UXOとは?SEOとの違いやUXOの重要性について詳しく解説!

  • 2022.4.15
  • UXO
  • 新規事業

Webサイトを運営している担当者の方にとって、自社サイトの検索順位を確認し、コンテンツをより良く改善することは欠かせません。

自社サイトを上位に表示させるためにSEOを意識しているという方は多いかと思いますが、他にも意識するべきものがあることをご存じでしょうか?

ということで今回は、UXOとは?SEOとの違いやUXOの重要性について詳しく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

SEOとUXOの違い

UXO

〈SEOの特徴〉

SEOとは、Search Engine Optimization の略で「検索エンジン最適化」のことを意味します。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの自然検索結果で上位の方に表示されるように、自社(自分)のWebサイトを最適化することを「SEO」または「SEO対策」と呼びます。

自社のページをWeb上に公開していたとしても、キーワードの検索結果で3、4ページに表示されていてはユーザーの目にほとんど触れることがないため、結果的にページを作成した意味がなくなってしまいます。

SEOを意識することで、ユーザーに自社Webサイトの存在を伝えることが出来、情報を届けることが可能になります。

 

〈UXOの特徴〉

一方UXOは、User Experience Optimizationの略で「ユーザー体験最適化」のことを意味します。

UXOはサイトへのアクセス解析(検索キーワード・閲覧ページ・人気記事・閲覧数等など)から、

「ユーザーはこういう情報を求めているだろう」

「競合他社にはない自社のロイヤリティーを高めるような情報を提供する」

「本当はあまり人に教えたくない役立つノウハウ提供」

などの、常に検索ユーザー目線に合わせたコンテンツ設計・制作を行うことです。

 

SEOとUXOはどちらが重要か

検索エンジンで自社サイトが上位に表示されることを目的とするSEOと、検索ユーザー目線に立ったコンテンツ設定・制作を目的とするUXO。この両者は目的が異なるためどちらが重要かというのはありません。

しかし、現在のWebサイトは「とにかくユーザーの目に触れるように」とSEOを意識するあまり、コンテンツの質が悪くなっていることが多いです。

 

〈SEOだけでなく、UXOにもこだわるべき理由〉

サイトに訪問してもらえるきっかけを生むためにも、SEOを意識することは重要ですが、いざ訪問して「あまり役立たない内容だったな」「読みづらい記事だな」と思われてしまえば、ユーザーはそのサイトに対して不信感を感じ、訪問の機会を自ら奪ってしまう可能性もあります。

ユーザーがサイトを訪問して本当に役立った!という成功体験があれば、ユーザー間でおすすめのWebサイトとして広まったり、自然に被リンクが発生したりします。

そのコンテンツの質が良ければ検索ページ以外の同サイト内の他ページも見られ、サイト滞在時間が長くなるため、結果的に検索エンジンからの評価も高くなります。

 

そのため、俗に言う「SEO病」のようにSEOを最重要視してコンテンツ構築をしっかりと行わないのは大変もったいないでしょう。

つまり、UXOを意識することは、最終的にはSEO対策にもなるのです。

テクニカルな観点からのSEOだけでなく、ユーザー視点からのUXOを共に意識することにより一層、検索エンジンでの上位表示を目指せることになります。

 

目指すべきWebサイトの姿とは

UXO

自社の顔となるWebサイトは様々な課題が課されており、どの要素を優先したらいいのか悩んでしまうことが多いですが、目指すべき結果としては、「ユーザーの役に立ち、利用していて心地の良いWebサイト」を作ることでしょう。

 

〈ユーザーとWebサイト〉

企業はWebサイトを通じて、ユーザーに対し「情報」や「体験」を提供します。

ユーザーは、自身の課題を解決するために、能動的にキーワード検索をし、自発的にWebサイト上で情報を探します。

Webサイトはユーザーの利用の仕方で検索結果が大きく変わるため、利用中のユーザーは自らの力で目的とする理想の情報を探さなくてはいけません。

そのため、ユーザーが自力で目的の情報が記載されているサイトにたどり着くのはなかなかハードルが高いです。

 

そして、その企業ページから得た「情報」や「体験」を評価することで自身の中で企業の価値を決めていきます。

そのため、より良い「体験」が蓄積していくことより、企業ブランドに対するロイヤルティーが高くなります。

その一連のフローの中でSEO対策だけされていて上位に表示されているのにも関わらず、コンテンツの中身が伴っていないページを訪れてしまうと一気にそのサイトへの不信感が募ります。

 

〈ユーザビリティを意識したサイトを作るには?〉

ユーザーがサイトを訪れてくれたという機会を逃さないように、サイト訪問者の課題を解決するとともに、Webサイトを通じてより良い情報や体験を提供するべきでしょう。

課題を解決する(問いに対しての答えを記事の中に明確に記載する)のは前提として、さらに良い体験を提供するとともにこちらにも利益を出すためには、以下の3点を抑えておくと良いでしょう。

 

・そのサイトはどんなユーザー層をターゲットにしているのか

・そのサイトはどんな状況で使われると想定されるのか

・そのユーザーにどういう行動をしてもらうのがゴールなのか

 

ユーザビリティを意識した良いサイト作りをしていれば、ユーザーの間でも評判が広まり、結果的に企業ブランドとしての評価が上がっていくでしょう。

 

終わりに

今回は、UXOとは?SEOとの違いやUXOの重要性について詳しく解説していきました。

〈まとめ〉

・SEOは「検索エンジンで自社サイトが上位に表示されることを目的とする対策のこと」

・UXOは「検索ユーザー目線に立ったコンテンツ設定・制作のこと」

・UXOは結果的にユーザーに気に入られるサイトにするためにも重要

この記事がWeb担当者の方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

  • 2022.4.15
  • UXO
  • 新規事業

Webサイトを運営している担当者の方にとって、自社サイトの検索順位を確認し、コンテンツをより良く改善することは欠かせません。

自社サイトを上位に表示させるためにSEOを意識しているという方は多いかと思いますが、他にも意識するべきものがあることをご存じでしょうか?

ということで今回は、UXOとは?SEOとの違いやUXOの重要性について詳しく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

SEOとUXOの違い

UXO

〈SEOの特徴〉

SEOとは、Search Engine Optimization の略で「検索エンジン最適化」のことを意味します。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの自然検索結果で上位の方に表示されるように、自社(自分)のWebサイトを最適化することを「SEO」または「SEO対策」と呼びます。

自社のページをWeb上に公開していたとしても、キーワードの検索結果で3、4ページに表示されていてはユーザーの目にほとんど触れることがないため、結果的にページを作成した意味がなくなってしまいます。

SEOを意識することで、ユーザーに自社Webサイトの存在を伝えることが出来、情報を届けることが可能になります。

 

〈UXOの特徴〉

一方UXOは、User Experience Optimizationの略で「ユーザー体験最適化」のことを意味します。

UXOはサイトへのアクセス解析(検索キーワード・閲覧ページ・人気記事・閲覧数等など)から、

「ユーザーはこういう情報を求めているだろう」

「競合他社にはない自社のロイヤリティーを高めるような情報を提供する」

「本当はあまり人に教えたくない役立つノウハウ提供」

などの、常に検索ユーザー目線に合わせたコンテンツ設計・制作を行うことです。

 

SEOとUXOはどちらが重要か

検索エンジンで自社サイトが上位に表示されることを目的とするSEOと、検索ユーザー目線に立ったコンテンツ設定・制作を目的とするUXO。この両者は目的が異なるためどちらが重要かというのはありません。

しかし、現在のWebサイトは「とにかくユーザーの目に触れるように」とSEOを意識するあまり、コンテンツの質が悪くなっていることが多いです。

 

〈SEOだけでなく、UXOにもこだわるべき理由〉

サイトに訪問してもらえるきっかけを生むためにも、SEOを意識することは重要ですが、いざ訪問して「あまり役立たない内容だったな」「読みづらい記事だな」と思われてしまえば、ユーザーはそのサイトに対して不信感を感じ、訪問の機会を自ら奪ってしまう可能性もあります。

ユーザーがサイトを訪問して本当に役立った!という成功体験があれば、ユーザー間でおすすめのWebサイトとして広まったり、自然に被リンクが発生したりします。

そのコンテンツの質が良ければ検索ページ以外の同サイト内の他ページも見られ、サイト滞在時間が長くなるため、結果的に検索エンジンからの評価も高くなります。

 

そのため、俗に言う「SEO病」のようにSEOを最重要視してコンテンツ構築をしっかりと行わないのは大変もったいないでしょう。

つまり、UXOを意識することは、最終的にはSEO対策にもなるのです。

テクニカルな観点からのSEOだけでなく、ユーザー視点からのUXOを共に意識することにより一層、検索エンジンでの上位表示を目指せることになります。

 

目指すべきWebサイトの姿とは

UXO

自社の顔となるWebサイトは様々な課題が課されており、どの要素を優先したらいいのか悩んでしまうことが多いですが、目指すべき結果としては、「ユーザーの役に立ち、利用していて心地の良いWebサイト」を作ることでしょう。

 

〈ユーザーとWebサイト〉

企業はWebサイトを通じて、ユーザーに対し「情報」や「体験」を提供します。

ユーザーは、自身の課題を解決するために、能動的にキーワード検索をし、自発的にWebサイト上で情報を探します。

Webサイトはユーザーの利用の仕方で検索結果が大きく変わるため、利用中のユーザーは自らの力で目的とする理想の情報を探さなくてはいけません。

そのため、ユーザーが自力で目的の情報が記載されているサイトにたどり着くのはなかなかハードルが高いです。

 

そして、その企業ページから得た「情報」や「体験」を評価することで自身の中で企業の価値を決めていきます。

そのため、より良い「体験」が蓄積していくことより、企業ブランドに対するロイヤルティーが高くなります。

その一連のフローの中でSEO対策だけされていて上位に表示されているのにも関わらず、コンテンツの中身が伴っていないページを訪れてしまうと一気にそのサイトへの不信感が募ります。

 

〈ユーザビリティを意識したサイトを作るには?〉

ユーザーがサイトを訪れてくれたという機会を逃さないように、サイト訪問者の課題を解決するとともに、Webサイトを通じてより良い情報や体験を提供するべきでしょう。

課題を解決する(問いに対しての答えを記事の中に明確に記載する)のは前提として、さらに良い体験を提供するとともにこちらにも利益を出すためには、以下の3点を抑えておくと良いでしょう。

 

・そのサイトはどんなユーザー層をターゲットにしているのか

・そのサイトはどんな状況で使われると想定されるのか

・そのユーザーにどういう行動をしてもらうのがゴールなのか

 

ユーザビリティを意識した良いサイト作りをしていれば、ユーザーの間でも評判が広まり、結果的に企業ブランドとしての評価が上がっていくでしょう。

 

終わりに

今回は、UXOとは?SEOとの違いやUXOの重要性について詳しく解説していきました。

〈まとめ〉

・SEOは「検索エンジンで自社サイトが上位に表示されることを目的とする対策のこと」

・UXOは「検索ユーザー目線に立ったコンテンツ設定・制作のこと」

・UXOは結果的にユーザーに気に入られるサイトにするためにも重要

この記事がWeb担当者の方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。