コンテンツマーケティングとは?顧客アプローチの手法を解説

  • 2022.4.12
  • コンテンツマーケティング
  • 新規事業

コンテンツマーケティング

新たなマーケティングの捉え方として注目されている「コンテンツマーケティング」をご存知でしょうか。

インターネットを活用し手軽に身の廻りの情報が手に入る現在では、情報そのものの扱い方が以前と異なって来ています。

こうした変化に合わせて生まれたコンテンツマーケティングの特徴について調べておく必要があります。

また、顧客アプローチの手法についても理解しておくとよいでしょう。

そこで今回は、コンテンツマーケティングの考え方や顧客アプローチの手法について解説していきます。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、「顧客にとって価値のある情報」を活用したマーケティング活動を意味します。

ここで注意すべき内容として、価値ある情報とは販売目的の広告などに見られる汎用性のある情報ではありません。

従来の販売のみを目的としたマーケティング手法とは異なり、顧客が役立つ情報(コンテンツ)を発信しコミュニケーションを深めることが目的となります。

 

また、顧客にとって価値のある情報を提供し繋がることで、ファンを増やし結果的に販売に繋げる事も可能に。

このためコンテンツマーケティングは、新規顧客はもちろん既存顧客へ向けたコミュニケーション方法としても活用できます。

 

販売目的のマーケティング手法の限界

コンテンツマーケティングが注目される理由のひとつに、既存の販売を目的としたマーケティング手法の限界があります。

例えばテレビCMやネット広告など、私達が広告を目にする機会は依然として多い現状があります。

しかし販売だけを目的としたマーケティングは「手に入る当たり前の情報」となりつつあります。

このため単純に消費を促すだけのマーケティング手法には限界があるのではないか、と言われています。

 

これからのマーケティングに必要な要素

それではこれからのマーケティングに必要な要素とはどのようなものなのでしょう?

これからのマーケティングでは、「顧客が求めるもの」を理解する必要があります。

何故なら現在の顧客は「自分にとって本当に必要な情報」を自ら検索し、商品やサービスを通じ「顧客にとって初めての刺激や体験」を求める傾向にあります。

 

このため顧客に本当に有益と思われる情報を提供することで顧客側から情報を探し商品やサービスを購入、体験してもらうマーケティングが重要に。

こうした顧客側からのアプローチを促す「インバウンドマーケティング」の発想のひとつがコンテンツマーケティングになります。

 

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリットは、発信したコンテンツ自体が「顧客に有益な情報」として残る事です。

この情報は蓄積され、より多くの顧客にアプローチできる事になりますので費用対効果を高めるメリットがあります。

また、信頼できるコンテンツを届ける事で顧客の信頼を得ることや、長期的なビジネスを展開しやすいメリットも。

他にも競合他社との差別化や価格競争に巻き込まれないメリットもあります。

 

コンテンツマーケティングのデメリット

一方のデメリットでは、コンテンツの提供からユーザーへ浸透し購入や成約まで時間がかかることです。

このためコンテンツマーケティングでは、あらかじめ目標や成果の度合いを可視化できるシステムを導入するなど対策が必要になります。

顧客が求める商品やサービスを理解してもらえるよう一定の時間を掛け取り組む事が大切です。

 

顧客アプローチの手法について

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングを実践する際の、顧客アプローチにはどのような手法があるのでしょうか?

コンテンツマーケティングでは、一般的に顧客が関心を持つテーマを発信し緩やかな購買へと誘導する事が大切です。

このためインスタグラムなど画像や動画を使い「感情や刺激」に訴求するイメージ戦略や、ブログや文章で訴求するロジカルなアプローチ方法があります。

 

ペルソナを設定する

顧客の年齢層や趣味、嗜好を分析し顧客が「本当に叶えたいもの」をペルソナと呼びます。

自社の商品やサービスを、コンテンツマーケティングを通じ理解、購入して頂くためにまずはペルソナを設定してみましょう。

ペルソナを設定することで、顧客と情報発信する企業との「ズレ」を防ぐことが可能になります。

また、顧客が感じる「隠された本音」を見つけることができる点もペルソナを設定するメリットと言えるでしょう。

 

ビジネスブログの活用

コンテンツマーケティングを作成する際、ロジカルなアプローチ方法としてビジネスブログの活用をおすすめします。

ブログを活用することで、情報を蓄積できますので自社の消費やサービスのファンを増やすコンテンツマーケティングには大変効果的。

また、インスタグラムやツイッターなどSNSと連携できるシェアボタンを設置することで情報ハブとしてブログが活用できる点も魅力となります。

 

コンテンツSEOとの違い

コンテンツマーケティングを行う際、「コンテンツSEO」との違いを理解しておく必要があります。

コンテンツSEOとは、検索サイト上で「ユーザーにとって価値のある情報」を提供し上位検索される為の施策です。

一方のコンテンツマーケティングでは、ターゲットとなる「ユーザーが求める情報」を提供する点では同じです。

 

しかしコンテンツSEOは検索サイトに限った対策であることに対し、コンテンツマーケティングではファンを増やしリピーターを獲得するための手段の一つとなります。

同じ意味で使われる事の多い用語ですが、両者の違いを理解しておきましょう。

 

その他のコンテンツとの組み合わせ

ビジネスブログと合わせ、その他のコンテンツと組み合わせる方法としておすすめのコンテンツをご紹介していきます。

 

  • メールマガジン

企業が配信するメールマガジンは、低コストで多くの顧客に訴求できるコンテンツとして認知されています。

新商品発表やキャンペーンの告知、商品やサービスの魅力をアプローチする手段として活用できます。

読み手の関心を集める構成を心掛けましょう。

 

  • 動画

YouTubeをはじめとした動画配信サービスは、スマホでも手軽にアップロードできる手軽なコンテンツとなっています。

動画コンテンツの訴求は、商品やサービスのイメージが伝わりやすく多くの企業が取り組んでいます。

最近では4K動画の編集、撮影が可能なツールも揃いやすいためより高画質な動画を扱う企業も増えてきています。

 

  • SNSの活用

SNSは商品やサービスのイメージをより多くのユーザーへ訴求できるメリットがあり、コンテンツマーケティングでは必須のツールとなります。

インスタグラムやFacebookなど、企業アカウントを立ち上げブログと連携する事で、コンテンツへの流入を増やすことが可能になります。

#(ハッシュタグ)を用いて特定のユーザーにアプローチを仕掛けられる点もメリットと言えるでしょう。

 

まとめ

コンテンツマーケティングの考え方や顧客アプローチの手法について解説しました。

コンテンツマーケティングの考え方では、顧客にとって価値のある情報を届けることが大切でした。

販売目的のマーケティングとは異なり、商品やサービスの魅力を通じ顧客側から選んで頂く姿勢が重要になります。

ブログやSNS、動画などさまざまなコンテンツを駆使し顧客とコミュニケーションを深めていきましょう。

 

  • 2022.4.12
  • コンテンツマーケティング
  • 新規事業

新たなマーケティングの捉え方として注目されている「コンテンツマーケティング」をご存知でしょうか。

インターネットを活用し手軽に身の廻りの情報が手に入る現在では、情報そのものの扱い方が以前と異なって来ています。

こうした変化に合わせて生まれたコンテンツマーケティングの特徴について調べておく必要があります。

また、顧客アプローチの手法についても理解しておくとよいでしょう。

そこで今回は、コンテンツマーケティングの考え方や顧客アプローチの手法について解説していきます。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、「顧客にとって価値のある情報」を活用したマーケティング活動を意味します。

ここで注意すべき内容として、価値ある情報とは販売目的の広告などに見られる汎用性のある情報ではありません。

従来の販売のみを目的としたマーケティング手法とは異なり、顧客が役立つ情報(コンテンツ)を発信しコミュニケーションを深めることが目的となります。

 

また、顧客にとって価値のある情報を提供し繋がることで、ファンを増やし結果的に販売に繋げる事も可能に。

このためコンテンツマーケティングは、新規顧客はもちろん既存顧客へ向けたコミュニケーション方法としても活用できます。

 

販売目的のマーケティング手法の限界

コンテンツマーケティングが注目される理由のひとつに、既存の販売を目的としたマーケティング手法の限界があります。

例えばテレビCMやネット広告など、私達が広告を目にする機会は依然として多い現状があります。

しかし販売だけを目的としたマーケティングは「手に入る当たり前の情報」となりつつあります。

このため単純に消費を促すだけのマーケティング手法には限界があるのではないか、と言われています。

 

これからのマーケティングに必要な要素

それではこれからのマーケティングに必要な要素とはどのようなものなのでしょう?

これからのマーケティングでは、「顧客が求めるもの」を理解する必要があります。

何故なら現在の顧客は「自分にとって本当に必要な情報」を自ら検索し、商品やサービスを通じ「顧客にとって初めての刺激や体験」を求める傾向にあります。

 

このため顧客に本当に有益と思われる情報を提供することで顧客側から情報を探し商品やサービスを購入、体験してもらうマーケティングが重要に。

こうした顧客側からのアプローチを促す「インバウンドマーケティング」の発想のひとつがコンテンツマーケティングになります。

 

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリットは、発信したコンテンツ自体が「顧客に有益な情報」として残る事です。

この情報は蓄積され、より多くの顧客にアプローチできる事になりますので費用対効果を高めるメリットがあります。

また、信頼できるコンテンツを届ける事で顧客の信頼を得ることや、長期的なビジネスを展開しやすいメリットも。

他にも競合他社との差別化や価格競争に巻き込まれないメリットもあります。

 

コンテンツマーケティングのデメリット

一方のデメリットでは、コンテンツの提供からユーザーへ浸透し購入や成約まで時間がかかることです。

このためコンテンツマーケティングでは、あらかじめ目標や成果の度合いを可視化できるシステムを導入するなど対策が必要になります。

顧客が求める商品やサービスを理解してもらえるよう一定の時間を掛け取り組む事が大切です。

 

顧客アプローチの手法について

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングを実践する際の、顧客アプローチにはどのような手法があるのでしょうか?

コンテンツマーケティングでは、一般的に顧客が関心を持つテーマを発信し緩やかな購買へと誘導する事が大切です。

このためインスタグラムなど画像や動画を使い「感情や刺激」に訴求するイメージ戦略や、ブログや文章で訴求するロジカルなアプローチ方法があります。

 

ペルソナを設定する

顧客の年齢層や趣味、嗜好を分析し顧客が「本当に叶えたいもの」をペルソナと呼びます。

自社の商品やサービスを、コンテンツマーケティングを通じ理解、購入して頂くためにまずはペルソナを設定してみましょう。

ペルソナを設定することで、顧客と情報発信する企業との「ズレ」を防ぐことが可能になります。

また、顧客が感じる「隠された本音」を見つけることができる点もペルソナを設定するメリットと言えるでしょう。

 

ビジネスブログの活用

コンテンツマーケティングを作成する際、ロジカルなアプローチ方法としてビジネスブログの活用をおすすめします。

ブログを活用することで、情報を蓄積できますので自社の消費やサービスのファンを増やすコンテンツマーケティングには大変効果的。

また、インスタグラムやツイッターなどSNSと連携できるシェアボタンを設置することで情報ハブとしてブログが活用できる点も魅力となります。

 

コンテンツSEOとの違い

コンテンツマーケティングを行う際、「コンテンツSEO」との違いを理解しておく必要があります。

コンテンツSEOとは、検索サイト上で「ユーザーにとって価値のある情報」を提供し上位検索される為の施策です。

一方のコンテンツマーケティングでは、ターゲットとなる「ユーザーが求める情報」を提供する点では同じです。

 

しかしコンテンツSEOは検索サイトに限った対策であることに対し、コンテンツマーケティングではファンを増やしリピーターを獲得するための手段の一つとなります。

同じ意味で使われる事の多い用語ですが、両者の違いを理解しておきましょう。

 

その他のコンテンツとの組み合わせ

ビジネスブログと合わせ、その他のコンテンツと組み合わせる方法としておすすめのコンテンツをご紹介していきます。

 

  • メールマガジン

企業が配信するメールマガジンは、低コストで多くの顧客に訴求できるコンテンツとして認知されています。

新商品発表やキャンペーンの告知、商品やサービスの魅力をアプローチする手段として活用できます。

読み手の関心を集める構成を心掛けましょう。

 

  • 動画

YouTubeをはじめとした動画配信サービスは、スマホでも手軽にアップロードできる手軽なコンテンツとなっています。

動画コンテンツの訴求は、商品やサービスのイメージが伝わりやすく多くの企業が取り組んでいます。

最近では4K動画の編集、撮影が可能なツールも揃いやすいためより高画質な動画を扱う企業も増えてきています。

 

  • SNSの活用

SNSは商品やサービスのイメージをより多くのユーザーへ訴求できるメリットがあり、コンテンツマーケティングでは必須のツールとなります。

インスタグラムやFacebookなど、企業アカウントを立ち上げブログと連携する事で、コンテンツへの流入を増やすことが可能になります。

#(ハッシュタグ)を用いて特定のユーザーにアプローチを仕掛けられる点もメリットと言えるでしょう。

 

まとめ

コンテンツマーケティングの考え方や顧客アプローチの手法について解説しました。

コンテンツマーケティングの考え方では、顧客にとって価値のある情報を届けることが大切でした。

販売目的のマーケティングとは異なり、商品やサービスの魅力を通じ顧客側から選んで頂く姿勢が重要になります。

ブログやSNS、動画などさまざまなコンテンツを駆使し顧客とコミュニケーションを深めていきましょう。