企業の理想的なブランド戦略とは?立案方法から成功事例まで紹介

  • 2022.3.1
  • ブランド戦略企業
  • 新規事業

ブランド戦略

ブランドとは、ユーザーが商品やサービス、企業に対して抱く「共通のイメージ」のことです。

コンセプトを明確にして、「誰にどんな場面で使ってほしい製品なのか」「自分たちはどんな企業なのか」をユーザーにわかりやすく提示すると、競合他社との差別化を図ることができ、市場競争で勝ち抜くことが可能になります。

そこで今回は、企業の理想的なブランド戦略とは?立案方法から成功事例まで紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

 

企業のブランド戦略とは?

ブランド戦略

ブランド戦略は、「ブランディングを行うための戦略」を指します。

これらを曖昧な認識で理解している方も多いと思いますが、ブランディングとは、ユーザーがその企業やブランドを目や耳にした際に思い浮かぶ「イメージ」「価値」になります。

 

ブランディングを行うことで以下のようなメリットがあります。

  • 知名度向上
  • 販路拡大
  • 価格プレミアムの効果を得る
  • リピート率の向上
  • ビジネス機会の拡大
  • 広告宣伝コストの削減

上記のメリットを享受できるかはブランド戦略がどれだけ考えられ、精査されているかが大きく関係しています。

以下に紹介するステップを参考に、効果的な戦略を立てましょう。

 

ブランド戦略を立案する際の3ステップ

1.ターゲット・ポジショニングを決める

まずは、自社にとって理想のユーザー像を設定します。年齢や性別、行動など、できるだけ実在人物に近い内容で具体的にペルソナ設定をしましょう。

次は、自社の「ポジショニング」を考えましょう。

ポジショニングとは、ターゲットとするユーザーにとって他に変えられない独自の役割を築き、比較されることなく「指名買いし続けてもらえる状況」を創り出すことです。

 

ビジネスにおける賢い勝ち方は「競争に勝つ」ことではなく「競争をしないで勝つ」ことなため、そもそも競争しないでも勝てる領域を見つけたり、ニーズを先回りして捉え、新たな価値を提供したりする戦略が求められます。

自社の価値を分析するには「PEST分析」「3C分析」「SWOT分析」などのフィールドワークを実施することをおすすめします。

 

2.コンセプト設定

ターゲットに「自社サービス・製品をどのようなイメージを持ってもらいたいか」「どんな価値を提供したいか」などのコンセプトを決めます。

コンセプト設定は自社の強みを生かし、企業の文化や理念に沿ったものにすることが大切です。

他社が提供できない自社製品・サービスの価値を考えて設定しましょう。

 

3.効果的な訴求方法を決める

「ターゲット」「ポジショニング」「コンセプト」の3つが決まったら、実際にターゲットに向けてPRしていきましょう。

訴求方法はイベントやホームページ、SNSなど色々ありますが、イメージやターゲットに合った媒体やツールを選び、適切なトーン&マナーで表現することが大切です。

例えば、高齢者向けサービスなのに、InstagramのSNS広告で訴求するのはターゲットに対して適切な訴求方法とは言えません。

「規模が大きいから」「SNSが人気だから」という市場の傾向があったとしても、適切で効果的な訴求方法を選択しましょう。

 

ブランド戦略の注意点

ブランド戦略

ブランド戦略は、一度立てたらそれで終わりではないため、大体1年に1回のタイミングで調整を行いましょう。

または、市場や業界などの外的要素や、スタッフの増減などの内的要素に変化が起きたりした場合は、その都度戦略を練り直す必要があります。

実施した戦略の成果が出て、次の案を考えるときが来るのは3~5年程度だったりはしますが、放置しておくと途端にあらぬ方向に向くことがあります。

立案した場合は、継続的なメンテナンスが必要だと考えておくべきでしょう。

 

ブランド戦略における成功事例

スターバックス

スターバックスでは、自宅でも職場でもない、自分らしさを取り戻せ、落ち着くことのできる第三の居場所である「サードプレイス」をコンセプトとして設定しています。

1杯300円からというプレミアム価格にもかかわらず、ロイヤリティの高いブランドパートナーの獲得につながっています。

コーヒーを楽しむだけでなく、滞在時間の制限を設けないことで、店内でパソコンを広げながら仕事が出来たりする空間作りを心がけています。

ブランドパートナーへの継続した価値提供が、強いブランドに成長した要因としても考えられるでしょう。

 

ワークマン

ワークマンのカジュアルファッションブランド「ワークマンプラス」は、日常着として幅広いターゲット層から大きな支持を得ています。ワークマンプラスを成功に導いたのは優れたポジショニングがあったからと言われています。

アウトドア、スポーツウェアという競合他社が多い市場で、外で長時間働く人のニーズに応えてきた高い機能性と、業務用の安価な価格帯という強みを強烈にアピールしました。

山登りやキャンプの流行もあり、「低価格でプロ品質」という新たな立ち位置を市場に確立しました。

 

関連:新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

終わりに

今回は、企業の理想的なブランド戦略とは?立案方法から成功事例まで紹介していきました。

一度ブランディングに成功すれば、多額な宣伝費用をかけずとも、安定した売り上げと新規顧客を自ら引き寄せてくれる効果が期待できるでしょう。

この記事が、ブランド戦略に携わる担当者の方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.3.1
  • ブランド戦略企業
  • 新規事業

ブランドとは、ユーザーが商品やサービス、企業に対して抱く「共通のイメージ」のことです。

コンセプトを明確にして、「誰にどんな場面で使ってほしい製品なのか」「自分たちはどんな企業なのか」をユーザーにわかりやすく提示すると、競合他社との差別化を図ることができ、市場競争で勝ち抜くことが可能になります。

そこで今回は、企業の理想的なブランド戦略とは?立案方法から成功事例まで紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

 

企業のブランド戦略とは?

ブランド戦略

ブランド戦略は、「ブランディングを行うための戦略」を指します。

これらを曖昧な認識で理解している方も多いと思いますが、ブランディングとは、ユーザーがその企業やブランドを目や耳にした際に思い浮かぶ「イメージ」「価値」になります。

 

ブランディングを行うことで以下のようなメリットがあります。

  • 知名度向上
  • 販路拡大
  • 価格プレミアムの効果を得る
  • リピート率の向上
  • ビジネス機会の拡大
  • 広告宣伝コストの削減

上記のメリットを享受できるかはブランド戦略がどれだけ考えられ、精査されているかが大きく関係しています。

以下に紹介するステップを参考に、効果的な戦略を立てましょう。

 

ブランド戦略を立案する際の3ステップ

1.ターゲット・ポジショニングを決める

まずは、自社にとって理想のユーザー像を設定します。年齢や性別、行動など、できるだけ実在人物に近い内容で具体的にペルソナ設定をしましょう。

次は、自社の「ポジショニング」を考えましょう。

ポジショニングとは、ターゲットとするユーザーにとって他に変えられない独自の役割を築き、比較されることなく「指名買いし続けてもらえる状況」を創り出すことです。

 

ビジネスにおける賢い勝ち方は「競争に勝つ」ことではなく「競争をしないで勝つ」ことなため、そもそも競争しないでも勝てる領域を見つけたり、ニーズを先回りして捉え、新たな価値を提供したりする戦略が求められます。

自社の価値を分析するには「PEST分析」「3C分析」「SWOT分析」などのフィールドワークを実施することをおすすめします。

 

2.コンセプト設定

ターゲットに「自社サービス・製品をどのようなイメージを持ってもらいたいか」「どんな価値を提供したいか」などのコンセプトを決めます。

コンセプト設定は自社の強みを生かし、企業の文化や理念に沿ったものにすることが大切です。

他社が提供できない自社製品・サービスの価値を考えて設定しましょう。

 

3.効果的な訴求方法を決める

「ターゲット」「ポジショニング」「コンセプト」の3つが決まったら、実際にターゲットに向けてPRしていきましょう。

訴求方法はイベントやホームページ、SNSなど色々ありますが、イメージやターゲットに合った媒体やツールを選び、適切なトーン&マナーで表現することが大切です。

例えば、高齢者向けサービスなのに、InstagramのSNS広告で訴求するのはターゲットに対して適切な訴求方法とは言えません。

「規模が大きいから」「SNSが人気だから」という市場の傾向があったとしても、適切で効果的な訴求方法を選択しましょう。

 

ブランド戦略の注意点

ブランド戦略

ブランド戦略は、一度立てたらそれで終わりではないため、大体1年に1回のタイミングで調整を行いましょう。

または、市場や業界などの外的要素や、スタッフの増減などの内的要素に変化が起きたりした場合は、その都度戦略を練り直す必要があります。

実施した戦略の成果が出て、次の案を考えるときが来るのは3~5年程度だったりはしますが、放置しておくと途端にあらぬ方向に向くことがあります。

立案した場合は、継続的なメンテナンスが必要だと考えておくべきでしょう。

 

ブランド戦略における成功事例

スターバックス

スターバックスでは、自宅でも職場でもない、自分らしさを取り戻せ、落ち着くことのできる第三の居場所である「サードプレイス」をコンセプトとして設定しています。

1杯300円からというプレミアム価格にもかかわらず、ロイヤリティの高いブランドパートナーの獲得につながっています。

コーヒーを楽しむだけでなく、滞在時間の制限を設けないことで、店内でパソコンを広げながら仕事が出来たりする空間作りを心がけています。

ブランドパートナーへの継続した価値提供が、強いブランドに成長した要因としても考えられるでしょう。

 

ワークマン

ワークマンのカジュアルファッションブランド「ワークマンプラス」は、日常着として幅広いターゲット層から大きな支持を得ています。ワークマンプラスを成功に導いたのは優れたポジショニングがあったからと言われています。

アウトドア、スポーツウェアという競合他社が多い市場で、外で長時間働く人のニーズに応えてきた高い機能性と、業務用の安価な価格帯という強みを強烈にアピールしました。

山登りやキャンプの流行もあり、「低価格でプロ品質」という新たな立ち位置を市場に確立しました。

 

関連:新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

終わりに

今回は、企業の理想的なブランド戦略とは?立案方法から成功事例まで紹介していきました。

一度ブランディングに成功すれば、多額な宣伝費用をかけずとも、安定した売り上げと新規顧客を自ら引き寄せてくれる効果が期待できるでしょう。

この記事が、ブランド戦略に携わる担当者の方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング