コンテンツマーケティングの効果を高める方法を徹底解説!企業事例についても紹介

  • 2022.5.9
  • コンテンツマーケティング
  • 新規事業

今やコンテンツに触れて生活を送るのが当然となった現代。

慣れ親しんだコンテンツで、ターゲットに対してマーケティングをすることが1番効果的で効率的になってきています。

しかし、どうしたらコンテンツマーケティングの効果が高まるのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、コンテンツマーケティングの効果を高める方法について徹底的に解説していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるユーザーにとって価値のあるコンテンツを継続的に提供し、情報を通じることでファンになってもらうことで、自社製品やサービスを購入してもらうためのマーケティング戦略です。

企業が発信したい情報のために作成されたものはどのような形であっても、コンテンツマーケティングと呼ぶことができます。

 

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

新しいマーケティング手法を取り入れる際には、メリットとデメリットどちらも把握しておく必要があります。

以下からはコンテンツマーケティング導入にあたってのメリットとデメリット4つを紹介していきます。

 

メリット①:広告宣伝費が抑えられる

今まで主流だった新聞の広告やテレビCMなどのマーケティング手法に比べ、広告宣伝費が抑えられます。

どこかの広告代理店と契約を結ぶ必要もなく、コンテンツを自社ホームページやブログ、動画サービスやSNSなどで発信すれば広告できるため、コストがかなり抑えられます。

 

メリット②:広告の効果が薄れてきている現代でも効果的な手法

広告が溢れている現代は、広告自体を鬱陶しく思ってしまうユーザーが多くなってきています。

しかし、コンテンツマーケティングであれば、ユーザーが情報を「押し売り」されている感覚にならなくて済みます。

ユーザーは自分で検索して見つけた、あるいは偶然そのコンテンツを通じて自社の情報を知ってもらえるため、今までの広告では叶わなかった密接な関係を顧客との間に構築することが出来ます。

 

デメリット①:すぐに効果を実感できない

広告としてのコンテンツを発信したとしても、効果を実感できるのに比較的時間がかかるのがコンテンツマーケティングのデメリットです。

Web広告などは成果報酬型やクリック保証型のメニューなどがあるため、出稿すればわかりやすく早く効果が実感できますが、そういったマーケティング手法と比べるとコンテンツマーケティングはなかなか効果を実感できるものではないでしょう。

 

デメリット②:継続が大変

外注をしない場合だと、ユーザーを惹きつけるような魅力的で有用なコンテンツを作成し続けるのは非常に大変です。

常にターゲット層へのリサーチが欠かせませんし、人材も必要になります。

外注してしまうと結果的にメリットの1つである「広告宣伝費が抑えられる」がなくなってしまうため、コンテンツマーケティングを自力で継続して実施することは想像以上に手間がかかります。

 

コンテンツマーケティングで効果を高めるための方法

コンテンツマーケティング

手間がかかるけど現代に適しているコンテンツマーケティング。実施した時に確実に高い効果を実感できるように、以下からはコンテンツマーケティングで効果を高めるための3つの方法を解説していきます。

 

1.コンテンツを最適化する

コンテンツマーケティングは、コンテンツを公開して完了ではありません。常にユーザーと市場の流れをリサーチし、コンテンツのリライトを重ねる必要があります。

 

2.KPI・KGIを設定する

オウンドメディアを運用してコンテンツマーケティングを行う時は「KGI」「KPI」を設定すると良いでしょう。

KGIとは「ゴールを示した指標での最終目標」、KPIとは「ゴールまでの中間指標で目標を達成するための過程」のことを指します。

計画を具体的に期限や数値化してみると、効率的に取り組みやすくなりますし、また新たな視点から計画を見直すことが可能になります。

 

3.コンテンツの数を増やす

コンテンツマーケティングで一定の効果を実感するためには、短期的な目で見るのではなく、中長期的な目線でコンテンツの数を地道に増やし続けることが重要です。

コンテンツの数が増えれば増えるほどユーザーに見てもらえる可能性が高くなるため、手間がかかるのを覚悟で取り組むべきでしょう。

 

KPI・KGIとは?初心者にもわかりやすく設定方法を解説!

 

コンテンツマーケティングの事例

株式会社ルーシーのバズ部は、Webマーケティング関連サービスを提供するオウンドメディアです。

Webサイトでの集客・メディア運営で役立つマーケティングノウハウを重点的に紹介しており、Webマーケティング・コンテンツマーケティングの現場で、役立つ情報が充実しています。

他にも、実際のクライアントワークで実践されたマーケティングノウハウと成功事例を紹介することで、ユーザーからの情報への信頼性と支持を得ることに成功しています。

参考元:バズ部 (lucy.ne.jp)

 

終わりに

今回は、コンテンツマーケティングの効果を高めるための方法を紹介・解説していきました。 この記事が、マーケターの皆さまの参考になればと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.5.9
  • コンテンツマーケティング
  • 新規事業

今やコンテンツに触れて生活を送るのが当然となった現代。

慣れ親しんだコンテンツで、ターゲットに対してマーケティングをすることが1番効果的で効率的になってきています。

しかし、どうしたらコンテンツマーケティングの効果が高まるのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、コンテンツマーケティングの効果を高める方法について徹底的に解説していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるユーザーにとって価値のあるコンテンツを継続的に提供し、情報を通じることでファンになってもらうことで、自社製品やサービスを購入してもらうためのマーケティング戦略です。

企業が発信したい情報のために作成されたものはどのような形であっても、コンテンツマーケティングと呼ぶことができます。

 

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

新しいマーケティング手法を取り入れる際には、メリットとデメリットどちらも把握しておく必要があります。

以下からはコンテンツマーケティング導入にあたってのメリットとデメリット4つを紹介していきます。

 

メリット①:広告宣伝費が抑えられる

今まで主流だった新聞の広告やテレビCMなどのマーケティング手法に比べ、広告宣伝費が抑えられます。

どこかの広告代理店と契約を結ぶ必要もなく、コンテンツを自社ホームページやブログ、動画サービスやSNSなどで発信すれば広告できるため、コストがかなり抑えられます。

 

メリット②:広告の効果が薄れてきている現代でも効果的な手法

広告が溢れている現代は、広告自体を鬱陶しく思ってしまうユーザーが多くなってきています。

しかし、コンテンツマーケティングであれば、ユーザーが情報を「押し売り」されている感覚にならなくて済みます。

ユーザーは自分で検索して見つけた、あるいは偶然そのコンテンツを通じて自社の情報を知ってもらえるため、今までの広告では叶わなかった密接な関係を顧客との間に構築することが出来ます。

 

デメリット①:すぐに効果を実感できない

広告としてのコンテンツを発信したとしても、効果を実感できるのに比較的時間がかかるのがコンテンツマーケティングのデメリットです。

Web広告などは成果報酬型やクリック保証型のメニューなどがあるため、出稿すればわかりやすく早く効果が実感できますが、そういったマーケティング手法と比べるとコンテンツマーケティングはなかなか効果を実感できるものではないでしょう。

 

デメリット②:継続が大変

外注をしない場合だと、ユーザーを惹きつけるような魅力的で有用なコンテンツを作成し続けるのは非常に大変です。

常にターゲット層へのリサーチが欠かせませんし、人材も必要になります。

外注してしまうと結果的にメリットの1つである「広告宣伝費が抑えられる」がなくなってしまうため、コンテンツマーケティングを自力で継続して実施することは想像以上に手間がかかります。

 

コンテンツマーケティングで効果を高めるための方法

コンテンツマーケティング

手間がかかるけど現代に適しているコンテンツマーケティング。実施した時に確実に高い効果を実感できるように、以下からはコンテンツマーケティングで効果を高めるための3つの方法を解説していきます。

 

1.コンテンツを最適化する

コンテンツマーケティングは、コンテンツを公開して完了ではありません。常にユーザーと市場の流れをリサーチし、コンテンツのリライトを重ねる必要があります。

 

2.KPI・KGIを設定する

オウンドメディアを運用してコンテンツマーケティングを行う時は「KGI」「KPI」を設定すると良いでしょう。

KGIとは「ゴールを示した指標での最終目標」、KPIとは「ゴールまでの中間指標で目標を達成するための過程」のことを指します。

計画を具体的に期限や数値化してみると、効率的に取り組みやすくなりますし、また新たな視点から計画を見直すことが可能になります。

 

3.コンテンツの数を増やす

コンテンツマーケティングで一定の効果を実感するためには、短期的な目で見るのではなく、中長期的な目線でコンテンツの数を地道に増やし続けることが重要です。

コンテンツの数が増えれば増えるほどユーザーに見てもらえる可能性が高くなるため、手間がかかるのを覚悟で取り組むべきでしょう。

 

KPI・KGIとは?初心者にもわかりやすく設定方法を解説!

 

コンテンツマーケティングの事例

株式会社ルーシーのバズ部は、Webマーケティング関連サービスを提供するオウンドメディアです。

Webサイトでの集客・メディア運営で役立つマーケティングノウハウを重点的に紹介しており、Webマーケティング・コンテンツマーケティングの現場で、役立つ情報が充実しています。

他にも、実際のクライアントワークで実践されたマーケティングノウハウと成功事例を紹介することで、ユーザーからの情報への信頼性と支持を得ることに成功しています。

参考元:バズ部 (lucy.ne.jp)

 

終わりに

今回は、コンテンツマーケティングの効果を高めるための方法を紹介・解説していきました。 この記事が、マーケターの皆さまの参考になればと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング