ABテストとは?効果を出すための方法をわかりやすく解説

  • 2022.5.11
  • ABテスト
  • 新規事業

インターネットマーケティングを実施しているマーケターの方なら誰でも知っているABテスト。

耳にしたことはあるけれど、基本的な知識やどのように行えば効果が出るのかについては詳しくわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ABテストとは?効果を出すための方法について徹底的に解説していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

 

ABテストとは?

ABテスト

ABテストとは、Web上のホームページや広告、ランティングページなどを最適化するため検証・実施するテストのことです。

特定の要素を変更したAパターンとBパターンを対照的に比較することでより高い効果を得られるパターンを見つけるということで、ABテストと呼ばれています。

 

ABテストが必要な3つの理由

ABテストの基本的な概要について触れたので、インターネットマーケティングにこそABテストが必要な3つの理由を紹介していきます。

 

1.コンテンツの精度が上がる

初めに作成したホームページや広告、ランティングページは主観の入った試作品といえます。

実際に運用してみるとユーザーからの反応が予想と違っていたりすることは多々あるため、常に最適化をするためのテストを実施してコンテンツの精度をどんどん上げていきましょう。

そうすればさらにユーザーが好むコンテンツが作成できるようになるため、収益や反応を増やすことが可能になります。

 

2.コストをかけずに高い効果を出すことができる

「ユーザーからの反応が良くない…」「成果が出ない…」といってコンテンツを1から丸ごとリニューアルするのはコストが大変かかります。

せっかく作り上げたコンテンツなら作り直すのではなく、ABテストを行って少しの要素を変えてみましょう。

その反応があったコンテンツを軸にして少しの変更を重ねていくことで、手間をかけずコストを抑えて、さらに高い成果が期待できるでしょう。

 

3.効果的なパターンが把握できるようになる

ABテストを重ねていくことで、自然とコンテンツやマーケットについて知識が付いてきます。

効果的なパターンやノウハウが把握できるようになってくるため、それをコンテンツ作成に活かすのもしかり、今後のマーケティング施策にも大いに活用できます。

 

効果を出すABテストの進め方

ABテスト

ABテストを実施することでマーケティングでより良い効果を出すことは可能ですが、良いABテストの進め方をしなければ身も蓋もありません。

以下からは、確実に効果を出すABテストの進め方についてまとめていきます。

 

1.目的を整理する

初めに、ABテストの目的を明確にします。

収集できるデータの種類が多ければ多いほど、どの指標を改善するのが目的なのか曖昧なままでABテストを実行してしまうと失敗する確率が高くなります。

「平均ページビュー数を上げる」など、注目する指標を決めておきましょう。

 

2.テスト対象を決める

ABテストは対照実験のように変更する要素は1つという原則があるので、どこを変更するかを明確にします。

この時、変更する箇所はコンバージョン(ゴールとしている成果)に近い要素やユーザーの目に触れやすい要素などの、影響の大きい個所を選ぶことが重要です。

 

3.仮説を立てる

テスト対象を決めたら検証・実施した時の仮説を立てます。

むやみやたらにABテストを行うのでは効果的なコンテンツ改善は望めないため、「ここをこう変更すれば、きっとこういう結果が出るはず」という仮説が必要です。

ABテストはその立てた仮説を検証するためのツールとして利用しましょう。

 

4.実施する

事前準備が整ってからABテストを実施します。

一定期間でパターンを手動で切り替える方法もありますが、ツールを使って無作為にパターンを切り分ける方法もあります。

便利なABテストツールを使用したほうが、手動の切り替えをしなくて済むだけでなく、その他の便利機能も使えるので良いです。

注意点としては、変更する箇所は1つというABテストの特徴を活かすためにテストユーザーの条件は揃えておくべきでしょう。

 

5.評価をする

ABテストを行った後は、結果を分析します。

仮説が正しかったかどうかは感覚ではなくデータに基づいて判断しましょう。

時折「ABテストを実施すること」自体に満足してしまい、結果が出ても何も行動に移さないケースもありますが、ABテストの結果は分析をして評価して、次の改善に反映させましょう。

ABテスト実施後の分析・評価は大変重要なため、時間が取れるときに余裕を持って行うことをおすすめします。

 

6.改善を繰り返す

テスト単体での結果の反映はツールが自動的にやってくれますが、テスト結果からマーケットやユーザーの傾向やヒントを導き出し、新たな仮説を立て、次のABテスト計画へ反映させるのはマーケターの役割です。

一度採用して上手くいったパターンが今後も高い効果をもたらし続けてくれるという保証はありません。

常に小さな改善を積み重ねていくことが、コンテンツの成果向上に繋がっていきます。

 

KPI・KGIとは?初心者にもわかりやすく設定方法を解説!

 

終わりに

今回は、ABテストとは?効果を出すための方法を分かりやすく紹介・解説していきました。

この記事が、マーケターの皆さまの参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.5.11
  • ABテスト
  • 新規事業

インターネットマーケティングを実施しているマーケターの方なら誰でも知っているABテスト。

耳にしたことはあるけれど、基本的な知識やどのように行えば効果が出るのかについては詳しくわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ABテストとは?効果を出すための方法について徹底的に解説していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

 

ABテストとは?

ABテスト

ABテストとは、Web上のホームページや広告、ランティングページなどを最適化するため検証・実施するテストのことです。

特定の要素を変更したAパターンとBパターンを対照的に比較することでより高い効果を得られるパターンを見つけるということで、ABテストと呼ばれています。

 

ABテストが必要な3つの理由

ABテストの基本的な概要について触れたので、インターネットマーケティングにこそABテストが必要な3つの理由を紹介していきます。

 

1.コンテンツの精度が上がる

初めに作成したホームページや広告、ランティングページは主観の入った試作品といえます。

実際に運用してみるとユーザーからの反応が予想と違っていたりすることは多々あるため、常に最適化をするためのテストを実施してコンテンツの精度をどんどん上げていきましょう。

そうすればさらにユーザーが好むコンテンツが作成できるようになるため、収益や反応を増やすことが可能になります。

 

2.コストをかけずに高い効果を出すことができる

「ユーザーからの反応が良くない…」「成果が出ない…」といってコンテンツを1から丸ごとリニューアルするのはコストが大変かかります。

せっかく作り上げたコンテンツなら作り直すのではなく、ABテストを行って少しの要素を変えてみましょう。

その反応があったコンテンツを軸にして少しの変更を重ねていくことで、手間をかけずコストを抑えて、さらに高い成果が期待できるでしょう。

 

3.効果的なパターンが把握できるようになる

ABテストを重ねていくことで、自然とコンテンツやマーケットについて知識が付いてきます。

効果的なパターンやノウハウが把握できるようになってくるため、それをコンテンツ作成に活かすのもしかり、今後のマーケティング施策にも大いに活用できます。

 

効果を出すABテストの進め方

ABテスト

ABテストを実施することでマーケティングでより良い効果を出すことは可能ですが、良いABテストの進め方をしなければ身も蓋もありません。

以下からは、確実に効果を出すABテストの進め方についてまとめていきます。

 

1.目的を整理する

初めに、ABテストの目的を明確にします。

収集できるデータの種類が多ければ多いほど、どの指標を改善するのが目的なのか曖昧なままでABテストを実行してしまうと失敗する確率が高くなります。

「平均ページビュー数を上げる」など、注目する指標を決めておきましょう。

 

2.テスト対象を決める

ABテストは対照実験のように変更する要素は1つという原則があるので、どこを変更するかを明確にします。

この時、変更する箇所はコンバージョン(ゴールとしている成果)に近い要素やユーザーの目に触れやすい要素などの、影響の大きい個所を選ぶことが重要です。

 

3.仮説を立てる

テスト対象を決めたら検証・実施した時の仮説を立てます。

むやみやたらにABテストを行うのでは効果的なコンテンツ改善は望めないため、「ここをこう変更すれば、きっとこういう結果が出るはず」という仮説が必要です。

ABテストはその立てた仮説を検証するためのツールとして利用しましょう。

 

4.実施する

事前準備が整ってからABテストを実施します。

一定期間でパターンを手動で切り替える方法もありますが、ツールを使って無作為にパターンを切り分ける方法もあります。

便利なABテストツールを使用したほうが、手動の切り替えをしなくて済むだけでなく、その他の便利機能も使えるので良いです。

注意点としては、変更する箇所は1つというABテストの特徴を活かすためにテストユーザーの条件は揃えておくべきでしょう。

 

5.評価をする

ABテストを行った後は、結果を分析します。

仮説が正しかったかどうかは感覚ではなくデータに基づいて判断しましょう。

時折「ABテストを実施すること」自体に満足してしまい、結果が出ても何も行動に移さないケースもありますが、ABテストの結果は分析をして評価して、次の改善に反映させましょう。

ABテスト実施後の分析・評価は大変重要なため、時間が取れるときに余裕を持って行うことをおすすめします。

 

6.改善を繰り返す

テスト単体での結果の反映はツールが自動的にやってくれますが、テスト結果からマーケットやユーザーの傾向やヒントを導き出し、新たな仮説を立て、次のABテスト計画へ反映させるのはマーケターの役割です。

一度採用して上手くいったパターンが今後も高い効果をもたらし続けてくれるという保証はありません。

常に小さな改善を積み重ねていくことが、コンテンツの成果向上に繋がっていきます。

 

KPI・KGIとは?初心者にもわかりやすく設定方法を解説!

 

終わりに

今回は、ABテストとは?効果を出すための方法を分かりやすく紹介・解説していきました。

この記事が、マーケターの皆さまの参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング