ホームページ制作にかかる期間は?作業の流れごとに詳しく解説

  • 2022.3.1
  • ホームページ期間
  • デザイン
  • 新規事業

ホームページ

ホームページを制作する際、立ち上げまでにかかる期間はどれほどかかるのでしょうか?

専属で取り掛かる方や普段の業務と合わせて制作するケースなど、いずれも制作期間については気になるところ。

そこで今回はホームページ制作にかかる期間を作業の流れごとに解説していきます。

 

ホームページ制作の期間について

ホームページ

ホームページ制作の期間は、1ヶ月強程度〜4ヶ月以上かかり、どのようなページを作るかによって期間は異なります。

ここでは一般的なフェーズごとの期間の目安についてご紹介していきます。

 

打ち合わせ〜発注まで

ホームページを制作会社と立ち上げる場合、打合せの期間が必要になります。

この際、最低限必要な項目がいくつかあります。

  • どのような目的でホームページを制作するのか
  • 参考となるサイトのデザインや仕様は?
  • ページ数などボリュームと技術的な仕様

このような項目をもとに、おおまかなスケジュールと予算を決めていきます。

 

打合せから正式発注までの期間の目安は2ケ月ほどですが、複数の会社で見積りを取る場合など、納期はさらに遅くなるケースもあります。

また、比較的小規模なサイトであれば1ケ月程度で発注できる場合も。

 

モックアップの作成

発注が決まった段階で、サイトのイメージをスケッチするモックアップと呼ばれる下書きを作成します。

モックアップは、ホームページのイメージを理解する目的で作成されますので、紙と鉛筆の場合や市販のソフトを使用するケースもあるでしょう。

この段階でホームページに配置するボタンや画像、情報などを整理していきます。

モックアップに必要な期間はおよそ1ケ月程度ですが、今後の工程を左右する大切な作業となります。

 

デザインを作成する

モックアップをもとに、具体的なサイトデザインを作成していきます。

ロゴやカラーリングなど、デザインが入ると今まで見えなかった問題点が出て来るケースもあります。

デザイン作成の期間はおよそ1ケ月ですが、再度打ち合わせが必要な場合は納期が遅れることになります。

デザインに比重を置いたホームページなどは、とくにこの作業が制作期間を左右する工程と言えるでしょう。

 

コーディング作業

デザインが決まったら、ホームページとして実際にプログラムを組むコーディングという作業に入ります。

こちらの作業はサイトの設計により期間は異なりますが、およそ2週間〜2ケ月ほどかかります。

 

ページ規模と期間の目安は?

打ち合わせ~発注期間を除いた、大まかな制作期間を記載します。

ページ数やシステム・デザイン要件によってかなり左右されるため、様々なパターンを記載しました。よければ参考にしてください。

 

ランディングページのみの場合

広告用の集客ページなどに制作されるランディングページでは、制作期間はおよそ1ケ月〜1ケ月半となります。

こちらはホームページの制作と合わせ、展開する広告の手配などを併せて行う必要があります。

 

15ページ前後の場合

企業の紹介サイトに多い15ページ前後のホームページでは、およそ1ケ月半〜3ケ月ほどの期間が必要になります。

サイトデザインにこだわる場合など、画像や動画のクオリティを高める作業では通常より納期がかかるケースもあります。

 

30ページ以上の場合

ECサイトの商品点数が多いサイトなど、ページ数が増えるごとに期間も長くなります。

30ページ以上のホームページでは4ケ月以上の納期となります。

 

システムを導入する場合の制作期間

予約専用のページや決済機能(カートの導入)など、エンジニアが入りシステムを導入する場合、約1ケ月ほどの制作納期がプラスされます。

 

制作期間を短縮する方法について

ホームページ

予算や納期が限られている場合、ホームページの制作期間を短縮する必要がある場合もあります。

ここでは制作期間を短縮する方法についてご紹介していきます。

 

目的を共有する

ホームページは本来の目的ははっきりしない場合、余分な工程や作業が発生することになります。

とくにページ数の多いホームページなどは、開発当初の目的がブレやすく納期遅れの原因になることも。

このため目的を共有する事で、無駄な作業を短縮できるため1ケ月程度納期が短縮できるケースもあります。

 

各工程のリーダーを選ぶ

ホームページ制作は、作業にかかる人数が増えるほど各工程の最終確認が必要になります。

しかし責任者が決まっていない場合、次の工程に進むまで時間がかかるケースも増えてしまいます。

そのため各工程のリーダーを決める事で、確認作業や責任の所在がはっきりし納期も短縮する事が可能になります。

 

関連:ホームページ制作の費用相場を解説!料金を抑えるコツを紹介

 

まとめ

今回は、ホームページ制作にかかる期間を作業の流れごとに解説しました。

実際の制作期間は、作成するページの種類やボリュームによって異なる事が分かりました。

また、ホームページ作成の理目的をもとに、最初にきちんと打合せを行うことでその後の納期を短縮できる事もご理解頂けたかと思います。

ホームページ制作は予算や納期が限られているケースが多いため、必要な要素を洗い出し極力余分な作業に時間を取られない事が大切です。

納期にゆとりを持って、ホームページ制作を依頼しましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.3.1
  • ホームページ期間
  • デザイン
  • 新規事業

ホームページを制作する際、立ち上げまでにかかる期間はどれほどかかるのでしょうか?

専属で取り掛かる方や普段の業務と合わせて制作するケースなど、いずれも制作期間については気になるところ。

そこで今回はホームページ制作にかかる期間を作業の流れごとに解説していきます。

 

ホームページ制作の期間について

ホームページ

ホームページ制作の期間は、1ヶ月強程度〜4ヶ月以上かかり、どのようなページを作るかによって期間は異なります。

ここでは一般的なフェーズごとの期間の目安についてご紹介していきます。

 

打ち合わせ〜発注まで

ホームページを制作会社と立ち上げる場合、打合せの期間が必要になります。

この際、最低限必要な項目がいくつかあります。

  • どのような目的でホームページを制作するのか
  • 参考となるサイトのデザインや仕様は?
  • ページ数などボリュームと技術的な仕様

このような項目をもとに、おおまかなスケジュールと予算を決めていきます。

 

打合せから正式発注までの期間の目安は2ケ月ほどですが、複数の会社で見積りを取る場合など、納期はさらに遅くなるケースもあります。

また、比較的小規模なサイトであれば1ケ月程度で発注できる場合も。

 

モックアップの作成

発注が決まった段階で、サイトのイメージをスケッチするモックアップと呼ばれる下書きを作成します。

モックアップは、ホームページのイメージを理解する目的で作成されますので、紙と鉛筆の場合や市販のソフトを使用するケースもあるでしょう。

この段階でホームページに配置するボタンや画像、情報などを整理していきます。

モックアップに必要な期間はおよそ1ケ月程度ですが、今後の工程を左右する大切な作業となります。

 

デザインを作成する

モックアップをもとに、具体的なサイトデザインを作成していきます。

ロゴやカラーリングなど、デザインが入ると今まで見えなかった問題点が出て来るケースもあります。

デザイン作成の期間はおよそ1ケ月ですが、再度打ち合わせが必要な場合は納期が遅れることになります。

デザインに比重を置いたホームページなどは、とくにこの作業が制作期間を左右する工程と言えるでしょう。

 

コーディング作業

デザインが決まったら、ホームページとして実際にプログラムを組むコーディングという作業に入ります。

こちらの作業はサイトの設計により期間は異なりますが、およそ2週間〜2ケ月ほどかかります。

 

ページ規模と期間の目安は?

打ち合わせ~発注期間を除いた、大まかな制作期間を記載します。

ページ数やシステム・デザイン要件によってかなり左右されるため、様々なパターンを記載しました。よければ参考にしてください。

 

ランディングページのみの場合

広告用の集客ページなどに制作されるランディングページでは、制作期間はおよそ1ケ月〜1ケ月半となります。

こちらはホームページの制作と合わせ、展開する広告の手配などを併せて行う必要があります。

 

15ページ前後の場合

企業の紹介サイトに多い15ページ前後のホームページでは、およそ1ケ月半〜3ケ月ほどの期間が必要になります。

サイトデザインにこだわる場合など、画像や動画のクオリティを高める作業では通常より納期がかかるケースもあります。

 

30ページ以上の場合

ECサイトの商品点数が多いサイトなど、ページ数が増えるごとに期間も長くなります。

30ページ以上のホームページでは4ケ月以上の納期となります。

 

システムを導入する場合の制作期間

予約専用のページや決済機能(カートの導入)など、エンジニアが入りシステムを導入する場合、約1ケ月ほどの制作納期がプラスされます。

 

制作期間を短縮する方法について

ホームページ

予算や納期が限られている場合、ホームページの制作期間を短縮する必要がある場合もあります。

ここでは制作期間を短縮する方法についてご紹介していきます。

 

目的を共有する

ホームページは本来の目的ははっきりしない場合、余分な工程や作業が発生することになります。

とくにページ数の多いホームページなどは、開発当初の目的がブレやすく納期遅れの原因になることも。

このため目的を共有する事で、無駄な作業を短縮できるため1ケ月程度納期が短縮できるケースもあります。

 

各工程のリーダーを選ぶ

ホームページ制作は、作業にかかる人数が増えるほど各工程の最終確認が必要になります。

しかし責任者が決まっていない場合、次の工程に進むまで時間がかかるケースも増えてしまいます。

そのため各工程のリーダーを決める事で、確認作業や責任の所在がはっきりし納期も短縮する事が可能になります。

 

関連:ホームページ制作の費用相場を解説!料金を抑えるコツを紹介

 

まとめ

今回は、ホームページ制作にかかる期間を作業の流れごとに解説しました。

実際の制作期間は、作成するページの種類やボリュームによって異なる事が分かりました。

また、ホームページ作成の理目的をもとに、最初にきちんと打合せを行うことでその後の納期を短縮できる事もご理解頂けたかと思います。

ホームページ制作は予算や納期が限られているケースが多いため、必要な要素を洗い出し極力余分な作業に時間を取られない事が大切です。

納期にゆとりを持って、ホームページ制作を依頼しましょう。

 

カジュアルミーティング