【解説】新規事業立ち上げの「役割」と「適したリーダー」について

  • 2022.1.20
  • リーダー新規事業
  • 新規事業

新規事業,リーダー

企業は利益を生み出すために新規事業の立ち上げに努める必要があります。

しかし、新規事業を立ち上げるにあたり以下の悩みを持つ方も多いと思います。

  • 新規事業の立ち上げにはどのようなリーダーが必要なのか?
  • 新規事業を立ち上げるにあたり、リーダーはどのような役割が必要なのか?

そこで今回は、新規事業立ち上げに必要な役割を説明した上で、適したリーダーについて解説していきたいと思います。

 

︎ 新規事業に必要な3つの役割とは?

新規事業,役割

規事業を成功させるためには、案件に参加するメンバーの役割を明確にしておくことが重要です。

新規事業で必要とされる、下記3つの役割についてそれぞれ解説していきます。

  1. プロジェクトマネージャー
  2. プロジェクトリーダー
  3. プロジェクトメンバー

順番に解説していきます。

 

1:プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体を管理しQCDの成果物のクオリティに対して全責任を持つ役職です。

プロジェクトの代表者として、組織内のさまざまな部門で発生する問題を解決していき、

プロジェクトを成功に導くまでが主な業務です。

 

プロジェクトマネージャーの業務をまとめると以下の通りです。

  • プロジェクトのスケジュール、スコープの決定
  • プロジェクトの進捗管理
  • プロジェクトの人員管理
  • プロジェクトの予算管理
  • プロジェクトの納期管理
  • プロジェクトの品質管理

プロジェクトマネージャーは事業全体を俯瞰できる広い視野が必要となります。

また、人管理能力や高いコミュニケーション能力など様々なビジネススキルが求められる役職となっています。

 

2:プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーは、開発などのプロジェクトを遂行する際の、

担当領域を統括する現場責任者のことです。

 

プロジェクトリーダーの業務としては、以下のようなものがあります。

  • 担当領域のタスクやスケジュール管理
  • 担当領域の問題解決
  • 担当領域のチームへの指示
  • 他領域との調整・連携など

プロジェクトリーダーは担当領域の指揮を取ることが必要なため、担当業務を問題なくこなせる実務能力が必須です。

また、リーダーとしてメンバーの士気を高く保つ努力も必要となります。

社外や社内など様々な場所から情報が集まる重要なポジションのため、頻繁に柔軟性のある判断を求められることがあります。

 

3:プロジェクトメンバー

プロジェクトメンバーはプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの元、プロジェクトにおける実際の作業をする人のことを示します。

新規事業のメンバー選出は、ケースによって異なりますが、リーダーが選ぶパターンが多いです。

 

リーダーに求められる3つの要素とは?

新規事業,リーダー

では、そうした新規事業のリーダー求められる要素とは一体どのようなものなのでしょうか。

リーダーに必要な要素を紹介していきます。

その1:リーダーシップがある

その2:ロジカルシンキングができるか

その3:視野が広い

 

その1:リーダーシップがある

リーダーにはいかに人を巻き込んで動けるかが重要となってきます。

新規事業をを成功させるためには、どれだけ優秀な人でも一人で成し遂げることはかなり難しいです。

他部門や社外の人と積極的に意見を取り交わす必要があるため、 周囲の理解や協力を得て、人を動かせるだけの強いリーダーシップが必要となります。

 

その2:ロジカルシンキングができるか

他者や他部門とコミュニケーションをしたりと意見を交す際は、曖昧な主観や感情論は物事の本質を見抜くためにも極力排除せねばなりません。

リーダーは物事を冷静に捉え、物事を筋道立てて説明できる人が望ましいでしょう。

そしてロジカルシンキングができる人には次のような特徴があります。

  • 問題解決能力が高い
  • 情報に振り回されない
  • ストーリー立てて話せる

リーダーは判断を迫られることが多いので、何事にも根拠立てて取り組める人はリーダーに向いているでしょう。

 

その3:視野が広い

新規事業立ち上げの際、リーダーに求められるのが、新規事業を全体的に検討できる視点を持つことです。

事業成功を成功に導くために、利益を生み出し続ける仕組みを構築できるかがとても大切となります。

新規事業を成功に導くためには、「人・物・金」のバランスを総合的に見て、 利益や必要コスト等を考えながら、業務の設計から組織構築まで新規事業の立ち上げを考えられるかが重要となってきます。

 

関連:「イントレプレナーとは社内起業!新規事業のリーダー必見

 

まとめ

今回は、「新規事業立ち上げに必要な役割」や「新規事業立ち上げに適したリーダー」について解説しました。

ケースバイケースによって新規事業の立ち上げに必要となる人材は変わってきます。

リーダーを複数人設けることもあれば、プロジェクトメンバーの入れ替えを行う場合もあります。

今回説明したのは、一般的なリーダーの役割と適したスキルについてお話させていただいてます。

今後、新規事業を立ち上げる際には、今回の記事を是非参考にしてみてください。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • リーダー新規事業
  • 新規事業

企業は利益を生み出すために新規事業の立ち上げに努める必要があります。

しかし、新規事業を立ち上げるにあたり以下の悩みを持つ方も多いと思います。

  • 新規事業の立ち上げにはどのようなリーダーが必要なのか?
  • 新規事業を立ち上げるにあたり、リーダーはどのような役割が必要なのか?

そこで今回は、新規事業立ち上げに必要な役割を説明した上で、適したリーダーについて解説していきたいと思います。

 

︎ 新規事業に必要な3つの役割とは?

新規事業,役割

規事業を成功させるためには、案件に参加するメンバーの役割を明確にしておくことが重要です。

新規事業で必要とされる、下記3つの役割についてそれぞれ解説していきます。

  1. プロジェクトマネージャー
  2. プロジェクトリーダー
  3. プロジェクトメンバー

順番に解説していきます。

 

1:プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体を管理しQCDの成果物のクオリティに対して全責任を持つ役職です。

プロジェクトの代表者として、組織内のさまざまな部門で発生する問題を解決していき、

プロジェクトを成功に導くまでが主な業務です。

 

プロジェクトマネージャーの業務をまとめると以下の通りです。

  • プロジェクトのスケジュール、スコープの決定
  • プロジェクトの進捗管理
  • プロジェクトの人員管理
  • プロジェクトの予算管理
  • プロジェクトの納期管理
  • プロジェクトの品質管理

プロジェクトマネージャーは事業全体を俯瞰できる広い視野が必要となります。

また、人管理能力や高いコミュニケーション能力など様々なビジネススキルが求められる役職となっています。

 

2:プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーは、開発などのプロジェクトを遂行する際の、

担当領域を統括する現場責任者のことです。

 

プロジェクトリーダーの業務としては、以下のようなものがあります。

  • 担当領域のタスクやスケジュール管理
  • 担当領域の問題解決
  • 担当領域のチームへの指示
  • 他領域との調整・連携など

プロジェクトリーダーは担当領域の指揮を取ることが必要なため、担当業務を問題なくこなせる実務能力が必須です。

また、リーダーとしてメンバーの士気を高く保つ努力も必要となります。

社外や社内など様々な場所から情報が集まる重要なポジションのため、頻繁に柔軟性のある判断を求められることがあります。

 

3:プロジェクトメンバー

プロジェクトメンバーはプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの元、プロジェクトにおける実際の作業をする人のことを示します。

新規事業のメンバー選出は、ケースによって異なりますが、リーダーが選ぶパターンが多いです。

 

リーダーに求められる3つの要素とは?

新規事業,リーダー

では、そうした新規事業のリーダー求められる要素とは一体どのようなものなのでしょうか。

リーダーに必要な要素を紹介していきます。

その1:リーダーシップがある

その2:ロジカルシンキングができるか

その3:視野が広い

 

その1:リーダーシップがある

リーダーにはいかに人を巻き込んで動けるかが重要となってきます。

新規事業をを成功させるためには、どれだけ優秀な人でも一人で成し遂げることはかなり難しいです。

他部門や社外の人と積極的に意見を取り交わす必要があるため、 周囲の理解や協力を得て、人を動かせるだけの強いリーダーシップが必要となります。

 

その2:ロジカルシンキングができるか

他者や他部門とコミュニケーションをしたりと意見を交す際は、曖昧な主観や感情論は物事の本質を見抜くためにも極力排除せねばなりません。

リーダーは物事を冷静に捉え、物事を筋道立てて説明できる人が望ましいでしょう。

そしてロジカルシンキングができる人には次のような特徴があります。

  • 問題解決能力が高い
  • 情報に振り回されない
  • ストーリー立てて話せる

リーダーは判断を迫られることが多いので、何事にも根拠立てて取り組める人はリーダーに向いているでしょう。

 

その3:視野が広い

新規事業立ち上げの際、リーダーに求められるのが、新規事業を全体的に検討できる視点を持つことです。

事業成功を成功に導くために、利益を生み出し続ける仕組みを構築できるかがとても大切となります。

新規事業を成功に導くためには、「人・物・金」のバランスを総合的に見て、 利益や必要コスト等を考えながら、業務の設計から組織構築まで新規事業の立ち上げを考えられるかが重要となってきます。

 

関連:「イントレプレナーとは社内起業!新規事業のリーダー必見

 

まとめ

今回は、「新規事業立ち上げに必要な役割」や「新規事業立ち上げに適したリーダー」について解説しました。

ケースバイケースによって新規事業の立ち上げに必要となる人材は変わってきます。

リーダーを複数人設けることもあれば、プロジェクトメンバーの入れ替えを行う場合もあります。

今回説明したのは、一般的なリーダーの役割と適したスキルについてお話させていただいてます。

今後、新規事業を立ち上げる際には、今回の記事を是非参考にしてみてください。

 

カジュアルミーティング