ペルソナを設定したい!ペルソナとは?から設定するメリットを紹介

  • 2022.1.19
  • ペルソナ
  • 新規事業

ペルソナ

ブログなどのWeb上で記事執筆をする際に、ペルソナ設定をしていますか? Webライティングを行う上で、ペルソナ設定はとても重要になってきます。

今回は、「ペルソナに興味があるけどよくわからない」「読者に質の高い記事を提供したい」方に向けてペルソナを設定したい!ペルソナとは?から設定するメリットまで紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

ペルソナ設定とは?

ペルソナ

ペルソナは元々、スイスの精神科医・心理学者のユングが提唱した心理学用語です。

仮面を意味する「Persona」から生まれた言葉で、人間の「外的側面」「内側に潜む自分」がペルソナだと定義されています。

マーケティング用語として使われるペルソナは、「製品やサービスを利用する架空のユーザー像」という意味で使われています。

つまり、ペルソナ設定とは架空のユーザー像を決めることです。

 

〈ペルソナとターゲットとの違い〉

ペルソナ設定と似た言葉に、「ターゲット設定」があります。

2つの言葉の違いがよくわからないといった方も多いのではないでしょうか?

これら2つの具体的な違いは、「詳細さ」が挙げられます。

ターゲット設定では、年齢や性別などの大まかな設定をすることに対して、ペルソナ設定では、職業や年収・居住地など、さらに細かな情報まで設定します。

 

ペルソナを設定するメリット

ターゲット設定よりも詳細に設定をする必要があるペルソナ。

「少し面倒そうだな…」と感じる方もいるかもしれませんが、ペルソナ設定をすることで一体どんなメリットがあるのでしょうか?

以下2つのメリットがあるので、紹介していきます。

 

〈ユーザー目線での商品・サービス提供ができる〉

企業やブランドは、自社の商品やサービスの魅力を伝えたいがために、時にユーザーファーストが抜け落ちてしまいがちです。

そこで、ペルソナを設定することでターゲットへの具体的な想像が容易になります。

その結果、ターゲットへの共感が深まり、ユーザーに刺さる良い商品・サービス提供が可能になるのです。

 

〈複数のメンバー内でターゲットの人物像を正確に共有できる〉

商品やサービスを企画して、実際に提供に至るまでは、企画担当者、経営陣、マーケティング担当、そして営業と色々な担当者が関わっています。

しかし、その最中で曖昧なターゲット像のまま打ち合わせをしていくと、担当者間でターゲットのイメージがずれてしまうことがあります。

そうすると議論がスムーズに進まず、その結果として、本来目指すべきだったゴールやユーザーニーズを達成することができないということになりかねません。

そこで、企画の初めにペルソナをしっかりと作成し、担当者全員で共有しておくことで、同じ人物像をイメージしながらスムーズに企画を進行することができるでしょう。

 

ペルソナの設定方法

ペルソナ,設定

以下からは、ペルソナの設定方法を3段階に分けて解説していきます。

 

〈ターゲットの情報収集をする〉

最初に、ペルソナに設定するターゲットの情報収集をしていきます。

情報収集の際は、メンバー内での思い込みや想像ではなく、「一次情報」からデータを集めていきましょう。

一次情報とは、SNSやブログ、インターネット等から集めた「本当のユーザーの声」のことです。

インタビューや過去の社内データの分析、口コミ・アンケートをするのも良いでしょう。

 

〈集めた情報をカテゴリー化していく〉

次に、集めた情報をカテゴリー化していきます。 大まかな型は、企画する商品やサービス、起業によって異なってきますが、以下のようなカテゴリーに分類してみましょう。

・ターゲットになる人物の属性(デモグラフィック) 1.性別 2.年齢 3.職業/役職 4.家族構成 5.年収

・ターゲットになる人物の正確や心理的情報(サイコグラフィック) 1.ライフスタイル 2.よく利用しているコンテンツ 3.普段の行動パターン 4.最近の悩み 5.思考回路

 

〈ペルソナシートを作成〉

最後に、カテゴリー化した情報を基に、ペルソナシートを作成します。

注意点としては、文章のみでのシート作成は避けた方が良いです。

ペルソナ設定をするメリット「メンバー内でターゲットのより詳細な人物像を共有できる」を最大限生かすためにも、解釈の違いが生まれがちな文章のみよりも、イメージが伝わりやすい写真や動画なども活用していきましょう。

 

関連:「共感マップとは?導入するメリットや作り方などを解説

 

終わりに

今回は、ペルソナ設定をしたい!ペルソナとは?から設定するメリットまでを紹介していきました。

〈まとめ〉

  • ペルソナは「製品やサービスを利用する架空のユーザー像」という意味
  • 設定するメリットは「ユーザー目線での商品・サービス提供ができる」「複数のメンバー内でターゲットの人物像を正確に共有できる
  • ペルソナ設定の手順は「ターゲットの情報収集→集めた情報をカテゴリー化→ペルソナシートを写真・動画付きで作成

この記事が、ペルソナ設定をしようと考えている方の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

  • 2022.1.19
  • ペルソナ
  • 新規事業

ブログなどのWeb上で記事執筆をする際に、ペルソナ設定をしていますか? Webライティングを行う上で、ペルソナ設定はとても重要になってきます。

今回は、「ペルソナに興味があるけどよくわからない」「読者に質の高い記事を提供したい」方に向けてペルソナを設定したい!ペルソナとは?から設定するメリットまで紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

ペルソナ設定とは?

ペルソナ

ペルソナは元々、スイスの精神科医・心理学者のユングが提唱した心理学用語です。

仮面を意味する「Persona」から生まれた言葉で、人間の「外的側面」「内側に潜む自分」がペルソナだと定義されています。

マーケティング用語として使われるペルソナは、「製品やサービスを利用する架空のユーザー像」という意味で使われています。

つまり、ペルソナ設定とは架空のユーザー像を決めることです。

 

〈ペルソナとターゲットとの違い〉

ペルソナ設定と似た言葉に、「ターゲット設定」があります。

2つの言葉の違いがよくわからないといった方も多いのではないでしょうか?

これら2つの具体的な違いは、「詳細さ」が挙げられます。

ターゲット設定では、年齢や性別などの大まかな設定をすることに対して、ペルソナ設定では、職業や年収・居住地など、さらに細かな情報まで設定します。

 

ペルソナを設定するメリット

ターゲット設定よりも詳細に設定をする必要があるペルソナ。

「少し面倒そうだな…」と感じる方もいるかもしれませんが、ペルソナ設定をすることで一体どんなメリットがあるのでしょうか?

以下2つのメリットがあるので、紹介していきます。

 

〈ユーザー目線での商品・サービス提供ができる〉

企業やブランドは、自社の商品やサービスの魅力を伝えたいがために、時にユーザーファーストが抜け落ちてしまいがちです。

そこで、ペルソナを設定することでターゲットへの具体的な想像が容易になります。

その結果、ターゲットへの共感が深まり、ユーザーに刺さる良い商品・サービス提供が可能になるのです。

 

〈複数のメンバー内でターゲットの人物像を正確に共有できる〉

商品やサービスを企画して、実際に提供に至るまでは、企画担当者、経営陣、マーケティング担当、そして営業と色々な担当者が関わっています。

しかし、その最中で曖昧なターゲット像のまま打ち合わせをしていくと、担当者間でターゲットのイメージがずれてしまうことがあります。

そうすると議論がスムーズに進まず、その結果として、本来目指すべきだったゴールやユーザーニーズを達成することができないということになりかねません。

そこで、企画の初めにペルソナをしっかりと作成し、担当者全員で共有しておくことで、同じ人物像をイメージしながらスムーズに企画を進行することができるでしょう。

 

ペルソナの設定方法

ペルソナ,設定

以下からは、ペルソナの設定方法を3段階に分けて解説していきます。

 

〈ターゲットの情報収集をする〉

最初に、ペルソナに設定するターゲットの情報収集をしていきます。

情報収集の際は、メンバー内での思い込みや想像ではなく、「一次情報」からデータを集めていきましょう。

一次情報とは、SNSやブログ、インターネット等から集めた「本当のユーザーの声」のことです。

インタビューや過去の社内データの分析、口コミ・アンケートをするのも良いでしょう。

 

〈集めた情報をカテゴリー化していく〉

次に、集めた情報をカテゴリー化していきます。 大まかな型は、企画する商品やサービス、起業によって異なってきますが、以下のようなカテゴリーに分類してみましょう。

・ターゲットになる人物の属性(デモグラフィック) 1.性別 2.年齢 3.職業/役職 4.家族構成 5.年収

・ターゲットになる人物の正確や心理的情報(サイコグラフィック) 1.ライフスタイル 2.よく利用しているコンテンツ 3.普段の行動パターン 4.最近の悩み 5.思考回路

 

〈ペルソナシートを作成〉

最後に、カテゴリー化した情報を基に、ペルソナシートを作成します。

注意点としては、文章のみでのシート作成は避けた方が良いです。

ペルソナ設定をするメリット「メンバー内でターゲットのより詳細な人物像を共有できる」を最大限生かすためにも、解釈の違いが生まれがちな文章のみよりも、イメージが伝わりやすい写真や動画なども活用していきましょう。

 

関連:「共感マップとは?導入するメリットや作り方などを解説

 

終わりに

今回は、ペルソナ設定をしたい!ペルソナとは?から設定するメリットまでを紹介していきました。

〈まとめ〉

  • ペルソナは「製品やサービスを利用する架空のユーザー像」という意味
  • 設定するメリットは「ユーザー目線での商品・サービス提供ができる」「複数のメンバー内でターゲットの人物像を正確に共有できる
  • ペルソナ設定の手順は「ターゲットの情報収集→集めた情報をカテゴリー化→ペルソナシートを写真・動画付きで作成

この記事が、ペルソナ設定をしようと考えている方の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。