GIF(ジフ)の特徴と作り方を解説!メリットや活用法は?

  • 2022.5.30
  • GIF
  • デザイン

GIF

拡張子の中でも広く普及している種類としている「GIF」は、普段使用している方も多いのではないでしょうか?

しかしGIFの正しい読み方や特徴について、分からないことも多いと思います。

また、SNSやマーケティングなどの利点についても知りたいところです。

そこで本記事ではGIFの特徴や作り方、メリットや活用方を詳しく解説して行きますので是非参考にご覧ください。

 

GIFの特徴

GIF

一般的なGIFの特徴についてご説明します。

GIFはJPG(ジェイペグ)やPNG(ピング)といった画像データとして扱われるファイル形式のひとつで、「ジフ」が正しい読み方になります。

GIFの特徴として「データを圧縮」して使用できるためおもにWEBページや動画ファイルに使用される事の多い拡張子です。

また、アプリでは簡単なアニメや図柄を表示する際にも使用されますので、LINEやツイッターなどSNSでも見かける機会が多い傾向があります。

 

GIFの経緯について

GIFの誕生は1980年代のアメリカでコンピュサーブ社が現在の元になるデータを開発しました。

その後1990年代に改正された仕様が現在のものになります。

しかしGIFは開発当初からおもに特許に関してさまざまな問題を抱えていた事もあり、取扱いを停止するなどの問題が発生。

その後特許を使用せず生まれた「PNG」が登場しますが、GIFに関しても特許の問題は解決済みのため、現在ではさまざまな分野で使用されています。

 

GIFの種類は2種類

GIFは大きく分けて2つの種類に分かれます。 ここではそれぞれの特徴についてご紹介していきます。

 

  • 背景と馴染む透明GIF

WEBページやアプリ内の背景色に合わせて使用したい場合に選ばれる形式が透明GIFと呼ばれる形式になります。

透過GIFとも呼ばれ画像内の色の一部を透明色に指定することで、使用するソフト側から透明と認識されます。

 

  • 低画素対応のインターレースGIF

インターレースGIFとは通信環境が低速の場合など画像の表示順を入れ替え、少ない画素で全体のイメージを素早く表示させる技術です。

WEB などで受信するデータを効率よく表示できるため、汎用性の高い形式として使用されています。

 

GIFの作り方

GIFデータは市販のアプリ等でも作成できますが、windowsのPowerPointやMacのKeynoteなどの標準ソフトでも作成が可能。

今回はwindows・Macと2つのOS標準ソフトでの作成方法をご紹介します。

 

WindowsでGIFを作成する方法

WindowsではPowerPointを使用し、以下の手順で作成できます。

 

  • GIFデータにするファイルを選ぶ

「ファイル」メニュー→「エクスポート」→「アニメーションGIFの作成」の順にクリック

 

  • スライドの秒数・品質を選択

 

  • GIFの作成→保存をクリック ※品質は4段階から選択できます。

 

MacでGIFを作成する方法

Macではkeynoteを使用し、以下の手順で作成します。

 

  • GIFデータにするファイルを選ぶ

「ファイル」メニュー→「書き出す」→「アニメーションGIF」の順にクリック

  • アニメーションGIFタブ内にある「解像度」「フレームレート」を選ぶ
  • クリック後の再生時間を「自動進行」スライダで調整
  • 「次へ」を選択し名前・保存先を指定し「書き出し」をクリック

 

このように少ない手順でGIFデータを簡単に作成できます。

Macではkeynoteがない場合、AppStoreより無料でダウンロードできますので、お試し下さい。

 

GIFのメリット・デメリットは?

GIF

こちらではGIFを使用する際のメリットやデメリットについてご紹介していきます。

 

GIFデータのメリット

  • サポート環境と作成し易さに優れる

1980年から始まったGIF形式は、大半のOS環境でサポートされているため利用環境を気にせず使用できます。

ソフトウェアの対応幅も広く、PCやスマートフォンどちらにも対応している点もメリットと言えるでしょう。

また動画を作成する場合と異なり、比較的簡単に作成できる拡張子として利用されています。

画像データをアニメーション化したい場合など、GIFは最も手軽に作成できるデータとして活用できます。

 

  • 再生ボタンなしで作成

GIFの大きな特徴として、通常の動画ファイルでは必要な「再生ボタン」なしで作成できる仕様があります。

このためページを開くと自動的にアニメーションが動くため、インプレッションを得られやすい点は大きなメリットだと言えるでしょう。

 

GIFデータのデメリット

  • 色数・データ量が少ない

GIFで使用できる色数には制限があり、最大256色までとなります。

このため実写風の風景や人物像、難度の高いグラデーションは作成できない点はデメリットと言えます。

また、基本的に画像の拡張子に属するため再生時間を調整するバーなどは付属しません。

また、再生時間を増やすと画像データが重くなるため結果として30秒程度までのアニメーションに抑えるなどデータ量を少なく調整する必要があります。

 

  • 音声は非対応

GIFは画像形式のデータのため、音声データを入力することはできません。

映像と合わせ音声データを扱う場合、動画ファイルの編集を検討するとよいでしょう。

 

マーケティングとしての活用

GIFをマーケティングに活用する方法については、最近ではさまざまなシーンで採用されています。

ここではいくつかの事例をご紹介します。

 

SNSとの相性

SNSの投稿やメッセージ欄で、最近では手軽に扱えるGIFアニメーションが反応も得やすく人気が高まっています。

現在Twitter、Instagram、Facebookなど大手SNSではGIF形式に対応済みのため、使用している方も多いのではないでしょうか?

テキストが中心のSNSでは、動きのあるGIFアニメーションを使用する事で差別化され、エンゲージメント率を上昇される効果も期待されます。

GIFアニメーションを日々の投稿に是非活用していきましょう。

 

手軽にストーリーを編集

最近では商品やサービスのストーリーやインスピレーションをどのように伝えるのかが課題となっています。

その点GIFアニメーションでは、短時間で企業が持つ理想的なストーリーをユーザーに伝えることができます。

動画ほど重厚さが必要なく、画像よりインパクトのある表現が可能なGIFを活用しコンテンツを制作することで、マーケティングをより有利に進めることが可能です。

このように画像や動画とは異なるGIFアニメーションは、今後マーケティングでは益々利用される機会が増えて行くでしょう。

 

フォントのデザイン基礎知識を解説!選び方や注意点もご紹介

 

まとめ

GIFの特徴や作り方、メリットや活用方を詳しく解説しました。

1980年代から普及したGIFは、手軽に作成でき大変汎用性の高い拡張子であることをご紹介しました。

使える色数が少ない半面、データも軽くインパクトのある表現が可能な点はメリットでしたね。

画像や動画とは異なるユニークな表現や使用方法が可能なため、SNSやストーリーなどマーケティングで是非取り入れてみて下さい。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.5.30
  • GIF
  • デザイン

拡張子の中でも広く普及している種類としている「GIF」は、普段使用している方も多いのではないでしょうか?

しかしGIFの正しい読み方や特徴について、分からないことも多いと思います。

また、SNSやマーケティングなどの利点についても知りたいところです。

そこで本記事ではGIFの特徴や作り方、メリットや活用方を詳しく解説して行きますので是非参考にご覧ください。

 

GIFの特徴

GIF

一般的なGIFの特徴についてご説明します。

GIFはJPG(ジェイペグ)やPNG(ピング)といった画像データとして扱われるファイル形式のひとつで、「ジフ」が正しい読み方になります。

GIFの特徴として「データを圧縮」して使用できるためおもにWEBページや動画ファイルに使用される事の多い拡張子です。

また、アプリでは簡単なアニメや図柄を表示する際にも使用されますので、LINEやツイッターなどSNSでも見かける機会が多い傾向があります。

 

GIFの経緯について

GIFの誕生は1980年代のアメリカでコンピュサーブ社が現在の元になるデータを開発しました。

その後1990年代に改正された仕様が現在のものになります。

しかしGIFは開発当初からおもに特許に関してさまざまな問題を抱えていた事もあり、取扱いを停止するなどの問題が発生。

その後特許を使用せず生まれた「PNG」が登場しますが、GIFに関しても特許の問題は解決済みのため、現在ではさまざまな分野で使用されています。

 

GIFの種類は2種類

GIFは大きく分けて2つの種類に分かれます。 ここではそれぞれの特徴についてご紹介していきます。

 

  • 背景と馴染む透明GIF

WEBページやアプリ内の背景色に合わせて使用したい場合に選ばれる形式が透明GIFと呼ばれる形式になります。

透過GIFとも呼ばれ画像内の色の一部を透明色に指定することで、使用するソフト側から透明と認識されます。

 

  • 低画素対応のインターレースGIF

インターレースGIFとは通信環境が低速の場合など画像の表示順を入れ替え、少ない画素で全体のイメージを素早く表示させる技術です。

WEB などで受信するデータを効率よく表示できるため、汎用性の高い形式として使用されています。

 

GIFの作り方

GIFデータは市販のアプリ等でも作成できますが、windowsのPowerPointやMacのKeynoteなどの標準ソフトでも作成が可能。

今回はwindows・Macと2つのOS標準ソフトでの作成方法をご紹介します。

 

WindowsでGIFを作成する方法

WindowsではPowerPointを使用し、以下の手順で作成できます。

 

  • GIFデータにするファイルを選ぶ

「ファイル」メニュー→「エクスポート」→「アニメーションGIFの作成」の順にクリック

 

  • スライドの秒数・品質を選択

 

  • GIFの作成→保存をクリック ※品質は4段階から選択できます。

 

MacでGIFを作成する方法

Macではkeynoteを使用し、以下の手順で作成します。

 

  • GIFデータにするファイルを選ぶ

「ファイル」メニュー→「書き出す」→「アニメーションGIF」の順にクリック

  • アニメーションGIFタブ内にある「解像度」「フレームレート」を選ぶ
  • クリック後の再生時間を「自動進行」スライダで調整
  • 「次へ」を選択し名前・保存先を指定し「書き出し」をクリック

 

このように少ない手順でGIFデータを簡単に作成できます。

Macではkeynoteがない場合、AppStoreより無料でダウンロードできますので、お試し下さい。

 

GIFのメリット・デメリットは?

GIF

こちらではGIFを使用する際のメリットやデメリットについてご紹介していきます。

 

GIFデータのメリット

  • サポート環境と作成し易さに優れる

1980年から始まったGIF形式は、大半のOS環境でサポートされているため利用環境を気にせず使用できます。

ソフトウェアの対応幅も広く、PCやスマートフォンどちらにも対応している点もメリットと言えるでしょう。

また動画を作成する場合と異なり、比較的簡単に作成できる拡張子として利用されています。

画像データをアニメーション化したい場合など、GIFは最も手軽に作成できるデータとして活用できます。

 

  • 再生ボタンなしで作成

GIFの大きな特徴として、通常の動画ファイルでは必要な「再生ボタン」なしで作成できる仕様があります。

このためページを開くと自動的にアニメーションが動くため、インプレッションを得られやすい点は大きなメリットだと言えるでしょう。

 

GIFデータのデメリット

  • 色数・データ量が少ない

GIFで使用できる色数には制限があり、最大256色までとなります。

このため実写風の風景や人物像、難度の高いグラデーションは作成できない点はデメリットと言えます。

また、基本的に画像の拡張子に属するため再生時間を調整するバーなどは付属しません。

また、再生時間を増やすと画像データが重くなるため結果として30秒程度までのアニメーションに抑えるなどデータ量を少なく調整する必要があります。

 

  • 音声は非対応

GIFは画像形式のデータのため、音声データを入力することはできません。

映像と合わせ音声データを扱う場合、動画ファイルの編集を検討するとよいでしょう。

 

マーケティングとしての活用

GIFをマーケティングに活用する方法については、最近ではさまざまなシーンで採用されています。

ここではいくつかの事例をご紹介します。

 

SNSとの相性

SNSの投稿やメッセージ欄で、最近では手軽に扱えるGIFアニメーションが反応も得やすく人気が高まっています。

現在Twitter、Instagram、Facebookなど大手SNSではGIF形式に対応済みのため、使用している方も多いのではないでしょうか?

テキストが中心のSNSでは、動きのあるGIFアニメーションを使用する事で差別化され、エンゲージメント率を上昇される効果も期待されます。

GIFアニメーションを日々の投稿に是非活用していきましょう。

 

手軽にストーリーを編集

最近では商品やサービスのストーリーやインスピレーションをどのように伝えるのかが課題となっています。

その点GIFアニメーションでは、短時間で企業が持つ理想的なストーリーをユーザーに伝えることができます。

動画ほど重厚さが必要なく、画像よりインパクトのある表現が可能なGIFを活用しコンテンツを制作することで、マーケティングをより有利に進めることが可能です。

このように画像や動画とは異なるGIFアニメーションは、今後マーケティングでは益々利用される機会が増えて行くでしょう。

 

フォントのデザイン基礎知識を解説!選び方や注意点もご紹介

 

まとめ

GIFの特徴や作り方、メリットや活用方を詳しく解説しました。

1980年代から普及したGIFは、手軽に作成でき大変汎用性の高い拡張子であることをご紹介しました。

使える色数が少ない半面、データも軽くインパクトのある表現が可能な点はメリットでしたね。

画像や動画とは異なるユニークな表現や使用方法が可能なため、SNSやストーリーなどマーケティングで是非取り入れてみて下さい。

 

カジュアルミーティング