新規事業の立ち上げ!成功に必要なことを徹底解説

  • 2022.1.20
  • 新規事業
  • 新規事業

新規事業

  • 新規事業を立ち上げたいが何をすれば良いのかさっぱりわからない
  • そもそも新規事業って何が必要なの
  • 間違ったことをして失敗したくない

そんな方のために、今回は新規事業立ち上げのために必要なことをまとめました。

この記事を読めば、新規事業の立ち上げに必要なことが理解できると思います。

新規事業を立ち上げて、あなたの望む未来を手に入れましょう。

 

新規事業の立ち上げに必要な要素とは

新規事業

新規事業を立ち上げるうえで必要な要素は以下の2つがあります。

  • 経営資源
  • 新規事業を進めるための道筋

一つずつ詳しく解説していきます。

 

経営資源

まず経営資源に必要な以下の4つの要素を確認していきます。

  • ヒト
  • モノ
  • カネ
  • 情報

上記の4つの中で最も重要な資源は「ヒト」です。

人が集まると、ものができ、お金が生まれ、情報が得られます。まずは良質な人間関係を構築するところから始めましょう。

その後事業を大きくしていくうえで重要なのが、「モノ」や「カネ」、「情報」です。これら3つが増えると扱う数字が大きくなります。

つまり、事業が拡大していくということです。事業が軌道に乗ってきた方は「モノ」、「カネ」、「情報」を集めてみましょう。

 

新規事業を進めるための道筋

闇雲に新規事業を進めても成功することはありません。

そこには綿密に練られた計画が必要です。新規事業を成功に導くためには「ステージゲートシステム」という方法があります。

アイデア発想から事業化までの過程を分割し、それぞれのステージで評価します。

問題がなければ事業化を行います。新規事業を立ち上げたい方は事業化までの計画を練り、各ステージで評価をしてから事業立ち上げをしましょう。

 

新規事業の立ち上げに必要なスキルとは

新規事業,スキル

新規事業を立ち上げるのに必要なスキルは以下の4つです。

  • 論理的思考
  • 情報収集力
  • 推論力
  • リーダーシップ力

一つずつ詳しく解説していきます。

 

論理的思考力

自分の考えを相手に伝えるためには論理的思考力が必要です。

自分が考えている事を相手に伝えようと思っても、考えがまとまっていなければ伝えることができません。

仲間を集めるとき、顧客に自分の商品を理解してもらうときには、この論理的思考力は欠かせません。

担当者の方は、日々論理的思考力を身に着ける練習をしましょう。

 

情報収集力

技術が日々進化する現代で、情報が重要なのはいうまでもありません。

したがって、担当者には情報収集力が必要不可欠です。

Googleで検索したら集まるような情報ではなく、人づてで得られる生の情報を集めなければなりません。

 

なぜなら、Googleは新規事業に必要な市場の動向や競合は見つかりにくいからです。

逆に人づてで得られた生の情報には、そういった市場の動向が含まれていたります。新規事業を立ち上げたい方は生の情報を集める力を身につけましょう。

 

推論力

得られた情報を推論する力は事業を成功に導くうえで必要不可欠な能力です。

情報は日々アップデートされていくので、完璧な情報が集まることはまずありません。

そこで必要になってくるのが断片的な情報から、未来を予測する推論力です。担当者の方は推論力を鍛えるようにしましょう。

 

リーダーシップ力

新規事業を立ち上げるうえで、さまざまな実務処理が必要になります。

そこで人を巻き込んでチームを作る必要が出てきます。そのときに必要になるのがリーダー力です。

複数の業務を滞りなくまとめ上げる能力は、新規事業を立ち上げるには欠かせません。担当者はリーダーシップスキルを身につけましょう。

 

新規事業を立ち上げに必要なプロセス

新規事業,プロセス

新規事業立ち上げには必要な以下のプロセスがあります。

  1. アイデアを出す
  2. そのアイデアで顧客の反応を計測する
  3. そのアイデアが成功するか判断

ステップを詳しく1つずつみていきましょう。

 

ステップ①:アイデアを出す

まずは顧客と自分たちの課題をリスト化します。その課題に対して解決策を立て、新規事業のアイデアを検討します。

まだ検討段階なので、ハードルが低いものから取り組みましょう。

とにかくコストを抑えて、小さく事業を始めてください。

 

ステップ②:そのアイデアで顧客の反応を計測する

ステップ①で出したアイデアを小数の顧客に試してもらいます。

(このときに選ぶ小数の顧客は、アーリーアダプターが良いです。アーリーアダプターとは流行に敏感な層のことを指します。)

その顧客たちの反応を計測を行いデータ化しましょう。

同時にアイデア出しのときに行った仮説正しいのかも確認しておいてください。

 

ステップ③:そのアイデアが成功するか判断

最後にそのアイデアが成功するか判断します。ステップ②のデータから事業が成功するかどうかの決定をします。

決定までもう少し情報が欲しいときは、ステップ②を繰り返し行いましょう。

事業化するまでの判断は丁寧にしてください。仮に失敗したとしても次に活かせば無駄にはなりません。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

新規事業の立ち上げに必要なことのまとめ

ここまで新規事業に必要なことを紹介してきました。まとめると以下のようになります。

  • 最も重要な経営資源は「ヒト」
  • 新規事業を立ち上げるうえで4つのスキルが必要
  • 事業を立ち上げるのに必要なプロセスは3段階

新規事業を始めたい方はこの記事に沿って始めてみてください。

良い事業を立ち上げることができるはずです。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • 新規事業
  • 新規事業
  • 新規事業を立ち上げたいが何をすれば良いのかさっぱりわからない
  • そもそも新規事業って何が必要なの
  • 間違ったことをして失敗したくない

そんな方のために、今回は新規事業立ち上げのために必要なことをまとめました。

この記事を読めば、新規事業の立ち上げに必要なことが理解できると思います。

新規事業を立ち上げて、あなたの望む未来を手に入れましょう。

 

新規事業の立ち上げに必要な要素とは

新規事業

新規事業を立ち上げるうえで必要な要素は以下の2つがあります。

  • 経営資源
  • 新規事業を進めるための道筋

一つずつ詳しく解説していきます。

 

経営資源

まず経営資源に必要な以下の4つの要素を確認していきます。

  • ヒト
  • モノ
  • カネ
  • 情報

上記の4つの中で最も重要な資源は「ヒト」です。

人が集まると、ものができ、お金が生まれ、情報が得られます。まずは良質な人間関係を構築するところから始めましょう。

その後事業を大きくしていくうえで重要なのが、「モノ」や「カネ」、「情報」です。これら3つが増えると扱う数字が大きくなります。

つまり、事業が拡大していくということです。事業が軌道に乗ってきた方は「モノ」、「カネ」、「情報」を集めてみましょう。

 

新規事業を進めるための道筋

闇雲に新規事業を進めても成功することはありません。

そこには綿密に練られた計画が必要です。新規事業を成功に導くためには「ステージゲートシステム」という方法があります。

アイデア発想から事業化までの過程を分割し、それぞれのステージで評価します。

問題がなければ事業化を行います。新規事業を立ち上げたい方は事業化までの計画を練り、各ステージで評価をしてから事業立ち上げをしましょう。

 

新規事業の立ち上げに必要なスキルとは

新規事業,スキル

新規事業を立ち上げるのに必要なスキルは以下の4つです。

  • 論理的思考
  • 情報収集力
  • 推論力
  • リーダーシップ力

一つずつ詳しく解説していきます。

 

論理的思考力

自分の考えを相手に伝えるためには論理的思考力が必要です。

自分が考えている事を相手に伝えようと思っても、考えがまとまっていなければ伝えることができません。

仲間を集めるとき、顧客に自分の商品を理解してもらうときには、この論理的思考力は欠かせません。

担当者の方は、日々論理的思考力を身に着ける練習をしましょう。

 

情報収集力

技術が日々進化する現代で、情報が重要なのはいうまでもありません。

したがって、担当者には情報収集力が必要不可欠です。

Googleで検索したら集まるような情報ではなく、人づてで得られる生の情報を集めなければなりません。

 

なぜなら、Googleは新規事業に必要な市場の動向や競合は見つかりにくいからです。

逆に人づてで得られた生の情報には、そういった市場の動向が含まれていたります。新規事業を立ち上げたい方は生の情報を集める力を身につけましょう。

 

推論力

得られた情報を推論する力は事業を成功に導くうえで必要不可欠な能力です。

情報は日々アップデートされていくので、完璧な情報が集まることはまずありません。

そこで必要になってくるのが断片的な情報から、未来を予測する推論力です。担当者の方は推論力を鍛えるようにしましょう。

 

リーダーシップ力

新規事業を立ち上げるうえで、さまざまな実務処理が必要になります。

そこで人を巻き込んでチームを作る必要が出てきます。そのときに必要になるのがリーダー力です。

複数の業務を滞りなくまとめ上げる能力は、新規事業を立ち上げるには欠かせません。担当者はリーダーシップスキルを身につけましょう。

 

新規事業を立ち上げに必要なプロセス

新規事業,プロセス

新規事業立ち上げには必要な以下のプロセスがあります。

  1. アイデアを出す
  2. そのアイデアで顧客の反応を計測する
  3. そのアイデアが成功するか判断

ステップを詳しく1つずつみていきましょう。

 

ステップ①:アイデアを出す

まずは顧客と自分たちの課題をリスト化します。その課題に対して解決策を立て、新規事業のアイデアを検討します。

まだ検討段階なので、ハードルが低いものから取り組みましょう。

とにかくコストを抑えて、小さく事業を始めてください。

 

ステップ②:そのアイデアで顧客の反応を計測する

ステップ①で出したアイデアを小数の顧客に試してもらいます。

(このときに選ぶ小数の顧客は、アーリーアダプターが良いです。アーリーアダプターとは流行に敏感な層のことを指します。)

その顧客たちの反応を計測を行いデータ化しましょう。

同時にアイデア出しのときに行った仮説正しいのかも確認しておいてください。

 

ステップ③:そのアイデアが成功するか判断

最後にそのアイデアが成功するか判断します。ステップ②のデータから事業が成功するかどうかの決定をします。

決定までもう少し情報が欲しいときは、ステップ②を繰り返し行いましょう。

事業化するまでの判断は丁寧にしてください。仮に失敗したとしても次に活かせば無駄にはなりません。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

新規事業の立ち上げに必要なことのまとめ

ここまで新規事業に必要なことを紹介してきました。まとめると以下のようになります。

  • 最も重要な経営資源は「ヒト」
  • 新規事業を立ち上げるうえで4つのスキルが必要
  • 事業を立ち上げるのに必要なプロセスは3段階

新規事業を始めたい方はこの記事に沿って始めてみてください。

良い事業を立ち上げることができるはずです。

 

カジュアルミーティング