ドメイン決め方のコツを解説!失敗しないポイントをご紹介!

  • 2022.9.19
  • ドメイン
  • デザイン

ドメイン

企業や個人のブログ、ウェブサイトで使用されるドメイン=URLは、「サイトの窓口」としての役割りを持ちます。

ドメインを決める際どのような基準で決めるのか、方法が分からないケースもあるでしょう。

本記事ではドメインの決め方のコツや失敗しないポイントについてご紹介します。

 

ドメイン決め方の基礎知識

ドメイン

ドメインの決め方を検討する際は、最初に基礎知識を知っておくとよいでしょう。

ドメインとは、例えると「インターネット上の所在地」を意味します。

サイトを訪れる際の「http」で始まるURLをドメインと呼びます。

例 : http://www.◯◯◯.ne.jp

上記の場合、「◯◯◯.ne.jp」をドメイン名「www」をホスト名(サブドメイン)と呼びます。

ドメインを取得後は、サブドメインについても自由に変更することができます。

 

基本的にドメインは1つずつしか存在しないため、誰かが利用している場合使うことはできません。

また、一旦ウェブサイトに登録したドメインは変更できません。

ドメインの決め方のルールとして覚えておきましょう。

 

独自・共有ドメイン決め方の違い

ドメインを決める際、「独自・共有ドメイン」の大きく分けて2つの種類に分かれます。

それぞれの違いは、例えば共有ドメインは「1つのビルにそれぞれの部屋」があるイメージ。

もう一方の独自ドメインは、「一世帯が暮らす戸建て」のイメージが近いでしょう。

ドメインを決める際の参考に、それぞれの特徴を確認していきましょう。

 

  • 戸建てイメージの独自ドメイン

一戸建ての独立した独自ドメインは、取得者自身で管理・運営することができます。

このため独自性が必要な企業のランディングサイトや個人ブログなどに最適なドメインと言えるでしょう。

独自ドメインの特徴は、以下の内容になります。

  • オリジナルのURL(ドメイン)なので信頼できる
  • ウェブ訪問時に覚えやすい ・サーバーを替えても使用できる
  • SEO対策(検索エンジン上位に検索されやすい)
  • 広告表示がない

このように独自性のあるドメインを運用できるのが魅力である反面、維持費が掛かることやサーバー設定に手間がかかるデメリットもあります。

費用はドメインサービスごとに異なりますので、サービスごとに比較してみるとよいでしょう。

 

  • 手軽さが特徴の共有ドメイン

一方の共有ドメインでは、「レンタルサーバー」「ブログサービス」を利用する際共有する形式となります。

具体的には、ドメインの一部に共有先の企業名が入るケースが多いサービスです。

共有ドメインURL

例 : ◯◯◯◯.△△△△.jp

上記の場合、△△△△に企業名やサービス名が入りますが、この部分は変更できません。

その他の共有ドメインの特徴は、以下の内容になります。

共有ドメインのメリット

  • 無料で契約できる
  • サーバーの契約、DNS設定が不要

共有ドメインのデメリット

  • 独自のドメイン名を選べない
  • 企業の宣伝、広告が表示されることが多い
  • サーバー、ブログを替えるごとにURLが変わる
  • 共有ドメインのサービスが停止、無くなる可能性がある

このように共有ドメインはコストをかけず手軽に利用できる反面、デメリットも多い事がわかります。

ドメイン名にこだわる場合は、独自ドメインの利用を検討してみましょう。

 

独自ドメイン取得でかかる費用

独自ドメインを取得する場合、費用は年間1,000〜3,000円ほどになります。

取得するドメインの種類やサービスによって価格は異なりますが、サーバー代と比べ安いケースがほとんど。

最近ではサーバー契約時にドメインを1アカウントプレゼントしてもらえるサービスもあります。

このためサーバーのキャンペーン等を定期的にチェックしてみる方法もおすすめです。

 

関連:httpとhttpsの違いは?注意すべき点や安全性を解説

 

ドメイン決め方のコツは?

ドメイン

独自ドメインを決める際、コツはあるのでしょうか?

失敗しないよう抑えておきたいコツは次の3つになります。

  • サイトイメージからドメインを決める
  • 分かりやすい文字列か確認
  • 適度な長さに調整する

独自ドメインは空きがあれば取得できる一方、変更ができないリスクがあるためそれぞれのコツを確認してみましょう。

 

サイトイメージからドメインを決める

ドメイン名の決め方として、制作するサイト名やブログのテーマなどサイトイメージから決定する方法がおすすめ。

新たにサイトを訪問するユーザーに印象に残りやすく、サイトに訪れやすくなります。

例えば料理がテーマであれば「cooking」の単語を含めると料理のジャンルを扱うサイトとイメージしやすくなります。

他にはブランディングの一環としてドメインを決める場合、ブランド名そのものをドメインに割り当てる決め方もあります。

いずれもジャンルやテーマが浮かびやすい、ドメイン名を考えてみるとよいでしょう。

 

  • 分かりやすい文字列か確認

英数字をランダムに並べただけのドメイン名では、読みにくく印象付けが難しくなります。

このためドメインの決め方として「分かりやすい文字列か」は必ず意識するよう確認しましょう。

URLの文字列が読めない場合、怪しい勧誘サイトなのかと疑われるケースもあります。

このため意味の分かる文字列でドメイン名を作成しましょう。

 

  • 文字表記の選び方について

ドメインの文字表記では、シンプルに「英単語表記」にするか「ローマ字表記」にするかを決める必要があります。

例 : 「不動産」を扱うサイトの場合 ・英語表記→「real estate」 ・ローマ字→「fudousan」

英単語が多少詳しい方なら「real estate」でも通じますが、万人向けは「fudousan」の方が分かりやすいといえるでしょう。

このように、それぞれの候補を出した後馴染みがある方を選んでみるとよいでしょう。

 

適度な長さに調整する

ドメイン名の決め方のひとつに、適度な長さに調整する必要があります。

ドメイン名が長いと、覚えにくくなることやURLを打つ際間違うケースも増えるでしょう。

結果としてサイトを訪れるPV(ページビュー)数が取れない可能性も高くなります。

このためドメインは覚えやすい最適な長さに調整することをおすすめします。

 

  • 文字を省略できるか検討しよう

ドメインで使用する文字を簡潔にまとめる方法として、文字を省略する方法があります。

例 : 医者=doctor→dr. ブログ=webrog→blog

このように意味が通じ分かりやすくなる場合は、文字を省略してみましょう。

 

  • ハイフンを使用しバランスを整える

URLが長くなり読み辛い場合は、「ハイフン」を使用する方法があります。

例 : 「モーター」+「サイクル」という単語を繋げたい場合、「motorcycle」と少し読みにくく感じることがあります。

このため「motor-cycle」とハイフンを入れることで語感が読みやすくなります。

ただし、ドメイン名は長すぎるURLはNGなため、利用する場合は1つのドメインにつき1つとしておきましょう。

 

ドメインは修正不可のため慎重に

ドメインの特性として、サイトに登録した後は修正、変更は出来ません。

変更をしたい場合は、新たにドメインを登録する必要がありますが、追加料金が発生します。

また、ブログやウェブサイトで運営しているドメインを変更した場合、Googleの登録や評価がリセットされてしまうことになります。

結果記事が検索エンジンに表示されず、ユーザー離れの原因になりますので注意しましょう。

 

トップレベルドメインの決め方

ドメインの後半は、「〜.com」や「〜.jp」などが使用されますが、これらをトップレベルドメインと呼びます。

トップレベルドメインは、さまざまな種類があり基本的に制限はありません。

どれを選んでも構いませんので、是非覚えやすいトップレベルドメインを探してみましょう。

 

  • 人気の末尾を選ぶ方法も

トップレベルドメインでは、種類ごとに利用料金が設定されています。

他と比べ料金が高いものの人気の種類では、「〜.jp」、「〜.com」「〜.net」あたりがおすすめ。

他にもブログで使用する「〜.blog」も利用者が多く人気の末尾となります。

このようにドメインの決め方にはさまざまなコツがありますので是非参考に決めていきましょう。

 

ドメイン決め方で失敗しないポイント

ドメイン

ドメインの決め方で失敗しないポイントについてご紹介していきます。

 

  • シンプルかを確認

ユーザーに印象に残る、インパクトがあるドメインがおすすめ。

読みやすく、入力しやすいシンプルかを確認しておきましょう。

 

  • 商標保護がクリアできているか

「プーマ」「グッチ」といったブランド名や商標名は、法律で保護されているため使用すると処罰の対象となる可能性があります。

このため商標名などすでにある名称をドメイン名に入れないよう注意しましょう。

 

  • ブランディングのひとつとして捉える

ドメインはサイトイメージを印象付ける大切な要素ですが、もう少し大きな意味合いでは「ブランディング」と捉えることもできます。

商品、サービスや情報を扱うサイト設計には、ドメインを決める段階から統一感を意識する流れが主流です。

取り扱う商材やサービスが変わっても、一環したブランディングを行うことでブレずに運営することが可能です。

ドメインをブランディングのひとつとして、是非検討してみましょう。

 

  • アイデアツールを活用する

ドメインの決め方でアイデアが出ず悩むこともあるでしょう。

このような場合、無料で利用できるアイデアツールの活用がおすすめ。

現在利用可能なドメインを検索できるツールや、代替え候補のワードを検索できるツール、他の人が利用しているワードを検索できるツールなど幅広く利用できます。

 

これらのアイデアツールを利用することで、人気のあるワードやドメインの方向性を探ることができますので、是非利用してみましょう。

 

関連:ホームページに集客する方法は?効果を高めるコツをご紹介!

 

まとめ

ドメイン

今回は、ドメインの決め方のコツや失敗しないポイントについてご紹介しました。

ブログやウェブサイトを立ち上げる際に、ドメインはサイトの窓口となる重要な箇所になります。

ご紹介しましたドメインの種類や決め方を参考に、独自性が高く馴染みやすいワードを是非探してみて下さい。

また、一度決めたドメイン名は修正ができませんので、最終チェックも忘れず行いましょう。 これから立ち上げる「サイトの顔」となるドメイン名を、是非ご検討ください。

カジュアルミーティング
  • 2022.9.19
  • ドメイン
  • デザイン

企業や個人のブログ、ウェブサイトで使用されるドメイン=URLは、「サイトの窓口」としての役割りを持ちます。

ドメインを決める際どのような基準で決めるのか、方法が分からないケースもあるでしょう。

本記事ではドメインの決め方のコツや失敗しないポイントについてご紹介します。

 

ドメイン決め方の基礎知識

ドメイン

ドメインの決め方を検討する際は、最初に基礎知識を知っておくとよいでしょう。

ドメインとは、例えると「インターネット上の所在地」を意味します。

サイトを訪れる際の「http」で始まるURLをドメインと呼びます。

例 : http://www.◯◯◯.ne.jp

上記の場合、「◯◯◯.ne.jp」をドメイン名「www」をホスト名(サブドメイン)と呼びます。

ドメインを取得後は、サブドメインについても自由に変更することができます。

 

基本的にドメインは1つずつしか存在しないため、誰かが利用している場合使うことはできません。

また、一旦ウェブサイトに登録したドメインは変更できません。

ドメインの決め方のルールとして覚えておきましょう。

 

独自・共有ドメイン決め方の違い

ドメインを決める際、「独自・共有ドメイン」の大きく分けて2つの種類に分かれます。

それぞれの違いは、例えば共有ドメインは「1つのビルにそれぞれの部屋」があるイメージ。

もう一方の独自ドメインは、「一世帯が暮らす戸建て」のイメージが近いでしょう。

ドメインを決める際の参考に、それぞれの特徴を確認していきましょう。

 

  • 戸建てイメージの独自ドメイン

一戸建ての独立した独自ドメインは、取得者自身で管理・運営することができます。

このため独自性が必要な企業のランディングサイトや個人ブログなどに最適なドメインと言えるでしょう。

独自ドメインの特徴は、以下の内容になります。

  • オリジナルのURL(ドメイン)なので信頼できる
  • ウェブ訪問時に覚えやすい ・サーバーを替えても使用できる
  • SEO対策(検索エンジン上位に検索されやすい)
  • 広告表示がない

このように独自性のあるドメインを運用できるのが魅力である反面、維持費が掛かることやサーバー設定に手間がかかるデメリットもあります。

費用はドメインサービスごとに異なりますので、サービスごとに比較してみるとよいでしょう。

 

  • 手軽さが特徴の共有ドメイン

一方の共有ドメインでは、「レンタルサーバー」「ブログサービス」を利用する際共有する形式となります。

具体的には、ドメインの一部に共有先の企業名が入るケースが多いサービスです。

共有ドメインURL

例 : ◯◯◯◯.△△△△.jp

上記の場合、△△△△に企業名やサービス名が入りますが、この部分は変更できません。

その他の共有ドメインの特徴は、以下の内容になります。

共有ドメインのメリット

  • 無料で契約できる
  • サーバーの契約、DNS設定が不要

共有ドメインのデメリット

  • 独自のドメイン名を選べない
  • 企業の宣伝、広告が表示されることが多い
  • サーバー、ブログを替えるごとにURLが変わる
  • 共有ドメインのサービスが停止、無くなる可能性がある

このように共有ドメインはコストをかけず手軽に利用できる反面、デメリットも多い事がわかります。

ドメイン名にこだわる場合は、独自ドメインの利用を検討してみましょう。

 

独自ドメイン取得でかかる費用

独自ドメインを取得する場合、費用は年間1,000〜3,000円ほどになります。

取得するドメインの種類やサービスによって価格は異なりますが、サーバー代と比べ安いケースがほとんど。

最近ではサーバー契約時にドメインを1アカウントプレゼントしてもらえるサービスもあります。

このためサーバーのキャンペーン等を定期的にチェックしてみる方法もおすすめです。

 

関連:httpとhttpsの違いは?注意すべき点や安全性を解説

 

ドメイン決め方のコツは?

ドメイン

独自ドメインを決める際、コツはあるのでしょうか?

失敗しないよう抑えておきたいコツは次の3つになります。

  • サイトイメージからドメインを決める
  • 分かりやすい文字列か確認
  • 適度な長さに調整する

独自ドメインは空きがあれば取得できる一方、変更ができないリスクがあるためそれぞれのコツを確認してみましょう。

 

サイトイメージからドメインを決める

ドメイン名の決め方として、制作するサイト名やブログのテーマなどサイトイメージから決定する方法がおすすめ。

新たにサイトを訪問するユーザーに印象に残りやすく、サイトに訪れやすくなります。

例えば料理がテーマであれば「cooking」の単語を含めると料理のジャンルを扱うサイトとイメージしやすくなります。

他にはブランディングの一環としてドメインを決める場合、ブランド名そのものをドメインに割り当てる決め方もあります。

いずれもジャンルやテーマが浮かびやすい、ドメイン名を考えてみるとよいでしょう。

 

  • 分かりやすい文字列か確認

英数字をランダムに並べただけのドメイン名では、読みにくく印象付けが難しくなります。

このためドメインの決め方として「分かりやすい文字列か」は必ず意識するよう確認しましょう。

URLの文字列が読めない場合、怪しい勧誘サイトなのかと疑われるケースもあります。

このため意味の分かる文字列でドメイン名を作成しましょう。

 

  • 文字表記の選び方について

ドメインの文字表記では、シンプルに「英単語表記」にするか「ローマ字表記」にするかを決める必要があります。

例 : 「不動産」を扱うサイトの場合 ・英語表記→「real estate」 ・ローマ字→「fudousan」

英単語が多少詳しい方なら「real estate」でも通じますが、万人向けは「fudousan」の方が分かりやすいといえるでしょう。

このように、それぞれの候補を出した後馴染みがある方を選んでみるとよいでしょう。

 

適度な長さに調整する

ドメイン名の決め方のひとつに、適度な長さに調整する必要があります。

ドメイン名が長いと、覚えにくくなることやURLを打つ際間違うケースも増えるでしょう。

結果としてサイトを訪れるPV(ページビュー)数が取れない可能性も高くなります。

このためドメインは覚えやすい最適な長さに調整することをおすすめします。

 

  • 文字を省略できるか検討しよう

ドメインで使用する文字を簡潔にまとめる方法として、文字を省略する方法があります。

例 : 医者=doctor→dr. ブログ=webrog→blog

このように意味が通じ分かりやすくなる場合は、文字を省略してみましょう。

 

  • ハイフンを使用しバランスを整える

URLが長くなり読み辛い場合は、「ハイフン」を使用する方法があります。

例 : 「モーター」+「サイクル」という単語を繋げたい場合、「motorcycle」と少し読みにくく感じることがあります。

このため「motor-cycle」とハイフンを入れることで語感が読みやすくなります。

ただし、ドメイン名は長すぎるURLはNGなため、利用する場合は1つのドメインにつき1つとしておきましょう。

 

ドメインは修正不可のため慎重に

ドメインの特性として、サイトに登録した後は修正、変更は出来ません。

変更をしたい場合は、新たにドメインを登録する必要がありますが、追加料金が発生します。

また、ブログやウェブサイトで運営しているドメインを変更した場合、Googleの登録や評価がリセットされてしまうことになります。

結果記事が検索エンジンに表示されず、ユーザー離れの原因になりますので注意しましょう。

 

トップレベルドメインの決め方

ドメインの後半は、「〜.com」や「〜.jp」などが使用されますが、これらをトップレベルドメインと呼びます。

トップレベルドメインは、さまざまな種類があり基本的に制限はありません。

どれを選んでも構いませんので、是非覚えやすいトップレベルドメインを探してみましょう。

 

  • 人気の末尾を選ぶ方法も

トップレベルドメインでは、種類ごとに利用料金が設定されています。

他と比べ料金が高いものの人気の種類では、「〜.jp」、「〜.com」「〜.net」あたりがおすすめ。

他にもブログで使用する「〜.blog」も利用者が多く人気の末尾となります。

このようにドメインの決め方にはさまざまなコツがありますので是非参考に決めていきましょう。

 

ドメイン決め方で失敗しないポイント

ドメイン

ドメインの決め方で失敗しないポイントについてご紹介していきます。

 

  • シンプルかを確認

ユーザーに印象に残る、インパクトがあるドメインがおすすめ。

読みやすく、入力しやすいシンプルかを確認しておきましょう。

 

  • 商標保護がクリアできているか

「プーマ」「グッチ」といったブランド名や商標名は、法律で保護されているため使用すると処罰の対象となる可能性があります。

このため商標名などすでにある名称をドメイン名に入れないよう注意しましょう。

 

  • ブランディングのひとつとして捉える

ドメインはサイトイメージを印象付ける大切な要素ですが、もう少し大きな意味合いでは「ブランディング」と捉えることもできます。

商品、サービスや情報を扱うサイト設計には、ドメインを決める段階から統一感を意識する流れが主流です。

取り扱う商材やサービスが変わっても、一環したブランディングを行うことでブレずに運営することが可能です。

ドメインをブランディングのひとつとして、是非検討してみましょう。

 

  • アイデアツールを活用する

ドメインの決め方でアイデアが出ず悩むこともあるでしょう。

このような場合、無料で利用できるアイデアツールの活用がおすすめ。

現在利用可能なドメインを検索できるツールや、代替え候補のワードを検索できるツール、他の人が利用しているワードを検索できるツールなど幅広く利用できます。

 

これらのアイデアツールを利用することで、人気のあるワードやドメインの方向性を探ることができますので、是非利用してみましょう。

 

関連:ホームページに集客する方法は?効果を高めるコツをご紹介!

 

まとめ

ドメイン

今回は、ドメインの決め方のコツや失敗しないポイントについてご紹介しました。

ブログやウェブサイトを立ち上げる際に、ドメインはサイトの窓口となる重要な箇所になります。

ご紹介しましたドメインの種類や決め方を参考に、独自性が高く馴染みやすいワードを是非探してみて下さい。

また、一度決めたドメイン名は修正ができませんので、最終チェックも忘れず行いましょう。 これから立ち上げる「サイトの顔」となるドメイン名を、是非ご検討ください。

カジュアルミーティング