インハウスSEOとは?条件やメリットについて詳しく解説!

  • 2022.9.20
  • SEO
  • 新規事業

SEO

最近ではウェブやブログなどの自社コンテンツに集客効果を高めるには、SEO対策が欠かせません。

SEOを行う場合、専門家に依頼する方法が一般的ですが自社で賄う「インハウスSEO」が注目されています。

そこで本記事ではインハウスSEOの概要や条件、メリットについて詳しく解説していきます。

 

インハウスSEOの意味は?

SEO

インハウスSEOは「インハウス」「SEO」を組み合わせた用語です。

インハウスは会社などの「組織の内で」という意味合いがあります。

またSEOは「検索エンジン最適化」を行う施策のことで、自社のウェブサイトを検索上位に表示させることが目的。

 

つまりインハウスSEOとは「組織の内でSEOを実践しますよ。」という意味合いになります。

インハウスSEOでは、以下の2つが主な目的となります。

  • ユーザーが求めるニーズに応えるコンテンツを用意する
  • 検索エンジンが「快適に利用できユーザーメリットが高いサイト」と評価できるサイト制作を行う

こうしたSEO対策全般を「自社組織の内で実践」することが、インハウスSEOの意味となります。

 

インハウスSEOを実施するポイント

SEO

インハウスSEOを実践するポイントは、以下の2つがあります。

 

インハウスSEO専属の人材育成

インハウスSEOを実施する場合、専門知識を持つSEO専属の人材が必要になります。

SEOを実践する際には、技術的なケアを迅速に行うことが大切。

このため他の業務と兼任することは難しいといえるでしょう。

SEOでの具体的な成果を得るためには、インハウスSEO専属の人材を育成することが必須課題となりますので、覚えておきましょう。

 

インハウスSEOの仕組みを理解

インハウスSEOは、成果が現れるまで一定の期間を必要とします。

SEOの地道な作業を覚え、社内でマニュアル化するなど長い期間をかけて取り組むことになります。

このため、社内全体でSEOがどのような仕組みで成り立つのかを理解することが大切。

社内でプレゼンや会議などを積極的に行い、SEOを自社で行うメリットについてアピールしていきましょう。

このように成果が出るまでの期間を、どのように社内で取り組むかが重要となります。

 

インハウスSEO導入のメリット

SEO

インハウスSEOを導入した場合のメリットについてご紹介していきます。

 

社内で戦略が立てやすくなる

インハウスSEOを実践する際のメリットでは、自社でSEOの専門知識をストックできることです。

SEOのノウハウを専属で行える人材を育てることで、新規事業やブランディングを行う際に有利に集客を進めることが可能に。

主にウェブ関連での社内戦略が立てやすくなるなるでしょう。

 

経費削減につながる

SEO関連の業務を自社で行うため、経費削減につながります。

一般的にはSEO専門の企業に依頼し、専門スキルや作業に合わせた報酬を支払うケースが多いため、費用がかかることになります。

一方自社で完結するインハウスSEOであれば、こうした業務に関する外注費用が発生しないため、経費削減を実現できます。

ただし、社内で業務を行う社員の人件費はかかります。

このため社員のスキルでSEO対策が可能か、コストは業者と比べ見合うかを検討してみましょう。

 

社外コストも削減

SEOを専門業者に依頼した場合、セミナーや社外での会議、ミーティングの機会が増えるためコストも増大します。

一方インハウスSEOであれば社員同士のやり取りが中心となるため、社外コストの削減効果も高まります。

また、問題点の改善や対応も社内で対応できるためスピーディーに取り組むことにも繋がります。

 

関連:モチベーションを上げるコツをご紹介!意欲を高める方法は?

 

インハウスSEO導入のデメリット

SEO

インハウスSEOを実施する際のデメリットには以下の内容があるため理解しておきましょう。

 

SEO専門家が必要

インハウスSEOを社内で取り組むためには、SEOの専門知識を持つ社員の育成が必須条件となります。

業務を担当する社員は、SEOに関する専門スキルを習得するまで相当な手間、時間を要することになるでしょう。

このため専門知識に習得には、一定の期間やコストをかける必要がありますので、覚えておきましょう。

 

最新情報が入りにくい

SEO関連の取り組みでは、ウェブマーケティングに関する最新の情報を仕入れアップデートすることが大切。

SEOの施策を専門企業に依頼する場合、最新のセキュリティや更新作業を委託できます。

一方で自社で取り組むインハウスSEOでは、これらの情報を自社で取得し、実践する必要があります。

 

人件費の増大

インハウスSEOで成果を収めるまでの期間、社内の人材育成に人件費がかかることになります。

また、新たにSEO専属の人員を採用する場合にも同様に人件費がかかるため、人件費の増大につながることに。

このため社内でSEOに取り組む費用対効果について、都度検証することが大切です。

 

インハウスSEO業務の種類は?

SEO

インハウスSEOで取り組む主な業務は、以下の種類があります。

それぞれの業務内容と併せてついて詳しく解説します。

 

ユーザー目標設定

最初の業務では、自社のサイトを分析し主に2つのユーザー目標を設定しましょう。

  • 集客するユーザー層
  • 集客したユーザーに促す行動

このため「検索順位」そのものを上位表示しただけでは成果に繋がらないケースも出てきてしまいます。

そこで自社が集客する客層や、集客後にサイト内で取って頂く行動をしっかり検討したうえで、上位表示を狙うキーワードを選んでいくことが大切です。

 

社内プレゼン会議

ユーザー目標、キーワードの選定ができたのち社内でプレゼン会議を行います。

この時、SEOを自社で行う場合の費用についても策定しておきましょう。

社外で外注する場合と異なり、SEO対策用の有料ソフトやウェブ契約(サーバー代など)の費用が発生するかもしれません。

また、具体的な成果がどれくらいの期間で出るのか、掛かるコストと併せてシュミレーションしていきましょう。

これらの検討課題について、社内全体で会議していくことをおすすめします。

 

サイトのアップデート

社内のプレゼン会議終了後、具体的なサイトのアップデートを実施していきます。

具体的な施策は、以下の内容になります。

  • 内部リンクの最適化
  • コンテンツが重複しないよう配慮する
  • 快適に閲覧できるスピードを検証
  • スマートフォン、タブレット表示を確認

 

内部リンクの最適化

自社サイトの中でページ同士を繋ぐリンクを内部リンクと呼びます。

内部リンクが正しく設置されていることで、検索エンジン内で定期的に巡回するクローラーがサイトを見つけやすくなり、評価を上げることに繋がります。

 

コンテンツが重複しないよう配慮する

同じサイト内の別々のURLで「コンテンツの内容が重複」した場合、検索エンジンでのクロール率は著しく低下してしまいます。

またサイト自体の評価も下がることになるため、制作時にコンテンツが重複しないよう充分配慮しましょう。

 

快適に閲覧できるスピードを検証

SEO対策では、ページの閲覧スピードも重要な項目です。

とくにページ量がある内容を読み込む場合など、表示に時間がかかるとユーザー離れや検索エンジンからマイナス評価を招く可能性が高まります。

こうした評価を避けるため、「一回の通信データ量を下げる」「画像データを軽減、最適化させる」などコンテンツ全体の情報量を軽減させ、快適に閲覧できるスピードを検証してみましょう。

 

スマートフォン、タブレット表示を確認

スマートフォンやタブレットで閲覧する際、表示が崩れていないか確認することも大切。

Googleが提唱する注意事項では、2015年より「モバイルに優しいサイトは優遇されます。」と公言されています。

このためスマートフォンやタブレット表示が問題ないか、常に確認しておきましょう。

 

コンテンツ作成業務

SEOに基づいたコンテンツ制作を行う際の業務は以下の内容になります。

  • キーワード選びを吟味する
  • タグの使い分けを行う
  • ディスクリプションを記載する
  • 画像を見つけやすくする

 

キーワード選びを吟味する

キーワードで上位検索できたとしても、自社が望むユーザーを集客できない可能性があります。

このため検索上位を目指すキーワードは、自社が望むユーザー層を集客し購買や成約に繋がることが大切。

このためキーワード選びではGoogleの「キーワードプランナー」や「Googleトレンド」などを使用し、ライバルが集客しているキーワードを検索する必要があります。

 

また、「Googleサーチコンソール」などで自社コンテンツを閲覧するユーザー状況などを確認してみましょう。

ターゲットとなるユーザー層を集客するキーワードが決まれば、記事の作成や広告展開を行っていきます。

 

タグの使い分けを行う

SEOではタグの使い分けも重要なポイント。

コンテンツ内のそれぞれ集客したい要素をHTMLで記載し振り分けていきましょう。

適切なタグを配置することで、検索エンジンはコンテンツの内容を正確に探すことが可能になります。

 

ディスクリプションを記載する

ディスクリプションとは、検索結果が表示される際に表示されるサイトの説明文となり、こちらもSEOでは必須の項目となります。

サイトページの概要が表示されるため、ページ内容の要点を100〜120文字前後で記載しておきましょう。

 

画像を見つけやすくする

検査エンジンでは画像から自社サイトに流入することも可能なので、SEO対策を実施しましょう。

具体的にはサイト内の画像に「alt・アルト属性」と呼ばれる画像の説明文を記載しておきます。

アルト属性を記載しておくことで、Googleのクローラーが画像を拾い出し、検索エンジンに表示しやすくなります。

 

コンバージョン率の改善

コンバージョン率とは、自社サイトを閲覧したユーザーが「商品やサービスを購入、成約」「カタログ請求」「セミナーの予約」など具体的な行動に繋がる成果を意味します。

もしコンバージョン率が低い場合は、サイト全体の構造や検索流入など原因を見直し、定期的に改善していきましょう。

 

インハウスSEO導入の流れ

SEO

インハウスSEOを実際に導入する場合の具体的な流れを解説していきます。

 

スケジュール調整〜委託先の検討

まずはインハウスSEOを導入する大まかなスケジュールを組み、社内で調整していきます。

サイト設計やSEO対策には専門知識が必要なため、業者に依頼する場合は「社内で専属になる人員の選定や期間」についても検討しておきましょう。

 

ノウハウの蓄積〜運営

業者にウェブサイトの立ち上げやSEO対策について積極的にノウハウを蓄積していく期間になります。

この時、専門業者から具体的な業務の指示やキーワード選定の方法について学んでいきましょう。

また、「なぜこのような業務が必要か」「なぜこのキーワードが選ばれるのか」といった理由についても学ぶことで、自社で運営する際の基準作りも行いましょう。

業者からの指示をもとに、サイトの立ち上げ〜運営に進んで行きます。

 

コンサルティングとの関わりを決める

サイトの運営が軌道に乗った段階で、専門業者と今後の契約について相談しましょう。

具体的にはインハウスSEOが実現できる範囲を検証し、不足するデータや監修が必要な項目をピックアップします。

それぞれの項目に基づき、自社で賄う分とコンサルティングを依頼する費用を算出します。 今後の自社サイトの運営を、決定していきましょう。

 

関連:コンテンツマーケティングの効果を高める方法を徹底解説!企業事例についても紹介

 

まとめ

SEO

今回は、インハウスSEOの概要や条件、メリットについて詳しく解説しました。

自社でサイト運営を行い、SEO対策を行う概要や条件、メリットをご紹介しました。

SEOは集客〜成約に向けたマーケティング施策として今後ますます重要になって来ています。

インハウスSEOを実践し、これからのマーケティング活動にお役立てください。

カジュアルミーティング
  • 2022.9.20
  • SEO
  • 新規事業

最近ではウェブやブログなどの自社コンテンツに集客効果を高めるには、SEO対策が欠かせません。

SEOを行う場合、専門家に依頼する方法が一般的ですが自社で賄う「インハウスSEO」が注目されています。

そこで本記事ではインハウスSEOの概要や条件、メリットについて詳しく解説していきます。

 

インハウスSEOの意味は?

SEO

インハウスSEOは「インハウス」「SEO」を組み合わせた用語です。

インハウスは会社などの「組織の内で」という意味合いがあります。

またSEOは「検索エンジン最適化」を行う施策のことで、自社のウェブサイトを検索上位に表示させることが目的。

 

つまりインハウスSEOとは「組織の内でSEOを実践しますよ。」という意味合いになります。

インハウスSEOでは、以下の2つが主な目的となります。

  • ユーザーが求めるニーズに応えるコンテンツを用意する
  • 検索エンジンが「快適に利用できユーザーメリットが高いサイト」と評価できるサイト制作を行う

こうしたSEO対策全般を「自社組織の内で実践」することが、インハウスSEOの意味となります。

 

インハウスSEOを実施するポイント

SEO

インハウスSEOを実践するポイントは、以下の2つがあります。

 

インハウスSEO専属の人材育成

インハウスSEOを実施する場合、専門知識を持つSEO専属の人材が必要になります。

SEOを実践する際には、技術的なケアを迅速に行うことが大切。

このため他の業務と兼任することは難しいといえるでしょう。

SEOでの具体的な成果を得るためには、インハウスSEO専属の人材を育成することが必須課題となりますので、覚えておきましょう。

 

インハウスSEOの仕組みを理解

インハウスSEOは、成果が現れるまで一定の期間を必要とします。

SEOの地道な作業を覚え、社内でマニュアル化するなど長い期間をかけて取り組むことになります。

このため、社内全体でSEOがどのような仕組みで成り立つのかを理解することが大切。

社内でプレゼンや会議などを積極的に行い、SEOを自社で行うメリットについてアピールしていきましょう。

このように成果が出るまでの期間を、どのように社内で取り組むかが重要となります。

 

インハウスSEO導入のメリット

SEO

インハウスSEOを導入した場合のメリットについてご紹介していきます。

 

社内で戦略が立てやすくなる

インハウスSEOを実践する際のメリットでは、自社でSEOの専門知識をストックできることです。

SEOのノウハウを専属で行える人材を育てることで、新規事業やブランディングを行う際に有利に集客を進めることが可能に。

主にウェブ関連での社内戦略が立てやすくなるなるでしょう。

 

経費削減につながる

SEO関連の業務を自社で行うため、経費削減につながります。

一般的にはSEO専門の企業に依頼し、専門スキルや作業に合わせた報酬を支払うケースが多いため、費用がかかることになります。

一方自社で完結するインハウスSEOであれば、こうした業務に関する外注費用が発生しないため、経費削減を実現できます。

ただし、社内で業務を行う社員の人件費はかかります。

このため社員のスキルでSEO対策が可能か、コストは業者と比べ見合うかを検討してみましょう。

 

社外コストも削減

SEOを専門業者に依頼した場合、セミナーや社外での会議、ミーティングの機会が増えるためコストも増大します。

一方インハウスSEOであれば社員同士のやり取りが中心となるため、社外コストの削減効果も高まります。

また、問題点の改善や対応も社内で対応できるためスピーディーに取り組むことにも繋がります。

 

関連:モチベーションを上げるコツをご紹介!意欲を高める方法は?

 

インハウスSEO導入のデメリット

SEO

インハウスSEOを実施する際のデメリットには以下の内容があるため理解しておきましょう。

 

SEO専門家が必要

インハウスSEOを社内で取り組むためには、SEOの専門知識を持つ社員の育成が必須条件となります。

業務を担当する社員は、SEOに関する専門スキルを習得するまで相当な手間、時間を要することになるでしょう。

このため専門知識に習得には、一定の期間やコストをかける必要がありますので、覚えておきましょう。

 

最新情報が入りにくい

SEO関連の取り組みでは、ウェブマーケティングに関する最新の情報を仕入れアップデートすることが大切。

SEOの施策を専門企業に依頼する場合、最新のセキュリティや更新作業を委託できます。

一方で自社で取り組むインハウスSEOでは、これらの情報を自社で取得し、実践する必要があります。

 

人件費の増大

インハウスSEOで成果を収めるまでの期間、社内の人材育成に人件費がかかることになります。

また、新たにSEO専属の人員を採用する場合にも同様に人件費がかかるため、人件費の増大につながることに。

このため社内でSEOに取り組む費用対効果について、都度検証することが大切です。

 

インハウスSEO業務の種類は?

SEO

インハウスSEOで取り組む主な業務は、以下の種類があります。

それぞれの業務内容と併せてついて詳しく解説します。

 

ユーザー目標設定

最初の業務では、自社のサイトを分析し主に2つのユーザー目標を設定しましょう。

  • 集客するユーザー層
  • 集客したユーザーに促す行動

このため「検索順位」そのものを上位表示しただけでは成果に繋がらないケースも出てきてしまいます。

そこで自社が集客する客層や、集客後にサイト内で取って頂く行動をしっかり検討したうえで、上位表示を狙うキーワードを選んでいくことが大切です。

 

社内プレゼン会議

ユーザー目標、キーワードの選定ができたのち社内でプレゼン会議を行います。

この時、SEOを自社で行う場合の費用についても策定しておきましょう。

社外で外注する場合と異なり、SEO対策用の有料ソフトやウェブ契約(サーバー代など)の費用が発生するかもしれません。

また、具体的な成果がどれくらいの期間で出るのか、掛かるコストと併せてシュミレーションしていきましょう。

これらの検討課題について、社内全体で会議していくことをおすすめします。

 

サイトのアップデート

社内のプレゼン会議終了後、具体的なサイトのアップデートを実施していきます。

具体的な施策は、以下の内容になります。

  • 内部リンクの最適化
  • コンテンツが重複しないよう配慮する
  • 快適に閲覧できるスピードを検証
  • スマートフォン、タブレット表示を確認

 

内部リンクの最適化

自社サイトの中でページ同士を繋ぐリンクを内部リンクと呼びます。

内部リンクが正しく設置されていることで、検索エンジン内で定期的に巡回するクローラーがサイトを見つけやすくなり、評価を上げることに繋がります。

 

コンテンツが重複しないよう配慮する

同じサイト内の別々のURLで「コンテンツの内容が重複」した場合、検索エンジンでのクロール率は著しく低下してしまいます。

またサイト自体の評価も下がることになるため、制作時にコンテンツが重複しないよう充分配慮しましょう。

 

快適に閲覧できるスピードを検証

SEO対策では、ページの閲覧スピードも重要な項目です。

とくにページ量がある内容を読み込む場合など、表示に時間がかかるとユーザー離れや検索エンジンからマイナス評価を招く可能性が高まります。

こうした評価を避けるため、「一回の通信データ量を下げる」「画像データを軽減、最適化させる」などコンテンツ全体の情報量を軽減させ、快適に閲覧できるスピードを検証してみましょう。

 

スマートフォン、タブレット表示を確認

スマートフォンやタブレットで閲覧する際、表示が崩れていないか確認することも大切。

Googleが提唱する注意事項では、2015年より「モバイルに優しいサイトは優遇されます。」と公言されています。

このためスマートフォンやタブレット表示が問題ないか、常に確認しておきましょう。

 

コンテンツ作成業務

SEOに基づいたコンテンツ制作を行う際の業務は以下の内容になります。

  • キーワード選びを吟味する
  • タグの使い分けを行う
  • ディスクリプションを記載する
  • 画像を見つけやすくする

 

キーワード選びを吟味する

キーワードで上位検索できたとしても、自社が望むユーザーを集客できない可能性があります。

このため検索上位を目指すキーワードは、自社が望むユーザー層を集客し購買や成約に繋がることが大切。

このためキーワード選びではGoogleの「キーワードプランナー」や「Googleトレンド」などを使用し、ライバルが集客しているキーワードを検索する必要があります。

 

また、「Googleサーチコンソール」などで自社コンテンツを閲覧するユーザー状況などを確認してみましょう。

ターゲットとなるユーザー層を集客するキーワードが決まれば、記事の作成や広告展開を行っていきます。

 

タグの使い分けを行う

SEOではタグの使い分けも重要なポイント。

コンテンツ内のそれぞれ集客したい要素をHTMLで記載し振り分けていきましょう。

適切なタグを配置することで、検索エンジンはコンテンツの内容を正確に探すことが可能になります。

 

ディスクリプションを記載する

ディスクリプションとは、検索結果が表示される際に表示されるサイトの説明文となり、こちらもSEOでは必須の項目となります。

サイトページの概要が表示されるため、ページ内容の要点を100〜120文字前後で記載しておきましょう。

 

画像を見つけやすくする

検査エンジンでは画像から自社サイトに流入することも可能なので、SEO対策を実施しましょう。

具体的にはサイト内の画像に「alt・アルト属性」と呼ばれる画像の説明文を記載しておきます。

アルト属性を記載しておくことで、Googleのクローラーが画像を拾い出し、検索エンジンに表示しやすくなります。

 

コンバージョン率の改善

コンバージョン率とは、自社サイトを閲覧したユーザーが「商品やサービスを購入、成約」「カタログ請求」「セミナーの予約」など具体的な行動に繋がる成果を意味します。

もしコンバージョン率が低い場合は、サイト全体の構造や検索流入など原因を見直し、定期的に改善していきましょう。

 

インハウスSEO導入の流れ

SEO

インハウスSEOを実際に導入する場合の具体的な流れを解説していきます。

 

スケジュール調整〜委託先の検討

まずはインハウスSEOを導入する大まかなスケジュールを組み、社内で調整していきます。

サイト設計やSEO対策には専門知識が必要なため、業者に依頼する場合は「社内で専属になる人員の選定や期間」についても検討しておきましょう。

 

ノウハウの蓄積〜運営

業者にウェブサイトの立ち上げやSEO対策について積極的にノウハウを蓄積していく期間になります。

この時、専門業者から具体的な業務の指示やキーワード選定の方法について学んでいきましょう。

また、「なぜこのような業務が必要か」「なぜこのキーワードが選ばれるのか」といった理由についても学ぶことで、自社で運営する際の基準作りも行いましょう。

業者からの指示をもとに、サイトの立ち上げ〜運営に進んで行きます。

 

コンサルティングとの関わりを決める

サイトの運営が軌道に乗った段階で、専門業者と今後の契約について相談しましょう。

具体的にはインハウスSEOが実現できる範囲を検証し、不足するデータや監修が必要な項目をピックアップします。

それぞれの項目に基づき、自社で賄う分とコンサルティングを依頼する費用を算出します。 今後の自社サイトの運営を、決定していきましょう。

 

関連:コンテンツマーケティングの効果を高める方法を徹底解説!企業事例についても紹介

 

まとめ

SEO

今回は、インハウスSEOの概要や条件、メリットについて詳しく解説しました。

自社でサイト運営を行い、SEO対策を行う概要や条件、メリットをご紹介しました。

SEOは集客〜成約に向けたマーケティング施策として今後ますます重要になって来ています。

インハウスSEOを実践し、これからのマーケティング活動にお役立てください。

カジュアルミーティング