ブランドリフトとは?ブランディング調査の方法・効果を解説

  • 2022.5.30
  • ブランドリフト
  • 新規事業

最近ではインターネット広告を始めとしたデジタルマーケティングに取り組む企業が増えています。

デジタルマーケティングでは、自社のブランディングを高めブランドの認知度や好感度、購買意欲の向上などが主な目的となります。

しかし実際のマーケティング効果についてはどのように測定するかが課題となっていました。

本記事では、意識調査の方法として注目されている「ブランドリフト」についての調査の方法や効果について解説していきます。

 

ブランドリフトとは?

ブランドリフト

ブランドリフトとは、ブランディング広告を視聴したユーザーと視聴していないユーザーの割合いを比較し、認知したユーザーのブランド意識や購買意欲がどれだけ向上しているかを調べる測定方法のことです。

実際の調査方法ではユーザーにアンケートを回答してもらい集計します。

おもに認知度や高感度、購買意欲などのブランディング広告の効果を集計しPDCAに活用できるメリットがあります。

 

サーチリフトとの違いについて

ブランドの認知度や好感度を調査する方法では、検索サイトを利用したサーチリフトという測定法もあります。

サーチリフトとはキャンペーンを行った後、対象となるキーワードがどれだけ検索上位に上昇しているかを測定する指標です。

広告を設置する前との比較を行うことで、ユーザーの検索動向を可視化し調査することが可能に。

増加したユーザーを分析することで、次回からの広告配信に活用することができます。

ブランドリフトで利用するアンケート方式をサーチリフトでは検索結果をもとにブランディングを行う違いがありますので、覚えておきましょう。

 

アンケート調査で効果を測定

アンケート調査をもとにブランディング効果を測定するブランドリフトでは、おもに2種類の調査方法がありますのせご紹介します。

 

手軽に回答できるインナーサーベイ

インナーサーベイでは、広告を視聴したユーザーと視聴していないユーザーとの比較をリアルタイムで集計し計測します。

ディスプレイの枠内に表示されるアンケートでは、同ページ内で回答できるため最後まで回答を得られやすいメリットがあります。

一方で質問数が1〜3問しか表示できないことや、アンケートを表示する枠が狭く回答ミスが起こりやすいデメリットもありますので覚えておきましょう。

 

質問が豊富なリードバナーアンケート

ブランドリフトのもうひとつのアンケート形式であるリードバナーアンケートは、アンケート専用のページで回答する形式の測定方法になります。

広告枠にアンケート用のバナーを配信し、クリックするとアンケート専用ページへ移行する流れとなります。

リードバナーアンケートでは専用のページで答えるため回答は精度が高く最後まで回答する方は少ない結果が出ています。

また、専用ページを開くため費用は高くなる傾向があります。

 

ブランドリフト調査の実践方法

ブランドリフト

ブランドリフトを実践するには、おもに2つの方法がありますので解説していきます。

 

プラットフォームを活用

広告配信用のプラットフォームを活用することで、ブランドの認知度や意識調査といったブランドリフトを行うことができます。

ここでは大手4社の調査媒体をご紹介します。

 

  • google

Googleが提供する「ブランド効果測定」では広告を視聴させるユーザーと視聴させないユーザーに分け、回答の内容を比較することでブランドリフト効果を計測します。

計測できる指標はブランドの認知度や好感度など、効果を調査し改善に役立つ項目が並びます。

 

  • LINE

LINEの広告プラットフォームLINE Ads Platformでは「ブランドリフトサーベイ」でブランドリフト調査を実践できます。

従来の広告配信と併用し広告認知の有無でユーザーをグループ分けし、提携する調査会社のもとブランドリフト調査が実施されます。

調査項目はブランド認知度、利用意向、高感度などで広告配信から調査までをシームレスに依頼する事ができ、工程の削減に繋がります。

 

  • Facebook

アンケートをもとにブランドリフトを調査する形式のFacebookでは、キャンペーンの結果どのような効果があったのかを測定できるシステムとなっています。

具体的にはブランド認知度、メッセージの理解度などが広告に影響した度合いを調べる事が可能です。

ただし、キャンペーンが一定条件を満たすことで調査できる項目もありますので、詳しい条件を調べてみましょう。

 

  • Yahoo!JAPAN

Yahoo!JAPNでのブランドリフト調査では、性別や年代などさまざまな角度から調査でき、分析しやすい仕様になっています。

主な調査項目は、ブランド認知状況、好感度、購入意識などでまとめられ分析しやすい調査表を利用できます。

 

専門業者に依頼する

広告配信プラットフォーム以外の調査方法では、専門業者であり調査会社に依頼する方法があります。

ブランディングは自社で調査するものと思いがちですが、ブランドリフトの専門家に依頼できるためより精細・高度なレポートを依頼できる点はメリットと言えるでしょう。

さらに専門業者では、広告配信プラットフォームごとに分かれた企業とは異なり各プラットフォーム、デバイス間を跨いだ形での調査が可能に。

ただし、専門会社に依頼するため費用は掛かりますので、覚えておきましょう。

 

広告配信に活かすコツは?

ブランドリフトやサーチリフトを利用した結果を広告配信に活かすコツはあるのでしょうか? いずれの調査も測定した結果を見るだけでは意味はありません。

しかし自社ブランドの好感度や購買意欲を示すデータを活用することで、より精細なマーケティングを展開することが可能になります。

広告キャンペーンの期間ごとなど定期的にこれらの調査を行い、PDCAを実践することで徐々にブランディングを高めていきましょう。

 

UXOとは?SEOとの違いやUXOの重要性について詳しく解説!

 

まとめ

今回は新たな測定方法として注目されている「ブランドリフト」についての調査の方法やその効果について解説しました。

ブランドリフトのアンケート方式では、ご紹介しました2つのアンケート形式の特徴を参考にしながら適切な設問で効果を高める必要がありました。

またプラットフォームや調査会社を利用する実践方法では費用対効果を確認しながら進めることが大切でした。

調査結果を活かし、マーケティング精度を高める施策を行っていきましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.5.30
  • ブランドリフト
  • 新規事業

最近ではインターネット広告を始めとしたデジタルマーケティングに取り組む企業が増えています。

デジタルマーケティングでは、自社のブランディングを高めブランドの認知度や好感度、購買意欲の向上などが主な目的となります。

しかし実際のマーケティング効果についてはどのように測定するかが課題となっていました。

本記事では、意識調査の方法として注目されている「ブランドリフト」についての調査の方法や効果について解説していきます。

 

ブランドリフトとは?

ブランドリフト

ブランドリフトとは、ブランディング広告を視聴したユーザーと視聴していないユーザーの割合いを比較し、認知したユーザーのブランド意識や購買意欲がどれだけ向上しているかを調べる測定方法のことです。

実際の調査方法ではユーザーにアンケートを回答してもらい集計します。

おもに認知度や高感度、購買意欲などのブランディング広告の効果を集計しPDCAに活用できるメリットがあります。

 

サーチリフトとの違いについて

ブランドの認知度や好感度を調査する方法では、検索サイトを利用したサーチリフトという測定法もあります。

サーチリフトとはキャンペーンを行った後、対象となるキーワードがどれだけ検索上位に上昇しているかを測定する指標です。

広告を設置する前との比較を行うことで、ユーザーの検索動向を可視化し調査することが可能に。

増加したユーザーを分析することで、次回からの広告配信に活用することができます。

ブランドリフトで利用するアンケート方式をサーチリフトでは検索結果をもとにブランディングを行う違いがありますので、覚えておきましょう。

 

アンケート調査で効果を測定

アンケート調査をもとにブランディング効果を測定するブランドリフトでは、おもに2種類の調査方法がありますのせご紹介します。

 

手軽に回答できるインナーサーベイ

インナーサーベイでは、広告を視聴したユーザーと視聴していないユーザーとの比較をリアルタイムで集計し計測します。

ディスプレイの枠内に表示されるアンケートでは、同ページ内で回答できるため最後まで回答を得られやすいメリットがあります。

一方で質問数が1〜3問しか表示できないことや、アンケートを表示する枠が狭く回答ミスが起こりやすいデメリットもありますので覚えておきましょう。

 

質問が豊富なリードバナーアンケート

ブランドリフトのもうひとつのアンケート形式であるリードバナーアンケートは、アンケート専用のページで回答する形式の測定方法になります。

広告枠にアンケート用のバナーを配信し、クリックするとアンケート専用ページへ移行する流れとなります。

リードバナーアンケートでは専用のページで答えるため回答は精度が高く最後まで回答する方は少ない結果が出ています。

また、専用ページを開くため費用は高くなる傾向があります。

 

ブランドリフト調査の実践方法

ブランドリフト

ブランドリフトを実践するには、おもに2つの方法がありますので解説していきます。

 

プラットフォームを活用

広告配信用のプラットフォームを活用することで、ブランドの認知度や意識調査といったブランドリフトを行うことができます。

ここでは大手4社の調査媒体をご紹介します。

 

  • google

Googleが提供する「ブランド効果測定」では広告を視聴させるユーザーと視聴させないユーザーに分け、回答の内容を比較することでブランドリフト効果を計測します。

計測できる指標はブランドの認知度や好感度など、効果を調査し改善に役立つ項目が並びます。

 

  • LINE

LINEの広告プラットフォームLINE Ads Platformでは「ブランドリフトサーベイ」でブランドリフト調査を実践できます。

従来の広告配信と併用し広告認知の有無でユーザーをグループ分けし、提携する調査会社のもとブランドリフト調査が実施されます。

調査項目はブランド認知度、利用意向、高感度などで広告配信から調査までをシームレスに依頼する事ができ、工程の削減に繋がります。

 

  • Facebook

アンケートをもとにブランドリフトを調査する形式のFacebookでは、キャンペーンの結果どのような効果があったのかを測定できるシステムとなっています。

具体的にはブランド認知度、メッセージの理解度などが広告に影響した度合いを調べる事が可能です。

ただし、キャンペーンが一定条件を満たすことで調査できる項目もありますので、詳しい条件を調べてみましょう。

 

  • Yahoo!JAPAN

Yahoo!JAPNでのブランドリフト調査では、性別や年代などさまざまな角度から調査でき、分析しやすい仕様になっています。

主な調査項目は、ブランド認知状況、好感度、購入意識などでまとめられ分析しやすい調査表を利用できます。

 

専門業者に依頼する

広告配信プラットフォーム以外の調査方法では、専門業者であり調査会社に依頼する方法があります。

ブランディングは自社で調査するものと思いがちですが、ブランドリフトの専門家に依頼できるためより精細・高度なレポートを依頼できる点はメリットと言えるでしょう。

さらに専門業者では、広告配信プラットフォームごとに分かれた企業とは異なり各プラットフォーム、デバイス間を跨いだ形での調査が可能に。

ただし、専門会社に依頼するため費用は掛かりますので、覚えておきましょう。

 

広告配信に活かすコツは?

ブランドリフトやサーチリフトを利用した結果を広告配信に活かすコツはあるのでしょうか? いずれの調査も測定した結果を見るだけでは意味はありません。

しかし自社ブランドの好感度や購買意欲を示すデータを活用することで、より精細なマーケティングを展開することが可能になります。

広告キャンペーンの期間ごとなど定期的にこれらの調査を行い、PDCAを実践することで徐々にブランディングを高めていきましょう。

 

UXOとは?SEOとの違いやUXOの重要性について詳しく解説!

 

まとめ

今回は新たな測定方法として注目されている「ブランドリフト」についての調査の方法やその効果について解説しました。

ブランドリフトのアンケート方式では、ご紹介しました2つのアンケート形式の特徴を参考にしながら適切な設問で効果を高める必要がありました。

またプラットフォームや調査会社を利用する実践方法では費用対効果を確認しながら進めることが大切でした。

調査結果を活かし、マーケティング精度を高める施策を行っていきましょう。

 

カジュアルミーティング