業マーケティングにSNSを活用する機会は、これから益々増えていきます。

それぞれのメディア特性を活かし、SNS運用を実施していきましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.24
  • SNS企業
  • 新規事業

日々活用するインスタグラムやLINE、FacebookなどのSNSは、幅広い層に親しまれています。

一方企業にとってはSNSは大いなるビジネスチャンスでもあります。

実はここ数年、SNS運用で大幅にビジネスを拡大している企業が増えています。

 

しかし情報が溢れる現在、どのようにSNSを運用すべきか分からない場合も多くありますよね。

そこで今回は、企業のSNSを運用すべき理由や、新たなメディア活用法について解説していきます。

これからの企業SNSの運用について、是非参考にご覧下さい。

 

企業でSNSを運用すべき3つの理由とは

企業,SNS

企業が行うマーケティングでは、商品やサービスの魅力を知るきっかけとしてSNSを活用する機会が増えています。

ここでは企業がSNSを運用すべき3つの理由についてご紹介していきます。

 

幅広い認知拡大を狙える

SNSでもっとも効果が高い要素として「認知拡大」があります。

SNSは幅広い年齢層のユーザーに商品やサービスを知ってもらう機会が多い場。

また、影響力のあるインフルエンサーが投稿・シェアする情報であれば、関心を高める事も可能です。

 

ブランディング構築に活かせる

ブランディングにSNSを活用することで、商品やサービスの持つイメージを高める事ができます。

ユーザー同士が交わる事の多いSNSでは、企業が発信するブランドイメージによりマインドシェアが高まり、購買に繋がります。

 

コンバージョンへ導く

商品の問合せや来店・販売など、商品やサービスに対する行動をコンバージョンと呼びます。

SNSを活用し認知拡大・ブランディングが浸透した結果、ソーシャルメディアを通じてこうした行動へ導くことが可能になります。

 

このように企業がSNSを運用すべき理由として、認知拡大・ブランディング・コンバージョンの3つがあります。

ユーザーの販路を拡大する意味でも、SNSでのマーケティングを開始して行きましょう。

 

企業向けSNSの種類や特徴

SNSを企業マーケティングに活用する場合、どの媒体を選ぶかは重要なポイントです。

ここでは企業向けSNSの種類や特徴について解説していきます。

 

Twitter・リアルな口コミが特徴

約4500万人の国内ユーザーのうち、20代がもっとも多く幅広い年代で使用されています。

短文のテキスト投稿がメインとなるTwitterは、リアルな口コミを収集しやすい特徴があります。

 

Instagram・視覚的ブランディング

国内ユーザーは約3300万人。20〜40代が多く女性の比率も高い傾向があります。

画像や動画の投稿が可能ですが、基本は画像が中心になりますので、視覚的ブランディングで消費者が関心を持つような運営がおすすめです。

 

Facebook・安定した情報発信

国内ユーザー数約2600万人。40〜50代の中高年ユーザーが中心です。

実名でリアルな繋がりが特徴のFacebookでは、ユーザーの趣味嗜好に合わせたターゲティングが可能です。

ただしユーザー数は年々減少傾向にあります。

 

LINE・クローズドな情報環境

国内ユーザーは8600万人以上と幅広い層で利用されています。

企業の公式アカウントをフォローしてもらえれば、定期的に情報を受け取ってもらう事もできます。

ユーザー数が多く、アクティブ率も高い一方でクローズドなサービスのため拡散性は高くありません。

 

その他のSNSコンテンツ

最近では企業の公式アカウントも増えているYouTubeでは、動画によるプロモーションや商品イメージを伝えやすいメリットがあります。

また、TikTokでは短尺動画が若年層に人気となっています。

このようにSNSの種類ごとにユーザーの層や特徴が異なりますので、それぞれの特性に合った企業マーケティングを実施していきましょう。

 

新たな企業SNSメディア活用法とは?

企業,SNS

企業がSNSを運用する際、掲載するメディアの種類により手法やコンテンツを変える必要があります。

ここでは新たなメディア活用法についてご紹介していきます。

 

  • オウンドメディア

企業が所有するメディアで、自社Webサイトや配信するコンテンツになります。

 

  • アーンドメディア

興味・関心を集めるためのメディア。 特にユーザーの紹介記事や口コミ、評判などが該当。

 

  • ペイドメディア

配信枠などを購入し利用する広告などのメディア。

 

企業のマーケティング活動では、SNSは上記の3通りのどのメディアも利用することが可能。

最近ではアーンドメディア、ペイドメディアで認知度を高め自社コンテンツなどオウンドメディアへ導く手法が主流です。

それぞれのメディア特性を活かし、販売に繋げていきましょう。

 

関連:「企業のツイッター始め方を解説!フォロワーを増やす運用方法

 

まとめ

今回は、企業のSNSを運用すべき理由や、新たなメディア活用法について解説しました。

企業がSNSを利用すべき理由では、認知拡大やブランディング構築に役立つ点をご紹介し、また、SNSの種類や特徴では、それぞれのSNSの傾向や特徴を解説しました。

企業マーケティングにSNSを活用する機会は、これから益々増えていきます。

それぞれのメディア特性を活かし、SNS運用を実施していきましょう。

 

カジュアルミーティング