新規事業の成功の鍵は?マーケティング市場調査の重要性について解説

  • 2022.1.20
  • マーケティング新規事業
  • 新規事業

新規事業,マーケティング

新規事業を成功させるためには、何よりも市場のニーズを把握することが重要です。

そして、その市場のニーズを知るためには、マーケティング市場調査を行うことが必要不可欠といえます。

この記事では、新規事業を成功させるための鍵であるマーケティング市場調査について解説。

 

必要とされる理由やマーケティング市場調査の方法について紹介します。新規事業のマーケティング市場調査について知りたいと考えている方は、参考にしてみてください。

 

新規事業にマーケティング市場調査がなぜ必要なのか?

新規事業,マーケティング

「市場調査」とは、アンケートや電話・インタビュー等を通じて、市場のニーズを分析して新規事業開発や既存事業のブラッシュアップに活かしていくマーケティング手法です。

新規事業にマーケティング市場調査を活かすことで、現在の市場におけるニーズや必要なことを新規事業に取り入れていくことが可能となります。

 

市場の現状を知ることで、「新規事業の計画は成功するのか」、「本当に新規事業が成功する環境にあるのか」などを判断する基準にもなるでしょう。

 

新規事業に使われるマーケティング市場調査の種類

新規事業に使われるマーケティング市場調査は、主に2種類あります。

  • 市場の傾向がわかる定量調査
  • 消費者の実際の意見がわかる定性調査

この章では、それぞれの調査方法についてくわしくみていきましょう。

 

市場の傾向がわかる定量調査

定量調査は、数値や数字などで表せるデータをまとめて分析する調査です。

商品を購入する人の年代別の購買パターンや時間帯別のお店への来客率など、数値化できるものは全て定量調査の領域に入ります。

定量調査の特徴は、市場の傾向やパターンを分析できる点です。

新規事業を成功させるためには、市場に必要とされていることを実際の商品やサービスに反映していく必要があります。

そのため、定量調査は新規事業を成功させるための、貴重なデータ分析に役立つという点で非常に有益な調査です。

 

消費者の実際の意見がわかる定性調査

定性調査は、数値化できない消費者の意見や行動についての調査です。インタビューやアンケートなどがこれにあたります。

定量調査にはない、行動の裏に隠された潜在的なニーズについて知ることができますね。

定量調査で市場全体の傾向を調査して、定性調査で個人の隠れたニーズについての掘り起こし作業をしていくことが理想です。

そうすることで、客観性と主観性を兼ね備えたマーケティング市場調査が実行され、新規事業が成功する確率はさらに上がるでしょう。

 

【5ステップ】新規事業に向けたマーケティング市場調査

新規事業,マーケティング

新規事業に向けたマーケティング市場調査には、5つのプロセスがあります。

  • ステップ1:マーケティング市場調査の目的を具体的にする
  • ステップ2:マーケティング市場調査の方法を決める
  • ステップ3:マーケティング市場調査を実際に行う
  • ステップ4:調査結果の分析・仮説検証
  • ステップ5:新規事業の立ち上げに向けたアクションを行う

新規事業の成功に向けたマーケティング市場調査をしていくために、まずは調査の具体的なプロセスについて知っておきましょう。

 

ステップ1:マーケティング市場調査の目的を具体的にする

マーケティング市場調査をする前に、まずは新規事業を立ち上げる目的と達成すべき目標について具体的にしていきましょう。

この際、長期的な新規事業計画を考えておくことが重要です。

短期的な利益だけを追求した事業計画では、長期的な事業の成功は見込めません。

ましてや、新規事業の場合は、立ち上げから収益化までの道のりは長く、その多くが赤字のまま頓挫してしまうという現実があります。

 

そのため、長期的な事業計画をもとに市場でより長く、大きな利益を出せるような新規事業計画の目標と目的の設定が、マーケティング市場調査において重要なファーストステップとなるのです。

 

ステップ2:マーケティング市場調査の方法を決める

新規事業のマーケティング市場調査には、主に2種類の方法があります。それが、定量調査と定性調査です。

定量調査は市場全体を分析する調査で、定性調査は消費者の隠れたニーズを発掘していく調査だといえます。

ちなみに、マーケティング市場調査には、SNSを活用する方もがあります。アンケートや意見の募集で、新規事業計画に必要な情報が即座に手に入ります。

 

お金が掛からない上に、消費者の生の声が聞けるので、近年人気が高まっているマーケティング市場調査の方法です。また、SNSを使用する時間が比較的長い、若い世代の意見を積極的に聞けるのが大きな魅力の1つですね。

若い世代のマーケティングのトレンドは移り変わりが激しいので、SNSを通じたマーケティング市場調査は非常に役に立つでしょう。

 

ステップ3:マーケティング市場調査を実際に行う

新規事業の立ち上げに向けたマーケティング市場調査の内容が決まったら、実際に市場調査を行ってデータを集めていきます。

より有効なデータを分析するためには、できるだけ多くの調査をして、データを集めていく必要があります。

 

ステップ4:調査結果の分析・仮説検証

調査結果を分析したら、今度は仮説検証のフェーズです。

「新規事業が本当にニーズに満たす商品なのか」、「競合他社に負けないオリジナリティがあって、収益性が高いか」などの点をマーケティング市場調査を通して、分析していきます。

仮説と検証を繰り返して、いかに多くの改善点を見つけて、製品化に向けてブラッシュアップしていけるかが事業成功の鍵です。

 

ステップ5:新規事業立ち上げに向けたアクションを行う

マーケティング市場調査の分析と仮説検証が済んだら、いよいよ商品・サービスの商品化の段階です。市場のニーズを満たして、売上と収益が上がるような新規事業を稼働させていきましょう。

ただし、商品化に成功すれば新規事業の取り組みは終了ではありません。

実際に商品化してみて見つかった改善点や修正点をもとに、バージョンアップを試みたり、その経験を他の商品開発に活かしたりすることも重要ですね。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ:マーケティング市場調査を活用して、新規事業を成功に導こう!

新規事業を成功させるためには、マーケティング市場調査をうまく活用して、市場のニーズを取り入れて収益性の上がる事業にしていくことが重要です。

マーケティング市場調査には、定量調査と定性調査の2種類が存在します。

定量調査で市場全体の傾向を掴み、定性調査で個別のニーズを発掘しましょう。

2種類の調査を組み合わせることで、より有益な情報を新規事業計画に反映できます。

マーケティング市場調査を新規事業にうまく組み込んで、事業を成功に導いていきましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • マーケティング新規事業
  • 新規事業

新規事業を成功させるためには、何よりも市場のニーズを把握することが重要です。

そして、その市場のニーズを知るためには、マーケティング市場調査を行うことが必要不可欠といえます。

この記事では、新規事業を成功させるための鍵であるマーケティング市場調査について解説。

 

必要とされる理由やマーケティング市場調査の方法について紹介します。新規事業のマーケティング市場調査について知りたいと考えている方は、参考にしてみてください。

 

新規事業にマーケティング市場調査がなぜ必要なのか?

新規事業,マーケティング

「市場調査」とは、アンケートや電話・インタビュー等を通じて、市場のニーズを分析して新規事業開発や既存事業のブラッシュアップに活かしていくマーケティング手法です。

新規事業にマーケティング市場調査を活かすことで、現在の市場におけるニーズや必要なことを新規事業に取り入れていくことが可能となります。

 

市場の現状を知ることで、「新規事業の計画は成功するのか」、「本当に新規事業が成功する環境にあるのか」などを判断する基準にもなるでしょう。

 

新規事業に使われるマーケティング市場調査の種類

新規事業に使われるマーケティング市場調査は、主に2種類あります。

  • 市場の傾向がわかる定量調査
  • 消費者の実際の意見がわかる定性調査

この章では、それぞれの調査方法についてくわしくみていきましょう。

 

市場の傾向がわかる定量調査

定量調査は、数値や数字などで表せるデータをまとめて分析する調査です。

商品を購入する人の年代別の購買パターンや時間帯別のお店への来客率など、数値化できるものは全て定量調査の領域に入ります。

定量調査の特徴は、市場の傾向やパターンを分析できる点です。

新規事業を成功させるためには、市場に必要とされていることを実際の商品やサービスに反映していく必要があります。

そのため、定量調査は新規事業を成功させるための、貴重なデータ分析に役立つという点で非常に有益な調査です。

 

消費者の実際の意見がわかる定性調査

定性調査は、数値化できない消費者の意見や行動についての調査です。インタビューやアンケートなどがこれにあたります。

定量調査にはない、行動の裏に隠された潜在的なニーズについて知ることができますね。

定量調査で市場全体の傾向を調査して、定性調査で個人の隠れたニーズについての掘り起こし作業をしていくことが理想です。

そうすることで、客観性と主観性を兼ね備えたマーケティング市場調査が実行され、新規事業が成功する確率はさらに上がるでしょう。

 

【5ステップ】新規事業に向けたマーケティング市場調査

新規事業,マーケティング

新規事業に向けたマーケティング市場調査には、5つのプロセスがあります。

  • ステップ1:マーケティング市場調査の目的を具体的にする
  • ステップ2:マーケティング市場調査の方法を決める
  • ステップ3:マーケティング市場調査を実際に行う
  • ステップ4:調査結果の分析・仮説検証
  • ステップ5:新規事業の立ち上げに向けたアクションを行う

新規事業の成功に向けたマーケティング市場調査をしていくために、まずは調査の具体的なプロセスについて知っておきましょう。

 

ステップ1:マーケティング市場調査の目的を具体的にする

マーケティング市場調査をする前に、まずは新規事業を立ち上げる目的と達成すべき目標について具体的にしていきましょう。

この際、長期的な新規事業計画を考えておくことが重要です。

短期的な利益だけを追求した事業計画では、長期的な事業の成功は見込めません。

ましてや、新規事業の場合は、立ち上げから収益化までの道のりは長く、その多くが赤字のまま頓挫してしまうという現実があります。

 

そのため、長期的な事業計画をもとに市場でより長く、大きな利益を出せるような新規事業計画の目標と目的の設定が、マーケティング市場調査において重要なファーストステップとなるのです。

 

ステップ2:マーケティング市場調査の方法を決める

新規事業のマーケティング市場調査には、主に2種類の方法があります。それが、定量調査と定性調査です。

定量調査は市場全体を分析する調査で、定性調査は消費者の隠れたニーズを発掘していく調査だといえます。

ちなみに、マーケティング市場調査には、SNSを活用する方もがあります。アンケートや意見の募集で、新規事業計画に必要な情報が即座に手に入ります。

 

お金が掛からない上に、消費者の生の声が聞けるので、近年人気が高まっているマーケティング市場調査の方法です。また、SNSを使用する時間が比較的長い、若い世代の意見を積極的に聞けるのが大きな魅力の1つですね。

若い世代のマーケティングのトレンドは移り変わりが激しいので、SNSを通じたマーケティング市場調査は非常に役に立つでしょう。

 

ステップ3:マーケティング市場調査を実際に行う

新規事業の立ち上げに向けたマーケティング市場調査の内容が決まったら、実際に市場調査を行ってデータを集めていきます。

より有効なデータを分析するためには、できるだけ多くの調査をして、データを集めていく必要があります。

 

ステップ4:調査結果の分析・仮説検証

調査結果を分析したら、今度は仮説検証のフェーズです。

「新規事業が本当にニーズに満たす商品なのか」、「競合他社に負けないオリジナリティがあって、収益性が高いか」などの点をマーケティング市場調査を通して、分析していきます。

仮説と検証を繰り返して、いかに多くの改善点を見つけて、製品化に向けてブラッシュアップしていけるかが事業成功の鍵です。

 

ステップ5:新規事業立ち上げに向けたアクションを行う

マーケティング市場調査の分析と仮説検証が済んだら、いよいよ商品・サービスの商品化の段階です。市場のニーズを満たして、売上と収益が上がるような新規事業を稼働させていきましょう。

ただし、商品化に成功すれば新規事業の取り組みは終了ではありません。

実際に商品化してみて見つかった改善点や修正点をもとに、バージョンアップを試みたり、その経験を他の商品開発に活かしたりすることも重要ですね。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ:マーケティング市場調査を活用して、新規事業を成功に導こう!

新規事業を成功させるためには、マーケティング市場調査をうまく活用して、市場のニーズを取り入れて収益性の上がる事業にしていくことが重要です。

マーケティング市場調査には、定量調査と定性調査の2種類が存在します。

定量調査で市場全体の傾向を掴み、定性調査で個別のニーズを発掘しましょう。

2種類の調査を組み合わせることで、より有益な情報を新規事業計画に反映できます。

マーケティング市場調査を新規事業にうまく組み込んで、事業を成功に導いていきましょう。

 

カジュアルミーティング